Magazine

DPoS LIPについて2回目のLiskHQのAMA

10月15日に、LightcurveのリサーチサイエンティストであるIker Alustizaは、最新の3つのDPoS LIPまたは現在の研究に関連する質問に答えるためにDiscordへやって来ました。   BFTの実装の複雑さをインセンティブと罰を伴う新しい投票システムと比較できるとしたら、難しいことは何ですか?とprzemerは尋ねました。 Ikerによれば、「ユーザーの観点から見ると、新しい投票システムはシステムのダイナミックを完全に変更するので、大きな影響がありますが、BFT LIPはエンドユーザーに対してほとんど透過的です。しかし、実装については状況はほぼ反対だと思います。BFT LIPを読む機会があったなら、それは非常に複雑なトピックであり、Liskのコンセンサスアルゴリズムのコアのほとんどに影響を与えることがわかります。 開発中の私の同僚が現在行っているように、特にテストのために多大な努力が必要な理由です:チェーンメカニズム、ラウンドシステム、新しい同期メカニズムなど。 一方、DPos LIPには、システムのコアにそれほど深くない一連の変更が必要です。投票システムの実装における大きな課題は、実際の実装ではなく、メインネット上の新しいシステムへのスムーズな移行を組織することです。」   Chainode CapitalのIonutは次のように尋ねました。「すべてのノードがDBスナップショットをダウンロードし、投票がリセットされる新しいネットワークを開始しても意味がありませんか?これは、投票者が目を覚まして関与する動機にもなります。」 しかし、Ikerによると、2つの主な理由があります。「展開するのに技術的に最も簡単な方法かもしれませんが、 a)議論の余地があり、コミュニティで必要なコンセンサスを得るのは簡単ではないと感じることができます。誰かが別のフォーク/新しいブロックチェーンであると言うかもしれません。 b)ネットワークに十分な票が投じられていない最初の瞬間の不安定性は、Liskのような成熟したプロジェクト、特に取引所やサードパーティのツールにとっては危険すぎるでしょう。」 ultrafreshからの質問がいくつかありました。「フォージングのチャンスは、総投票の重みと最小のロックされたトークンの間で等しく基づいていると言う方が正確でしょうか?たとえば、投票の重みが10,000で、自己投票が500だけの場合、実際には5,000の投票の重みを持つレートでのみフォージングしますか?」 「そのように見るのは正しいと思います。 参加者は、自分の投票と他のアカウントからの投票の比率を常に念頭に置いておく必要があります。それにより、彼らはこの比率で遊ぶことによってフォージングの可能性を最大化しようとします。そして、すべてのデリゲートがこの合理的な方法で行動すれば、平衡に達するべきです…もちろん、これは実際の生活ではもっと複雑です。目撃するのは非常に興味深いでしょう」とIkerは答えました。   Ultrafreshは更に、2つのスタンバイフォージングスロットを導入する限り、安定性はセットの制限と関係があると確信していますが、これを4に増やして、各ラウンドに参加するスタンバイデリゲートの数を2倍にしてみませんか?」 Ikerからの最後の答えは次のとおりです。「実際、4つのスロットを持つことはセキュリティ(およびランダムプロセスのプロパティ)に有意な影響を与えないと考えています。しかし、セキュリティの観点だけでなく、他の理由でこの2スロットの数字を思いつきました。ラウンドは現在よりも長くなり(4スロットでは約4%長くなります)、これらはすでに十分に長いと考えました。」 _________________________________ Lisk MagazineはLisk Italian GroupとEliteXによってサポートされているプロジェクトです。 私達の仕事をサポートし、Lisk Magazineに投票してください。 この記事はLisk Japanによって翻訳されました。

ThePoolがLDice PoC Dappを導入

Liskエコシステムが成長する強さをさらに示すため、フォージングデリゲートのThePoolは、LDiceと呼ばれるギャンブルDappの導入を発表しました。10月8日の発表で、LDiceはLisk Blockchain用に設計された最初のproof-of-concept(概念実証)ギャンブルDappになります。チームのメンバーであるKarekは、ThePoolのDiscordチャンネルとLiskの記事へリンクを共有しました。Mediumに関する記事では、PoCアプリケーションの概要と、今後予想される課題について説明しています。 彼らはプロジェクトに取り組む中で、高速ブロックチェーンアプリケーションを非常に迅速に作成する上でのSDKの有用性が印象付けられたことを記事で明らかにしています。彼らが強調した特定の比較は、トランザクションの送信後、roll resultsがLiskでわずか5秒で返されることです。彼らは、適切な料金でトランザクションが有効であると仮定すると、イーサリアムで同じプロセスを行った場合、少なくとも30〜60秒かかることを発見しました。 Githubで概説したように、アプリケーションのブロック間隔が5秒に設定され、rollingロジックがカスタムトランザクションを使用して構築されたため、彼らはこの速度を達成できました。今のところ、この機能にはまだ多少の作業が必要ですが、PoCではユーザーが希望する量のトークンをベットし、roll underする数字を2〜99の範囲で選択できます。次に、ユーザーは「 asset {“bet_number”:38}でトランザクションタイプ12を送信します。トランザクションが実行されると、結果がデータベース内の送信者アカウントアセットに書き込まれ、残高が適切に更新されます。」 時間とともに、彼らは次の機能を実装できるようになると期待しています。 ネイティブトークンのトレジャリー 複数のトークンでギャンブルを行うための手段「LSKを含むがこれに限定されない、フェデレーションペグdexを介したデポジット機能、および後でLiskHQが提案するさまざまなソリューション」 最大利益は特定のトークンの現在の財務保有の割合で制限 財務収益からの利益に対するネイティブトークンの権利 undoAssetの検証とデバッグ 適切なクライアント側アプリケーション validateAssetでの追加の検証 すべてのフォージングノードで真のランダム性を確保する LDiceについてもっと知りたい場合は、http://159.65.53.193からアクセスできるBasicクライアントHtmlアプリケーションと、ポート6040からアクセスできるエクスプローラーhttp://159.65.53.193:6040を確認して下さい。 フォローアップ記事では、特にブロックチェーンの実装に関して、乱数ジェネレーターの問題の複雑さについて説明しました。ブロックハッシュまたは大気ノイズの落とし穴を使用する決定論的なアプローチを避ける方法はないようです。彼らは、「lisk-sdk 2.3.6では、applyAssetの実行時にはブロックストレージにアクセスできず、特にブロック生成前に発生するため、現在のブロックシグネチャを知ることができないため、カスタムトランザクションのみを使用してこの問題を解決する選択肢は非常に限られています。 」 現在の困難を考慮して、「draw」ロジックを備えた新しい profit calculation classが開発されました。これは、イベントchain:blocks:changeをリッスンし、ブロック生成の直後にそれに応じてdrawingを処理する新しいdrawing.jsモジュールで必要になります。その結果、乱数は最新のブロックシグネチャに基づいて、数ブロックを待たずに作成できます。また、攻撃者がdrawing結果を操作する時間はごくわずかです。フォージングデリゲートの唯一の方法は、ブロックに異なるトランザクションを含めてブロックシグネチャを変更することであり、実際にはrollされた番号です。 この部分はCorbifexによって開発され、ThePoolへプールリクエストを行い、その後、財務をサポートするように変更しました。 ただし、複数のブロックからのハッシュに基づいてrollされた数字を基にするオプションが常にありますが、これには賭けの結果が遅れるという欠点があります。npmライブラリPrandoの助けを借りて、トランザクションシグネチャと現在のブロックシグネチャに応じて、決定された数が決定的になりました。ThePoolは、8月に新しいWebサイトが公開されて以来、確実に仕事を続けてきました。LDiceは、2016年に独立したフォージングデリゲートになって以来、Liskへの一連の貢献の最新のものです。以前は、ウォレットマネージャーと人気のliskstats.netを開発しました。 _________________________________ Lisk MagazineはLisk Italian GroupとEliteXによってサポートされているプロジェクトです。 私達の仕事をサポートし、Lisk Magazineに投票してください。 この記事はLisk...

JonathanがLightcurveを辞めサイドチェーンプロジェクトに取り組みます

Jonathan Gros-DuboisはDiscordで、サイドチェーンプロジェクトを継続するために、P2P lead developerとして勤務していたLightcurveから辞任したことを発表しました。 Jonathanは2年前にLightcurveで働き始め、そこでP2Pライブラリに取り組み、非公式のサイドプロジェクトにも役立つツールを開発する機会がありました。最近、彼はより素早いアプローチを優先するいくつかの分野で、LIPアプローチ(代わりに多くの開発段階でうまく機能した)を使用することに不満を感じました。このため、彼は会社を辞めて独立した開発者としてLiskエコシステムに貢献することを目指しました。 今、彼はLiskネットワークでサブネットとしてサイドチェーンを実行できる軽量プラグインであるlisk-interchainと、federated 2-way pegメカニズムを使用しトラストレスな方法でLiskとサイドチェーン間でトークンを取引できる分散型取引所であるlisk-dexにさらに集中できるようになりました。 JonathanはすでにDEXを活用したProof of Concept(概念実証)を開発しました。「Capitalisk」は、サブネットとして通常のLiskノードで実行されるサイドチェーンであり、分散型の方法でテストネットLisk(LSK)を使用してテストネットCapitalisk(CLSK)トークンを購入できます。Capitaliskサイドチェーンは、数行のコードで任意のLiskノードに簡単にインストールできます。 PoC DEXは、2つの異なるチェーン上の2つのマルチシグネチャウォレットに依存しており、DEXマルチシグウォレットの個々のメンバーは、ノードを実行してトレードオーダーブックを処理することにより、クロスチェーントランスファーから利益を得ることができます。 DEXノードは、一致する買い注文と売り注文を発見するたびに、両方のチェーンで結果のトランザクションを作成して署名します。すべてのDEXノードが長時間オフラインになっても、DEXは機能し続けます(ただし、資金はオーダーブックでロックされます)。 さらに、DEXの数が増え、分岐するネットワークの弾力性が増すため、クロスチェーン支払いが到着したことを確認するためにファイナリティを待つ必要が減ります。中央集権型取引所を使用するよりもはるかに高速で摩擦が少ない可能性があります。 Jonathanは最悪のシナリオにおけるDEXの回復力、マルチシグウォレットの現在の制限、分散化と信頼の側面を特徴とするピッチデックを作成しました。 lisk-dexは、実際にそれを構築することを計画している競合他社またはEliteX DEXのパートナーになる可能性があります。Jonathanはすでに彼らといくつかの議論をしており、彼らは彼にフィードバックと質問をしました。 Jonathanは昨日、基本的なカスタムモジュールの作成方法に関するテクニカルチュートリアルをリリースしました。このチュートリアルでは、モジュールが相互にやり取りできるLisk P2P +カスタムモジュールチュートリアルのさまざまな方法を紹介しています。 彼は、lisk-interchainプラグインによって提供される最も高度なピアルーティング機能について、より詳細な記事を書くことも計画しています。 _________________________________ Lisk MagazineはLisk Italian GroupとEliteXによってサポートされているプロジェクトです。 私達の仕事をサポートし、Lisk Magazineに投票してください。 この記事はLisk Japanによって翻訳されました。

EliteCenter & EliteX 記事コンペティション

プレスリリース 課題は、Lisk SDKとそのアプリケーションを特集した記事とブログ投稿の作成です。このコンテストは、Elite CenterとEliteX.ioによって主催されています。コンテストは10月31日まで開催され、参加者には2.500LSKと50.000を超えるEXTが与えられます。 このキャンペーンの目的は、Liskサポーターが率いる普及活動を促進し、ブロックチェーン愛好家にLisk SDKを掘り下げて理解させ、新しく革新的なブロックチェーンプロジェクトを動機付けます。 記事は、品質と正確さ、ならびにイノベーションの側面と潜在的な開発の実現可能性について審査されます。 勝者への賞金のほかに、記事を提出したすべての人へ少額の参加賞が与えられます。 【賞金】 1位:1.500LSK / 1人当たり 2位:700LSK / 1人当たり 3位:300LSK / 1人当たり 4位~10位:7.000EXT / 1人当たり 各参加者は少なくとも1.000 EXTを受け取ります。 EXTはEliteX取引所トークンであり、2019年12月に配布されます。   【コンテスト期間】 2019年10月8日〜31日   【記事のテーマ】 Lisk SDKの技術的な利点と、Lisk SDKを使用してサイドチェーンアプリケーションを迅速に開発する方法。 SDKを使用して、Liskエコシステム内でクロスチェーントランザクションを実行します。 LiskサイドチェーンアプリケーションでSDKを使用してスマートコントラクトを作成します。...

AMA:コンセンサスに関する質問に回答したLiskHQ(Part3)

AMAは、他にも多くの興味深い質問をもたらしました。 1)新しいdPoSの提案では、巨大なクジラが複数のフォージングスロットを奪うのをどのように防止しますか? 1つのアカウントには1つのフォージングスロットしか設定できません。しかし非常に巨大なホルダーは2つのアカウントを持ち、どちらもフォージングデリゲートとなれる十分なトークンを持っています。これは本当に避けられないことでありバグというよりも寧ろPoSの特徴だと考えています。 クジラが半分のスロットを獲得する場合、50%の投票LSKトークンを持っている必要があります。50%のLSKトークンでフォージングスロットの半分を獲得できれば公平であるとも言えます。 2)なぜフェイルセーフ禁止に30日を選んだのですか?長すぎませんか? 30日は控えめな選択です。たとえば、クジラがキーを紛失した場合、フェイルセーフを意味します。ほとんどの場合、投票者はフォージングしていない誰かに投票できるくらいに素早く反応する必要があります。 3)昨日、マックスは15kbの新しいブロックサイズで十分なスケーラビリティがあると述べました。 Liskブロックチェーンの現在または将来のパフォーマンスについて詳しく教えてください。 15kBブロックでは、Liskブロックチェーンはブロックあたり約120のバランストランスファー(残高移行)または1日あたり100万のバランストランスファー(残高移行)を可能にします。また、提案された投票システムは、残高が変化したときに投票の重みを更新する必要がないため、可能なTx / sの数を大幅に増やす必要があります。ただし、実装が完了したら、ベンチマークを行う必要があります。 4)新しいコンセンサスを導入した後、全体的にどのくらいの待機投票の重みを期待しますか? 総待機投票の重みは約1M LSKになると予想されます。 これを推定するのは困難です。なぜなら、ロックをかけた状態で投票を続ける人がどれだけいるのか、私には分からないからです。 LiskHQはすぐに別のAMAを計画し、他の多くの質問に答える予定です。お楽しみに! _________________________________ Lisk MagazineはLisk Italian GroupとEliteXによってサポートされているプロジェクトです。 私達の仕事をサポートし、Lisk Magazineに投票してください。 この記事はLisk Japanによって翻訳されました。

AMA:コンセンサスに関する質問に回答したLiskHQ(Part2)

最初の一連の質問の後、ここでLiskHQからの最も興味深い回答をリストします。 1)適格なスタンバイデリゲートの数が、アクティブデリゲートになるポイントに到達しないほど多い場合はどうなりますか? スタンバイデリゲートの数については多くの議論がありました。非常に多くの興味深い現象が発生しています。念頭に置いておくべき重要な基準は、スタンバイデリゲートの数ではないと思います。寧ろ、N個のトークンでフォージングノードをホストすると、どのような投資対効果が得られるでしょうか。「面白い」ことに、この投資対効果はスタンバイデリゲートの数からほとんど独立しているということです。したがって、5つのスタンバイデリゲートを持っていた場合、同じ投資額でフォージングスロットを獲得することはできません。覚えておくべき2番目の議論は、より多くのスタンバイデリゲートを追加するほど、純粋なPoSチェーンの典型的な問題(ランダム性が良い、迅速なファイナリティなど)が発生しやすくなります。2つのスタンバイデリゲートを使用すると、PoSの問題点をほとんど回避できますが、すべてのユーザーにフォージングの機会を提供できます。 2)新しい変更は、デリゲートのグループが10人の小さなグループに集まるシナリオをどのように防止しますか? 一般的に、クジラ(多くのLSKを持つ人)または多くのLSKを持つ人を区別することはできません。クジラはアカウントを分割して、多くの独立した人のように見えるからです。 そのため、提案された投票システムには比例代表制の特性があります:グループまたは1人(これら2つのケースは区別できない)が投票LSKトークンのX%を制御する場合、101人のアクティブデリゲートのうち少なくともX人を選択できます。 新しい変更では、10人のデリゲートを小さなグループに集めることは役に立ちません。グループ内の10人に投票することはできますが、各投票にはわずかな重み(残高/ 10)しかありません。 3)なぜ制限を10票に設定するのですか? 新しい投票システムでは、すべてのLSKは1回の投票にしか使用できません。したがって、提案された投票システムはまったく同じ特性を持つことになり101票に留まることができます。ロックメカニズムにより投票がより複雑になり、ロックされたトークンの量を保存する必要があるため、保存とパフォーマンスのために投票数を10に制限しました。 新しい投票システムでは、ほとんどの人は少数のデリゲートへ投票するだけです。(投票者には責任があるため注意深く監視して選択する必要があります)誰もこれ以上票を投じることを望みません。もし誰かがより多くの票を投じたい場合、彼らはまだ相も変わらずアカウントを分割することができます。 4)デリゲートアカウントはマルチシグにできますか? はい、デリゲートアカウントはマルチシグアカウントにすることができます。LIPを参照してください。「アカウントは、デリゲートアカウントおよびマルチシグネチャアカウントとして登録できます。そのようなアカウントによってフォージングされたブロックには、マルチシグネチャアカウントの登録に使用された公開キー(つまり、アカウントの元の公開キー)の署名が必要です。」 したがって、彼らは十分な自己投票を持っているので複数のエンティティが新しいマルチシグを使用してデリゲートを一緒に実行できます。 この記事は第3部に続きます。 _________________________________ Lisk MagazineはLisk Italian GroupとEliteXによってサポートされているプロジェクトです。 私達の仕事をサポートし、Lisk Magazineに投票してください。 この記事はLisk Japanによって翻訳されました。

AMA:コンセンサスに関する質問に回答したLiskHQ(Part1)

今日の午後LiskHQは、CEST(中央ヨーロッパ時間)の午後3時から午後5時の間にDiscordでLiskのDPoSを改善するために公開された3つのLIPに関する質問に答えました。 Discordには、研究責任者のJan Hackfeldと研究科学者のMaxime Gagnebinが登場し、 以下に示す最も重要な質問と長い回答が示すように、彼らはその時間内に多くの仕事をしました。 1)デリゲートウェイトの計算に10%の自己投票が必要なのはなぜですか? 大きなサポートはあるが、個人的な資金が少ない一部のデリゲートでは自らの資産を投資することが難しい場合があります。同時にデリゲートが自らの資産の投資を全く必要としない場合(または少なすぎる場合)は、彼らがセットアップに本当に注意を払うインセンティブには繋がりません。ロックされているのがあなたのお金ではない場合、あなたはそれほど慎重にはならないでしょう。私たちはこれらの2つの議論のバランスを取ろうとし、10%が妥協案だと感じています。(20%では大口を過度に支持し、5%ではデリゲートに十分なコミットメントを求めることができません) 2)投票全体の重みを計算するときに、自己投票を含めないことを検討しましたか?または、自己投票の重みを引き下げることを検討しましたか?これによりクジラが反対勢力のいない複数のデリゲートを作成する可能性を未然に防ぐことができます。(少なくとも妨害します) Liskブロックチェーンでは、どのアカウントがどの人物かを知ることはできません。これは誰かが自分自身のデリゲートに投票したことも発見できないことを意味します。人々は別のアカウントを作成して、自分自身のデリゲートに投票するだけです。また、クジラは単純に多くの小さなアカウントを作成する場合があり、それらのアカウントが1人なのか、それとも多くの人がいるのかを知る方法がありません。それが私たちが自己投票を許可する理由です。さらに、実際には投票者よりもデリゲート自身により多くの説明責任を持たせるために、非自己投票と比較して自己投票のロック期間が異なります。 3)最初に5%に下げ、各デリゲートが獲得できる投票数を確認したら、10%に増やすというように変更を段階的に実装することができますか? この割合は、将来、技術的に変更される可能性があります。 この新しい割合に切り替えるには、新しいリリースとネットワークの同意が必要です。すぐに変更されることを目指しています。 4)この10%のルールは、まだ積極的にフォージングしておらず、早期に投資することができなかった人々にとっては極めて不公平だと検討しましたか? 現在のシステムでは、あなたが言及した人々がアクティブなデリゲートになるための変化はごくわずかしかありません。新しいシステムでは、LSKの量がかなり少ない人でも、スタンバイデリゲートとして(100 LSKの自己投票と900 LSKの外部投票で)フォージングを開始できます。時間が経つにつれて、彼らはより多くの報酬と投票を集めることができ、最終的にはアクティブなデリゲートになる可能性があります。 この記事は第2部に続きます。 _________________________________ Lisk MagazineはLisk Italian GroupとEliteXによってサポートされているプロジェクトです。 私達の仕事をサポートし、Lisk Magazineに投票してください。 この記事はLisk Japanによって翻訳されました。

最近LSKが上場した上位の取引所

Coingeckoによると、2つの新しい取引所(bitFlyerとCrypto.com)がプラットフォームにLSKを上場し、LSKペアを最大40以上に引き上げました。LSKコインは24時間で300万ドルに相当する取引高を生み出し、これらのプラットフォームは新しい市場での売買の機会を拡大します。 アルトコイン市場を部分的に特徴付けている価格の更なる下落にも関わらず、LSKは利用可能な取引所への上場を増やしています。これは重要な局面です。たとえ暗号が分散化された空間で生まれたとしても、人々を市場に出入りさせるためには、中央集権的な取引所が必要です。 We are happy to announce that #LSK is now listed on @bitFlyerEU. More info: https://t.co/oFvLfZ2dDS pic.twitter.com/wJckNAH4hY — Lisk (@LiskHQ) September 25, 2019 9月25日に、bitFlyer EuropeはBitcoin cash(BCH)、Ethereum classic(ETC)、Litecoin(LTC)、Lisk(LSK)、およびMonacoin(MONA)の売買取引を追加し、bitFlyer USAはBCH、ETC、LTCを取引に追加しました。 bitFlyerは東京を拠点とする暗号通貨取引所であり、最近、米国証券取引委員会へのBitwise reportで「Real-10」取引所として認められた日本最大の暗号通貨取引所です。Coingeckoでは、正規化された24時間の取引高が2,300万ドルに相当します(すべての取引ペアを上場するのではなく、検証済みのペアのみを上場します)。その信用スコアは最も高い1であり、10点中9点です。 $LSK is now...

今週のニュース:Stellardynamicが共有ステークを更新、RachelはLiskを脱退

数日の間に2つのニュースが出ましたが、それらの間に関係はありません。Rachelは今月末でLisk / Lightcurveを脱退すると発表し、Stellardynamicは共有ステークを更新しました。 9月25日、LightcurveのTech EvangelistであるRachelは、Liskを離れて新たな挑戦に向かう意向についてのメッセージをDiscordに投稿しました。多くのLiskサポーターは、彼女がコミュニティのニーズとLiskの認識を広める努力してきたことに感謝しました。 またMax Kordekは、同じ理由で別のバックエンド開発者が今月退社しますが、同時に2人の新人が入社し、更に来月には2人入社する予定であること付け加えました。50人以上の従業員を抱える企業では、チームメンバーの頻繁な入れ替わりは当たり前のことです。 2番目のニュースはStellardynamicに関連しており、LiskUSAおよびSidechain Solutionsでの貢献は、すでにMagazineに掲載されています。これらのプロジェクトの急速な成長により、彼はフルタイムの協力者が増加するニーズをカバーするためにより多くの財源を必要としています。このため、StellarDynamicデリゲートは共有プールではなくなり、 残りのすべての残高が支払われました。 Lisk Discoveryプロフィール:https://www.liskdiscovery.com/@stellardynamic 30%のシェア報酬は、Sidechain Solutions(デリゲート報酬の合計20%)、Lisk USA(合計の20%)、およびデリゲート自身(残りの60%)に(各10%ずつ)均等に分割されます。創設者のStellarDynamicによると、Liskでローンチされるサイドチェーンの1つであるMoracleも順調に進行しています。(この間に彼に投票した場合、リリース時に比例した量のMoracleトークンを受け取ることができます) 上記の方針による資金の増加から恩恵を受けるプロジェクトが行う活動内容です。 Sidechain Solutions 11月のLisk.JSでデモンストレーションされる2つのProof of Concepts(概念実証)の開発。 コミュニティ向けのツールの開発とセキュリティ分析の実行。 開発とセキュリティのためのホスティングバウンティ(1.000LSKがセキュリティ問題を発見したGYMに送信されました)。 コミュニティ開発者が無料で使用できる多数のサービスを提供します。 Lisk Hackathon 2020の開催。 Lisk USA 12月にシアトルでMicrosoftとAmazonのキャンパスの近くでMini Lisk.JS cloneを主催します。 1月にLisk Miami...

EliteX Coin(EXT) 最初の洞察

EliteXは取引所通貨の立ち上げを発表し、ユーザーにEXTの設計に対する好みを尋ねました。 EXTトークンの機能はまだ開発中です。EliteXは、どの機能がユーザーに最も好まれているかを知りたいと考えています。 この調査の目的は、EXTの機能として何を優先するかを確認することです。コミュニティ活動に対する報酬として・トークンを取引手数料の割引として・紹介ボーナスを獲得したり、EXTをEliteXステーキングサービスの不可欠要素として。 アンケートに参加する: https://uag6cw.fanqier.cn/f/fdcrbqhv アンケートに答えると、ユーザーは500 EXTの報酬を受け取りますが、先着順で追加のボーナスがあります。5番目の回答者は2.000EXTのボーナスが、50番目は20.000EXT、100番目は40.000EXTの追加ボーナスが与えられます。 プロモーションは9月24日から9月29日まで有効です。報酬を受け取るには、KYC登録を完了する必要があります。 このイニシアチブに加え、EliteXは最近、取引所にEOSを上場し、データベースに別のDPoSコインを追加しました。EOSは2017年にDaniel Larimer(BitShares and Steemプロジェクトの創設者)によってローンチされたブロックチェーンです。EOSのICOは、オランダのオークションシステムを通じて調達され、年間で40億ドルという驚くべき額に達しました。 New Listing on EliteX #EOS $EOS. Launch includes zero trading fees. @eos_news @block_one_ pic.twitter.com/5QoZaasZl6 — EliteX Exchange (@elitexcrypto) September 20, 2019 EOSにはいくつかの特徴的な機能があります。トランザクションは約2分で完了します。マイニング料金はありません。...