Magazine

Lisk 週次レビュー 34

新着ニュースの特徴: ・重要ニュースのまとめ ・特集:Lisk Eliteグループの解散 ・デリゲートの概要   先週はLiskに関する重要なニュースがありました。 ・Max Kordek氏が2つのEpicsのクローズを発表。(リンク) ・LiskHQは、Michiel MuldersとEndro Labsが開発したマルチプレイヤーゲーム用の分散型報酬システムであるArcado Networkについてのブログ記事を公開(リンク)、さらにRaphael | Moostyに今月のLiskコミュニティヒーローを授与しました。(リンク) ・Jan Breker氏は、サプライチェーン管理におけるブロックチェーンについてのブログ記事を公開し、Lisk SDKを使ったサプライチェーンのチュートリアルを紹介しました。(リンク) これらの発表は興味深いものですが、今回は詳しく記事に取り上げません。デリゲートの状況について、今後大きな変化をもたらすEliteの解散に焦点を当てています。   特集:Lisk Eliteグループの解散 Eliteグループで何が起こっているかについての洞察、発言、コミュニティの行動に関する記事をここで読んでください。 このトピックはとても重要なものだったので、専用の記事にまとめられています。   デリゲートの概要 EliteグループはLiskMonitorから削除されており、そのメンバーは個人とはみなしていません。現在のメイングループであるGDTは、過去1週間で320万票を獲得しました。 個人レベルで最も投票されたデリゲートは、liskgate[+32.8万票]、endro[+36.8万票]、robinhood[+36.6万票]、moosty[+54.7万票]、liskmagazine[+53.4万票]、liskpoland.pl[+47.5万票]です。 個人での損失が最も大きかったのは、元Eliteデリゲート[各約-20万票]、tonyt908[-24.4万票]、4miners.net[-26.6万票] です。 minionsによる1LSKの払い戻しキャンペーンは継続中です。(「Heroes」リストへ投票した場合は手続きは不要、自動払い戻しです) _________________________________ Lisk MagazineはLisk...

特集:Lisk Eliteグループの解散

現時点で確認されているニュース:いくつかの事実によってEliteメンバーが戦い始め、急速な分裂へと繋がりました。 最初の発表は、Rooneyによって管理されているEliteのウェブサイトに掲載されました。「Eliteグループは、このウェブサイトを使用してこれ以上報酬の支払いを行いません。私はEliteグループを辞めました。私は未払いの報酬を相続しました。合計4,985.5422LSKです。私は個人的にその金額を支払います。私は毎週、投票者に報酬を支払い続けます。」 コミュニティでは、なぜこのようなことが起こり、どれだけの人が関わっているのか、今後の展開はどうなるのかを調査しました。     ストーリーの内容 Reo(savetheworldデリゲート)が提供した内容によると、「Eliteグループは長い間、いくつかの問題をめぐって内紛を起こしていました。その一つが透明性の問題で、少数の個人がグループを支配しており、私たちが望んでいた民主主義を尊重していませんでした。Eliteグループは最終的に民主主義と完全な透明性に投票しました。」(発言のリンク) 彼はまた、一時的に「Lisk supporters group」と呼ばれる新しいグループを立ち上げました。「エリートグループから脱退したことをみんなに知らせるために・・・。最初のステップとしてアクティブなEliteだけがLisk supporters groupに参加でき、誰もがアクティブで、プリセット(初期設定)と自己紹介のためにここに来なければならないことを通知しました。」 このグループは現在10人を数えています:Mrgr、Carbonara、Someonesomeone、Forgeroflisk、Jong、Chamberlain、Savetheworld、Spacetrucker、Goodtimes、Veriform。 全員投票ルールはありませんので、一部のメンバーだけに投票してもペナルティはありません。 また彼は、「Eliteグループがハッキングされ、ウェブサイトから35000LSKが盗まれまれたことを明かし、これは100%Rooneyの管理下にあったもので、彼はその後も他の誰かが管理できるようにすることを拒否しました。Rooneyは自分が悪いと誤り、それを返すと言っていたが、彼は返却しなかった。 さらに、Eliteファンドからbigfisherに10万LSKが付与されていました。グループに利益をもたらすためのプロジェクトに投資するために約750,000.00ユーロを費やしましたが、この情報を何カ月間も何度も尋ねましたが、無視され拒絶されました」。(発言のリンク) Reoの報告によると、Bigfisher、Rooney、LuizがEliteの開発と運営を担当しており、彼らが資金を管理していましたが、それが経費である証拠を示さなかったと報告しました。Eliteのメンバーは残りの資金を自分たちで分割管理することを投票で決めたが、ボスたちはそれを拒否しました。2回目の投票と多くの内部抗議を経て、Rooneyは資金を分割したが、ウェブサイトを閉鎖しました。 Luizのマルチアカウントであると非難されたChinaデリゲートは、別人であると証明するためにDiscordに出てきました:ニックネームのAslanは、そのデリゲートの背後に3人がいることを話し、彼らは積極的にLiskを改善するために取り組んでおり、中国のグループやウェブサイト(Lisk.asiaとeliteeffect.info)を管理し、サービス(FNT Chain:Lisk SDKをベースにした価格予測のための概念的なアプリケーション)を開発しています。   反対に、Bigfisher側を代表してHedyとZhouが登場しました。「普段、私とZhouはBigfisherとleoに頼まれて仕事をしていますが、私たちはElite Center TokyoとEliteX.ioの社員としていくつか伝えることにしました。 EliteX.ioについてですが、私は2018年からCEOのアシスタントとして、基本的には財務(会計ではなく)と規制の部分を担当し、投資家との関係を拡大し、事業開発(主に戦略的な)を行っていました。 昨年のLCUの7月のミーティングでは、EliteXはElite Foundationによって投資されていると主話しました。実際には、この投資はほとんどがBigfisherとleoからのものです。ここで私たちは会社を登録し、従業員のために税金を払っています・・・。 開発を進めていく中で、いくつかの間違いがあることを認めます。コミュニティメンバーが警告してくれたことに感謝します。」 (発言のリンク) また、Zhou氏は「EliteCenterの閉鎖理由として、コストを賄うのが難しく(人件費は高くない、主に東京都心部のオフィスの家賃)すぐに赤字を止めて、他の事業を継続することにしました」とコメントしています。 Elite Centerが行ったこと: 1) リスク以外のDCRなどのミートアップを都内で立ち上げた。月1回のペースで開催していたが、効果は高い賃料に見合わず期待に応えられなかった。...

Lisk 週次レビュー 33

新着ニュースの特徴: ・HQがクローズした3つのエピック、Lisk SDK 5.0.0のリリースが日に日に近づいています ・毎週開催されているLiskコミュニティミートアップが10回目の節目のイベントを迎えました ・LiskHQプレゼンツ「BINARYSTAR」 ・デリゲートの概要   HQがクローズした3つのエピック、Lisk SDK 5.0.0のリリースが日に日に近づいています 一連の発表の中で、Lisk Foundationの社長Max Kordek氏は、開発者がクローズした最新のエピックについていくつかのアップデートを公開しました。彼らは合計54のissueを実装しました。 非生産的なデリゲートによるフォージングを防ぐための禁止メカニズム 通信や保存のためにデータをエンコードまたはデコードするための一般的なシリアライゼーションライブラリ ブロックチェーンのロールバックの場合に必要とされていたトランザクションに関連するundoロジックの削除 8つのエピックはまだ実装されていません。 CryptoMisoによると、LiskはGithubの3ヶ月間で最もアクティブなブロックチェーンプロジェクト3位にランクされており、12ヶ月間では1位に位置しています。   毎週開催されているLiskコミュニティミートアップが10回目の節目のイベントを迎えました 4月中旬にMoostyが立ち上げ、LiskCenterが主催しているLiskコミュニティミートアップが毎週開催されていますが、数日前に10 回目のイベントが開催されました。 今回のスピーカーは Anonimowy891氏です。彼は過去にも面白いプロジェクトを開発して Liskへの情熱を見せてくれました。(ここで彼の最新の取り組みを紹介します) Anonimowy891氏のスピーチをご覧ください。 LiskCenterでは次のスピーカーを募集しています。Liskベースのプロジェクトに取り組んでいる方や、ミートアップの参加者と交流したいコミュニティメンバーの方は、Discordの@Raphael | Moosty#4689までお気軽に連絡ください。   LiskHQプレゼンツ「BINARYSTAR」 1ヶ月前にLiskHQはBINARYSTARとの新たなパートナーシップを発表しましたが、今回はブログ記事を公開し、どのようなコラボレーションが行われるのか、またそこから期待できることなど詳細を発表しました。 コアコミュニティのメンバーであるMoostyグループが、地元の開発者のエコシステムをターゲットにし、Liskをベースにした新しいプロジェクトをリリースするために設立したLisk...

Lisk 週次レビュー 32

新着ニュースの特徴: ・マルチシグネチャアカウントに言及したLIPのブログ記事とAMA ・Discordの新しいチャンネル ・デリゲートの概要   マルチシグネチャアカウントに言及したLIPのブログ記事とAMA LiskHQのリサーチサイエンティストであるMaxime Gagnebin氏が、マルチシグネチャアカウントに関するブログ記事を公開し、DiscordチャットでAMA(Ask me Anything)を開催しました。 ブログ記事の中でMaxime氏は、LIP0017に関する主な改善点、新機能や可能なユースケースについて説明し、この提案がアカウント管理を改善し、共同名義アカウントとコミュニティアカウントのカスタマイズを提供することを説明しています。 このLIPは、新しいコンセンサス、具体的にはLIP0023とリンクされた変更の一部です。デリゲートになるために十分な数の自己投票を確保することは個人よりもグループの方が簡単に達成出来るかもしれません。この提案のお陰で、参加者は資金を失うリスク無しにフォージングノードを管理することが出来るようになります。 暗号エコシステムでは、マルチシグネチャアカウントは通常、トランザクションに署名する権利を持つN個の公開鍵と、txを有効にするために必要なM個(Nよりも小さい数)の鍵を特徴としています。 Liskでは、このアプローチはセカンドシグネチャ登録(2-out-of-2アカウント)とマルチシグネチャアカウントで利用可能ですが、どちらの場合もトランザクションに署名するには元の公開鍵が必須です。記事で報告されているように、「LIP0017の主な目標は、これらの制限を取り除き、マルチシグネチャ登録をより柔軟にすることです」: この改善により、上記の2つのオプションに従ったアカウントの作成だけでなく、それらを組み合わせたアカウントの作成も可能になります。(これは、2つの公開鍵とその他の鍵をオプションとして持つ新しいマルチシグネチャアカウントに対応します) 現在、セカンドシグネチャまたはマルチシグネチャアカウントとして登録されているすべてのアカウントは、そのアクセスルールに変更を加えることなく、自動的に新しいマルチシグネチャアカウントに変換されます。 さらに、このLIPは、ネットワークが未署名トランザクションによってスパム送信されることも防ぎます。将来的には、全てのトランザクションは署名なしではノードに受け入れられません。 AMAの中で、Maxime氏は署名の最大数を64個の鍵とし、この64個の鍵は任意で、任意のものと必須のものに分割することができ、元の公開鍵は含まなくても良いことを指定しました。 次のステップとして、彼は相互運用性に取り組みます。   Discordの新しいチャンネル MoostyのメンバーであるJurre氏は、LCUがLisk公式サーバーに独自のチャンネルを持つことになったことと、LiskHQが2つの新しいカテゴリを作ったことを発表しました。 「projects」には、Liskコミュニティの取り組みとPeter Nobels氏によって開発されたDAOプロジェクトが含まれています。 音声チャネルは、Liskウィークリーコミュニティミートアップのために使用されます。   デリゲートの概要 LiskMonitorによると、この1週間でデリゲートの票が大量に流出しました。Eliteは2600万票を失い、GDTは1900万票を失いました。 これは恐らく、クジラがBinance Hot Walletに70万LSKを送金したことが関係していると思われます。結果として、フォージングデリゲートは約40万~60万の票を失い、票が増えたデリゲートは3人(vipertkd, joel, 4miners.net)のみでした。 minionsによる1LSKの払い戻しキャンペーンは継続中です。(「Heroes」リストへ投票した場合は手続きは不要、自動払い戻しです)...

Lisk 週次レビュー 31

新着ニュースの特徴: ・Lisk Foundation 5月の財務報告 ・Decentralized Organization Chainを公開 ・Lisk Alpha SDKオールスターアワード by LiskUSA ・デリゲートの概要   Lisk Foundation 5月の財務報告 レポートによると、財団は357万ユーロ(前回のレポートと比較して-10万ユーロ)と185万スイスフラン(前回のレポートと比較して-5万スイスフラン)を保有しています。また、2,657BTC、62,000GBYTE、890万LSKを保有していいます。(100BTCはEURに交換するためにBitcoin Suisse AGに譲渡されたもので、そのうち40%はすでに売却済み、60%は6月に売却予定)これは、総資産が約4,300万ドルに相当することを意味します。 下の画像は5月の各部門の経費をまとめたものです。   Decentralized Organization Chainを公開 Lisk Buildersプログラムの受賞者であるデリゲートのKorbenは、プロジェクト「Decentralized Organization Chain」を発表しました。 このサイドチェーンPoCは、企業がITO(Initial Token Offering)を通じて投資家にトークンを販売し、資金調達を受けることで企業としてベンチャーを立ち上げることを可能にします。これらのトークンは議決権を持ち、投資家が役員のポジションに就くことを可能にします。 サーバーとクライアント部分は両方ともJavascriptで書かれています。サーバーはNodeJSとPostgreSQLデータベースを使用して実際のブロックチェーンを実行し、クライアント部分はNodeJS、React、Bootstrap、Lisk Elementsを使用して構築されています。...

Lisk 週次レビュー 30

新着ニュースの特徴: ・Lisk Buildersの受賞者と今月のコミュニティヒーローが発表されました ・LiskHQは開発をスピードアップし、2つのエピックが終了 ・Anonimowy891が新たな面白いプロジェクトをリリース ・デリゲートの概要   Lisk Buildersの受賞者と今月のコミュニティヒーローが発表されました デリゲートのlemiiとPeter Nobelsは、2020年5月のLisk Buildersプログラムの受賞者に選ばれました。lemiiは、価値のある資産(美術品や宝飾品)の履歴を追跡する「Smart inventory」に取り組みます。Peterは、投票メカニズムで管理される分散型自律組織(DAO)のための「投票システム」を提案しました。 資金提供を受けた各提案には、2,500スイスフラン相当のLSKトークンが与えられます。LiskHQは申請プロセスも変更し、現在は専用フォームを用意しています。 今月のLiskコミュニティヒーローには、2週間前にオンラインコミュニティミートアップでLisk Payを発表したCrypto Embassyが選ばれています。 We are glad to announce that @lemiidelegate is the first participant of the #Lisk Builders program for...

Lisk 週次レビュー 29

新着ニュースの特徴: ・新たなLisk Center Tokyo ・Crypto EmbassyがLisk Payを発表 ・GNYバウンティプログラム ・デリゲートの概要   新たなLisk Center Tokyo LiskHQは、ブロックチェーン専用コワーキングスペース兼ビジネスハブの「BINARYSTAR」に、Lisk Center Tokyoを開設すると発表しました。 LiskHQからの情報によると、以前の日本の活動拠点はElite Centerと提携していましたが、5月末に閉鎖されました。Elite CenterがLiskHQから経済的な支援を受けたことは一度もなく、プレゼンテーションやグッズ、ソーシャルメディアでの宣伝のための資料のみが提供されていました。 今後のLisk関連のイベントはBINARYSTARで開催され、LiskHQが資金援助をする可能があります。最初の取り組みは、次回のJapan Blockchain Week中に行われる可能性があります。 BINARYSTARは東京の銀座にあり、ハブにはEOS、Rootstock、IOV、MythXなどを含む38のパートナーシップを締結しています。   Crypto EmbassyがLisk Payを発表 前回のオンラインコミュニティミートアップでは、兄弟であるCrypto EmbassyのBenjamin Favre氏とJordan Favre氏が、LiskのMetamaskである新プロジェクト「Lisk Pay」と「Lisk Helper」を発表しました。 今回は残念ながらYoutubeの動画は録画されていませんが、スライドはこちらで見ることができます。...

Lisk 週次レビュー 28

新着ニュースの特徴: ・Liskは、CryptoMiso 3ヶ月間のアクティビティレポートで3位になりました ・Crypto_EmbassyがWooCommerceプラグインとLisk Metamaskを発表 ・デリゲートの概要 ・仮想通貨のニュース Liskのメインネットネット稼働から4周年をお祝いします。お誕生日おめでとう!   Liskは、CryptoMiso 3ヶ月間のアクティビティレポートで3位になりました LiskHQによる実効性のあるノンストップの開発への取り組みを確認し、メトリクスはそれを証明しています。CryptoMisoによると、LiskはGithubの3ヶ月間で最もアクティブなブロックチェーンプロジェクトで3位にランクしています。1位はChainlink、2位はZeusshieldです。 Liskは、6ヶ月間と9ヶ月間のランキングでも3位ですが、12ヶ月間では1位にランクしています。   Crypto_EmbassyがWooCommerceプラグインとLisk Metamaskを発表 第6回コミュニティオンラインミートアップでは、StellardynamicとSidechain Solutionsが招待されました。そして今回(5月28日午後5時GMT+2/日本時間5月29日午前0時)は、Crypto_Embassyグループがここ数年の暗号通貨分野での活動を紹介するとともに、最新のプロジェクトであるWooCommerce用LiskプラグインとLisk Metamaskを発表します。彼らは2月に「Lisk用Metamask」を発表しました。このアイデアは、優れたUI/UXを備えた拡張機能を用意し、LiskウォレットとLisk SDKの統合を行うことです。 Stellardynamicのスピーチをご覧ください。 次のオンラインミートアップに参加しましょう。   デリゲートの概要 LiskMonitorによると、この1週間でデリゲートのポジションに適度な変化がありました。Eliteは140万票を獲得し、GDTは190万票を獲得しました。 個人レベルで投票数の多かったデリゲートは、elevate[+34.5万票]、moosty[+40.3万票]でした。 投票数が減少したデリゲートは、joel[-23.6万票]、4miners.net[-22.7万票]と一部のスタンバイデリゲートに見られました。 minionsによる1LSKの払い戻しキャンペーンは継続中です。(「Heroes」リストへ投票した場合は手続きは不要、自動払い戻しです)   今週はLiskに関連する他のニュースがないため、ここでは仮想通貨に関連するいくつかの発表と事実を取り上げます。 ハッカーがLedger、Trezor、KeepKeyからデータを盗んだと主張 サイバーセキュリティ会社が、Trezor、Ledger、KeepKeyのユーザーから盗まれたデータを販売するハッカーのスクリーンショットをツイート。現在調査中です。 Bitcoinは10.000ドル突破に失敗しましたが、持ち直しました Bitcoinはつまづいたかもしれませんが、まだ前半の利益を放棄してはいません。...

Lisk 週次レビュー 27

新着ニュースの特徴: ・LiskHQ情報:AMA、毎月の財務報告、技術ドキュメント ・Stellardynamicが、第6回Liskコミュニティオンラインミートアップのステージに登場 ・Lisk PoCに関する開発最新情報 ・デリゲートの概要   LiskHQ情報:AMA、毎月の財務報告、技術ドキュメント 前週はLiskHQからのニュースと情報でいっぱいでした。 レポートによると、財団は360万ユーロ(前回のレポートと比べて– 50万ユーロ)と200万スイスフランを保有しています。更に2,776BTC、62,000GBYTE、890万LSKを保有しています。(暗号資産に変化はありません)これは、総資産が約4,000万ドルに相当します。 下の画像は4月の各部門の経費をまとめたものです。 5月15日金曜日、LiskHQの研究部門のチームメンバーであるIker AlustizaとJan Hackfeldが、最近の研究についてDiscordでAMA(Ask Me Anything)を主催しました。ここで私たちのレポートを読み、ここでLiskHQによってリリースされた要約を読んでください。 さらに、LiskHQはブログを公開し、ネットワーク経済フェーズで導入される動的料金システムに関連する主な改善点を紹介しました。新しい料金システムによりユーザーは希望する公正な料金を支払うことができます。 (投資の利益はさておき)デリゲートに投票するように人々を動機付けるように設計されていますが、同時にスパム攻撃、ダスト攻撃、ネームスペース攻撃に対する脆弱性は可能な限り低くなっています。   Stellardynamicが、第6回Liskコミュニティオンラインミートアップのステージに登場 新しいLisk Discovery(現 Hallar)を発表したEndroのプレゼンテーションの次は、StellardynamicがSidechain SolutionsとLiskベースのプロジェクトにおける取り組みを紹介します。 Endroのスピーチをご覧ください。 オンラインミートアップに参加してください。 Did you know that “Lisk Discovery” transformed...

完了したLIPsと次のステップ:最新のAMAで議論されたトピック

5月15日金曜日、LiskHQの研究部門のチームメンバーであるIker AlustizaとJan Hackfeldが、Discordで最近の研究についてAMA(Ask Me Anything)を主催しました。 このAMAは、「Security and Reliability(セキュリティと信頼性)」、「Network Economics(ネットワーク経済)」、「Network Consensus(ネットワークコンセンサス)」、「Network Longevity(ネットワーク永続)」の4つのプロトコルロードマップに焦点を当て、35の完了したLIPを考慮しています。 彼らは、完了した研究を新しいブログに要約しました。 Korbenからの最初の質問は、アカウントに最低残高0.05LSKを強制する事についてでした:Janによると、以前から0.05LSK未満を保有する古いアカウントには影響しませんが、ハードフォーク後は送信者または受信者が0.05LSK未満になるトランザクションは無効となるようです。 LSKトークンがインターオペラビリティ(相互運用性)とサイドチェーンを通じてどのように価値を得ることができるかについて、Ducktankから非常に興味深い質問がありました。Ikerは詳しく回答しました。 私達はちょうど今、LSKトークンがサイドチェーン/インターオペラビリティ(相互運用性)アプローチにおいて価値を得る3つの主な方法を検討しています。 ・取引手数料はエコシステム内のあらゆる場所においてLSKトークンで支払わなければならないことを適用する可能性があります。 ・すべてのクロスチェーンメッセージはLSKでするように義務付けられる可能性があります。 ・サイドチェーンでブロックプロデューサー/デリゲートになるには、メインチェーンでLSKを「ステーク」する必要がある場合があります。 これらは最終的なアイデアではなく、検討の余地があります。 コミュニティメンバーのreem1xは、LiskはNetwork Longevity(ネットワーク永続)ステージ後にはスケーラブルなサイドチェーンベースのDappsをJSで提供出来るようになるかと尋ねました。Janはそれがインターオペラビリティ(相互運用性)フェーズが実装されるとスケーラブルなサイドチェーンベースのDappsを作成するための基本的なインフラストラクチャの準備が出来るようになり、成功するDappsはブロックチェーンプロトコルレイヤーだけでなく、Dapps開発者による多くのUI開発も必要であることに留意するよう述べました。 因みに研究チームは、エンタープライズプロジェクトにも適する可能性のあるサイドチェーン(例えば:PoS、DPoS、PoAなど)の多くのコンセンサスアルゴリズムを調査しています。 ブロック生成報酬が1LSKの状態での手数料の消費による影響についてIkerは、極端なシナリオではインフレの低下は約15%になると報告しています。(グラフを参照) Reem1xはまた、インターオペラビリティ(相互運用性)ステージが完了する時に、チームの次の焦点となるものに興味がありました。Janは、「例えば、ライトクライアント、プライバシー保護トランザクション、既存のチェーン(BTCなど)との相互運用性、スマートコントラクト(サイドチェーンプラグインとして)、Non-Fungible(代替不可)アセット、ポスト量子暗号、オンチェーンガバナンスなど」まだ多くの研究の焦点があると言って意気込んでいました。 研究チームは、次のメインネットリリースと同じ時期にインターオペラビリティ(相互運用性)の研究を完了し、上記のいくつかの主要なトピックに焦点を当てることを目指しています。 この全ての会話はDiscordの#generalチャネルで読むことができます:https://discord.gg/PyEkEDB _________________________________ Lisk MagazineはLisk Italian GroupとLisk Supportによってサポートされているプロジェクトです。 私達の仕事をサポートし、Lisk Magazineに投票してください。...