Magazine

MoostyグループがLisk Directory Whitepaper 0.2をリリース

Moostyグループは、Liskの公式DiscordのgeneralチャンネルでJurre Moostyを通じて、proof-of-concept Lisk Directoryサイドチェーンのホワイトペーパーバージョン0.2のリリースを発表しました。2週間前にホワイトペーパーのバージョン0.1をリリース後、Lisk Directoryについての最初の報告になります。 この文章では Proof of MotivationプロトコルとDelegate Proposalプロトコルについて、技術・知識があり、アクセスしやすく、コミュニティにも詳しい意欲的なデリゲートを選択することで、将来のサイドチェーン開発を支援するためのツールとして紹介しました。 目標は、暗号化されたメッセージを利用してこの情報の公開検証を支援することであり、投票者はサポートを希望するデリゲートについての情報に基づいた決定を下すことができます。バージョン0.1では、このような透明性の高い分散型および信頼のあるシステムの利点を簡単に説明し、サイドチェーン上のトランザクションを鋳造することで配布されるDPPユーティリティトークンを導入し、プロジェクトパートナーのLisk Discoveryのブラウジングツールとともに使用するLisk.Directory Viewerの計画を明らかにしました。 ホワイトペーパーの新しい部分では、コンセプトにさらに多くの詳細が追加されています。Delegated Proof of Stakeのコンセンサスメカニズムに基づく計画の概要を説明します。21人のフォージングデリゲートから始まり、将来見込みのあるデリゲートが十分な数になると、その数は増える可能性があります。他のLisk Directoryトークン所有者から多くの投票を得た場合、上位21人のデリゲートに昇進する「スタンバイデリゲート」という仕組みが存在します。各ユーザーには1票の権利があります。この投票の重みは、ユーザーがLisk.Directory Walletに保有しているDPPトークンの数に比例します。昇格と降格は21ブロックごとに発生します。 また、サイドチェーンがサポートするトランザクションタイプに関する内容もあります。これは、Link Account transaction(リンクアカウントトランザクション)、Register Information transaction(登録情報トランザクション) 、Register Contribution transaction(貢献登録トランザクション)、そして Register Sidechain transaction(サイドチェーン登録トランザクション)が含まれます。新しい文章ではサードパーティの統合やロードマップなど、Lisk Directoryの開発段階を示す他の興味深い側面について説明しています。 グループは、Raphael Moostyを介して、Joost(Joo5ty)がLCUの背後にある財団の取締役を辞任していることもgeneralチャンネルで発表しました。 彼はLiskの新しいコンセプトの開発とユーティリティの作成に焦点を当てることを決定し、「開発者を奮い立たせ、採用を促進することを目標にしています」。ただし、彼は「運営上の仕事に関してLCUとの日々の連携を継続する」としており、Jurre...

Delegateの世界からニュース:Joo5tyとGYM

数日前、デリゲートシステムに関する2つの重要なニュースが発表されました。1つ目のニュースは、Lisk.Supportの創設者であり、LCUの共同設立者であるJoo5tyがGDTメンバーを辞めたことをForrestが発表しました。2つ目は、最近Liskコミュニティに参加したGYMがフォージングデリゲートのポジションに立候補したことを正式に発表しました。 最初のニュースは、決定は当事者間で行われました。GDTメンバーはフォージングされたLiskを一定の割合保有する必要があります。これらの資金は、サイドチェーンの開発と促進のために利用されます。Joo5tyは自分の保有する資金のすべてを売却し、GDTを辞めることになりました。 Joo5tyに投票してゴールドレベルのステータスを維持する必要はもうありませんが、GDTは、Joo5tyがLCUでLiskプロモーションのために素晴らしい仕事をしてきたので、引き続きサポートするように依頼しています。GDTは常にJoo5tyとLCUをサポートしており、Liskに貢献することを目的とした彼とLCUおよび新しいイニシアチブを引き続きサポートします。 現在、GDTは別のメンバーを追加する予定がないため、Delegateは32人のままです。メンバーを追加する場合、そのオープンポジションに適した候補者と個人的に連絡を取ります。Joo5tyは投票者とのフォージング報酬の共有を停止し、次のように述べています。「私たちはサイドチェーンのコンセプトの構築がとても簡単になった新しいフェーズに入ったと思います。これは私が追及したい新しいチャレンジです。DelegateはLiskをウォレットからウォレットへ送るフォージング報酬を個人的に共有しています。これは、LSKトークンのバリューポジション(価値)に何の影響も与えません。私たちは今までのようにこのやり方を続けることができますが、それは私たち全員にとって最善の利益につながらないと私は思います。あなたのウォレットへの報酬は少なくなりますが評価と市場の流動性はより高まるので、私にとってはこちらの方がサスティナブルだと思います。 We like to build a Proof of Concept on the Lisk blockchain. To make this happen we are looking for donators to help for the funding. Please have a look...

Sidechain SolutionsがLisk Tic-Tac-Toeを発表

今週末、Sidechain SolutionsチームがLisk Tic-Tac-Toeのゲームを初公開しました。この情報はLisk Discordで、Stellardynamic、Korben3、そしてLemiiによるプロモーションで告知されました。ご想像の通り、これはLiskにインスピレーションを受けた古典的な〇・✕ゲームです。このゲームは、JQueryとQrcodeを利用し、Lisk Elements Libraryのクールな機能の多くを実証します。 シンプルなインターフェイスにより、プレーヤーはLiskネットワークに接続し、新しいパスフレーズとアドレスを生成し、ノードのパブリックAPIからトランザクションを取得、Liskメッセージとデータフィールドに基づいて実行し、Lisk MobileでスキャンできるQRコードを作成できます。ゲームをプレイするには、最初に「NEW GAME」ボタンをクリックしてゲームのアドレスを作成する必要があります。次に、このアドレスを友人と共有できます。友人は、[JOIN GAME]をクリックした後に表示される入力フィールドに入力することで、ゲームに参加できます。 プレイヤーは、Lisk HubまたはLisk Mobileを使用してトランザクションをGame Addressに送信することにより参加します。このトランザクションには、メッセージフィールドに入力された位置情報を含める必要があります。このメッセージは大文字と小文字は区別されません。A2やb3になります。その後、ゲームは2番目のプレイヤーが続けます。 新しいブラウザタブを開き、新しいゲームを開始してアドレスを共有するだけで、一度に複数のゲームをプレイできます。 「developers」チャンネルでStellardynamicは、コミュニティのメンバーにGithubに進み、コードを試して、「より高度な使用をする」ことを奨励しました。単一のアドレスを使用してすべてのスコアを保存し、ルールを改善するためのバウンティプログラムが既に用意されています。 Stellardynamic、Korben3、Lemiiは、Lisk Ecosystemのカスタムソリューションの提供、サイドチェーン開発者へのコンサルティングサービスの提供、ハッカソンとミートアップの管理、一般的な使用のための再利用可能なデモと学習資料の提供に取り組む6人の開発者とデザイナーチームの一員です。 さらに、メインネットとテストネットの両方のネットワーク用のAPIとスナップショットを提供するLiskAPI.ioを発表しました。彼らの公式アカウントにはsidechain_solutionsというラベルが付けられており、活動を継続するために寄付を募っています。 _________________________________ Lisk MagazineはLisk Italian GroupとEliteXによってサポートされているプロジェクトです。 私達の仕事をサポートし、Lisk Magazineに投票してください。 この記事はLisk Japanによって翻訳されました。

ThePoolがリブランディングを完了し、サイドチェーンプロジェクトを立ち上げました。

2016年から代表を務め、現在34位にランクしているThePoolは、新しいWebサイトの立ち上げと、Liskサイドチェーンアプリケーションの開発に焦点を当てた会社の設立を発表しました。 ThePoolデリゲートは世界中の個人からなるチームで、総数5.200万LSK以上(5.900万ユーロに相当)の投票を受けている数少ない独立したデリゲートの1つです。既にメインチェーン上で83.000ブロックを生成しました。 ThePoolデリゲートは3つの専用サーバーを維持し、それぞれ異なる地域(カナダ、アメリカ、イギリス)の異なるプロバイダーによってホストされています。 デリゲートの活動はさまざまな分野をカバーしていました。ノード維持はもちろん、Liskコードベースのバグの識別、報告、デバッグにも重点が置かれていました。その後、チームはノード統計の情報とLiskネットワークのブロック伝達をリアルタイムで監視する人気の高いliskstats.netなどのアプリケーションとツールの開発を開始しました。Githubのプロファイルによると、グループは、Liskアカウント用のTrezorウォレットマネージャー、PHP経由でLiskネットワークとやり取りするためのインターフェイス、CLIツール、PHPプロジェクト用ライブラリ、Lisk Pendingトランザクションビューアーも開発しました。 Lisk SDKの初期バージョンがリリースされた今、ThePoolの主な目的は、ThePoolが開発するサイドチェーンからのトークンでThePool投票者に報酬を与えることで投票者へのインセンティブを最大化しながらLiskサイドチェーンアプリケーションを開発することです。 最初のLiskサイドチェーンアプリケーションの発表は2019年第3四半期に予定されており、PoC Blockchainアプリのテストネットバージョンの開始はその年の第3四半期~第4四半期に予定されています。最初のLisk dAppのメインネット立ち上げは2020年に予定されていますが、Lisk-SDKの開発に大きく左右されます。 グループは特にautonomous decentralized companies(企業の分散化・自動化)に興味を持っています。この企業では組織の株式と利益はLiskサイドチェーントークンで示すことができます。これらのサイドチェーンのコンセンサスは、Lisk Coreが提供するデフォルトコンセンサスモジュールのカスタマイズに基づく予定です。 トークンの販売に関して、その分配はThePoolの有権者、個人投資家、およびThePool開発チームに分けられます。トークンの販売は、おそらく2020年に非公開で行われ、最低投資額は50.000ドルから150.000ドルで、AMLおよびKYC手続きの後です。 ThePoolは現在、スタンバイデリゲートと個人への財政的サポートを停止しています。また、liskstatsソフトウェア実行に関しても、これ以上の報酬はありません。 ThePool専用のDiscordチャンネルはこちら:https://discord.gg/XWMmS8X Twitter:https://twitter.com/IoThepool _________________________________ Lisk MagazineはLisk Italian GroupとEliteXによってサポートされているプロジェクトです。 私達の仕事をサポートし、Lisk Magazineに投票してください。 この記事はLisk Japanによって翻訳されました。

Binance USの新規上場にLSKが含まれていないことについてLiskHQの最新情報

Binance USはブログ記事の中で、同国の暗号通貨取引所を立ち上げる取り組みが急速に進んでいると発表しましたが、LSKは新規上場対象に含まれていないようです。この件についてLiskHQからいくつかの考察があります。 6月にBinanceは9月にBinance.comで米国の個人および法人顧客へのサービスを停止すると発表しましたが、BAMトレーディングサービス社とのパートナーシップのおかげで、同社は米国ユーザー向けにカスタマイズされた取引サービスの立ち上げ準備を進めています。 Binance USはデジタル資産リスク評価フレームワークを採用し、世界をより効率的にするチャンスのあるブロックチェーンプロジェクトを選択し、上場基準の透明性を提供、そしてBinance USが適用される法的要件を確実に順守するようにします。このフレームワークは各候補の暗号通貨の5つの主要な分野を調べます。 米国のAML / CFTおよび証券取引法、およびそれらの施行規則を含む、適用される法的要件の遵守 世界に影響を及ぼす実際の問題を解決するためのコアチームの戦略 コアチームとコミュニティメンバーの関係 市場の需要と供給の定量分析 技術のセキュリティとプロジェクトの実現性 Binance USの取引市場へ上場するために以下のデジタル資産をこのフレームワークのもとで評価していることを発表しました。 Liskコミュニティは、そこにLiskが含まれていないため、米国の取引所とLiskHQの関係性について疑問を持ちました。 LiskHQ(Lisk Foundation)の代表であるMax KordekはDiscordで次のように述べています。 昨年、米国市場をより明確にするために我々に必要なものを分析しました。SECと潜在的に協力関係にある米国の法律事務所から法的見解を得る必要があります。そのための費用は2万~4万USドルですが、結果を保証するものではありません。1.5週間前から新たに採用されたBD部門で、私はこのトピックををもう一度取り上げます。(それがMatthiasとJacobの心にあると確信しています)。将来ブロックチェーンアプリケーションプラットフォームを楽しむことができる、より大きなユーザーグループを獲得するためには、最大の市場でLSKトークンにできるだけアクセスできるようにすることが重要です。ユーザーが増えるということはアプリが増えるということを意味し、それは私たちのネットワークに多くのユーティリティが増えるということです。このような理由から私たちが主要な取引所と友好な関係を築くことは、私たちのリストに明確に載っています。私たちは高度で洗練されたコンセンサスアルゴリズムに向けて取り組んでおり(現在研究段階)、私の意見としては再び多額の資金を使い法律専門家のセカンドオピニオンを受けるよりも、新しいコンセンサスアルゴリズムを念頭に置き、ネットワークを分析する方が良いと考えています。私のスケジュールではLisk FC理事会と米国の法的見解の必要性を提起するのは年末頃です。 さらに、彼はLiskHQが米国に拠点を置く研究者、投資家、規制当局を支援する分散暗号化データライブラリであるMessariと提携するかどうかを議論していると述べました。更なる選択肢として、米国におけるLSKのプロモーションの1つとしてコンセンサスに参加することも検討しています。 Maxは米国の取引所との取引がそれらのオプションよりもはるかに複雑であり、取引所への上場に関心があっても、とても慎重にならなければならないことを確認しました。 最後にMaxは、Liskの財政についてブログ記事を投稿する準備ができており、弁護士からの確認を待っていると発表しました。より内容を明確にするために今週彼らに連絡を取るとしています。 _________________________________ Lisk MagazineはLisk Italian GroupとEliteXによってサポートされているプロジェクトです。 私達の仕事をサポートし、Lisk Magazineに投票してください。 この記事はLisk Japanによって翻訳されました。

Lisk Research – LIP-10の簡単な概要

Lisk Magazineは引き続きLisk ResearchおよびLIPsの普及に取り組みます。この記事では、Liskブロックチェーンのセキュリティを強化するために、ブロックの新しいタイプのブロックIDを提案するLIP-10の概要を簡単に紹介します。 LIP-10はAndreas Kendziorraによって作成され(Oliver Beddowsのサポートのもと)、セキュリティを向上させるために、ブロックヘッダーのSHA3-256ハッシュをブロックIDとして使用することを推奨しています。 開発者は、現在、Liskプロトコルでは、ブロックIDはブロックヘッダーのSHA-256ダイジェストの8バイトで構成されていると説明しました。この長さはサイズが小さくいくつかの利点(保存データが少なく、小さなディスプレイでの視覚化に優れている)がありますが、攻撃に対する耐性が低いなどの欠点もあります。たとえば、攻撃者はブロックチェーン内の特定のブロックに対して同じブロックIDを持つ別のブロックを発見する可能性があります。この場合、攻撃されたチェーンは他のコミュニテメンバーには変更がされていないように見える場合があります。ただし、開発者は、このタイプの攻撃はDeelegateに限定されており、現時点では経済的な理由からメリットはないとされています。とにかく、彼らはこのタイプのアタッチを将来防ぐためにブロックIDの長さを増やすことを提案しています。 2つのプロトコルをさらに詳しく比較してみましょう。現在のプロトコルでは、データブロックはSHA-256の入力テキストとして使用され、出力の最初の8バイトが反転されてブロックIDとして使用されます。提案されたプロトコルでは、署名ブロックのヘッダーデータブロックが仕様に従って生成されます(現在のプロトコルと同じ)。次に、データブロックはSHA3​​-256の入力として使用され、その出力は256ビットのブロックIDになります。 ブロックIDの長さに関しては、256ビットを推奨します。これは推奨を超えても高いセキュリティレベルを保証するためです。実際に彼らは、NISTが2030年以降も稼働する予定のアプリケーションの最低限のセキュリティレベルとして128ビットを提案していることを説明しました(この出版物を参照)。推奨される長さにより、ブロックチェーンのサイズが最大50 Mb(ブロックIDが文字配列に16進表記で書き込まれている場合は最大100 Mb)増加します。これは、チェーンの合計サイズと比較して無視できる値です。さらに、ブロックIDはユーザーによって管理されることはまれなので、追加の長さはユーザーに大きな不利益をもたらしません。 開発者は、SHA-3ハッシュ関数、特にKECCAK関数を選択したことも説明しました。セキュリティ、パフォーマンス、柔軟性の面で、NIST hash function competitionの勝者に選ばれたからです。代替機能の中で、現在のSHA-256とBLAKE2を示しています。ただし、SHA-256はその構造(前述)のために弱点があり、後者はSHA-3レビュープロセス全体を行っていないため、彼らはKECCAKを好みます。 トピックについて詳しく知りたい場合は、GitHubの特定のページで各LIPの完全な説明を読むことができます。 _________________________________ Lisk MagazineはLisk Italian GroupとEliteXによってサポートされているプロジェクトです。 私達の仕事をサポートし、Lisk Magazineに投票してください。 この記事はLisk Japanによって翻訳されました。

「Lisk.Bike」Lisk SDKで出来ることを示すためのPoC

Joostは、アルファSDKを使用してLiskアプリケーションを構築する方法を示すために、オランダで作成されたProof of Concept(概念実証)であるLisk.Bikeを発表しました。このPoCは、その地域の巨大なマーケットである自転車レンタル用のブロックチェーンベースのGPS追跡ロックの開発に焦点を当てています。 イニシアチブは、blockchain030.nlの創設者であるMarc Bumaがリードしています。MarcBumaはLisk Center Utrechtのパートナーです。Marcはユーザーエクスペリエンス(UX)、WEBアプリケーション、ブロックチェーン開発、暗号通貨、およびモバイルアプリケーションに精通しており、IoT開発の経験者です。Marcは、Liskのノードのセットアップの方法を教え、開発者がSDKで色々な取り組みができるよう支援する技術ワークショップも開催しています。 このJoostのプロジェクトは、コンセプトの宣伝、アドバイス、テストに限定されています。 オランダでは、インタビューを受けた36%の人が一般的な日に最も利用する移動手段に自転車を挙げており、最も交通量の多い自転車道は1日平均32.000人のサイクリストが利用しています。これほど巨大なマーケットの1つにもかかわらず、電動自転車とレンタルサービスの増加によりここ数年で自転車の売り上げは減少しました。 この傾向を利用して、Marcは自転車にGPS追跡ロックを取り付け、Javascriptアプリケーションを構築、データ登録にLiskブロックチェーンを使用することにより、このコンセプトを生み出すことを目指しています。誰が自転車を使用しているか、いつ、どこで、その場所が不変であるかなどの情報がLiskブロックチェーンの独自サイドチェーンに登録されます。 このプロジェクトの目標は、ドキュメントと開発を改善する方法についてLiskHQへフィードバックを提供することです。Lisk alpha SDKで何ができるかを示し、LCUの訪問者/開発者へalpha SDKを使用した開発を進めるよう促します。 このPoCは会社を創設するためや利益を得るために開発されている訳ではありません。そのためチームはクラウドファンディングキャンペーンを開始し5000LSKを集めています。(Lisk寄付ウォレットアドレス 11629240136553438599L) すべての資金は自転車、ロック、ウェブサイト、ドメイン、サーバー、コーディングの費用など、PoCの開発に充てられます。 Lisk.Bike PoCは、オランダで自転車のシェアリングを促進するために設置されたオープンソースプロジェクトであるCommonbikeプラットフォームに基づいています。開発されたすべてのコードはパブリックドメイン(Github)に追加され、関係者がプロジェクトの結果にアクセスして使用できるようになります。 _________________________________ Lisk MagazineはLisk Italian GroupとEliteXによってサポートされているプロジェクトです。 私達の仕事をサポートし、Lisk Magazineに投票してください。 この記事はLisk Japanによって翻訳されました。

Elevateの物語、開発者がForging Delegateになった経緯

ElevateはDelegateランク100位の独立したForging Delegateです。彼は2017年後半に立候補し、数ヶ月前に初めてブロックを生成しました。彼はLisk Buildersチームの一員で、Eliteグループの支援を受けており、Forging報酬の30%を投票者へ還元します。 ウェブサイト:https://elevate.sh/ Lisk Discoveryプロフィール:https://www.liskdiscovery.com/@elevate 私たちは今、彼の活動やLiskエコステムについての考えを詳しく知るよい機会です。 1) まず始めに、あなた自身のことや経歴について教えて頂けますか? お招きいただきありがとうございます。私はTobiです。ウィーンの美しい街から来た24歳です。ここ数年間はソフトウェアエンジニアとして働いています。開発者としての私はJavascriptとTypescriptを使用してフルスタックアプリケーションを作成することに焦点を当てています。私は約2ヶ月前にフリーランスになりました。私がパソコンの前にいないときは、ほとんどがボルダーホール(クライミング)にいます。週に3~4日、数時間はそこにいます。 2) 暗号通貨とLiskについて、いつどのように知りましたか?いつエコシステムに貢献し始めましたか? 全てはBTCと共に始まり、Cryptoに夢中になりました。14歳の頃、私は古いパソコンを使い夜通しBTCをマイニングしていました。BTCが1ドルになったとき、いくらかの利益を得て私は一線から退きました そして2017年に再びCryptoに戻りたいと思い、Githubで「Javascript Blockchain」を検索しました。それがLiskを見つけた瞬間でした。cc001は行動に移るのを助けてくれ、私はすぐにメンバー全員から歓迎されました。 3) Liskにはどのような可能性がありましたか?あなたの意見はまだ変わっていませんか? Javascriptに基づいたブロックチェーンの可能性を感じました。それは潜在的に開発者が多いことを意味します。私はdelegate marketplaceやサイドチェーンなどのクールなアイデアが好きでした。私はLiskに非常に興味をもっている車の支店のクライアントを1社持っており、まだその可能性を見込んでいます。最終的にLiskの価値を高めてくれるサイドチェーンが完全に機能するのを待ちきれません。 4) 開発したアプリケーションはLisk用モバイルハブ、Lisk Pending、Lisk AvatarとTelegram Botです。どれがお気に入りでその理由は何ですか? 私はそのすべてを誇りに思っています。Lisk用モバイルハブはとてもクールな技術的チャレンジで、LiskHQチームと話し合い、React Nativeを使用したトランザクション署名についての洞察を得ることが出来ました。モバイルアプリには100人以上のアクティブユーザーがいて、毎日大量のプッシュ通知を配信しています。 5) なぜあなたはDelegateになることを決めたのですか? 私が作成したツールについて、他のDelegateや人々から多くのフィードバックとサポートを頂きました。私は皆が私の働きを認識し投票してくれれば、Forgingポジションに就けるのではなかと思いました。その判断を下してからDelegate名を決めるまで数日かかりました。「Elevate」は2017年11月22日に生まれました。 6) 現在の投票システムについてはどう思いますか?改善する必要があると思いますか? 私は間違いなく現在の投票システムを変更すべきだと思います。多くの提案を読み、多くのことを考えましたが、未だに良い解決策は見つかっていません。人々がもっと多くの投票を積極的にする必要があるため、投票の手順はより手軽で期限を設けるべきだと思います。 _________________________________ Lisk MagazineはLisk...

Lisk Directory BlockchainはPoC Lisk Sidechainへ

Moostyグループは最新の作成物であるLisk Directory Blockchainのホワイトペーパーを公開しました。この記事では、プロジェクトの概要と、その目的と構造について説明します。 Lisk Directory Blockchainは、Lisk SDKを使用して構築されたProof of Concept Sidechainであり、Delegateのスキルと動機を簡単に確認できるようにすることを目的としており、新しいチェーンのDelegateを選択することや、特定のネットワークのDelegateに投票するシステムを提供します。これは、透明性の促進とスキルを証明するために、Proof of Motivationプロトコルに基づいています。 Lisk Directory Blockchainは、Lisk SDKのリリース後に発生した新しい課題の1つ(この記事で説明されています)と結果として生じるサイドチェーン、つまり新しいネットワークの信頼性とセキュリティを満たすよう設計されています。この新しいツールを使用すると、Delegate候補者はブロックチェーン上に共有したい情報を登録できます。一方のコミュニティメンバーは、利用可能なDelegateをナビゲートしたり、選択することができます。 Moostyグループは、Delegateが将来のビジョンに沿っているかどうかを判断する分散型および信頼できるシステムを持っていないなど、コミュニティメンバーやサイドチェーン開発者に影響を与えるいくつかの問題を強調しました。問題点を簡単に要約すると次の通りです。1) Delegateの選択基準の欠如。 2) スタートアップや目標を支援するためのDelegateの意欲に関する情報の欠如。 3) 新しいブロックチェーン/コミュニティで適切なスキルを持つ人々を引き付けるシステムの欠如。 4) サイドチェーン上のDelegateが別のチェーン上のDelegateに関係しているかどうかを確認するための、透明かつ信頼できる方法の欠如。 Lisk Directoryは上記のすべての問題に対するソリューションであり、Delegateに関する情報を取得するための「マーケットプレイス」を提供します。これは次の4つのカテゴリの情報に基づいています。1) 情報のアクセシビリティの委任。 2) 知識とスキルのレベル。 3) 動機。 4) 一般的なコミュニティの知識。 暗号化されたメッセージを使用して検証できるこのタイプの情報は、Delegateの宣伝。スキルと知識の開示。およびプロジェクトの立ち上げを支援するための意欲に関する情報を提供するのに役立ちます。透明性は誰もが特定の情報の有効性を検証できるという事実によって保証されます。 より技術的な側面として、Lisk...

Lisk Reserch – LIP-9 の概要

ここにLisk Reserchについての別の記事があります。今回は、異なるチェーンでのトランザクションリプレイを減少させることを目的としたLIP-9を取り上げたいと思います。 LIP-9は、Oliver Beddows、Andreas KendziorraそしてJan Hackfeldと共に、Manu Nelamane SiddalingegowdaとIker Alustizaによって共同でまとめられました。この提案には、異なるチェーンでのトランザクションリプレイを減少させるためにトランザクション署名の系統的コンポーネントとして実装されているネットワークIDの導入が含まれています。 現在のシステムの問題は、この問題(issue)でも報告されているようにトランザクションを他のチェーンでも再現できることです。例えばTestnetへ送信されたトランザクションをMainnetで再現することができます。さらにシステムにサイドチェーンが導入されることで問題は強調されます。 現在、この問題は2つの方法で解決されています。1) ユーザーが異なるブロックチェーンに同じパスフレーズを設定することを思いとどまらせる。 2) 1の解決策が適応できない場合に備えて異なるブロックチェーンに異なる2つ目のパスフレーズを登録することを提案する。ただし、この方法は宣伝されているLiskプラットフォームの長所の一つであるメインチェーンやサイドチェーンを含む複数のブロックチェーンでパスフレーズを再利用できる可能性とは対照的です。 上記の理由により、開発者はネットワークIDをトランザクション署名の統合コンポーネントとして提案します。具体的には、ネットワークIDはブロックチェーンのnethashに連結するhash、コミュニティID、およびコミュニティIDに関連するバージョンの3つのコンポーネントで構成されます。この3つの要素の組み合わせは、排他的であり、信頼できる人物にとって必須の要件でなくてはなりません。このようにして、既存のブロックチェーンからLiskメインネットまたはテストネットへのトランザクションリプレイアタックが回避され、署名は特定のネットワークで有効になります。 更にサイドチェーンを実装したエコシステムでは、各サイドチェーンに一意のネットワークIDが割り当てられ、異なるチェーン間でのトランザクションリプレイが削減されます。ただし、悪意のあるサイドチェーン開発者は、メインネットまたは別のサイドチェーンから一意のIDをコピーし、元のチェーン上の独自のサイドチェーンからトランザクションを複製する可能性があります。このため、サイドチェーンユーザーはトランザクションオブジェクトの署名とネットワークIDを確認する必要があります。 このことから、サイドチェーンの開発者が悪意のある署名機能を提供する可能性を避けるために、サイドチェーンに関して、開発者はLisk Elementsに実装された機能を使用する必要があることを推奨しています。 トピックについて詳しく知りたい場合は、Githubのページで各LIPの説明を読むことができます。 _________________________________ Lisk MagazineはLisk Italian GroupとEliteXによってサポートされているプロジェクトです。 私達の仕事をサポートし、Lisk Magazineに投票してください。 この記事はLisk Japanによって翻訳されました。