Magazine

Lisk 週次レビュー 20

新着ニュースの特徴: ・トランザクションタイプのナンバリングスキームに関する新しいLIP ・Liskは、CryptoMiso 3ヶ月間のアクティビティレポートで1位になりました ・2020年のプログラミング言語のトレンドはJavascriptであると確認されました ・デリゲートの概要   トランザクションタイプのナンバリングスキームに関する新しいLIP LiskHQバックエンド開発者のNazar Hussainは、LiskリサーチフォーラムでLisk Coreのトランザクションタイプの一貫したバージョン管理システムについてのLIPを提案しました。これは、カスタムトランザクション開発のSDKでも使用できます。 このバージョン管理スキームは、トランザクションタイプと特定のトランザクションスキーマ、検証および実行ロジックを明確にリンクし、コードのメンテナンスとサードパーティサービスとの互換性を促進します。加えて、このバージョン管理スキームでは以前のプロトコルバージョンで確認されたトランザクションを現在・将来のバージョンで再生できないようにする必要があります。 トランザクションタイプのナンバリングスキームは次のように機能します:すべてのトランザクションタイプは100の整数値の範囲を予約し、特定のトランザクションタイプが変更されるたびにtypeの値が1つずつ増加します。LIPで報告されているように、「例えば、残高転送トランザクションは100から始まり、上記のルールに従って変更が発生した場合そのトランザクションタイプの typeプロパティを101、次に102などへ変更します。このように、typeプロパティのそれぞれの値は、プロトコル個々の独立したトランザクションタイプを表しますが、意味的には、他のトランザクションタイプのリビジョンであるトランザクションタイプを特定できます。」 次の表はプロトコルに使用されるトランザクションタイプの値を示しています。   Liskは、CryptoMiso 3ヶ月間のアクティビティレポートで1位になりました リモート作業へ移行したにも関わらず、LiskHQは多くのコード開発を行っており、コミットに関して他のどの暗号通貨よりも多くの作業を行っています。その為、Liskは6ヶ月間で3位になり、過去12ヶ月間を見ると2位にランクしています。(ソース)   2020年のプログラミング言語のトレンドはJavascriptであると確認されました RedMonkは、GitHubとStack Overflowのデータから最も人気のあるプログラミング言語を調査し、第一四半期の半年ごとのレポートを発表しました。当然のことながら、この四半期で第一位のプログラミング言語はJavaScriptです。このランキングによると、他の上位の言語はPython、Java、PHP、C#、C ++です。   デリゲートの概要 LiskMonitorによると、Elite・GDTの両グループが相応の投票数を獲得したため、今週のデリゲートポジションに大きな変化はありませんでした。Eliteは1500万LSKを獲得し、GDTは1000万LSK近くを獲得しました。 個人では、101人のフォージングデリゲート全員へ新しい投票が入り、投票数が多かったデリゲートは、elevate、moosty、lemii、liskmagazine、9up.io、liskpoland.plで約+400k LSKでした。 blackswan[-122k]、iii.element.iii[-119k]、joo5ty[-131k]、adrianhunter[-126k]、とそれよりも低いポジションのスタンバイデリゲートに投票数の減少が見られました。 minionsによる1LSKの払い戻しキャンペーンは継続中です。(「Heroes」リストへ投票した場合は手続きは不要、自動払い戻しです) _________________________________ Lisk MagazineはLisk...

Lisk 週次レビュー 19

新着ニュースの特徴: ・LiskHQが幾つかのLIPを統合 ・LemiiがLisk Manager ツールを発表 ・Lisk Center UtrechtはデジタルID PoCに取り組んでいます ・Liskコミュニティがコロナウイルスによる非常事態と戦うために405LSKを寄付 ・デリゲートの概要   LiskHQが幾つかのLIPを統合 LIP 27、28、29、30(スキーマを定義し、アカウント/トランザクション/ブロックにジェネリクスシリアライゼーションを使用)とLIP 31、32(マークルツリーについて)がGitHubに統合されました。 Liskプロトコルロードマップも最新の成果が更新されています:https://lisk.io/roadmap   LemiiがLisk Manager ツールを発表 Liskデリゲートのlemiiは、デリゲートが単一のインターフェースで多くのノードを簡単に監視・管理できる新しいツールを発表しました。優れたUIを通して、ノードのステータスを知り、ワンクリックでフォージングモードを切り替えることができます。 アプリは現在1.0.0-beta.1の段階にあります。アイデアへの称賛は、オリジナルのアイデアを考えたデリゲートcc001へする必要があります。 試してみる(http://manager.lisktools.eu/)か、ツールをローカルで実行してください(https://github.com/lemii/lisk-manager)     Lisk Center UtrechtはデジタルID PoCに取り組んでいます LCUは、4月2日(午前10時~午後4時)、デジタルIDのコンセプトに関するオンライン学習会を開催します。イベント(リンク)は、プロジェクトに協力するすべての人が利用でき、主催者はイベントの講演者を募集しています。(こちらからお申し込みください) LCUは毎週月曜日に定期的に「Decentralized Co-working Mondays」を開催しています。これはブロックチェーンコミュニティを活気づけ、成長させるためのオンラインミーティングです。...

Lisk 週次レビュー 18

新着ニュースの特徴: ・Lisk Foundation 2月の財務報告 ・サードパーティのマルチ通貨ウォレット ・GDTがLisk PoCに対し毎月のバウンティを開始 ・Max Kordekが日本のタレントであり暗号通貨通訳案内士の栄木明日香さんによるインタビューを受けました ・Lisk Magazineが新コロナウイルスのLSKチャリティ募金を開始 ・デリゲートの概要   Lisk Foundation 2月の財務報告 レポートによると、財団は510万ユーロと200万スイスフランを保有しており、さらに2,776BTC、6.2万GBYTE、890万LSKを所有しています。(前回のレポート以降、暗号資産に変化はありません)これは、総資産が約3,000万ドル相当であることを意味します。 2月にLisk FoundationはLightcurve GmbHから未収入金95.8万ユーロを受け取りました。 下の画像は各部門の月額経費をまとめたものです。     サードパーティのマルチ通貨ウォレット LiskHQは、LSKやその他の暗号通貨の管理に使用できる優れたユーザーエクスペリエンスを備えた最も信頼できるウォレットを取り上げたブログを公開しました。 非カストディ型のウォレットとして彼らはExodusを選択しました。このウォレットは、LSKとその他100種類以上の暗号通貨をサポートするデスクトップ/モバイルウォレットです。 Atomic Walletは、アトミックスワップが搭載されたウォレットで500種類を超える暗号通貨をサポートするウォレットです。 Guarda Walletは、80種類を超える暗号通貨をサポートするオープンソースのWeb、デスクトップ、モバイルウォレットです。 推奨された2つのカストディ型のサードパーティウォレットは、AbraとBitpandaです。   GDTがLisk PoCに対し毎月のバウンティを開始...

Lisk 週次レビュー 17

新着ニュースの特徴: ・2020年第2四半期のLiskイベント ・3月のコミュニティヒーローとしてLiskHQによってLisk Highlightsが選ばれました。 ・LemiiはTestnet‌プロビジョニングプログラムを開始しました ・Moostyは学生がLiskの技術を採用してPoCに取り組むのを支援します ・デリゲートの概要と#HeroesNotZeros   2020年第2四半期のLiskイベント LiskHQは、来月いくつかのイベントを開催または参加します。 4月20~26日:東京ブロックチェーンウィーク 東京ブロックチェーンウィークは東京で最大のブロックチェーンカンファレンスで、日本でのLiskに対する認識を深めるためLiskHQが参加します。Max Kordekはパネリストとして参加します。 5月9~15日:ニューヨークブロックチェーンウィーク ニューヨークブロックチェーンウィークはCoinDeskが主催しコンセンサスカンファレンスがメインイベントです。LiskからはCEOで共同創立者のMax Kordekが代表として出席します。このカンファレンスの目標は、ブロックチェーン業界のトップリーダーとの繋がりを築くことです。 5月28~29日:WeAreDevelopers WeAreDevelopers ワールドコングレス in ベルリンは、世界をリードする開発者会議です。 Liskはこのイベントの主要パートナーであり、Lisk SDKを紹介する開発者ワークショップを開催します。   3月のコミュニティヒーローとしてLiskHQによってLisk Highlightsが選ばれました LISK HighlightsであるJohn_Muckは、有名なコミュニティメンバーであり2017年からLiskエコシステムで活動しています。彼は多くのソーシャルメディアチャネル(Reddit、Telegram、Discord)のモデレーターであり寄稿者です。 これまでのヒーローをご覧ください:https://lisk.io/community   LemiiはTestnet‌プロビジョニングプログラムを開始しました デリゲートのLemiiは、無料のVPSサーバーとサーバーを参加者に提供することにより、新しいLisk Testnetノードのセットアップを促進するキャンペーンを開始しました。このイニシアチブの目的はTestnetネットワークの健全性を向上させるエコシステムに新しい人を引き付け、人々がLisk CoreとLisk...

Lisk 週次レビュー 16

新着ニュースの特徴: ・BinanceがLSKステーキングサービスを開始 ・静的料金システムと動的料金システムの比較 ・デリゲートの概要と#HeroesNotZeros   BinanceがLSKステーキングサービスを開始 Binanceは、LSKの預かり資産によるステーキングサービスの開始を発表しました。LiskはDPoSでありPoSブロックチェーンではないため「ステーキング」は正しい表現ではありませんが、報酬はデリゲートによって自主的に共有されます。Binanceは2月27日から、ユーザーのLSK残高を記録するライブスナップショットの取得を開始しました。 LSKステーキング報酬は次のように計算されます。 各ユーザーの報酬=Binanceが受け取ったLSKステーキング報酬の合計*ユーザーのLSK保有率 ユーザーのLSK保有率=一般ユーザーのLSK保有数/Binanceがステークした平均合計LSK ユーザーは、ステーキング報酬を得るために、最低でも1LSKを保有する必要があります。 LSKステーキング報酬の最初の付与は2020年3月31日まで計算され、付与される総額は期間中に発生したステーキング報酬に等しくなります。 LSKの報酬は毎日計算され、毎月付与されます。付与は毎月20日までに完了します。 これは2か月前のCoinCheckに続いてLSKステーキングを採用する2番目の取引所であり、他のプラットフォームがこのトレンドに乗ることが期待されます。Liskブロックチェーンでコンセンサスが変更されると、それらのプレイヤーはデリゲートのシナリオを再検討しますが、短期的には、「Not your keys, not your Lisk(自分のキーじゃないなら、自分のLiskではない)」のモットーを強調することが重要です。保有数が多い場合はハッキングの危険性も増すためユーザーは常にコインをデスクトップかハードウェアのウォレットに入れておくことをお勧めします。毎年1月3日のProof of Keysは、ビットコインコミュニティが信頼できるサードパーティに代わり、Bitcoinの所有権を主張することをお祝いする日です。   静的料金システムと動的料金システムの比較 LiskHQのMichiel Muldersは、静的料金システムと動的料金システムを比較し、両方のシステムの利点と欠点、そしてLiskが後者のシステムを選択した理由に重点を置いたブログをリリースしました。 コインの価値が10倍になると、手数料が高すぎてブロックチェーンの使いやすさとアクセス性が損なわれるため、静的な手数料は高いボラティリティの暗号市場にとって障害です。新しい料金システムは、投票、セカンドパスフレーズの登録、ネットワーク上のトランザクション送信が安くなるため、Liskネットワークの使用を促進します。 記事を読む:静的料金システムと動的料金システム:両方の比較   デリゲートの概要と#HeroesNotZeros LiskMonitorによると、今週Eliteは2,000万票を獲得し、GDTは全体で670万LSKを獲得しました。Binanceコールドウォレットは投票の一部を変更したため、投票数が最も多い/少ないデリゲートのリストに影響を与えました。 個人では、carbonara[-5.3M]、vipertkd[-5.1M]、4miners.net[-5.1M]、joel[-5.1M]、blackswan[-6.6M]が票を失いました。 票が増えたデリゲートは、liskpoland.pl[+1M]、jong[+7M]、minions[+5.8M]、liskjapan[+5.3M]、liskcenter.io[+5.3M]でした。 こちらからGDTによる1 LSKの払い戻しとminionsによる1LSKの払い戻しを利用して、2LSKを受け取ることができます。(「Heroes」リストへ投票した場合は手続きは不要、自動払い戻しです)...

Mercator Network:MoostyによるLiskに焦点を当てたDEXを深く掘り下げます

約2週間前、MoostyはLisk SDKで構築される分散型取引所の立ち上げを発表しました。私たちは機能とスケーラビリティの計画についてよりよく理解するため彼らに質問をしました。 Mercator Networkは、Lisk SDKベースのブロックチェーンアプリケーションとビットコイン、イーサリアム、またはその他のLisk SDKベースのブロックチェーン間のアトミックスワップを可能にするDEXです。   1) DEXを構築するというアイデアはいつ生まれましたか? Lisk.JSイベントのためベルリンにいる間、信頼できるデリゲートを選択するためのマーケットプレイスの役割を果たすプロジェクト「lisk.directory」についてブレインストーミングを行いました。ブレインストーミングはすぐにマルチウォレットプロジェクトへ辿り着き、最終的にDEXに行き着きました。 2) 何名の人がそのプロジェクトに取り組んでいて、彼らの役割は何ですか? プロジェクトはチームの取り組みなので、私たち全員で取り組んでいます。Moostyチームは3人のメンバーで構成されています。Sanderは、Corbifexとしても知られておりフルスタック開発者です。RaphaelはWeb開発、マーケティング、デザイナーを担当し、Jurreはイノベーションマネージャー、広報を担当しています。 3) どのようにスケーリングする予定ですか?また、次のステップは何ですか? Mercator.Networkクライアントは、ピアが直接通信できるp2pになります。この分散ネットワークはオーダーブックの分布を拡大するのに役立ちます。 Mercatorブロックチェーン自体には受け付けた注文のみが記録されます。p2pネットワークの分散を支援するために、ノードをデリゲートが実行して、クライアント間の通信を中継します。 4) 強みは何ですか?また、JongのLisk DEXなど他のDEXとの違いは何ですか? Lisk Hash Time Locked Contractトランザクションを使用すると、ブロックチェーンアプリケーションチェーンの契約で資金をロックすることができます。この契約は、契約が期限切れになる前に暗号化された証拠を提出した場合に引き換えることができ、契約が期限切れで暗号化された証拠が提出されなかった場合は送信者に返金されます。トランザクションを実行する特定の順序を通して誰もが異なるブロックチェーンアプリケーション間でピアとトークンを安全に取引できます。 Mercator.Network DEXは、それ自体がブロックチェーンアプリケーションになり、ピア間の接続が中断した場合でも注文を実行するために、このチェーンでスワップが行われます。また、ブロックチェーンアプリケーションは、LSKとのスワップを可能にするためにLisk Testnet以降のMainnetとのSPV接続します。 Mercator.Networkトークンは、LSKに対し1:1のレートになります。また、Mercator.Network DEXには、Mercator networkに参加して注文を発行・受理するためのP2P機能を備えたGUIクライアントがあります。Lisk Hash Time Locked...

Lisk 週次レビュー 15

新着ニュースの特徴: ・LiskHQが公開した6つの新しいLIP ・Crypto Embassyは「Lisk用のMetamask(メタマスク)」に取り組んでいます ・Liskは暗号通貨格付けで4位にランクしました ・デリゲートの概要と#HeroesNotZeros   LiskHQが公開した6つの新しいLIP Liskの研究者は、ロードマップの目的である「Introduce universal serialization method(ユニバーサルシリアル化メソッドの導入」と「Introduce an authenticated data structure(認証されたデータ構造の導入)」に関連する2つのLIPについて、Liskリサーチフォーラムで新たに4つのLIPを提案しました。 最初の提案の主な改善点は、アカウント、トランザクション、ブロックに使用されるメッセージをシリアル化する一般的な方法です。 2番目、3番目、4番目のLIPは、汎用のシリアル化アルゴリズムをアカウント、トランザクション、ブロックに適用する方法を定義し、適切なJSONスキーマを指定します。 5番目のLIPは、汎用のマークルツリー構造とLiskプロトコルのさまざまな部分で使用できるproof-of-inclusion包含証明の形式を定義します。 6番目のLIPは、ブロックヘッダーからペイロードハッシュを削除し、代わりにブロックペイロードに含まれるトランザクションのマークルルートを含めることを提案しています。   Crypto Embassyは「Lisk用のMetamask(メタマスク)」に取り組んでいます チームは、Lisk用のメタマスクに非常に良く似た機能を持つプロジェクトに取り組むことを発表しました。彼らはTypeScriptを使用してプロジェクトを構築し、オープンソース化する計画を立てています。このプロジェクトは、優れたUI / UXを備えた拡張機能を用意し、liskウォレットとlisk-sdkとの統合を機能させるというアイデアです。 プロジェクトは2つの部分に分かれています。埋め込み可能なウィジェットとそのWeb拡張機能により、クラウドの大規模なオンボーディングを可能にします。   Liskは暗号通貨格付けで4位にランクしました 中国産業情報技術省CCIDの発表した格付けによると、Liskはテクノロジー、適用性、創造性に基づく評価で、すべてのブロックチェーンプロジェクトの中で4位にランクされています。 こちらからリストをご覧ください。   デリゲートの概要と#HeroesNotZeros LiskMonitorによると、今週はGDTのみが全体で1,000万LSKを獲得し、他のグループに大きな変動はありませんでした。...

Lisk 週次レビュー 14

新着ニュースの特徴: ・LiskHQがBetanet 3.0をローンチ ・Lisk Foundationの財務アップデート(1月) ・Moostyが新しいLiskベースのDEXを発表 ・Lquiz 正解するとご褒美がもらえるゲーム ・Liskは、CryptoMiso過去3ヶ月のアクティビティレポートで3位にランクされました ・デリゲートの概要と#HeroesNotZeros   LiskHQがBetanet 3.0をローンチ Lisk BFTコンセンサスはLisk SDK 3.0.2に実装され、LiskHQはすでに Network EconomicsとNetwork Consensusフェーズ(新しい動的料金システムと新しいDPoSコンセンサスアルゴリズム)を実装するLisk SDK 4.0.0の開発を開始しました。 特集記事を読んでください:LiskHQがBetanet 3.0をローンチ、更に開発スピードを上げるためLisk Coreのロードマップを変更   Lisk Foundationの財務アップデート(1月) レポートによると、Lisk Foundationは450万ユーロと210万スイスフランを保有しています。さらに、2,776BTC、62,000GBYTE、890万LSKを保有しています。これは総資産が約5,000万ドルに相当することを意味します。 1月にLisk FoundationはLightcurve GmbHから未収入金86万ユーロ以上を受け取り、同じ理由で2月に約95万ユーロが返却されます。さらにLisk Foundationが銀行口座を持っている銀行の1つが管理する基金に100万スイスフランを投資しました。 下の画像は各部門の月額経費をまとめたものです。...

LiskHQがBetanet 3.0をローンチ、更に開発スピードを上げるためLisk Coreのロードマップを変更

Lisk SDK 3.0.2のリリースにより、Security and Reliabilityフェーズ(Lisk BFTコンセンサスアルゴリズム)にリストされているタスクが正常に実装され、Betanet 3.0.0がローンチされました。 LiskHQはすでにLisk SDK 4.0.0の開発を進めており、ここではNetwork Economics(新しい動的料金システム)とNetwork Consensus(新しいDPoSシステム)フェーズの実装が含まれています。この2つのフェーズの実装にはある程度の時間が必要ですが、コーディングの観点からみると簡単であるため、LiskHQはそれらを同時に実装し、それに伴う1つのQA(quality assurance)サイクルと1つのベータネットをスキップすることを決定しました。 Network Longevity(SDK 5.0.0、新しいIDシステム)フェーズが終了し、提案されたすべてのプロトコルの変更が実装されると、Lisk Core(3.0.0-beta.x)はRCステージ(3.0.0-rc.x)に移行し、その後Liskメインネットブロックチェーンでのソフトウェアのローンチに対応するProductionステージに移行します。 用語を明確にするために、AlphanetはLiskのalpha候補版の一時的な内部専用のテストネットワークです。 Betanetは一時的に公開されており、beta候補版を実行しています。TestnetはLiskの公式テストネットワークでrelease候補版を実行し、Mainnetはproduction候補版を実行します。 SDK 3.0.0に実装されたプロトコル機能には、堅牢なピア選択と禁止メカニズム(include a robust peer selection and banning mechanism:LIP0004)、トランザクションの冗長プロパティの削除(Remove redundant properties from transaction objects:LIP0012)、異なるチェーンでのトランザクションリプレイの軽減(Mitigate transaction...

Lisk 週次レビュー 13

新着ニュースの特徴: ・LSKの新しいUSDT取引ペア ・Lisk Buildersプログラムの公募 ・Lisk Desktopがポーランド語とオランダ語で利用可能になりました。 ・GNYがAWS Marketplaceで機械学習ツールを開始 ・Liskのデリゲートによってリリースされた新しいツール ・デリゲートの概要と#HeroesNotZeros   LSKの新しいUSDT取引ペア BinanceはLSK/USDTペアの取引を開始しました。LSKの1日あたりの取引量は5,000万ドルで多くの取引所に上場しており、KrakenとBitvavoにもLSK/EURのペアがありますが、BinanceはすぐにUSDTの最も流動性の高い取引所になりました。(24時間で500万ドル以上)   Lisk Buildersプログラムの公募 Lisk Buildersプログラムに申し込み、最大5000スイスフランの助成金を受け取りましょう:https://lisk.io/builders-program   Lisk Desktopがポーランド語とオランダ語で利用可能になりました minionsとprzemerがLiskウォレットをポーランド語へ翻訳しました。https://github.com/LiskHQ/lisk-desktop/pull/2756 公式バージョンを待っている間に、ポーランド語対応の非公式ウォレット(Windows用)がリリースされました:https://github.com/S3x0r/lisk-desktop-PL/releases/tag/v1.24.0-pl2 同様に、LemiiはLisk Desktopのオランダ語翻訳に取り組みました。 プルリクエストはこちらから確認できます:https://github.com/LiskHQ/lisk-desktop/pull/2768 リリースされた非公式版のダウンロードはこちら:https://github.com/Lemii/lisk-desktop   GNYがAWS Marketplaceで機械学習ツールを開始 分散型機械学習プラットフォームであるGNYは、企業がデータのAI準備性をチェックできるように設計された新しいツールの発売を発表しました。GNY Data Diagnosticはデータセットを分析、企業が機械学習ソリューションを活用するために必要なものを強調し、データの詳細な分析をフィードバックします。これにより、中小企業でも機械学習を手頃な価格で利用できるようになります。 このテクノロジーは、Liskブロックチェーンに適用される予定です。...