Magazine

動画で見るLiskJS

11月19日、LiskHQはベルリンで毎年恒例のブロックチェーンイベントを開催しました。 イベントの発表とプレゼンテーションを含む次のプレイリストをご覧ください。 https://www.youtube.com/playlist?list=PLixm1arf_lEy1IK3AQiKK_J0hdO9rGc30 開発者は、実践的なワークショップでLisk SDKを使用してコーディングする方法を学び、業界関係者からの基調に耳を傾け、地元のブロックチェーン愛好家とのネットワークを作りました。   リードバックエンド開発者であるMaciej Bajの登場と共にイベントは開催されました。Maciej Bajは、観客にLisk SDKと開発者にとってのメリットを紹介しました。その後、バックエンド開発者のMichiel Muldersは、その後に続くSDKワークショップに向けて開発者が準備するために、カスタムトランザクションの概要を説明しました。   Lisk.js 2019でMax KordekとOliver Beddowが行ったスピーチの動画。   バックエンド開発者のIshan Tiwariが、特にパーシャルメッシュネットワークトポロジに焦点を当てたLisk P2Pライブラリとその機能を紹介します。Ishanは、パーシャルメッシュトポロジがP2Pネットワークの効率とスケーラビリティを向上させる方法を説明しています。   バックエンド開発者のMehmet Yatkiは、「すべてをテストするための1つのガイドライン」を使用して、ソフトウェアテストへの異なるアプローチを提示します。   このプレゼンテーションでは、Michal Tulejaがブロックチェーンマイクロサービスと、LiskHQがサービス指向アーキテクチャを備えたブロックチェーンベースの製品をサポートする方法を紹介します。   Mitsuaki Uchimotoは、さまざまなタイプのネットワーク攻撃と、それらをエビクション、スコア、ペナルティなどのメカニズムを使用して軽減する方法について説明します。   パネルディスカッションでは、研究開発チームへの質問に焦点が当てられました。Liskプラットフォーム、Lisk SDK、およびResearchに関する質問に回答しました。 モデレーター:Michael Borowiec(コミュニケーションリード)...

Lisk Weekのレビュー 2

今週多くのニュースが出ましたが最も重要なものは、数ヶ月前から計画されていたLiskJSイベントでした。 その他の特集:Lisk Builders プログラム、Krakenに上場したLSK、既存のPoCアプリのリストとデリゲートの概要。 LiskJSまとめ 11月19日に開催されたこのイベントは、2つのパートに分かれていました。午後の早い時間に、参加者はLisk.bike Workshopに参加し、実社会でのブロックチェーンのユースケースにLisk SDKを適用するチャンスがありました。ワークショップへ参加した全員が無料のラズベリーパイといくつかのセンサーを受け取りました。次に、コーディングチャレンジが上位3つのプロジェクトに与えられました。Francesco、Sanderそして1位のJonathanは、それぞれスマートバックパックとLSKトークンの合計2,500ユーロを受け取りました。 The guys behind the #LiskBike proof-of-concept are running their own workshops – teaching our attendees how to create a #blockchain-based bike rental system. Check them out...

Lisk Weekのレビュー

これは今週の要約であり、最新の財務情報、グローバルデータチェーン、Nasdaqのインタビュー、LiskJS、Abra App、デリゲートの概要、Githubアクティビティを取り上げています。 Lisk Foundationは2019年10月の財務アップデートを発表しました。 昨日、Lisk Foundationは毎月の経費のまとめを発表しました。Lisk Foundationは、1,600万ユーロ、320万スイスフラン、3.200BTC、780万LSKを所有しています。 下の画像では、財団がLiskの成長の様々な側面(開発、マーケティング、報奨金、運営)にどれだけ費やしたかを確認することができます。 Global Data Chain Korbenは、Lisk SDKを使用した分散型サイドチェーンPoCビルドであるGlobal Data Chainを導入しました。地球の温度、放射能、降雨、ノイズなど、世界中のさまざまな科学的測定値を保存するために使用できます。収集されたこの広範なデータにより、過去の状況を分析し、将来の状況を予測することができます。GDCに保存されている様々なデータ間に相関関係があるかどうかを確認することもできます。 クライアントデモ: http://45.32.152.68/ Github – Global Data Chain: https://github.com/Korben3/Global-Data-Chain パブリックAPI- (呼び出し例): http://45.32.152.68:4000/api/transactions?sort=timestamp%3Adesc   LiskJS 開催 11月19日にベルリンでLiskHQが開催するLiskJSですべてを学びます。議題は既に定義されています。(https://www.eventbrite.com/e/liskjs-2019-tickets-72693495201)、Maciej Baj、Oliver Beddows、Iker Alustiza、および他の多くのHQメンバーからスピーチが行われます。 さらに、Jurre Machielsen(Lisk Center Utrecht)、Edward...

GimlyとLisk.Bikeがスマート自転車シェアリングプラットフォームで協力

11月の初日に、Caspar RoelofsはMediumのGimly Blockchainのブログで、GimlyとLisk.Bikeのパートナーシップの開始を発表しました。記事では、彼は共同作業の背景にある理論的根拠を説明しました。「Gimlyは、競合よりもコラボレーションに重点を置き、互いの強みを築き、互いのプロジェクトから学ぶことにより、ブロックチェーン分野を前進させることを固く信じています。」 ご存知のように、Joostは2か月前にプロジェクトを紹介しました。Lisk Blockchainのproof-of-concept(概念実証)アプリケーションとしてスマート自転車シェアリングプラットフォームを開発する計画を発表したときです。このプロジェクトは、blockchain030.nlのMarc Bumaと、Susanne Pieterse、Bart Roorda、Eric van Riet Paap、およびAlbert van Egmondが主導しています。これは、Lisk CommunityのメンバーJesusTheHunによって作成および提出された改善案により、Commonbikeプラットフォームのオープンソースコードから多くを引き出すコンセプトです。 Gimlyの関与は、Lisk.Bikeの主要な目標をサポートします。それは、ブロックチェーンアプリケーションの開発にLisk SDKがどのように役立つかを示し、Liskまたはブロックチェーンテクノロジーを初めて使用する開発者がツールを使い始めるのを支援します。そのため、「Gimlyは、githubでのプロジェクト全体の手順の文書化、今後のLisk開発者カンファレンスのLisk.Bikeワークショップの準備、および進捗状況とチームが学んだ教訓に関するこの一連のブログ投稿を通じて貢献できます。」 このシリーズに掲載される記事では、プロジェクトのパートナーによる進捗状況に関する定期的な更新を提供します。チームが学んだすべての教訓がブロックチェーン業界全体に役立つことを確実にするためにさらに進んでいきます。イノベーションのコンテキスト–目標とステイクホルダーの推進力は、コミュニティが消化するためにレイアウトされています。Lisk.Bikeの記事で取り上げられている重要な質問は次のとおりです。「なぜブロックチェーン自転車シェアリングプラットフォームなのか」、「なぜLiskなのか」、「どのように機能するのか」。 では、なぜブロックチェーンの自転車シェアリングプラットフォームなのでしょうか?Casparは次のように説明します:「ブロックチェーン技術により、誰でもサービスプロバイダーまたはユーザーとして機能する機能的な自転車シェアリングプラットフォームを作成でき、個人情報を開示したり、資金を中央サービスプロバイダーに引き渡したりする必要がなくなります。」それは間違いなく、「あなたの携帯電話の電動スクーターと自転車のアプリにおいて、それぞれあなたの社会保障番号とクレジットカードデータを含む情報を提供すること」を改善します。 その質問に対処した後、彼はLiskが使用されているプラットフォームである理由を説明し続けました。最初に、彼はプロジェクトのアイデアがLiskコミュニティのメンバーと開発者によって考案されたことに注目しました。Alpha SDKのリリースにより、コミュニティのメンバーはカスタマイズ可能なツールに精通しています。特に、カスタムトランザクションを使用すると、様々なユースケースの特定のビジネスロジックを実装できます。したがって、Lisk.Bikeは、SDKの適応性、利点、および欠点を示す優れたPoCプロジェクトです。 それがどのように機能し、どのようにプロジェクトに参加できるかについての詳細は、https://www.gimly.ioをご覧ください。 _________________________________ Lisk MagazineはLisk Italian GroupとEliteXによってサポートされているプロジェクトです。 私達の仕事をサポートし、Lisk Magazineに投票してください。 この記事はLisk Japanによって翻訳されました。

EliteXの新しいCMOと追加の上場

EliteXは、新しいCMOが就任したことを発表しました。この記事はCoinGeckoへの掲載やTRXとVETトレーディングペアの統合など、他の最新ニュースに続きます。 Liskエコシステムの開発をサポートするために生まれた暗号取引所は、Kevin Jinが新しいCMOとして採用され、チームを18人のメンバーに拡大したことを本日発表します。 Kevin Jinは、Chisholm Instituteを卒業しました。2017年、彼はブロックチェーン業界に参入し、ZBグループ(2012年に設立され、デジタル資産取引所、ウォレット、キャピタルベンチャー、研究機関、メディアを含むネットワークを管理する会社)の下で取引所のマーケティングディレクターを務めました。また、旧ブランドのオランダのパブリックチェーンプロジェクトの中華圏のマーケティングディレクターも務めました。彼は現在、EliteXのマーケティングと運用を担当しています。 数日前、この取引所は世界で2番目に大きい暗号情報収集サイトであるCoinGeckoに掲載されたことをツイートしました。このウェブサイトは2014年初めに開始され、現在260を超える暗号通貨取引所からの3,300近いトークンを追跡しています。Similarwebは、CoinGeckoが1か月あたり約600万人のユーザーを抱えており、金融カテゴリーで最もアクセスされたWebサイトの1つであると報告しています。 EliteXのプロフィールを詳細に分析すると、報告された24時間の取引量は約2000万ドルに相当し、DCR/USDTペア(1500万ドル)とEOS/USDT(300万ドル)が優勢です。11銘柄のコインと18のアクティブな取引ペアが上場されています。Lisk保有者にとって最も関心の高い取引の1つは、LSK/USDT($ 60万以上の取引)です。 この取引所はステーキングサービスも提供しており、先週、93.000 IOTXが配布され、最近TronとVeChainが上場されました。Tron(TRX)は、2018年にJustin Sunによってローンチされたブロックチェーンプラットフォームです。このプロジェクトはICOを通じて約7,000万ドルを調達し、現在では10億ドル相当のTRXが毎日取引されています。Tronはdefiアプリケーションで最も人気のあるブロックチェーンの1つであり、VeChain(VET)はIoTアプリケーションとブロックチェーンテクノロジーを組み合わせ、特にサプライチェーン管理業界に焦点を当てています。 最近では、EliteXのチームの一部のメンバーがMalta A.I&Blockchain SummitとThe World Blockchain Conferenceに参加しています。前者は、150を超える出展者、700の投資家、5.500の組織の代表者、100のスタートアップを集める暗号イベントです。後者は、中国の大手ブロックチェーンニュースメディア8BTCによって開催され、2日間の会議で予想される参加者は4.000人以上、業界のハイレベルな訪問者が500人以上います。初期のフィードバックによると、彼らは広報に焦点を当てており、LiskとEliteXを暗号取引所とウォレットの各代表者に紹介しています。 Here in #Malta #MaltaBlockchain #AIBCSummit when you meet the most pretty girl of @elitexcrypto Hedy, feel...

デリゲートの声明について混乱していますか? 状況をクリアにしましょう

ここ数週間で多くの声明と変更が行われ、一部のLisk保有者にとっては、最新の更新を追跡するのは複雑です。 ここで紹介:Carbonara, Hirish, TonyT908, Elite group, Stellardynamicおよび一部のスタンバイデリゲート 一連のニュースの最初の発表はTonyT908によって行われました。9月30日に、彼は共有率を30%から20%に減らすことを発表しました。 個人的なシェアは変わらないため、彼は個人的にこの変更の恩恵を受けません。この分配により、基金を(10%から20%に)増やして、コミュニティメンバーと有望なプロジェクトにさらに貢献することができます。 基金のアドレスは公開されており、彼の寄付を確認することができます。https://explorer.lisk.io/address/1005304990029125475L 10月6日に、デリゲートのcarbonaraはDiscordでエリートグループからの脱退を発表したため、彼は独立したデリゲートになりました。このデリゲートはもはや1人で管理されておらず、Youtube、Github、Reddit、Mediumのクリエイター向けのPatreonとBATのミックスであるContributors.spaceに取り組んでいるグループになります。このプロジェクトはLiskサイドチェーンであり、その目的はPoCを作成することではなく、そこから実際のビジネスを作成することです。グループは一時的に報酬の共有を停止し、プロジェクトとチームの成長のためにこの資金を使用します。 前の記事ですでに述べたように、Stellardynamicは報酬を共有しなくなりました。投票者に共有されていた30%は、Sidechain Solutions、Lisk USA、およびデリゲート自体の間で均等に分割されます(各+ 10%)。 投票者は、Moracleサイドチェーンがリリースされるときに、投票率に比例したMoracleトークンを受け取ります。 彼のLiskへの貢献はすでにこことここで紹介されています。 Lisk Eliteは、メンバーリストを更新しました。Carolina, Lwyrup, Crodam, Zy1349, BlackSwan(そしてもちろんCarbonara)は、報酬を受け取るために投票する必要がなくなりました。これは、彼らが独立したデリゲートになることを意味します。彼らが報酬を共有するかどうかは明らかではありません。ここでステータスを確認できます:http://liskelite.com/checker Hirishも今月から共有割合を35%から15%に減らすことを決めました。彼は、アクティブなコミュニティメンバーへの寄付を増やすことを好み、寄付金も支払うことでSapiensプロジェクトを開始します。 あなたが今、新しいデリゲートの投票に興味があるなら、ここに数名のふさわしいメンバーをリストします。 [免責事項:この記事は著者個人の意見によるものです。] トップ 5 スタンバイデリゲート 1)moosty Lisk Centerユトレヒトの主要グループの1つ 開発中:Lisk Roulette PoC / Lisk.Directory PoC...

Bdonorの紹介:LiskのクラウドファンディングPoC

後日、別のproof-of-concept(概念実証)が発表されました。先週、DiscordでLiskデリゲートであるcc001の発表を読んでうれしく思いました。そこで彼はBdonorと呼ばれるクラウドファンディングPoCをLiskコミュニティと開発者に紹介しました。彼自身の言葉で:「それはLisk Sidechainで実行されるプラットフォームであり、ブロックチェーンテクノロジーに基づいた分散型の寄付を可能にします。Webクライアントとモバイルクライアントで寄付者と受益者を結び付け、数回クリックするだけで寄付を送受信できます。」 彼はDappの公式Webサイトをリンクしました。ここでは、Bdonorという名前の背後にあるインスピレーションと、今後のプロジェクトのビジョンを見つけることができます。Bdonorには基本的に2つの意味があります。これは、Blockchain Donor(ブロックチェーンドナー)の略語、つまりブロックチェーンで寄付ということです。B(be)donorというように発音するのは、「寄付者である」か、「寄付者になる」ことを意味します。言い換えれば、好きな人やプロジェクトに寄付することで他の人を助けることができます。ホームページにビジョンへのリンクがあります。 主な価値提案は次のとおりです。「当社のビジョンは、世界中の寄付を促進することです。誰でも、誰にでも、どこにいても、寄付をして、寄付を受け取ることができるようにしなければなりません。ウェブやモバイルで数回クリックするのと同じくらい簡単で、非常に安全でフェイルセーフでなければなりません。」 Discordの発表で、彼はチームがLiskコミュニティの人々が最初のユーザーになることを期待していると述べました。デリゲートから、ブロガー/ニュースライター、ミートアップオーガナイザー、ツールコーダー、バグハンター、サポーターまで、誰もが恩恵を受けるでしょう。彼は、前述のグループの人々を超えて、「アーティスト、ブロガー、非営利団体/人々」のような一般の人々への潜在的な拡大に対する希望を表明すると共に、このコンセプトについて簡単に説明しました。 Liskをサポートし、寄付を希望する各コミュニティメンバーは、「寄付リクエスト」を生成できます。このような要求には、彼または彼女が行った仕事の説明、いくつかの背景情報、および彼または彼女が寄付を受け取りたいアカウントなどの関連情報が含まれます。たとえば、過去にLiskに焦点を当てたミートアップを開催したり、Discordでアクティブなコミュニティメンバーになったり、バグを報告したり、Githubに貢献したりした場合、資格があります。 cc001は今後の課題を説明しました。「これは最初のバージョンです。 今後、さらに多くの機能を追加する予定です。 たとえば、自動および定期的な寄付、小額支払い、または分散クラウドファンディングなどです。 さらに、その使用をLiskコミュニティを超えて「普通の」人々にまで広げることを計画しています。 すぐにオープンソースコードを公開し、最初のテストバージョンを作成します。最初のテストバージョンでは、プラットフォームをテストし、あなたが考えていることについてフィードバックを提供できます。今すぐhttps://bdonor.io/screenshots/で第一印象を確認してください。」 _________________________________ Lisk MagazineはLisk Italian GroupとEliteXによってサポートされているプロジェクトです。 私達の仕事をサポートし、Lisk Magazineに投票してください。 この記事はLisk Japanによって翻訳されました。

Sidechain SolutionsがLisk Inviter PoCを発表

Sidechain Solutionsは、Lisk Blockchainの概念実証アプリケーションの開発を発表しました。LiskのDiscordチャネルを介して行われた発表は、Lisk Inviterを「組織、企業、またはその他の関係者がイベントの入場条件を正確に制御し、チェックインしたい各訪問者を検証する分散型アプリケーションである」と説明しました。この発表は、彼らのウェブサイトの記事にリンクされています。 記事では、フェスティバル、コンサート、結婚式、社交イベントなど、Lisk Inviterが役立つ可能性のあるいくつかの一般的なシナリオをリストしました。プライベートビジネスミーティングも別のシナリオの1つです。PoCでは、トークンを持つアカウントは、前述の集まりのいずれにおいてもIDまたは会員であることを示すことができます。このようなアカウントを使用すると、「ユーザーは残高をチャージし、追加サービスでトークンを消費できます」。資格があると仮定しています。 このようなコンセプトを機能させるには、ホストがregisterEventトランザクションを作成する必要があります。これは、イベントの名前、説明、入場料(オプション)、開始日/終了日、ゲストのリストに関する情報を含むカスタムトランザクションです。そのため、ゲストがイベントを作成した直後に、ゲストの「eventsInvited」アセットにイベントが追加されます。カスタムトランザクションのIDは特定のイベントを識別し、公開キーは個人のIDに使用されます。checkInEventトランザクションはゲストを検証し、ゲストがイベントに参加できるようにします。これにより、eventsVisitedアセットが変更されます。 この記事では、すべてがどのように結びついているかを説明しています。「時間になったら、ユーザーはイベントに行ってチェックインを試みることができます。イベントで設定されたすべての条件が満たされている場合、その人はゲストリストに載っており、まだチェックインしていないため、入場が許可されます。正しい日付でない場合、その人は招待されていないか、すでにチェックインしているか、他の要件を満たしていないため、入場は拒否され、その理由を示すプロンプトが表示されます。 今のところ、ライブデモに関してパスフレーズはチェックインに使用されます。しかし、より現実的なシナリオはおそらくスキャンすることができるチップを搭載したデバイスを伴うでしょう。スキャンは、手動ではなく自動的にパスフレーズを入力します。デモに加えて、Sidechain Solutionsは、より好奇心の強い人向けのテストアカウントのリストを提供しています。ここでそれらを見つけます:https://github.com/sidechain-solutions/lisk-inviter/blob/master/test-accounts.json Sidechain Solutionsのstellardynamicは、「利用可能なSidechainノードオペレーターの委任を組織する」ための最初のステップを発表しました。彼によると、これらは「これらのコンセプトが成長するにつれて必要になる。」彼は、Sidechain Solutionsが「時間が経つにつれて、私たちのプロジェクトのいくつかに小さなネットワークが立ち上がることを望んでいる」と付け加えました。やがて、これらのチェーンでトークンを獲得する機会が得られます。また、信頼できるサイドチェーンデリゲートになりたい人は有利なスタートを切れる思います。」 グループは、ベルリンでのLiskJSプレゼンテーションに備えて、概念実証ブロックチェーンアプリケーションの調整を続けます。彼はまた、取り組んでいる多くのサービスとアイデアの展開を勿体付けることで、私たちの好奇心を刺激しました。Stellardynamicは、「独自のプロジェクトを完全な生産規模に移行するだけでなく、ホワイトラベルブロックチェーンの生産も提供する予定です」と述べました。当社の他のサービスのほとんどは、いつものように無料のままです。」 Lisk Inviterのソースコード:https://github.com/sidechain-solutions/lisk-inviter 同社はまた、開発活動(sidechain_solutions)をサポートするために寄付を募っています。 _________________________________ Lisk MagazineはLisk Italian GroupとEliteXによってサポートされているプロジェクトです。 私達の仕事をサポートし、Lisk Magazineに投票してください。 この記事はLisk Japanによって翻訳されました。

Liskがアルゼンチンのイベントで注目を集めます

先月、アルゼンチンのブロックチェーンコミュニティは、Lisk Alpha SDKとその暗号通貨分野の可能性について話し合う機会がありました。Liskアンバサダー兼フォージングデリゲートのsgdias (Santiago Guimaraes)は、9月27日にコルドバでAlpha SDKに基づくワークショップを開催することにワクワクしていました。参加者は、その後に続くハッカソン大会で知識と実践的なアプローチを使用します。 sgdiasは2つのイベントを「素晴らしい体験」と説明し、SDKの第一印象は好意的だった。とRedditにコメントしました。多くの人々は、「ブロック時間やブロックごとのトランザクションの最大数などのブロックチェーンパラメーターをカスタマイズする可能性とともに、事前に定義されたカスタムトランザクションに関するコンセプト」に関心を示しました。コンテストの勝者は、Lisk Billsに刺激を受けたPoCピアツーピアハウスレンタルDappを作成し、賞金としてLiskで500 USDを獲得しました。 次に、 Argentina Crypto Festイベントのスポンサーになりました。Liskネットワークへのコミットメントを踏まえて、sgdiasは2,016 LSKを寄付しました。これは、米国ブロックチェーン協会、ONG Bitcoin Argentina、コルドバ政府、およびUTN(UniversidadTecnológicaNacional)とともに組織されました。 彼は、ハッカソン期間中に協力的なパートナーであったUTN大学の工学科教授であるOscar Medinaからの提案を受けることについて話しました。著名な大学の非常に尊敬されている教授からのこのようなオファーは、国内でのLiskの将来の成長にとって興味深い機会です。このオファーでは、とりわけ情報工学コースの新しいブロックチェーンの章に含まれるラボの一部として紹介されているLisk Alphaを見ることができます。 別の用事では、sgdiasがSatoshi Magazineからのインタビューを受け、Liskのバリュープロポジションを説明し、フォージング、デリゲートの役割、ブロックチェーンエコシステムにおける「トラストレス」の概念に関連する質問に答えています。 _________________________________ Lisk MagazineはLisk Italian GroupとEliteXによってサポートされているプロジェクトです。 私達の仕事をサポートし、Lisk Magazineに投票してください。 この記事はLisk Japanによって翻訳されました。

DPoS LIPについて2回目のLiskHQのAMA

10月15日に、LightcurveのリサーチサイエンティストであるIker Alustizaは、最新の3つのDPoS LIPまたは現在の研究に関連する質問に答えるためにDiscordへやって来ました。   BFTの実装の複雑さをインセンティブと罰を伴う新しい投票システムと比較できるとしたら、難しいことは何ですか?とprzemerは尋ねました。 Ikerによれば、「ユーザーの観点から見ると、新しい投票システムはシステムのダイナミックを完全に変更するので、大きな影響がありますが、BFT LIPはエンドユーザーに対してほとんど透過的です。しかし、実装については状況はほぼ反対だと思います。BFT LIPを読む機会があったなら、それは非常に複雑なトピックであり、Liskのコンセンサスアルゴリズムのコアのほとんどに影響を与えることがわかります。 開発中の私の同僚が現在行っているように、特にテストのために多大な努力が必要な理由です:チェーンメカニズム、ラウンドシステム、新しい同期メカニズムなど。 一方、DPos LIPには、システムのコアにそれほど深くない一連の変更が必要です。投票システムの実装における大きな課題は、実際の実装ではなく、メインネット上の新しいシステムへのスムーズな移行を組織することです。」   Chainode CapitalのIonutは次のように尋ねました。「すべてのノードがDBスナップショットをダウンロードし、投票がリセットされる新しいネットワークを開始しても意味がありませんか?これは、投票者が目を覚まして関与する動機にもなります。」 しかし、Ikerによると、2つの主な理由があります。「展開するのに技術的に最も簡単な方法かもしれませんが、 a)議論の余地があり、コミュニティで必要なコンセンサスを得るのは簡単ではないと感じることができます。誰かが別のフォーク/新しいブロックチェーンであると言うかもしれません。 b)ネットワークに十分な票が投じられていない最初の瞬間の不安定性は、Liskのような成熟したプロジェクト、特に取引所やサードパーティのツールにとっては危険すぎるでしょう。」 ultrafreshからの質問がいくつかありました。「フォージングのチャンスは、総投票の重みと最小のロックされたトークンの間で等しく基づいていると言う方が正確でしょうか?たとえば、投票の重みが10,000で、自己投票が500だけの場合、実際には5,000の投票の重みを持つレートでのみフォージングしますか?」 「そのように見るのは正しいと思います。 参加者は、自分の投票と他のアカウントからの投票の比率を常に念頭に置いておく必要があります。それにより、彼らはこの比率で遊ぶことによってフォージングの可能性を最大化しようとします。そして、すべてのデリゲートがこの合理的な方法で行動すれば、平衡に達するべきです…もちろん、これは実際の生活ではもっと複雑です。目撃するのは非常に興味深いでしょう」とIkerは答えました。   Ultrafreshは更に、2つのスタンバイフォージングスロットを導入する限り、安定性はセットの制限と関係があると確信していますが、これを4に増やして、各ラウンドに参加するスタンバイデリゲートの数を2倍にしてみませんか?」 Ikerからの最後の答えは次のとおりです。「実際、4つのスロットを持つことはセキュリティ(およびランダムプロセスのプロパティ)に有意な影響を与えないと考えています。しかし、セキュリティの観点だけでなく、他の理由でこの2スロットの数字を思いつきました。ラウンドは現在よりも長くなり(4スロットでは約4%長くなります)、これらはすでに十分に長いと考えました。」 _________________________________ Lisk MagazineはLisk Italian GroupとEliteXによってサポートされているプロジェクトです。 私達の仕事をサポートし、Lisk Magazineに投票してください。 この記事はLisk Japanによって翻訳されました。