Author: imperatorliskus

GimlyとLisk.Bikeがスマート自転車シェアリングプラットフォームで協力

11月の初日に、Caspar RoelofsはMediumのGimly Blockchainのブログで、GimlyとLisk.Bikeのパートナーシップの開始を発表しました。記事では、彼は共同作業の背景にある理論的根拠を説明しました。「Gimlyは、競合よりもコラボレーションに重点を置き、互いの強みを築き、互いのプロジェクトから学ぶことにより、ブロックチェーン分野を前進させることを固く信じています。」 ご存知のように、Joostは2か月前にプロジェクトを紹介しました。Lisk Blockchainのproof-of-concept(概念実証)アプリケーションとしてスマート自転車シェアリングプラットフォームを開発する計画を発表したときです。このプロジェクトは、blockchain030.nlのMarc Bumaと、Susanne Pieterse、Bart Roorda、Eric van Riet Paap、およびAlbert van Egmondが主導しています。これは、Lisk CommunityのメンバーJesusTheHunによって作成および提出された改善案により、Commonbikeプラットフォームのオープンソースコードから多くを引き出すコンセプトです。 Gimlyの関与は、Lisk.Bikeの主要な目標をサポートします。それは、ブロックチェーンアプリケーションの開発にLisk SDKがどのように役立つかを示し、Liskまたはブロックチェーンテクノロジーを初めて使用する開発者がツールを使い始めるのを支援します。そのため、「Gimlyは、githubでのプロジェクト全体の手順の文書化、今後のLisk開発者カンファレンスのLisk.Bikeワークショップの準備、および進捗状況とチームが学んだ教訓に関するこの一連のブログ投稿を通じて貢献できます。」 このシリーズに掲載される記事では、プロジェクトのパートナーによる進捗状況に関する定期的な更新を提供します。チームが学んだすべての教訓がブロックチェーン業界全体に役立つことを確実にするためにさらに進んでいきます。イノベーションのコンテキスト–目標とステイクホルダーの推進力は、コミュニティが消化するためにレイアウトされています。Lisk.Bikeの記事で取り上げられている重要な質問は次のとおりです。「なぜブロックチェーン自転車シェアリングプラットフォームなのか」、「なぜLiskなのか」、「どのように機能するのか」。 では、なぜブロックチェーンの自転車シェアリングプラットフォームなのでしょうか?Casparは次のように説明します:「ブロックチェーン技術により、誰でもサービスプロバイダーまたはユーザーとして機能する機能的な自転車シェアリングプラットフォームを作成でき、個人情報を開示したり、資金を中央サービスプロバイダーに引き渡したりする必要がなくなります。」それは間違いなく、「あなたの携帯電話の電動スクーターと自転車のアプリにおいて、それぞれあなたの社会保障番号とクレジットカードデータを含む情報を提供すること」を改善します。 その質問に対処した後、彼はLiskが使用されているプラットフォームである理由を説明し続けました。最初に、彼はプロジェクトのアイデアがLiskコミュニティのメンバーと開発者によって考案されたことに注目しました。Alpha SDKのリリースにより、コミュニティのメンバーはカスタマイズ可能なツールに精通しています。特に、カスタムトランザクションを使用すると、様々なユースケースの特定のビジネスロジックを実装できます。したがって、Lisk.Bikeは、SDKの適応性、利点、および欠点を示す優れたPoCプロジェクトです。 それがどのように機能し、どのようにプロジェクトに参加できるかについての詳細は、https://www.gimly.ioをご覧ください。 _________________________________ Lisk MagazineはLisk Italian GroupとEliteXによってサポートされているプロジェクトです。 私達の仕事をサポートし、Lisk Magazineに投票してください。 この記事はLisk Japanによって翻訳されました。

Bdonorの紹介:LiskのクラウドファンディングPoC

後日、別のproof-of-concept(概念実証)が発表されました。先週、DiscordでLiskデリゲートであるcc001の発表を読んでうれしく思いました。そこで彼はBdonorと呼ばれるクラウドファンディングPoCをLiskコミュニティと開発者に紹介しました。彼自身の言葉で:「それはLisk Sidechainで実行されるプラットフォームであり、ブロックチェーンテクノロジーに基づいた分散型の寄付を可能にします。Webクライアントとモバイルクライアントで寄付者と受益者を結び付け、数回クリックするだけで寄付を送受信できます。」 彼はDappの公式Webサイトをリンクしました。ここでは、Bdonorという名前の背後にあるインスピレーションと、今後のプロジェクトのビジョンを見つけることができます。Bdonorには基本的に2つの意味があります。これは、Blockchain Donor(ブロックチェーンドナー)の略語、つまりブロックチェーンで寄付ということです。B(be)donorというように発音するのは、「寄付者である」か、「寄付者になる」ことを意味します。言い換えれば、好きな人やプロジェクトに寄付することで他の人を助けることができます。ホームページにビジョンへのリンクがあります。 主な価値提案は次のとおりです。「当社のビジョンは、世界中の寄付を促進することです。誰でも、誰にでも、どこにいても、寄付をして、寄付を受け取ることができるようにしなければなりません。ウェブやモバイルで数回クリックするのと同じくらい簡単で、非常に安全でフェイルセーフでなければなりません。」 Discordの発表で、彼はチームがLiskコミュニティの人々が最初のユーザーになることを期待していると述べました。デリゲートから、ブロガー/ニュースライター、ミートアップオーガナイザー、ツールコーダー、バグハンター、サポーターまで、誰もが恩恵を受けるでしょう。彼は、前述のグループの人々を超えて、「アーティスト、ブロガー、非営利団体/人々」のような一般の人々への潜在的な拡大に対する希望を表明すると共に、このコンセプトについて簡単に説明しました。 Liskをサポートし、寄付を希望する各コミュニティメンバーは、「寄付リクエスト」を生成できます。このような要求には、彼または彼女が行った仕事の説明、いくつかの背景情報、および彼または彼女が寄付を受け取りたいアカウントなどの関連情報が含まれます。たとえば、過去にLiskに焦点を当てたミートアップを開催したり、Discordでアクティブなコミュニティメンバーになったり、バグを報告したり、Githubに貢献したりした場合、資格があります。 cc001は今後の課題を説明しました。「これは最初のバージョンです。 今後、さらに多くの機能を追加する予定です。 たとえば、自動および定期的な寄付、小額支払い、または分散クラウドファンディングなどです。 さらに、その使用をLiskコミュニティを超えて「普通の」人々にまで広げることを計画しています。 すぐにオープンソースコードを公開し、最初のテストバージョンを作成します。最初のテストバージョンでは、プラットフォームをテストし、あなたが考えていることについてフィードバックを提供できます。今すぐhttps://bdonor.io/screenshots/で第一印象を確認してください。」 _________________________________ Lisk MagazineはLisk Italian GroupとEliteXによってサポートされているプロジェクトです。 私達の仕事をサポートし、Lisk Magazineに投票してください。 この記事はLisk Japanによって翻訳されました。

Sidechain SolutionsがLisk Inviter PoCを発表

Sidechain Solutionsは、Lisk Blockchainの概念実証アプリケーションの開発を発表しました。LiskのDiscordチャネルを介して行われた発表は、Lisk Inviterを「組織、企業、またはその他の関係者がイベントの入場条件を正確に制御し、チェックインしたい各訪問者を検証する分散型アプリケーションである」と説明しました。この発表は、彼らのウェブサイトの記事にリンクされています。 記事では、フェスティバル、コンサート、結婚式、社交イベントなど、Lisk Inviterが役立つ可能性のあるいくつかの一般的なシナリオをリストしました。プライベートビジネスミーティングも別のシナリオの1つです。PoCでは、トークンを持つアカウントは、前述の集まりのいずれにおいてもIDまたは会員であることを示すことができます。このようなアカウントを使用すると、「ユーザーは残高をチャージし、追加サービスでトークンを消費できます」。資格があると仮定しています。 このようなコンセプトを機能させるには、ホストがregisterEventトランザクションを作成する必要があります。これは、イベントの名前、説明、入場料(オプション)、開始日/終了日、ゲストのリストに関する情報を含むカスタムトランザクションです。そのため、ゲストがイベントを作成した直後に、ゲストの「eventsInvited」アセットにイベントが追加されます。カスタムトランザクションのIDは特定のイベントを識別し、公開キーは個人のIDに使用されます。checkInEventトランザクションはゲストを検証し、ゲストがイベントに参加できるようにします。これにより、eventsVisitedアセットが変更されます。 この記事では、すべてがどのように結びついているかを説明しています。「時間になったら、ユーザーはイベントに行ってチェックインを試みることができます。イベントで設定されたすべての条件が満たされている場合、その人はゲストリストに載っており、まだチェックインしていないため、入場が許可されます。正しい日付でない場合、その人は招待されていないか、すでにチェックインしているか、他の要件を満たしていないため、入場は拒否され、その理由を示すプロンプトが表示されます。 今のところ、ライブデモに関してパスフレーズはチェックインに使用されます。しかし、より現実的なシナリオはおそらくスキャンすることができるチップを搭載したデバイスを伴うでしょう。スキャンは、手動ではなく自動的にパスフレーズを入力します。デモに加えて、Sidechain Solutionsは、より好奇心の強い人向けのテストアカウントのリストを提供しています。ここでそれらを見つけます:https://github.com/sidechain-solutions/lisk-inviter/blob/master/test-accounts.json Sidechain Solutionsのstellardynamicは、「利用可能なSidechainノードオペレーターの委任を組織する」ための最初のステップを発表しました。彼によると、これらは「これらのコンセプトが成長するにつれて必要になる。」彼は、Sidechain Solutionsが「時間が経つにつれて、私たちのプロジェクトのいくつかに小さなネットワークが立ち上がることを望んでいる」と付け加えました。やがて、これらのチェーンでトークンを獲得する機会が得られます。また、信頼できるサイドチェーンデリゲートになりたい人は有利なスタートを切れる思います。」 グループは、ベルリンでのLiskJSプレゼンテーションに備えて、概念実証ブロックチェーンアプリケーションの調整を続けます。彼はまた、取り組んでいる多くのサービスとアイデアの展開を勿体付けることで、私たちの好奇心を刺激しました。Stellardynamicは、「独自のプロジェクトを完全な生産規模に移行するだけでなく、ホワイトラベルブロックチェーンの生産も提供する予定です」と述べました。当社の他のサービスのほとんどは、いつものように無料のままです。」 Lisk Inviterのソースコード:https://github.com/sidechain-solutions/lisk-inviter 同社はまた、開発活動(sidechain_solutions)をサポートするために寄付を募っています。 _________________________________ Lisk MagazineはLisk Italian GroupとEliteXによってサポートされているプロジェクトです。 私達の仕事をサポートし、Lisk Magazineに投票してください。 この記事はLisk Japanによって翻訳されました。

Liskがアルゼンチンのイベントで注目を集めます

先月、アルゼンチンのブロックチェーンコミュニティは、Lisk Alpha SDKとその暗号通貨分野の可能性について話し合う機会がありました。Liskアンバサダー兼フォージングデリゲートのsgdias (Santiago Guimaraes)は、9月27日にコルドバでAlpha SDKに基づくワークショップを開催することにワクワクしていました。参加者は、その後に続くハッカソン大会で知識と実践的なアプローチを使用します。 sgdiasは2つのイベントを「素晴らしい体験」と説明し、SDKの第一印象は好意的だった。とRedditにコメントしました。多くの人々は、「ブロック時間やブロックごとのトランザクションの最大数などのブロックチェーンパラメーターをカスタマイズする可能性とともに、事前に定義されたカスタムトランザクションに関するコンセプト」に関心を示しました。コンテストの勝者は、Lisk Billsに刺激を受けたPoCピアツーピアハウスレンタルDappを作成し、賞金としてLiskで500 USDを獲得しました。 次に、 Argentina Crypto Festイベントのスポンサーになりました。Liskネットワークへのコミットメントを踏まえて、sgdiasは2,016 LSKを寄付しました。これは、米国ブロックチェーン協会、ONG Bitcoin Argentina、コルドバ政府、およびUTN(UniversidadTecnológicaNacional)とともに組織されました。 彼は、ハッカソン期間中に協力的なパートナーであったUTN大学の工学科教授であるOscar Medinaからの提案を受けることについて話しました。著名な大学の非常に尊敬されている教授からのこのようなオファーは、国内でのLiskの将来の成長にとって興味深い機会です。このオファーでは、とりわけ情報工学コースの新しいブロックチェーンの章に含まれるラボの一部として紹介されているLisk Alphaを見ることができます。 別の用事では、sgdiasがSatoshi Magazineからのインタビューを受け、Liskのバリュープロポジションを説明し、フォージング、デリゲートの役割、ブロックチェーンエコシステムにおける「トラストレス」の概念に関連する質問に答えています。 _________________________________ Lisk MagazineはLisk Italian GroupとEliteXによってサポートされているプロジェクトです。 私達の仕事をサポートし、Lisk Magazineに投票してください。 この記事はLisk Japanによって翻訳されました。

ThePoolがLDice PoC Dappを導入

Liskエコシステムが成長する強さをさらに示すため、フォージングデリゲートのThePoolは、LDiceと呼ばれるギャンブルDappの導入を発表しました。10月8日の発表で、LDiceはLisk Blockchain用に設計された最初のproof-of-concept(概念実証)ギャンブルDappになります。チームのメンバーであるKarekは、ThePoolのDiscordチャンネルとLiskの記事へリンクを共有しました。Mediumに関する記事では、PoCアプリケーションの概要と、今後予想される課題について説明しています。 彼らはプロジェクトに取り組む中で、高速ブロックチェーンアプリケーションを非常に迅速に作成する上でのSDKの有用性が印象付けられたことを記事で明らかにしています。彼らが強調した特定の比較は、トランザクションの送信後、roll resultsがLiskでわずか5秒で返されることです。彼らは、適切な料金でトランザクションが有効であると仮定すると、イーサリアムで同じプロセスを行った場合、少なくとも30〜60秒かかることを発見しました。 Githubで概説したように、アプリケーションのブロック間隔が5秒に設定され、rollingロジックがカスタムトランザクションを使用して構築されたため、彼らはこの速度を達成できました。今のところ、この機能にはまだ多少の作業が必要ですが、PoCではユーザーが希望する量のトークンをベットし、roll underする数字を2〜99の範囲で選択できます。次に、ユーザーは「 asset {“bet_number”:38}でトランザクションタイプ12を送信します。トランザクションが実行されると、結果がデータベース内の送信者アカウントアセットに書き込まれ、残高が適切に更新されます。」 時間とともに、彼らは次の機能を実装できるようになると期待しています。 ネイティブトークンのトレジャリー 複数のトークンでギャンブルを行うための手段「LSKを含むがこれに限定されない、フェデレーションペグdexを介したデポジット機能、および後でLiskHQが提案するさまざまなソリューション」 最大利益は特定のトークンの現在の財務保有の割合で制限 財務収益からの利益に対するネイティブトークンの権利 undoAssetの検証とデバッグ 適切なクライアント側アプリケーション validateAssetでの追加の検証 すべてのフォージングノードで真のランダム性を確保する LDiceについてもっと知りたい場合は、http://159.65.53.193からアクセスできるBasicクライアントHtmlアプリケーションと、ポート6040からアクセスできるエクスプローラーhttp://159.65.53.193:6040を確認して下さい。 フォローアップ記事では、特にブロックチェーンの実装に関して、乱数ジェネレーターの問題の複雑さについて説明しました。ブロックハッシュまたは大気ノイズの落とし穴を使用する決定論的なアプローチを避ける方法はないようです。彼らは、「lisk-sdk 2.3.6では、applyAssetの実行時にはブロックストレージにアクセスできず、特にブロック生成前に発生するため、現在のブロックシグネチャを知ることができないため、カスタムトランザクションのみを使用してこの問題を解決する選択肢は非常に限られています。 」 現在の困難を考慮して、「draw」ロジックを備えた新しい profit calculation classが開発されました。これは、イベントchain:blocks:changeをリッスンし、ブロック生成の直後にそれに応じてdrawingを処理する新しいdrawing.jsモジュールで必要になります。その結果、乱数は最新のブロックシグネチャに基づいて、数ブロックを待たずに作成できます。また、攻撃者がdrawing結果を操作する時間はごくわずかです。フォージングデリゲートの唯一の方法は、ブロックに異なるトランザクションを含めてブロックシグネチャを変更することであり、実際にはrollされた番号です。 この部分はCorbifexによって開発され、ThePoolへプールリクエストを行い、その後、財務をサポートするように変更しました。 ただし、複数のブロックからのハッシュに基づいてrollされた数字を基にするオプションが常にありますが、これには賭けの結果が遅れるという欠点があります。npmライブラリPrandoの助けを借りて、トランザクションシグネチャと現在のブロックシグネチャに応じて、決定された数が決定的になりました。ThePoolは、8月に新しいWebサイトが公開されて以来、確実に仕事を続けてきました。LDiceは、2016年に独立したフォージングデリゲートになって以来、Liskへの一連の貢献の最新のものです。以前は、ウォレットマネージャーと人気のliskstats.netを開発しました。 _________________________________ Lisk MagazineはLisk Italian GroupとEliteXによってサポートされているプロジェクトです。 私達の仕事をサポートし、Lisk Magazineに投票してください。 この記事はLisk...

要約:Blockchain Week BerlinでのLisk

Blockchain Week Berlinの第3版は、2019年8月18日から2019年8月29日までベルリンで開催されました。このイベントは昨年の4倍の規模で、4つの主要なカンファレンスと60以上のサテライトイベントがありました。そのため、ブロックチェーン技術に関する教育を促進するという唯一の目的がより大きな焦点となりました。起業家、科学者、開発者、ブロックチェーン愛好家が参加したこのイベントが開催された数日から数週間の間に、Liskはその成長する経歴を披露しました。イベントが終わるまでに、Liskの代表者は10のイベントに参加したり主催したりしました。 Liskがホストした最初のLisk SDKウェビナーは、8月9日に開催されました。そのイベントで、Tech EvangelistのRachelは、ブロックチェーン構築ツールキットのアルファ版であるLisk SDKを発表しました。彼女は、PC上でブロックチェーンをローカルでブートストラップする方法を示し、キャッシュバックトランザクションを分析してカスタムトランザクションを作成する方法を示しました。このイベントは、Nazarがキャッシュバックトランザクションとカスタムトランザクションに関する質問に答える短いQ&Aセッションを開催し参加者を楽しませて終了しました。 翌週は、いくつかの概念実証ブロックチェーンアプリケーションが、Discordチャンネルの開発者コミュニティのデリゲートおよびメンバーによって披露されました。次に8月21日、LiskHQはSDKを使用して独自の内部PoCアプリケーションを導入しました。Michiel Muldersは数日前に公式のLisk Billsウォークスルーをブログに書きました。ウェビナーでは、Muilders、Rachel、But Stanislav、およびLucas Silvestreが請求アプリケーションを紹介しました。ベーストランザクションと転送トランザクションを拡張して、プロセス内に2つの新しいカスタムトランザクションを作成する方法を示しました。 短いQ&Aがイベントを締めくくり、カスタムトランザクションとスマートコントラクトの違いに触れました。Rachelは、現在パイプラインにあるいくつかの内部アプリケーションを披露しました。同日、隔週で行われているユーザビリティセッションの一環として、同社はベルリンに拠点を置くUsability Testessenのイベントを開催しました。イベントはLiskのAtrium Tower Officesで行われました。Lisk Hubの3つのステーションとLisk Mobileの3つのステーションが6人の参加者によってテストされました。このテストはいくつかの問題を明らかにし現在、修正のためにログに記録されています。いくつかの改善は既に行われました。 ブロックチェーンウィークの最後に、Liskはワークショップを開催し、Lisk SDKを深く掘り下げました。ワークショップは2つのセクションに分かれていました。まず、概要セクションでは、新しい開発者のオンボーディングに焦点を当てたSDKの紹介を含むプレゼンテーションを行ったRachel Blackを取り上げました。その後、SDKの機能に焦点が移りました。キャッシュバックトランザクションは、カスタムトランザクションを説明する最初の例であり、その後、開発者はLiskが開発した最初のPoCブロックチェーンアプリケーションであるLisk Billsをさらに詳しく見ました。その後、参加者はキャッシュバック取引に取り組みました。 チュートリアルを正常に完了しただけでなく、SDKの経験に基づいてフィードバックを行った参加者は、Codemotion Conferenceのチケットを受け取りました。ワークショップの成功を考えると、LiskHQは今後数ヶ月でさらに多くのワークショップを開催することを約束しました。今後のイベントは、Lisk Eventsページに掲載されます。イベントの開催とは別に、リスクアンバサダーはスピーキングイベントに参加しています。そのうちの1つは、UI/UX designers meet upでLisk Design Thinkingについて設計責任者のAliとユーザーインターフェイス責任者のJulianが参加し8月20日に開催されました。 5つの特定の設計上の課題について議論した後、彼らは、Q&Aセッションで現在進行中のユーザビリティとテスト計画を示唆しました。Rachel Blackは、8月27日にCoding Berlin Meetupで講演する機会もありました。彼女は、Lisk...

Crypto Embassyが新しいウェブサイトを開設

フランスに拠点を置くCrypto Embassyは、ブロックチェーン/暗号通貨分野へのコミットメントをサポートするために新しいウェブサイトを公開しました。 このプロジェクトは、 Benjamin FavreとJordan Favreという2人の兄弟によって管理されています。彼らはフランスに拠点を置いています。 2人ともエンジニアであり、ウェブ開発、暗号、ブロックチェーンで豊富な経験を持っています。彼らはオープンソースのWeb開発に10年以上携わっており、現在、Liskエコシステム用のツール開発でフルスタック開発者チームと協力しています。 このウェブサイトには、新参者の関心を育てるよう設計されたエンドツーエンドのブロックチェーン教育コースがぎっしり詰まっています。彼らは、「このcrypto embassyアカデミーは、ブロックチェーン技術に関する包括的で公平な教育プラットフォームです」と述べています。それは取引からマイニング、ツールに至るまで全てです。 現在利用可能なコースでは、ブロックチェーンの基本、ブロックチェーンの仕組み、暗号通貨、セキュリティについて説明しています。それによりproof of work、proof of stake、delegated proof of stake、コンセンサスプロトコル、ハッシュなどのトピックに関する詳細を学ぶことができます。 これらのコースは、Crypto Embassyが言うように、「主にLiskHQによって作成され、Crypto Embassyによって少しばかり修正と翻訳がされています」。ホームページには、教育コースのすぐ下に暗号ストアと暗号ツールのリストがあります。執筆時点ではまだ立ち上がっていないこのストアでは、顧客は暗号通貨でカスタム商品、グラフィックTシャツ、パーカー、バックパックなどを購入できます。暗号ツールのリストには、CoinMarketCal、CoinGecko、CoinMarketCap、TradingViewなどが備わっています。 Crypto Embassyは、2018年にLisk HQによりフランスを代表する最初のLisk Ambassadorに指名されました。現在、彼らは唯一のフランスのアンバサダーです。Crypto Embassyは、Lisk、Byzantine、WD29、Business France、Brest Metropole&Ville、Region Bretagneの支援を受けています。このプロジェクトは需要によって大きくなっていきます。そのため、彼らはプロジェクトをサポートしてくれるスポンサーを公募しています。 チームはパリで開催された、Paris Blockchain Week SummitでLiskHQを代表し、大学や地方自治体と協力していくつかの会議を開催しました。 フォージングデリゲートとしての計画には、アカデミックサイドチェーン、イベントのホスト、フランス/ヨーロッパでの暗号へのアクセスの簡素化、スタートアップインキュベーターの作成、コミュニティファンドの設定など、多くの活動が含まれます。 デリゲート提案: https://www.crypto-embassy.com/en/vote-for-crypto-embassy-lisk/...

Lisk Bills:最初のPoCについてHQのウォークスルー

Liskのカスタムトランザクションをエコシステムの成長を後押しする「creative spark」として紹介する素晴らしい試みの中で、Michiel Muldersは公式のLiskブログで、コミュニティにLisk Billsを紹介しました。このproof-of-conceptブロックチェーンアプリケーションは、クライアントとフリーランサーの間の取引関係を「Keep It Simple and Stupid(KISSの原則)」の定義に則りAlpha SDKを利用します。最終製品は最小限のReactフロントエンドであり、フリーランサーは請求書をクライアントに送信し、クライアントはその請求書で支払うことができます。 2つのトランザクション-Baseトランザクションを拡張するInvoice(請求書)トランザクション、そして転送トランザクションを拡張する支払いトランザクションは、ブロックチェーン上に作成されます。したがって、クライアントのボブは、ウェブサイトのロゴデザインを依頼するために、フリーランスのグラフィックデザイナーを探しているとき、アリスの作品集に感銘を受けました。彼はすぐに彼女を雇い、数日後、彼女は面白いデザインを提案してきました。残すは、ボブが送信した請求書を支払うことだけです。しかし、ボブはLisk Billsを使用して請求書を支払うことを主張しています。 これは、ブロックチェーン技術がプロセスを簡単にするだろうと彼が信じているためです。契約問題に関する彼の過去の経験により、請求書の証拠としてLisk Billsを使用することにより、ヒューマンエラーを排除したいと考えています。このようにして、彼の仕事をするフリーランサーは安全なパスフレーズでアプリケーションにログインし、クライアント、金額、説明フィールドに記入することで彼に請求書を送ることができます。より詳しく見ると、カスタム請求書トランザクションをきっかけに、classの拡張後、取引手数料が定義されました。 プロセスは、prepare関数のparent methodを呼び出すことから始まり、StateStoreオブジェクトから送信者のデータを読み込みます。この関数は、データをキャッシュして、トランザクシ段階を経てトランザクション料金(1LSK)を差し引くことができます。すべてが正常な場合、Invoice(請求書)トランザクションは最終的にapplyAsset関数に到達し、ロードされたアカウントは次のデータをasset(資産)フィールドに追加します。 1) 請求書数  2) invoicesSent配列に格納された請求書ID。 ウォレットで請求書を受け取ったクライアントは、請求書を履行するために、請求書ID、受取人アドレス、および金額をフィールドに入力する必要があります。詳しく見ると、Payment Transactionと呼ばれる別のカスタムトランザクションが作成され、デフォルトのTransfer Transactionから受け継がれます。Muldersが説明するように、このカスタムトランザクションは「転送された金額が少なくともRequestedAmount(請求額)と等しいことを確認するロジックが機能します」。また、クライアントが請求書IDを指定する必要があります。「振替額が低すぎる場合、または請求書IDが存在しない場合、取引は不成立となります」。 公式のLiskブログで、両方のカスタムトランザクションに関する技術的な説明を見ることができます。Rachel Black、Michiel Mulders、Vit Stanislav、およびLucas Silvestreをフィーチャーしたウェビナーがリリースされ、誰もが実践的な学習ができるようになりました。 _________________________________ Lisk MagazineはLisk Italian GroupとEliteXによってサポートされているプロジェクトです。 私達の仕事をサポートし、Lisk Magazineに投票してください。...

MoostyグループがLisk Directory Whitepaper 0.2をリリース

Moostyグループは、Liskの公式DiscordのgeneralチャンネルでJurre Moostyを通じて、proof-of-concept Lisk Directoryサイドチェーンのホワイトペーパーバージョン0.2のリリースを発表しました。2週間前にホワイトペーパーのバージョン0.1をリリース後、Lisk Directoryについての最初の報告になります。 この文章では Proof of MotivationプロトコルとDelegate Proposalプロトコルについて、技術・知識があり、アクセスしやすく、コミュニティにも詳しい意欲的なデリゲートを選択することで、将来のサイドチェーン開発を支援するためのツールとして紹介しました。 目標は、暗号化されたメッセージを利用してこの情報の公開検証を支援することであり、投票者はサポートを希望するデリゲートについての情報に基づいた決定を下すことができます。バージョン0.1では、このような透明性の高い分散型および信頼のあるシステムの利点を簡単に説明し、サイドチェーン上のトランザクションを鋳造することで配布されるDPPユーティリティトークンを導入し、プロジェクトパートナーのLisk Discoveryのブラウジングツールとともに使用するLisk.Directory Viewerの計画を明らかにしました。 ホワイトペーパーの新しい部分では、コンセプトにさらに多くの詳細が追加されています。Delegated Proof of Stakeのコンセンサスメカニズムに基づく計画の概要を説明します。21人のフォージングデリゲートから始まり、将来見込みのあるデリゲートが十分な数になると、その数は増える可能性があります。他のLisk Directoryトークン所有者から多くの投票を得た場合、上位21人のデリゲートに昇進する「スタンバイデリゲート」という仕組みが存在します。各ユーザーには1票の権利があります。この投票の重みは、ユーザーがLisk.Directory Walletに保有しているDPPトークンの数に比例します。昇格と降格は21ブロックごとに発生します。 また、サイドチェーンがサポートするトランザクションタイプに関する内容もあります。これは、Link Account transaction(リンクアカウントトランザクション)、Register Information transaction(登録情報トランザクション) 、Register Contribution transaction(貢献登録トランザクション)、そして Register Sidechain transaction(サイドチェーン登録トランザクション)が含まれます。新しい文章ではサードパーティの統合やロードマップなど、Lisk Directoryの開発段階を示す他の興味深い側面について説明しています。 グループは、Raphael Moostyを介して、Joost(Joo5ty)がLCUの背後にある財団の取締役を辞任していることもgeneralチャンネルで発表しました。 彼はLiskの新しいコンセプトの開発とユーティリティの作成に焦点を当てることを決定し、「開発者を奮い立たせ、採用を促進することを目標にしています」。ただし、彼は「運営上の仕事に関してLCUとの日々の連携を継続する」としており、Jurre...

Sidechain SolutionsがLisk Tic-Tac-Toeを発表

今週末、Sidechain SolutionsチームがLisk Tic-Tac-Toeのゲームを初公開しました。この情報はLisk Discordで、Stellardynamic、Korben3、そしてLemiiによるプロモーションで告知されました。ご想像の通り、これはLiskにインスピレーションを受けた古典的な〇・✕ゲームです。このゲームは、JQueryとQrcodeを利用し、Lisk Elements Libraryのクールな機能の多くを実証します。 シンプルなインターフェイスにより、プレーヤーはLiskネットワークに接続し、新しいパスフレーズとアドレスを生成し、ノードのパブリックAPIからトランザクションを取得、Liskメッセージとデータフィールドに基づいて実行し、Lisk MobileでスキャンできるQRコードを作成できます。ゲームをプレイするには、最初に「NEW GAME」ボタンをクリックしてゲームのアドレスを作成する必要があります。次に、このアドレスを友人と共有できます。友人は、[JOIN GAME]をクリックした後に表示される入力フィールドに入力することで、ゲームに参加できます。 プレイヤーは、Lisk HubまたはLisk Mobileを使用してトランザクションをGame Addressに送信することにより参加します。このトランザクションには、メッセージフィールドに入力された位置情報を含める必要があります。このメッセージは大文字と小文字は区別されません。A2やb3になります。その後、ゲームは2番目のプレイヤーが続けます。 新しいブラウザタブを開き、新しいゲームを開始してアドレスを共有するだけで、一度に複数のゲームをプレイできます。 「developers」チャンネルでStellardynamicは、コミュニティのメンバーにGithubに進み、コードを試して、「より高度な使用をする」ことを奨励しました。単一のアドレスを使用してすべてのスコアを保存し、ルールを改善するためのバウンティプログラムが既に用意されています。 Stellardynamic、Korben3、Lemiiは、Lisk Ecosystemのカスタムソリューションの提供、サイドチェーン開発者へのコンサルティングサービスの提供、ハッカソンとミートアップの管理、一般的な使用のための再利用可能なデモと学習資料の提供に取り組む6人の開発者とデザイナーチームの一員です。 さらに、メインネットとテストネットの両方のネットワーク用のAPIとスナップショットを提供するLiskAPI.ioを発表しました。彼らの公式アカウントにはsidechain_solutionsというラベルが付けられており、活動を継続するために寄付を募っています。 _________________________________ Lisk MagazineはLisk Italian GroupとEliteXによってサポートされているプロジェクトです。 私達の仕事をサポートし、Lisk Magazineに投票してください。 この記事はLisk Japanによって翻訳されました。