Category: Interviews

Lisk Japan、アジアにLiskを広める新しいグループ

Lisk Japanは、LiskHQがブロックチェーンの採用を地域のエコシステムに普及させることを支援する目的で、7月16日に正式に立ち上げられました。この発表は、日本の最も有名な暗号ニュースプラットフォームの1つであるCoinpostに公開されました。 このグループは現在、Lisk Magazineと協力して、リリースされた記事の日本語訳を提供しています。これにより、地域コミュニティは自国語でニュースを入手でき、英語を母国語としない人の参入障壁が緩和されます。 Liskのエコシステムを日本で機能させる事を目的に @kplusq @ys_mdmg @uzamaru_crypto @liskholder の4人でLiskJapanを立ち上げました🎉 皆さま、応援の程宜しくお願い致します!#Lisk #JavaScript #WebDeveloper https://t.co/gITEL28nAv — Lisk Japan (@LiskJPN) July 16, 2019 Lisk Japanには何人いますか?彼らの経歴は?また、Liskエコシステムに関わり始めたのはいつですか? LiskJapanは、デザイナー&フロントエンジニア、バックエンドエンジニア、マーケティングディレクターの3人のメンバー(@ys_mdmg @uzamaru_crypto @liskholder)で構成されています。当時の4番目の創設メンバーであるkpは、諸事情により脱退しました。各個人は2016年にLiskに取り組み始めましました。Liskテクノロジーの普及と日本の地域エコシステムの成長を目的として、2019年5月頃にLiskJapanを設立しました。 日本の暗号コミュニティはどれくらい大きく、規制当局はこのテクノロジーにどのように取り組んでいますか? 日本では、XRPコミュニティは非常に大きく、Liskコミュニティはまだ初期の段階です。日本の当局による規制は徐々に厳しくなっていますが、それは国家がこの革新を認めていく上での過程を意味します。更にユーザーを保護する政策を打ち出すことが重要です。これにより、投資だけではなく日常生活においても、人々が暗号通貨に理解を深めより身近なものとなると考えています。 Lisk以外で、注目しているプロジェクトとその理由は何ですか? Cosmosは大きな可能性のあるプロジェクトです。日本のコミュニティは成長しており、多くのプロジェクトがCosmosチェーンを使用または使用する予定です。そのため、Cosmosプロジェクトの動向にも注目しています。 デリゲート候補者になることを計画していますか? 私達LiskJapanではデリゲートを立ち上げてはいませんし、近い将来デリゲートを開始する予定もありません。同様の名前のデリゲートグループ(LiskJapan_Delegate)がありますが、これは別のグループになります。LiskJapanはLisk_Japan_Delegateグループとも連携しLiskエコシステムの普及に取り組んでいます。 現在のコンセンサスについての意見はありますか? DPoSシステムには人の「考え」や「意思」という曖昧な要素が関わるため、様々な問題が発生する可能性があります。しかしながら、この要素が「牽制」の役割を果たすと考えています。BTF実装後はより強固なアルゴリズムとなり、ブロックチェーンにおいても同様に成功を収めると考えています。現在の状況については様々なデリゲートに目を向けて欲しいと感じています。その点ではLisk...

9up Delegateとは誰ですか?グループにインタビューしました。

9upは、101位のポジションに近づいているデリゲート候補者です。彼らのストーリーと今後の取り組みをさらに理解するために、私たちは彼らにいくつか質問をしました。 9up Delegateは何人いますか?そして彼らの役割は何ですか? 9up.ioは、香港ベースのローカルブロックチェーン暗号愛好家コミュニティです。現在、コード開発者、IT技術サポート、コミュニティマネージャー、コンテンツクリエーターなど、8人のコアメンバーがいます。各メンバーは共通の目標を掲げ努力しています。それは、地元の香港コミュニティでより良い採用を目指しブロックチェーン技術と暗号通貨を推進することです。 グループはいつ誕生しましたか? 2017年に生まれました。グループが誕生する前、私たちはそれぞれブロックチェーン/暗号通貨への関心を持っており、お互いにTelegramで出会いました。徐々にアイデアが形になり、私たちは物理的な会議とオンライン会議を行うTelegramベースのグループになることを決めました。2018年に、最初の主要なイベントを開催し、ブロックチェーンの採用を推進するソフトウェアとツールを開発しました。これが、正式に9up.ioデリゲートになった瞬間です。 今までにLiskエコシステムにどのように貢献しましたか?注目を集めたイニシアチブは何ですか? LiskとFiatの通貨ペアを備えた暗号ATMを立ち上げることでLiskの採用を推進し、香港でLiskサポーターのためのパーティーを開催しました。Liskスターターカードパック1.0も開発し、500パック以上が配布されました。香港大学(HKU)でのLisk Educationセミナーは、Token 2049およびAsia Crypto weekの公式サイドイベントでした。このLiskに関する入門セミナーは、HKUでMax Kordek(Lisk Foundationの社長)によって開催され、彼はこのブロックチェーンを地域コミュニティに説明しました。私たちは、教育を受けた若い人たちを引き込み、暗号の初心者にアクセスしやすいツールを提供することで、Liskがより幅広いアプリケーションになり役立つと信じています。 フォージング デリゲートとしてのあなたの目標は何ですか? Liskを大衆に導入し、Liskエコシステムを一緒に構築したいと考えています。フォージングにより、リソースを適切に管理し、香港やアジアに限らずより多くの場所で教育とプロモーションのイニシアチブを拡大します。 また、開発者に投資してLisk SDKを使用してdAppを開発する柔軟性も提供します。 Eliteグループとの関係は? 私たちはEliteサポートデリゲートです。過去のLiskイベントのいくつかで、Eliteグループは私たちの普及活動を支援しました。たとえば、Lisk-Fiat採用パーティーでは、Eliteグループが共同主催者の1人であり、イベントを後援しました。私たちのグループはボランティアで構成されているため、新しい経済力は日常業務に役立ち、地域コミュニティにさらに集中し、Liskのより良いエコシステムに取り組むことができます。 SDK /サイドチェーン開発をどのようにサポートしますか? 現在、testnetノードを実行して、リリースされる各SDKバージョンの更新をテストしています。また、大学と緊密に連携しているため、コラボレーションを提案したり、開発者に実践的な体験を提供したりできます。Liskエコシステムを改善するために、さまざまなバックグラウンドからより多くのユーザーを取り込むことを目指しています。 人々はあなたのアップデートをどこでフォローできますか? 私たちのウェブサイトをチェックし、TelegramチャンネルまたはTelegramグループをフォローしてください。ツイッターやディスコードもあります。もちろん、最善の方法は香港に来て地元のイベントに参加することです。近々お会いできるのを楽しみにしています。 9up ありがとうございました! _________________________________ Lisk MagazineはLisk Italian GroupとEliteXによってサポートされているプロジェクトです。 私達の仕事をサポートし、Lisk...

DCRステーキングとDEX開発についてEliteXのCTOを特集

8月19日、EliteX ExchangeはDCRをステーキングするサービスを開始しました。予想ROIは12%です。EliteXのCTOであるHaidong Liuにいくつか質問をし、EliteCenter東京で行われたLisk SDKについてのプレゼンテーションとEDEXプロジェクトについて特集しました。 Cosmos、Tezos、および将来ローンチされるEth 2.0、Dfinity、Polkadotにより、「ステーキング」は2019年の主要な市場トレンドの1つになりました。あなたは、なぜ、Decredが有望な技術であり、出資する価値があると思いますか? Decredは、PoWとPoSの両方を安全な方法で利用する数少ない暗号通貨の1つであり、それらを統合して多要素またはハイブリッドコンセンサスメカニズムを生成します。Decredのハイブリッドプロトコルは、考えられる攻撃の大部分に対する大きな抑止力になるように設計されています。このコンセンサスモデルのおかげで、トークン所有者はマイナーによってマイニングされたブロックをチェックする機能があります。ブロック報酬の30%がこの報酬に割り当てられているため、このプロセスに参加することはネットワークによって奨励されています。長期的な観点から見ると、DCRのステーキングはコインを保有しながら安定した報酬を得ることができます。 少なくとも30日間ステークを維持する必要があるのはなぜですか?その期間より前に資金を引き出すことは可能ですか? 実際にEliteXでDCRをステーキングする場合、あなたはたった1票を投じることで報酬を得ることができるチケットを受け取ります。各チケットは、ポワソン分布を使用して40,820チケットの現在のプールからランダムに選択されます。平均選択時間は28日~最大142日(4.7ヶ月)までです。投票プロセスと選択時間に関連する不確実性を処理します。将来的には、30日の期間前に出金をサポートする可能性があります。 EliteCenterでのミートアップに関連して、Haidongは、ETH、EOS、およびTronで開発された現在のdAppの概要からプレゼンテーションを開始しました。2008年から2019年の期間にiOSでリリースされたアプリの傾向と比較し、同様のパターンが起こる場合、数年で数百万のdAppが存在すると仮定しました。次の比較は、dApp開発のハブになりたい主要な競合にシフトしました。すべてが異なるコンセンサスモデル(ETH 2.0のCasper、PolkadotのGRANDPA、CosmosのTendermint)を持ち、スケーラビリティの提案は異なる戦略を対象としています。最後のスライドは、DEXと構造全体のメインブロックに関連するスキームを考慮した上でプレゼンテーションしました。 Haidongに、DEXのアイデアがどのように生まれたのか、最初のステップは何で、次のマイルストーンは何になるのかを尋ねました。 4月にLiskでDEXを構築することを考えたときに、多くのLiskサポーターがそれについて質問し、プロジェクトに参加する意志を表明しました。そのインプットから、フィードバックを得るためにサポーターと個別に話し始めました。その一方で、DEXロードマップの計画と、Liskエコシステムの成長におけるDEXの影響の評価に取り組みました。Lisk Centerでの7月のミートアップでは、Lisk SidechainとしてのDEXの開発に関する発表も人々の注目を集め、多くのコラボレーションの提案が出されました。他のステークホルダーとの多くの会話のおかげで、dAppトークンの取引においてDEXが重要な役割を果たすことが分かりました。Lisk SDK Alphaが利用可能になったので、リサーチとアーキテクトによる設計段階に進むことができます。Lisk SDK Betaもリリースされると、更新されたツールを使用してDEXをさらに開発し、新しい到達可能なマイルストーンに従ってロードマップを変更します。 _________________________________ Lisk MagazineはLisk Italian GroupとEliteXによってサポートされているプロジェクトです。 私達の仕事をサポートし、Lisk Magazineに投票してください。 この記事はLisk Japanによって翻訳されました。

Elevateの物語、開発者がForging Delegateになった経緯

ElevateはDelegateランク100位の独立したForging Delegateです。彼は2017年後半に立候補し、数ヶ月前に初めてブロックを生成しました。彼はLisk Buildersチームの一員で、Eliteグループの支援を受けており、Forging報酬の30%を投票者へ還元します。 ウェブサイト:https://elevate.sh/ Lisk Discoveryプロフィール:https://www.liskdiscovery.com/@elevate 私たちは今、彼の活動やLiskエコステムについての考えを詳しく知るよい機会です。 1) まず始めに、あなた自身のことや経歴について教えて頂けますか? お招きいただきありがとうございます。私はTobiです。ウィーンの美しい街から来た24歳です。ここ数年間はソフトウェアエンジニアとして働いています。開発者としての私はJavascriptとTypescriptを使用してフルスタックアプリケーションを作成することに焦点を当てています。私は約2ヶ月前にフリーランスになりました。私がパソコンの前にいないときは、ほとんどがボルダーホール(クライミング)にいます。週に3~4日、数時間はそこにいます。 2) 暗号通貨とLiskについて、いつどのように知りましたか?いつエコシステムに貢献し始めましたか? 全てはBTCと共に始まり、Cryptoに夢中になりました。14歳の頃、私は古いパソコンを使い夜通しBTCをマイニングしていました。BTCが1ドルになったとき、いくらかの利益を得て私は一線から退きました そして2017年に再びCryptoに戻りたいと思い、Githubで「Javascript Blockchain」を検索しました。それがLiskを見つけた瞬間でした。cc001は行動に移るのを助けてくれ、私はすぐにメンバー全員から歓迎されました。 3) Liskにはどのような可能性がありましたか?あなたの意見はまだ変わっていませんか? Javascriptに基づいたブロックチェーンの可能性を感じました。それは潜在的に開発者が多いことを意味します。私はdelegate marketplaceやサイドチェーンなどのクールなアイデアが好きでした。私はLiskに非常に興味をもっている車の支店のクライアントを1社持っており、まだその可能性を見込んでいます。最終的にLiskの価値を高めてくれるサイドチェーンが完全に機能するのを待ちきれません。 4) 開発したアプリケーションはLisk用モバイルハブ、Lisk Pending、Lisk AvatarとTelegram Botです。どれがお気に入りでその理由は何ですか? 私はそのすべてを誇りに思っています。Lisk用モバイルハブはとてもクールな技術的チャレンジで、LiskHQチームと話し合い、React Nativeを使用したトランザクション署名についての洞察を得ることが出来ました。モバイルアプリには100人以上のアクティブユーザーがいて、毎日大量のプッシュ通知を配信しています。 5) なぜあなたはDelegateになることを決めたのですか? 私が作成したツールについて、他のDelegateや人々から多くのフィードバックとサポートを頂きました。私は皆が私の働きを認識し投票してくれれば、Forgingポジションに就けるのではなかと思いました。その判断を下してからDelegate名を決めるまで数日かかりました。「Elevate」は2017年11月22日に生まれました。 6) 現在の投票システムについてはどう思いますか?改善する必要があると思いますか? 私は間違いなく現在の投票システムを変更すべきだと思います。多くの提案を読み、多くのことを考えましたが、未だに良い解決策は見つかっていません。人々がもっと多くの投票を積極的にする必要があるため、投票の手順はより手軽で期限を設けるべきだと思います。 _________________________________ Lisk MagazineはLisk...

EndroはGDTプールへ参加しLiskへの取り組みを加速させます

Global Delegate TeamはDiscord(公式チャット)でEndroがGDTグループに参加したことを(@forrest経由で)発表しました。私たちは彼が参加するに至った経緯といくつかの興味深い質問を尋ねました。 EndroはLisk Discoveryの創設者で、そのプラットフォームはLiskのコミュニティとデリゲートのための多くのツールを備えています。私たちは既にこの記事でインタビューをしており、彼はその後、Liskプロジェクトにフルタイムで取り組んでいます。EndroはGDTプールのPhilhellmuthとの入れ替えになります。そのため他のGDTメンバーに加えデリゲート「Endro」へ投票する必要があります。8月20日以降、彼に投票することは必須です。既にゴールドレベルの投票者には投票費用の1LSKがウォレットに返金されます。 Endroへの質問は次の通りです: グループへの参加に関してGDTから連絡がありましたか?それともあなたから自主的に行動しましたか? 私たちは数日前に話し合いを始めました。その時GDTはグループに用意されたポジションに興味はあるか私に尋ねました。 約1年前にHirishがGDTへ参加しましたが、その当時とは選考プロセスが異なり、誰でも応募フォームに記入することでオープンポジションを申請することができました。私はその選考プロセスで申請書を提出しましたので、そういう意味では自発的に応募したことになります。 今までにGDTまたはそのメンバーとコラボレーションしたことはありますか? 5an1ty、Alepop、Bioly、mrv、私(endro)、そして本当に有能な開発者の多くはサブコミュニティであるLisk Buildersの一員である開発者・起業家・そして講演者です。そこにはたくさんのツールが構築されており、技術的な問題に取り組む方法についての議論やその他のたくさんの素晴らしいアイデアがあります。 何故あなたはGDTチームに参加することを選びましたか? 私はいつも私自身のデリゲートのプロフィールがGDTにぴったりだと感じていました。なぜならチームは有能な開発者で構成されており、コミュニティの支援に大いに役立ちます。開発者と社会的存在感の強力な組み合わせは、二つ返事で引き受けるには十分でした。例えばコミュニティのメンバーや、ユトレヒトのLiskセンターに与えられる頻繁なGDTからの寄付は、GDTがコミュニティとの密接な関係を望んでいると私は感じました。それは私が本当に感謝していることです。 Lisk DiscoveryとGDTとの間にはどのような関係がありますか?基本方針に何らかの変更はありますか? デリゲート(Endro)の「Lisk Discovery」についての活動はほぼ100%達成していました。 プラットフォームの成熟度が高まり、小規模なコミュニティプロジェクトとしてはもはや継続不可能になっていました。 今後、プラットフォームは私の個人的なデリゲート活動とは切り離された存在となり、GTDや私自身のデリゲート活動とは全く異なる使命をもつ組織として機能するでしょう。今後の活動は、GDTのメンバーであることに集中すること、ベルギーのLiskアンバサダー(ミートアップ・ワークショップ・ハッカソンなど)、活動的なコミュニティのメンバーと共に空き時間を利用してコミュニティのためのツールを作ります。 私たちの質問にお時間を頂きありがとうございます。良い仕事をしてください! _________________________________ Lisk MagazineはLisk Italian GroupとEliteXによってサポートされているプロジェクトです。 私達の仕事をサポートし、Lisk Magazineに投票してください。 この記事はLisk Japanによって翻訳されました。