Category: News

Lisk 週次レビュー 15

新着ニュースの特徴: ・LiskHQが公開した6つの新しいLIP ・Crypto Embassyは「Lisk用のMetamask(メタマスク)」に取り組んでいます ・Liskは暗号通貨格付けで4位にランクしました ・デリゲートの概要と#HeroesNotZeros   LiskHQが公開した6つの新しいLIP Liskの研究者は、ロードマップの目的である「Introduce universal serialization method(ユニバーサルシリアル化メソッドの導入」と「Introduce an authenticated data structure(認証されたデータ構造の導入)」に関連する2つのLIPについて、Liskリサーチフォーラムで新たに4つのLIPを提案しました。 最初の提案の主な改善点は、アカウント、トランザクション、ブロックに使用されるメッセージをシリアル化する一般的な方法です。 2番目、3番目、4番目のLIPは、汎用のシリアル化アルゴリズムをアカウント、トランザクション、ブロックに適用する方法を定義し、適切なJSONスキーマを指定します。 5番目のLIPは、汎用のマークルツリー構造とLiskプロトコルのさまざまな部分で使用できるproof-of-inclusion包含証明の形式を定義します。 6番目のLIPは、ブロックヘッダーからペイロードハッシュを削除し、代わりにブロックペイロードに含まれるトランザクションのマークルルートを含めることを提案しています。   Crypto Embassyは「Lisk用のMetamask(メタマスク)」に取り組んでいます チームは、Lisk用のメタマスクに非常に良く似た機能を持つプロジェクトに取り組むことを発表しました。彼らはTypeScriptを使用してプロジェクトを構築し、オープンソース化する計画を立てています。このプロジェクトは、優れたUI / UXを備えた拡張機能を用意し、liskウォレットとlisk-sdkとの統合を機能させるというアイデアです。 プロジェクトは2つの部分に分かれています。埋め込み可能なウィジェットとそのWeb拡張機能により、クラウドの大規模なオンボーディングを可能にします。   Liskは暗号通貨格付けで4位にランクしました 中国産業情報技術省CCIDの発表した格付けによると、Liskはテクノロジー、適用性、創造性に基づく評価で、すべてのブロックチェーンプロジェクトの中で4位にランクされています。 こちらからリストをご覧ください。   デリゲートの概要と#HeroesNotZeros LiskMonitorによると、今週はGDTのみが全体で1,000万LSKを獲得し、他のグループに大きな変動はありませんでした。...

Lisk 週次レビュー 14

新着ニュースの特徴: ・LiskHQがBetanet 3.0をローンチ ・Lisk Foundationの財務アップデート(1月) ・Moostyが新しいLiskベースのDEXを発表 ・Lquiz 正解するとご褒美がもらえるゲーム ・Liskは、CryptoMiso過去3ヶ月のアクティビティレポートで3位にランクされました ・デリゲートの概要と#HeroesNotZeros   LiskHQがBetanet 3.0をローンチ Lisk BFTコンセンサスはLisk SDK 3.0.2に実装され、LiskHQはすでに Network EconomicsとNetwork Consensusフェーズ(新しい動的料金システムと新しいDPoSコンセンサスアルゴリズム)を実装するLisk SDK 4.0.0の開発を開始しました。 特集記事を読んでください:LiskHQがBetanet 3.0をローンチ、更に開発スピードを上げるためLisk Coreのロードマップを変更   Lisk Foundationの財務アップデート(1月) レポートによると、Lisk Foundationは450万ユーロと210万スイスフランを保有しています。さらに、2,776BTC、62,000GBYTE、890万LSKを保有しています。これは総資産が約5,000万ドルに相当することを意味します。 1月にLisk FoundationはLightcurve GmbHから未収入金86万ユーロ以上を受け取り、同じ理由で2月に約95万ユーロが返却されます。さらにLisk Foundationが銀行口座を持っている銀行の1つが管理する基金に100万スイスフランを投資しました。 下の画像は各部門の月額経費をまとめたものです。...

LiskHQがBetanet 3.0をローンチ、更に開発スピードを上げるためLisk Coreのロードマップを変更

Lisk SDK 3.0.2のリリースにより、Security and Reliabilityフェーズ(Lisk BFTコンセンサスアルゴリズム)にリストされているタスクが正常に実装され、Betanet 3.0.0がローンチされました。 LiskHQはすでにLisk SDK 4.0.0の開発を進めており、ここではNetwork Economics(新しい動的料金システム)とNetwork Consensus(新しいDPoSシステム)フェーズの実装が含まれています。この2つのフェーズの実装にはある程度の時間が必要ですが、コーディングの観点からみると簡単であるため、LiskHQはそれらを同時に実装し、それに伴う1つのQA(quality assurance)サイクルと1つのベータネットをスキップすることを決定しました。 Network Longevity(SDK 5.0.0、新しいIDシステム)フェーズが終了し、提案されたすべてのプロトコルの変更が実装されると、Lisk Core(3.0.0-beta.x)はRCステージ(3.0.0-rc.x)に移行し、その後Liskメインネットブロックチェーンでのソフトウェアのローンチに対応するProductionステージに移行します。 用語を明確にするために、AlphanetはLiskのalpha候補版の一時的な内部専用のテストネットワークです。 Betanetは一時的に公開されており、beta候補版を実行しています。TestnetはLiskの公式テストネットワークでrelease候補版を実行し、Mainnetはproduction候補版を実行します。 SDK 3.0.0に実装されたプロトコル機能には、堅牢なピア選択と禁止メカニズム(include a robust peer selection and banning mechanism:LIP0004)、トランザクションの冗長プロパティの削除(Remove redundant properties from transaction objects:LIP0012)、異なるチェーンでのトランザクションリプレイの軽減(Mitigate transaction...

Lisk 週次レビュー 13

新着ニュースの特徴: ・LSKの新しいUSDT取引ペア ・Lisk Buildersプログラムの公募 ・Lisk Desktopがポーランド語とオランダ語で利用可能になりました。 ・GNYがAWS Marketplaceで機械学習ツールを開始 ・Liskのデリゲートによってリリースされた新しいツール ・デリゲートの概要と#HeroesNotZeros   LSKの新しいUSDT取引ペア BinanceはLSK/USDTペアの取引を開始しました。LSKの1日あたりの取引量は5,000万ドルで多くの取引所に上場しており、KrakenとBitvavoにもLSK/EURのペアがありますが、BinanceはすぐにUSDTの最も流動性の高い取引所になりました。(24時間で500万ドル以上)   Lisk Buildersプログラムの公募 Lisk Buildersプログラムに申し込み、最大5000スイスフランの助成金を受け取りましょう:https://lisk.io/builders-program   Lisk Desktopがポーランド語とオランダ語で利用可能になりました minionsとprzemerがLiskウォレットをポーランド語へ翻訳しました。https://github.com/LiskHQ/lisk-desktop/pull/2756 公式バージョンを待っている間に、ポーランド語対応の非公式ウォレット(Windows用)がリリースされました:https://github.com/S3x0r/lisk-desktop-PL/releases/tag/v1.24.0-pl2 同様に、LemiiはLisk Desktopのオランダ語翻訳に取り組みました。 プルリクエストはこちらから確認できます:https://github.com/LiskHQ/lisk-desktop/pull/2768 リリースされた非公式版のダウンロードはこちら:https://github.com/Lemii/lisk-desktop   GNYがAWS Marketplaceで機械学習ツールを開始 分散型機械学習プラットフォームであるGNYは、企業がデータのAI準備性をチェックできるように設計された新しいツールの発売を発表しました。GNY Data Diagnosticはデータセットを分析、企業が機械学習ソリューションを活用するために必要なものを強調し、データの詳細な分析をフィードバックします。これにより、中小企業でも機械学習を手頃な価格で利用できるようになります。 このテクノロジーは、Liskブロックチェーンに適用される予定です。...

Lisk 週次レビュー 12

新着ニュースの特徴: ・LiskHQが開発者向けのフォーラムを開始 ・ThePoolからのアップデート ・Jong Liskアップデート ・国際ブロックチェーンカンファレンスで承認されたLiskに焦点を当てた論文 ・LATOKENに上場したLSK ・デリゲートの概要と#HeroesNotZeros   LiskHQが開発者向けのフォーラムを開始 この新しいDev Forumは、CommanderやSDKなどのLisk製品に関連する質問と回答をする場所になります(例:パスフレーズでメッセージに署名する方法は?・カスタムブロックチェーンアプリでカスタムトランザクションを登録する方法は?)。もう1つはLisk Research Forumで、Lisk改善提案に関する提案や議論ができるアクティブフォーラムです。 このイニシアチブにより、誰でもアカウントなしでLisk関連のディスカッションを読むことができ、コミュニティチャットやサポートの場所であるDiscordよりもトピックをより見やすく、アクセスしやすくなります。   ThePoolからのアップデート ThePoolは、ldiceノードを簡単に管理、インストールするために、ldice.shスクリプトをリリースしました。Ldiceは、lisk-sdkを使用して作成された証明が可能な公正なサイコロゲームです。Lisk DEXのテストネットの統合と財務上の配当により、まもなくリリースされるはずです。グループがネットワーク上により多くのノードを必要とするため、チームはLiskサポーターを専用ノードのセットアップに招待しています。Ldiceトークンシンボルは(LDT)Lisk Dice Tokenになります。   JongによるLiskアップデート 何ヶ月も前から、デリゲートのJongはLisk DEXに取り組んでおり、過去30日間でシグネチャとトランザクションの伝播を改善し、パフォーマンスを改善するためにオーダーブック/マッチングエンジンを書き換え、2つの新しいオープンソースライブラリを公開し、LeaseholdテストネットでDEXをテストしました。さらに、DEXノードをより効率的に実行する方法を目指すLDEM(Lisk Decentralized Exchange Manager)と呼ばれるオープンソースツール/フレームワークの開発も始めました。 記事全文を読む:https://medium.com/@jonathangrosdubois/jons-lisk-update-january-2020-3a5030f49c82   国際ブロックチェーンカンファレンスで承認されたLiskに焦点を当てた論文 LiskコミュニティのメンバーであるDavi Alvesは、2020年3月12〜14日にハワイで開催される第2回 ICBCT...

Lisk 週次レビュー 11

新着ニュースの特徴: ・LIP0025は、LSKウォレットの最低残高を提案しています ・LiskはMagnum Walletでサポートされるようになりました ・Lisk Bikeの技術分析 ・Coincheckは最初のステーキング報酬を配布しました ・ Liskの採用を促進するLSKプレゼントキャンペーン ・デリゲートの概要と#heroesnotzeros   LIP0025は、LSKウォレットの最低残高を提案しています LiskHQは、アカウントの最低残高要件を導入するLIP0025を提案しています。メインネットでダイナミックフィーが導入されると、トランザクションが安くなります。(最小料金は0.00125LSK) これは、1250 LSKを持つ悪意のあるユーザーが100万のトランザクションを送信して、100万の新しいアカウントを作成できることを意味し、スパム攻撃を開始するコストは手頃な価格になります。提案では最低残高を0.05LSKに設定することで、その種の攻撃を防止します。   LiskはMagnum Walletでサポートされるようになりました Magnum walletは、エアドロップを請求しパッシブインカムを得るために設計された多機能ウォレットです。同社は既にTezos投資家にワンクリックの委任プロセスを提供しています。ウォレットは多くのコインをサポートし、LedgerやTrezorと互換性があります。 Magnum Wallet is loaded with $LISK🔥 We are happy to add @LiskHQ to our...

Lisk 週次レビュー 10

新着ニュースの特徴: ・Lisk Core 2.1.4がリリースされました ・Liskプロトコルのロードマップに追加された3つの新しい目標 ・Lisk DEXの新しいUI ・デリゲートの概要と#heroesnotzeros   Lisk Core 2.1.4がリリースされました LiskHQによってリリース: ・Lisk Core 2.1.4 メインネットのパッチリリース ・Lisk Core 2.1.4-rc.0 テストネットのパッチリリース ・Lisk SDK 2.3.7 Lisk Coreのdependency(依存性)の更新 このリリースは、最近発見されたピアツーピアのセキュリティ脆弱性を緩和します。 そのため、すべてのノードオペレーターがすぐにノードを更新することが重要です。   Liskプロトコルロードマップに追加された3つの新しい目標 LiskHQは、Liskプロトコルのロードマップに3つの新しい目標を追加しました。 「Network Economics(ネットワーク経済)」カテゴリの新しい目標は、「トランザクションロジックを簡素化するためにブロック内のトランザクションの有効性に関するルールを指定する」です。 LiskのリサーチャーであるMaxime...

年次レビュー:LCU活動報告2019

Jurre Machielsen、Raphael Cornelis、Sander Mandemaker(The Moosty Team)は、2019年のLisk Center Utrechtの活動と、2020年に関連する目標を分析するレポートを発表しました。コワーキングスペースは11のブロックチェーンプロジェクトを迎え入れ、50以上のイベントと200以上のミーティングを開催しました。 もともとJoo5tyによって設立されたこのセンターは、マーケティング資料、ウェブサイト、バックエンド開発、コミュニティマネジメントを担当するMoostyチームが管理しています。2019年前半、チームはコミュニティの構築に重点を置き、後半ではサスティナブルな短期および長期のビジネスモデルを探しました。 最初の課題は、センターの明確なバリュープロポジションの欠如でした。そのため、チームは目標を(コワークスペース、イベント、ビジネス)の3つに分けました。 Lisk Center Utrechtは、コワーキングスペースとして2019年2月にオープンしました。最初のステップは、Liskだけではなく多数のブロックチェーンプラットフォームに焦点を当てた洞察と視点を共有する活気のあるコミュニティを作ることでした。同時に、彼らはコワーキングスペースへの関心を高め、現在、以下を含む11のブロックチェーンベースのプロジェクトで働く40~60人を受け入れています。 ・ Hybrix:1つのツールで31以上のチェーンに柔軟なブロックチェーンソリューションを構築します。 ・Spendies:友人に支払い要請を送信するアプリ。 ・Swarm:イーサリアムベースの分散ストレージプラットフォームとコンテンツ配信サービス。 ・Wordproof:著作権保護に焦点を当てたプラットフォーム。 他のプロジェクトは、Gimly、Xurux、Lisk Bike、IOTA AION、Moosty Team、Blockchain030、Copyright Deltaです。 Lisk Center Utrechtでは、Moostyチームが50を超えるイベント(年後半に38)を開催し、ミートアップグループを0人から650人以上へ引き上げました。2019年末にブランド「Utrecht Blockchain Nights」が作成され、メディア、サプライチェーン、ヘルスケア、アイデンティティに関するイベントが開催されました。Moostyは、応用科学大学のために2つの異なる技術関連イベントも開催しました。Blockchain030は毎週月曜日にコワーキングを行っています。 LCUマネージャーは、ブロックチェーンスタートアップメディアパートナー(Bitcoin Magazine Nederland、Cryptocafe…)、エコシステムパートナー(Blockchain Netherlands、Dutch Blockchain Coalition…)、ミートアップパートナー(InvestUtrecht、Capgemini、VodafoneZiggo…)、ブロックチェーンプロジェクト(Monero、Ethereum、IOTA…)など、様々な企業と200以上のミーティングを行いました。...

Lisk 週次レビュー 9

新着ニュースの特徴: ・コインチェックがLSKのステーキングサービスを発表 ・Lisk Foundationが12月の財務アップデートを発表 ・Lisk Center Utretch –2019年アニュアルレポート(年次報告書) ・デリゲートの概要と#heroesnotzeros   コインチェックがLSKのステーキングサービスを発表 東京に本社を置く仮想通貨取引所コインチェックは、ブログでLSKのステーキングサービスの提供と、それが世界初の事例であることを発表しました。コインチェックは、アカウントでLSKを保有しているユーザーへ報酬を還元しますが、自社でデリゲートを構築するのか、現在のフォージングデリゲートへ投票するのかは明確になっていません。現在コインチェックはコールドウォレットに1,000万LSKを保有しており、フォージングポジションを獲得するには、さらに1,800万LSKが必要となります。コインチェックはベータ版のサービスを開始し、現在のデリゲートへの投票から始まり、将来的には独自のデリゲートの構築を目指す移行期間が設けられている可能性があります。これは高い報酬を共有している人だけに応え、フォージングした資金を使用してコミュニティ向けのツールを開発しているデリゲートにとってはハンディキャップとなる可能性があります。 この発表は、エコシステム全体にとってポジティブと考えられてきましたが、別の考えが浮上しました:新しいDPOSシステムでは、多くのフォージングポジション(恐らく+7席)を獲得する可能性があり、ネットワークのさらなる集中化を避けるために、このシナリオについて慎重に評価する必要があります。 We are happy to announce that @coincheckjp will begin the world’s first #Lisk staking service (beta version). It is also going...

Lisk 週次レビュー 8

新着ニュースの特徴: ・Lisk DEXアップデートとLeaseholdテストネットの公開 ・Lisk bikeからの開発アップデート ・Lisk Node Monitor BotがLisk SDKベースのブロックチェーンをサポート ・MidasProtocol walletがLSKに対応 ・デリゲートの概要と#heroesnotzeros   Lisk DEXアップデートとLeaseholdテストネットの公開 Jonathan Gros-Dubois、別名 jong (元LiskHQの社員で、現在は個人のデリゲート)はLisk DEXの12月のアップデートを発表しました。 最も重要な新しい機能は、クロスチェーントランザクションの処理に貢献した作業量(署名の数)に比例して、アクティブなDEXメンバーに報酬を与えるメカニズムを実装したことです。 並行して、jongはLeaseholdにも取り組んでいます。これは、tokenization(機密データを乱数により生成する別の文字列に置き換え、保存・利用する技術)を通して短期賃貸不動産の資産運用収益に参加するための分散型プラットフォームを提供するブロックチェーンです。ウェブサイトで報告されているように、「Leaseholdは、短期の不動産賃貸収入創出のマーケットリーダーとしての地位を目指しており、すべての人にとって公正なデフレシステムという形でトークン保有者に利益が支払われます。」テストネットが公開され(Leasehold explorer)、今後数週間以内に11人のメンバーによる最初の分散型テストネットDEXを開始する予定です。 最終的なメインネットDEXには16人のメンバーが参加します。   Lisk bikeからの開発アップデート Lisk.bikeは、自転車シェアリングプラットフォームのオープンソースの概念実証であり、Lisk Center UtrechtのBlockchain030によって構築されました。Liskカスタムトランザクションがどのように機能するのか理解を深めてもらうことを目的としています。 リリースされた記事では、開発者であるGimlyがLisk.bikeの仕組みを紹介し、プロジェクト開発中のいくつかのチャレンジと、それらにどのように対処したかを紹介しています。次に、この記事では、Ethereum上に構築された同様のユースケースを取り上げ(lockchain project)、JavaScriptコミュニティにLiskを導入するための将来の計画を発表しています。 また、3月21日にLCUで「JavaScript...