Tagged: Binance

Lisk 週次レビュー 39

新着ニュース: ・BinanceがLSKの分離マージン取引を開始 ・Lisk PixelとLisk Observerに取り組むデリゲート ・ゲーマー向けサイドチェーン「Beez」 ・Lisk Buildersとコミュニティヒーロー ・デリゲートの概要   BinanceがLSKの分離マージン取引を開始 Binanceは、LSKと取引ペアLSK/BTCとLSK/USDTの分離マージン取引を利用可能にしました。同取引所は、2020/08/11 6:00 AM (UTC)から2020/08/18 05:59 AM (UTC)までの間、LSKを借り入れする際のゼロ金利キャンペーンが実施されています。 Binance Academyによると、「分離マージンモードでは、トレーダーはそれぞれのポジションに割り当てられた証拠金を指定することで、ポジションのリスクを管理することができます。トレーダーのポジションが分離マージンモードで清算された場合、証拠金残高全体ではなく、分離証拠金残高のみが清算されます。」   Lisk PixelとLisk Observerに取り組むデリゲート 前回のコミュニティミートアップでは、デリゲートのKorkenが「Lisk Pixels」というコンセプトを紹介しました。この面白いプロジェクトでは、アーティストは2つのカスタムトランザクションを使ってブロックチェーン上でピクセルアートを作成することができます:ダッシュボードを作成するcreate-board_transactionと、各ピクセルを修正するset-pixel_transactionです。 ライブストリームを見る: https://www.youtube.com/watch?v=6oGVGDqCp1M Github上のコードを参照してください: https://github.com/Korben3/Lisk-Pixels Check out my latest...

Lisk 週次レビュー 16

新着ニュースの特徴: ・BinanceがLSKステーキングサービスを開始 ・静的料金システムと動的料金システムの比較 ・デリゲートの概要と#HeroesNotZeros   BinanceがLSKステーキングサービスを開始 Binanceは、LSKの預かり資産によるステーキングサービスの開始を発表しました。LiskはDPoSでありPoSブロックチェーンではないため「ステーキング」は正しい表現ではありませんが、報酬はデリゲートによって自主的に共有されます。Binanceは2月27日から、ユーザーのLSK残高を記録するライブスナップショットの取得を開始しました。 LSKステーキング報酬は次のように計算されます。 各ユーザーの報酬=Binanceが受け取ったLSKステーキング報酬の合計*ユーザーのLSK保有率 ユーザーのLSK保有率=一般ユーザーのLSK保有数/Binanceがステークした平均合計LSK ユーザーは、ステーキング報酬を得るために、最低でも1LSKを保有する必要があります。 LSKステーキング報酬の最初の付与は2020年3月31日まで計算され、付与される総額は期間中に発生したステーキング報酬に等しくなります。 LSKの報酬は毎日計算され、毎月付与されます。付与は毎月20日までに完了します。 これは2か月前のCoinCheckに続いてLSKステーキングを採用する2番目の取引所であり、他のプラットフォームがこのトレンドに乗ることが期待されます。Liskブロックチェーンでコンセンサスが変更されると、それらのプレイヤーはデリゲートのシナリオを再検討しますが、短期的には、「Not your keys, not your Lisk(自分のキーじゃないなら、自分のLiskではない)」のモットーを強調することが重要です。保有数が多い場合はハッキングの危険性も増すためユーザーは常にコインをデスクトップかハードウェアのウォレットに入れておくことをお勧めします。毎年1月3日のProof of Keysは、ビットコインコミュニティが信頼できるサードパーティに代わり、Bitcoinの所有権を主張することをお祝いする日です。   静的料金システムと動的料金システムの比較 LiskHQのMichiel Muldersは、静的料金システムと動的料金システムを比較し、両方のシステムの利点と欠点、そしてLiskが後者のシステムを選択した理由に重点を置いたブログをリリースしました。 コインの価値が10倍になると、手数料が高すぎてブロックチェーンの使いやすさとアクセス性が損なわれるため、静的な手数料は高いボラティリティの暗号市場にとって障害です。新しい料金システムは、投票、セカンドパスフレーズの登録、ネットワーク上のトランザクション送信が安くなるため、Liskネットワークの使用を促進します。 記事を読む:静的料金システムと動的料金システム:両方の比較   デリゲートの概要と#HeroesNotZeros LiskMonitorによると、今週Eliteは2,000万票を獲得し、GDTは全体で670万LSKを獲得しました。Binanceコールドウォレットは投票の一部を変更したため、投票数が最も多い/少ないデリゲートのリストに影響を与えました。 個人では、carbonara[-5.3M]、vipertkd[-5.1M]、4miners.net[-5.1M]、joel[-5.1M]、blackswan[-6.6M]が票を失いました。 票が増えたデリゲートは、liskpoland.pl[+1M]、jong[+7M]、minions[+5.8M]、liskjapan[+5.3M]、liskcenter.io[+5.3M]でした。 こちらからGDTによる1 LSKの払い戻しとminionsによる1LSKの払い戻しを利用して、2LSKを受け取ることができます。(「Heroes」リストへ投票した場合は手続きは不要、自動払い戻しです)...

Binance USの新規上場にLSKが含まれていないことについてLiskHQの最新情報

Binance USはブログ記事の中で、同国の暗号通貨取引所を立ち上げる取り組みが急速に進んでいると発表しましたが、LSKは新規上場対象に含まれていないようです。この件についてLiskHQからいくつかの考察があります。 6月にBinanceは9月にBinance.comで米国の個人および法人顧客へのサービスを停止すると発表しましたが、BAMトレーディングサービス社とのパートナーシップのおかげで、同社は米国ユーザー向けにカスタマイズされた取引サービスの立ち上げ準備を進めています。 Binance USはデジタル資産リスク評価フレームワークを採用し、世界をより効率的にするチャンスのあるブロックチェーンプロジェクトを選択し、上場基準の透明性を提供、そしてBinance USが適用される法的要件を確実に順守するようにします。このフレームワークは各候補の暗号通貨の5つの主要な分野を調べます。 米国のAML / CFTおよび証券取引法、およびそれらの施行規則を含む、適用される法的要件の遵守 世界に影響を及ぼす実際の問題を解決するためのコアチームの戦略 コアチームとコミュニティメンバーの関係 市場の需要と供給の定量分析 技術のセキュリティとプロジェクトの実現性 Binance USの取引市場へ上場するために以下のデジタル資産をこのフレームワークのもとで評価していることを発表しました。 Liskコミュニティは、そこにLiskが含まれていないため、米国の取引所とLiskHQの関係性について疑問を持ちました。 LiskHQ(Lisk Foundation)の代表であるMax KordekはDiscordで次のように述べています。 昨年、米国市場をより明確にするために我々に必要なものを分析しました。SECと潜在的に協力関係にある米国の法律事務所から法的見解を得る必要があります。そのための費用は2万~4万USドルですが、結果を保証するものではありません。1.5週間前から新たに採用されたBD部門で、私はこのトピックををもう一度取り上げます。(それがMatthiasとJacobの心にあると確信しています)。将来ブロックチェーンアプリケーションプラットフォームを楽しむことができる、より大きなユーザーグループを獲得するためには、最大の市場でLSKトークンにできるだけアクセスできるようにすることが重要です。ユーザーが増えるということはアプリが増えるということを意味し、それは私たちのネットワークに多くのユーティリティが増えるということです。このような理由から私たちが主要な取引所と友好な関係を築くことは、私たちのリストに明確に載っています。私たちは高度で洗練されたコンセンサスアルゴリズムに向けて取り組んでおり(現在研究段階)、私の意見としては再び多額の資金を使い法律専門家のセカンドオピニオンを受けるよりも、新しいコンセンサスアルゴリズムを念頭に置き、ネットワークを分析する方が良いと考えています。私のスケジュールではLisk FC理事会と米国の法的見解の必要性を提起するのは年末頃です。 さらに、彼はLiskHQが米国に拠点を置く研究者、投資家、規制当局を支援する分散暗号化データライブラリであるMessariと提携するかどうかを議論していると述べました。更なる選択肢として、米国におけるLSKのプロモーションの1つとしてコンセンサスに参加することも検討しています。 Maxは米国の取引所との取引がそれらのオプションよりもはるかに複雑であり、取引所への上場に関心があっても、とても慎重にならなければならないことを確認しました。 最後にMaxは、Liskの財政についてブログ記事を投稿する準備ができており、弁護士からの確認を待っていると発表しました。より内容を明確にするために今週彼らに連絡を取るとしています。 _________________________________ Lisk MagazineはLisk Italian GroupとEliteXによってサポートされているプロジェクトです。 私達の仕事をサポートし、Lisk Magazineに投票してください。 この記事はLisk Japanによって翻訳されました。

Binance 2.0 Announced, It Will Bring 9 New Features

Binance,  one of the exchanges with the highest trading volume for LSK/BTC, recently announced the new version 2.0 of its web platform. In this article we will shortly introduce all the new features. On...

Where To Buy, Sell and Exchange LSK

The aim of this article is to provide an overview about how to buy Lisk (LSK) and where to do so. Today, 25th October 2018, Lisk ranks 29 on the Top Cryptocurrency List, with...