Tagged: Delegate Landscape

Lisk 週次レビュー 19

新着ニュースの特徴: ・LiskHQが幾つかのLIPを統合 ・LemiiがLisk Manager ツールを発表 ・Lisk Center UtrechtはデジタルID PoCに取り組んでいます ・Liskコミュニティがコロナウイルスによる非常事態と戦うために405LSKを寄付 ・デリゲートの概要   LiskHQが幾つかのLIPを統合 LIP 27、28、29、30(スキーマを定義し、アカウント/トランザクション/ブロックにジェネリクスシリアライゼーションを使用)とLIP 31、32(マークルツリーについて)がGitHubに統合されました。 Liskプロトコルロードマップも最新の成果が更新されています:https://lisk.io/roadmap   LemiiがLisk Manager ツールを発表 Liskデリゲートのlemiiは、デリゲートが単一のインターフェースで多くのノードを簡単に監視・管理できる新しいツールを発表しました。優れたUIを通して、ノードのステータスを知り、ワンクリックでフォージングモードを切り替えることができます。 アプリは現在1.0.0-beta.1の段階にあります。アイデアへの称賛は、オリジナルのアイデアを考えたデリゲートcc001へする必要があります。 試してみる(http://manager.lisktools.eu/)か、ツールをローカルで実行してください(https://github.com/lemii/lisk-manager)     Lisk Center UtrechtはデジタルID PoCに取り組んでいます LCUは、4月2日(午前10時~午後4時)、デジタルIDのコンセプトに関するオンライン学習会を開催します。イベント(リンク)は、プロジェクトに協力するすべての人が利用でき、主催者はイベントの講演者を募集しています。(こちらからお申し込みください) LCUは毎週月曜日に定期的に「Decentralized Co-working Mondays」を開催しています。これはブロックチェーンコミュニティを活気づけ、成長させるためのオンラインミーティングです。...

Lisk 週次レビュー 18

新着ニュースの特徴: ・Lisk Foundation 2月の財務報告 ・サードパーティのマルチ通貨ウォレット ・GDTがLisk PoCに対し毎月のバウンティを開始 ・Max Kordekが日本のタレントであり暗号通貨通訳案内士の栄木明日香さんによるインタビューを受けました ・Lisk Magazineが新コロナウイルスのLSKチャリティ募金を開始 ・デリゲートの概要   Lisk Foundation 2月の財務報告 レポートによると、財団は510万ユーロと200万スイスフランを保有しており、さらに2,776BTC、6.2万GBYTE、890万LSKを所有しています。(前回のレポート以降、暗号資産に変化はありません)これは、総資産が約3,000万ドル相当であることを意味します。 2月にLisk FoundationはLightcurve GmbHから未収入金95.8万ユーロを受け取りました。 下の画像は各部門の月額経費をまとめたものです。     サードパーティのマルチ通貨ウォレット LiskHQは、LSKやその他の暗号通貨の管理に使用できる優れたユーザーエクスペリエンスを備えた最も信頼できるウォレットを取り上げたブログを公開しました。 非カストディ型のウォレットとして彼らはExodusを選択しました。このウォレットは、LSKとその他100種類以上の暗号通貨をサポートするデスクトップ/モバイルウォレットです。 Atomic Walletは、アトミックスワップが搭載されたウォレットで500種類を超える暗号通貨をサポートするウォレットです。 Guarda Walletは、80種類を超える暗号通貨をサポートするオープンソースのWeb、デスクトップ、モバイルウォレットです。 推奨された2つのカストディ型のサードパーティウォレットは、AbraとBitpandaです。   GDTがLisk PoCに対し毎月のバウンティを開始...

Lisk 週次レビュー 17

新着ニュースの特徴: ・2020年第2四半期のLiskイベント ・3月のコミュニティヒーローとしてLiskHQによってLisk Highlightsが選ばれました。 ・LemiiはTestnet‌プロビジョニングプログラムを開始しました ・Moostyは学生がLiskの技術を採用してPoCに取り組むのを支援します ・デリゲートの概要と#HeroesNotZeros   2020年第2四半期のLiskイベント LiskHQは、来月いくつかのイベントを開催または参加します。 4月20~26日:東京ブロックチェーンウィーク 東京ブロックチェーンウィークは東京で最大のブロックチェーンカンファレンスで、日本でのLiskに対する認識を深めるためLiskHQが参加します。Max Kordekはパネリストとして参加します。 5月9~15日:ニューヨークブロックチェーンウィーク ニューヨークブロックチェーンウィークはCoinDeskが主催しコンセンサスカンファレンスがメインイベントです。LiskからはCEOで共同創立者のMax Kordekが代表として出席します。このカンファレンスの目標は、ブロックチェーン業界のトップリーダーとの繋がりを築くことです。 5月28~29日:WeAreDevelopers WeAreDevelopers ワールドコングレス in ベルリンは、世界をリードする開発者会議です。 Liskはこのイベントの主要パートナーであり、Lisk SDKを紹介する開発者ワークショップを開催します。   3月のコミュニティヒーローとしてLiskHQによってLisk Highlightsが選ばれました LISK HighlightsであるJohn_Muckは、有名なコミュニティメンバーであり2017年からLiskエコシステムで活動しています。彼は多くのソーシャルメディアチャネル(Reddit、Telegram、Discord)のモデレーターであり寄稿者です。 これまでのヒーローをご覧ください:https://lisk.io/community   LemiiはTestnet‌プロビジョニングプログラムを開始しました デリゲートのLemiiは、無料のVPSサーバーとサーバーを参加者に提供することにより、新しいLisk Testnetノードのセットアップを促進するキャンペーンを開始しました。このイニシアチブの目的はTestnetネットワークの健全性を向上させるエコシステムに新しい人を引き付け、人々がLisk CoreとLisk...

Lisk 週次レビュー 16

新着ニュースの特徴: ・BinanceがLSKステーキングサービスを開始 ・静的料金システムと動的料金システムの比較 ・デリゲートの概要と#HeroesNotZeros   BinanceがLSKステーキングサービスを開始 Binanceは、LSKの預かり資産によるステーキングサービスの開始を発表しました。LiskはDPoSでありPoSブロックチェーンではないため「ステーキング」は正しい表現ではありませんが、報酬はデリゲートによって自主的に共有されます。Binanceは2月27日から、ユーザーのLSK残高を記録するライブスナップショットの取得を開始しました。 LSKステーキング報酬は次のように計算されます。 各ユーザーの報酬=Binanceが受け取ったLSKステーキング報酬の合計*ユーザーのLSK保有率 ユーザーのLSK保有率=一般ユーザーのLSK保有数/Binanceがステークした平均合計LSK ユーザーは、ステーキング報酬を得るために、最低でも1LSKを保有する必要があります。 LSKステーキング報酬の最初の付与は2020年3月31日まで計算され、付与される総額は期間中に発生したステーキング報酬に等しくなります。 LSKの報酬は毎日計算され、毎月付与されます。付与は毎月20日までに完了します。 これは2か月前のCoinCheckに続いてLSKステーキングを採用する2番目の取引所であり、他のプラットフォームがこのトレンドに乗ることが期待されます。Liskブロックチェーンでコンセンサスが変更されると、それらのプレイヤーはデリゲートのシナリオを再検討しますが、短期的には、「Not your keys, not your Lisk(自分のキーじゃないなら、自分のLiskではない)」のモットーを強調することが重要です。保有数が多い場合はハッキングの危険性も増すためユーザーは常にコインをデスクトップかハードウェアのウォレットに入れておくことをお勧めします。毎年1月3日のProof of Keysは、ビットコインコミュニティが信頼できるサードパーティに代わり、Bitcoinの所有権を主張することをお祝いする日です。   静的料金システムと動的料金システムの比較 LiskHQのMichiel Muldersは、静的料金システムと動的料金システムを比較し、両方のシステムの利点と欠点、そしてLiskが後者のシステムを選択した理由に重点を置いたブログをリリースしました。 コインの価値が10倍になると、手数料が高すぎてブロックチェーンの使いやすさとアクセス性が損なわれるため、静的な手数料は高いボラティリティの暗号市場にとって障害です。新しい料金システムは、投票、セカンドパスフレーズの登録、ネットワーク上のトランザクション送信が安くなるため、Liskネットワークの使用を促進します。 記事を読む:静的料金システムと動的料金システム:両方の比較   デリゲートの概要と#HeroesNotZeros LiskMonitorによると、今週Eliteは2,000万票を獲得し、GDTは全体で670万LSKを獲得しました。Binanceコールドウォレットは投票の一部を変更したため、投票数が最も多い/少ないデリゲートのリストに影響を与えました。 個人では、carbonara[-5.3M]、vipertkd[-5.1M]、4miners.net[-5.1M]、joel[-5.1M]、blackswan[-6.6M]が票を失いました。 票が増えたデリゲートは、liskpoland.pl[+1M]、jong[+7M]、minions[+5.8M]、liskjapan[+5.3M]、liskcenter.io[+5.3M]でした。 こちらからGDTによる1 LSKの払い戻しとminionsによる1LSKの払い戻しを利用して、2LSKを受け取ることができます。(「Heroes」リストへ投票した場合は手続きは不要、自動払い戻しです)...

Lisk 週次レビュー 15

新着ニュースの特徴: ・LiskHQが公開した6つの新しいLIP ・Crypto Embassyは「Lisk用のMetamask(メタマスク)」に取り組んでいます ・Liskは暗号通貨格付けで4位にランクしました ・デリゲートの概要と#HeroesNotZeros   LiskHQが公開した6つの新しいLIP Liskの研究者は、ロードマップの目的である「Introduce universal serialization method(ユニバーサルシリアル化メソッドの導入」と「Introduce an authenticated data structure(認証されたデータ構造の導入)」に関連する2つのLIPについて、Liskリサーチフォーラムで新たに4つのLIPを提案しました。 最初の提案の主な改善点は、アカウント、トランザクション、ブロックに使用されるメッセージをシリアル化する一般的な方法です。 2番目、3番目、4番目のLIPは、汎用のシリアル化アルゴリズムをアカウント、トランザクション、ブロックに適用する方法を定義し、適切なJSONスキーマを指定します。 5番目のLIPは、汎用のマークルツリー構造とLiskプロトコルのさまざまな部分で使用できるproof-of-inclusion包含証明の形式を定義します。 6番目のLIPは、ブロックヘッダーからペイロードハッシュを削除し、代わりにブロックペイロードに含まれるトランザクションのマークルルートを含めることを提案しています。   Crypto Embassyは「Lisk用のMetamask(メタマスク)」に取り組んでいます チームは、Lisk用のメタマスクに非常に良く似た機能を持つプロジェクトに取り組むことを発表しました。彼らはTypeScriptを使用してプロジェクトを構築し、オープンソース化する計画を立てています。このプロジェクトは、優れたUI / UXを備えた拡張機能を用意し、liskウォレットとlisk-sdkとの統合を機能させるというアイデアです。 プロジェクトは2つの部分に分かれています。埋め込み可能なウィジェットとそのWeb拡張機能により、クラウドの大規模なオンボーディングを可能にします。   Liskは暗号通貨格付けで4位にランクしました 中国産業情報技術省CCIDの発表した格付けによると、Liskはテクノロジー、適用性、創造性に基づく評価で、すべてのブロックチェーンプロジェクトの中で4位にランクされています。 こちらからリストをご覧ください。   デリゲートの概要と#HeroesNotZeros LiskMonitorによると、今週はGDTのみが全体で1,000万LSKを獲得し、他のグループに大きな変動はありませんでした。...

Lisk 週次レビュー 12

新着ニュースの特徴: ・LiskHQが開発者向けのフォーラムを開始 ・ThePoolからのアップデート ・Jong Liskアップデート ・国際ブロックチェーンカンファレンスで承認されたLiskに焦点を当てた論文 ・LATOKENに上場したLSK ・デリゲートの概要と#HeroesNotZeros   LiskHQが開発者向けのフォーラムを開始 この新しいDev Forumは、CommanderやSDKなどのLisk製品に関連する質問と回答をする場所になります(例:パスフレーズでメッセージに署名する方法は?・カスタムブロックチェーンアプリでカスタムトランザクションを登録する方法は?)。もう1つはLisk Research Forumで、Lisk改善提案に関する提案や議論ができるアクティブフォーラムです。 このイニシアチブにより、誰でもアカウントなしでLisk関連のディスカッションを読むことができ、コミュニティチャットやサポートの場所であるDiscordよりもトピックをより見やすく、アクセスしやすくなります。   ThePoolからのアップデート ThePoolは、ldiceノードを簡単に管理、インストールするために、ldice.shスクリプトをリリースしました。Ldiceは、lisk-sdkを使用して作成された証明が可能な公正なサイコロゲームです。Lisk DEXのテストネットの統合と財務上の配当により、まもなくリリースされるはずです。グループがネットワーク上により多くのノードを必要とするため、チームはLiskサポーターを専用ノードのセットアップに招待しています。Ldiceトークンシンボルは(LDT)Lisk Dice Tokenになります。   JongによるLiskアップデート 何ヶ月も前から、デリゲートのJongはLisk DEXに取り組んでおり、過去30日間でシグネチャとトランザクションの伝播を改善し、パフォーマンスを改善するためにオーダーブック/マッチングエンジンを書き換え、2つの新しいオープンソースライブラリを公開し、LeaseholdテストネットでDEXをテストしました。さらに、DEXノードをより効率的に実行する方法を目指すLDEM(Lisk Decentralized Exchange Manager)と呼ばれるオープンソースツール/フレームワークの開発も始めました。 記事全文を読む:https://medium.com/@jonathangrosdubois/jons-lisk-update-january-2020-3a5030f49c82   国際ブロックチェーンカンファレンスで承認されたLiskに焦点を当てた論文 LiskコミュニティのメンバーであるDavi Alvesは、2020年3月12〜14日にハワイで開催される第2回 ICBCT...

Lisk 週次レビュー 11

新着ニュースの特徴: ・LIP0025は、LSKウォレットの最低残高を提案しています ・LiskはMagnum Walletでサポートされるようになりました ・Lisk Bikeの技術分析 ・Coincheckは最初のステーキング報酬を配布しました ・ Liskの採用を促進するLSKプレゼントキャンペーン ・デリゲートの概要と#heroesnotzeros   LIP0025は、LSKウォレットの最低残高を提案しています LiskHQは、アカウントの最低残高要件を導入するLIP0025を提案しています。メインネットでダイナミックフィーが導入されると、トランザクションが安くなります。(最小料金は0.00125LSK) これは、1250 LSKを持つ悪意のあるユーザーが100万のトランザクションを送信して、100万の新しいアカウントを作成できることを意味し、スパム攻撃を開始するコストは手頃な価格になります。提案では最低残高を0.05LSKに設定することで、その種の攻撃を防止します。   LiskはMagnum Walletでサポートされるようになりました Magnum walletは、エアドロップを請求しパッシブインカムを得るために設計された多機能ウォレットです。同社は既にTezos投資家にワンクリックの委任プロセスを提供しています。ウォレットは多くのコインをサポートし、LedgerやTrezorと互換性があります。 Magnum Wallet is loaded with $LISK🔥 We are happy to add @LiskHQ to our...

Lisk 週次レビュー 9

新着ニュースの特徴: ・コインチェックがLSKのステーキングサービスを発表 ・Lisk Foundationが12月の財務アップデートを発表 ・Lisk Center Utretch –2019年アニュアルレポート(年次報告書) ・デリゲートの概要と#heroesnotzeros   コインチェックがLSKのステーキングサービスを発表 東京に本社を置く仮想通貨取引所コインチェックは、ブログでLSKのステーキングサービスの提供と、それが世界初の事例であることを発表しました。コインチェックは、アカウントでLSKを保有しているユーザーへ報酬を還元しますが、自社でデリゲートを構築するのか、現在のフォージングデリゲートへ投票するのかは明確になっていません。現在コインチェックはコールドウォレットに1,000万LSKを保有しており、フォージングポジションを獲得するには、さらに1,800万LSKが必要となります。コインチェックはベータ版のサービスを開始し、現在のデリゲートへの投票から始まり、将来的には独自のデリゲートの構築を目指す移行期間が設けられている可能性があります。これは高い報酬を共有している人だけに応え、フォージングした資金を使用してコミュニティ向けのツールを開発しているデリゲートにとってはハンディキャップとなる可能性があります。 この発表は、エコシステム全体にとってポジティブと考えられてきましたが、別の考えが浮上しました:新しいDPOSシステムでは、多くのフォージングポジション(恐らく+7席)を獲得する可能性があり、ネットワークのさらなる集中化を避けるために、このシナリオについて慎重に評価する必要があります。 We are happy to announce that @coincheckjp will begin the world’s first #Lisk staking service (beta version). It is also going...

Lisk 週次レビュー 2

今週多くのニュースが出ましたが最も重要なものは、数ヶ月前から計画されていたLiskJSイベントでした。 その他の特集:Lisk Builders プログラム、Krakenに上場したLSK、既存のPoCアプリのリストとデリゲートの概要。 LiskJSまとめ 11月19日に開催されたこのイベントは、2つのパートに分かれていました。午後の早い時間に、参加者はLisk.bike Workshopに参加し、実社会でのブロックチェーンのユースケースにLisk SDKを適用するチャンスがありました。ワークショップへ参加した全員が無料のラズベリーパイといくつかのセンサーを受け取りました。次に、コーディングチャレンジが上位3つのプロジェクトに与えられました。Francesco、Sanderそして1位のJonathanは、それぞれスマートバックパックとLSKトークンの合計2,500ユーロを受け取りました。 The guys behind the #LiskBike proof-of-concept are running their own workshops – teaching our attendees how to create a #blockchain-based bike rental system. Check them out...

デリゲートの声明について混乱していますか? 状況をクリアにしましょう

ここ数週間で多くの声明と変更が行われ、一部のLisk保有者にとっては、最新の更新を追跡するのは複雑です。 ここで紹介:Carbonara, Hirish, TonyT908, Elite group, Stellardynamicおよび一部のスタンバイデリゲート 一連のニュースの最初の発表はTonyT908によって行われました。9月30日に、彼は共有率を30%から20%に減らすことを発表しました。 個人的なシェアは変わらないため、彼は個人的にこの変更の恩恵を受けません。この分配により、基金を(10%から20%に)増やして、コミュニティメンバーと有望なプロジェクトにさらに貢献することができます。 基金のアドレスは公開されており、彼の寄付を確認することができます。https://explorer.lisk.io/address/1005304990029125475L 10月6日に、デリゲートのcarbonaraはDiscordでエリートグループからの脱退を発表したため、彼は独立したデリゲートになりました。このデリゲートはもはや1人で管理されておらず、Youtube、Github、Reddit、Mediumのクリエイター向けのPatreonとBATのミックスであるContributors.spaceに取り組んでいるグループになります。このプロジェクトはLiskサイドチェーンであり、その目的はPoCを作成することではなく、そこから実際のビジネスを作成することです。グループは一時的に報酬の共有を停止し、プロジェクトとチームの成長のためにこの資金を使用します。 前の記事ですでに述べたように、Stellardynamicは報酬を共有しなくなりました。投票者に共有されていた30%は、Sidechain Solutions、Lisk USA、およびデリゲート自体の間で均等に分割されます(各+ 10%)。 投票者は、Moracleサイドチェーンがリリースされるときに、投票率に比例したMoracleトークンを受け取ります。 彼のLiskへの貢献はすでにこことここで紹介されています。 Lisk Eliteは、メンバーリストを更新しました。Carolina, Lwyrup, Crodam, Zy1349, BlackSwan(そしてもちろんCarbonara)は、報酬を受け取るために投票する必要がなくなりました。これは、彼らが独立したデリゲートになることを意味します。彼らが報酬を共有するかどうかは明らかではありません。ここでステータスを確認できます:http://liskelite.com/checker Hirishも今月から共有割合を35%から15%に減らすことを決めました。彼は、アクティブなコミュニティメンバーへの寄付を増やすことを好み、寄付金も支払うことでSapiensプロジェクトを開始します。 あなたが今、新しいデリゲートの投票に興味があるなら、ここに数名のふさわしいメンバーをリストします。 [免責事項:この記事は著者個人の意見によるものです。] トップ 5 スタンバイデリゲート 1)moosty Lisk Centerユトレヒトの主要グループの1つ 開発中:Lisk Roulette PoC / Lisk.Directory PoC...