Tagged: delegate

ThePoolがリブランディングを完了し、サイドチェーンプロジェクトを立ち上げました。

2016年から代表を務め、現在34位にランクしているThePoolは、新しいWebサイトの立ち上げと、Liskサイドチェーンアプリケーションの開発に焦点を当てた会社の設立を発表しました。 ThePoolデリゲートは世界中の個人からなるチームで、総数5.200万LSK以上(5.900万ユーロに相当)の投票を受けている数少ない独立したデリゲートの1つです。既にメインチェーン上で83.000ブロックを生成しました。 ThePoolデリゲートは3つの専用サーバーを維持し、それぞれ異なる地域(カナダ、アメリカ、イギリス)の異なるプロバイダーによってホストされています。 デリゲートの活動はさまざまな分野をカバーしていました。ノード維持はもちろん、Liskコードベースのバグの識別、報告、デバッグにも重点が置かれていました。その後、チームはノード統計の情報とLiskネットワークのブロック伝達をリアルタイムで監視する人気の高いliskstats.netなどのアプリケーションとツールの開発を開始しました。Githubのプロファイルによると、グループは、Liskアカウント用のTrezorウォレットマネージャー、PHP経由でLiskネットワークとやり取りするためのインターフェイス、CLIツール、PHPプロジェクト用ライブラリ、Lisk Pendingトランザクションビューアーも開発しました。 Lisk SDKの初期バージョンがリリースされた今、ThePoolの主な目的は、ThePoolが開発するサイドチェーンからのトークンでThePool投票者に報酬を与えることで投票者へのインセンティブを最大化しながらLiskサイドチェーンアプリケーションを開発することです。 最初のLiskサイドチェーンアプリケーションの発表は2019年第3四半期に予定されており、PoC Blockchainアプリのテストネットバージョンの開始はその年の第3四半期~第4四半期に予定されています。最初のLisk dAppのメインネット立ち上げは2020年に予定されていますが、Lisk-SDKの開発に大きく左右されます。 グループは特にautonomous decentralized companies(企業の分散化・自動化)に興味を持っています。この企業では組織の株式と利益はLiskサイドチェーントークンで示すことができます。これらのサイドチェーンのコンセンサスは、Lisk Coreが提供するデフォルトコンセンサスモジュールのカスタマイズに基づく予定です。 トークンの販売に関して、その分配はThePoolの有権者、個人投資家、およびThePool開発チームに分けられます。トークンの販売は、おそらく2020年に非公開で行われ、最低投資額は50.000ドルから150.000ドルで、AMLおよびKYC手続きの後です。 ThePoolは現在、スタンバイデリゲートと個人への財政的サポートを停止しています。また、liskstatsソフトウェア実行に関しても、これ以上の報酬はありません。 ThePool専用のDiscordチャンネルはこちら:https://discord.gg/XWMmS8X Twitter:https://twitter.com/IoThepool _________________________________ Lisk MagazineはLisk Italian GroupとEliteXによってサポートされているプロジェクトです。 私達の仕事をサポートし、Lisk Magazineに投票してください。 この記事はLisk Japanによって翻訳されました。