Tagged: JesusTheHun

Lisk 週次レビュー 29

新着ニュースの特徴: ・新たなLisk Center Tokyo ・Crypto EmbassyがLisk Payを発表 ・GNYバウンティプログラム ・デリゲートの概要   新たなLisk Center Tokyo LiskHQは、ブロックチェーン専用コワーキングスペース兼ビジネスハブの「BINARYSTAR」に、Lisk Center Tokyoを開設すると発表しました。 LiskHQからの情報によると、以前の日本の活動拠点はElite Centerと提携していましたが、5月末に閉鎖されました。Elite CenterがLiskHQから経済的な支援を受けたことは一度もなく、プレゼンテーションやグッズ、ソーシャルメディアでの宣伝のための資料のみが提供されていました。 今後のLisk関連のイベントはBINARYSTARで開催され、LiskHQが資金援助をする可能があります。最初の取り組みは、次回のJapan Blockchain Week中に行われる可能性があります。 BINARYSTARは東京の銀座にあり、ハブにはEOS、Rootstock、IOV、MythXなどを含む38のパートナーシップを締結しています。   Crypto EmbassyがLisk Payを発表 前回のオンラインコミュニティミートアップでは、兄弟であるCrypto EmbassyのBenjamin Favre氏とJordan Favre氏が、LiskのMetamaskである新プロジェクト「Lisk Pay」と「Lisk Helper」を発表しました。 今回は残念ながらYoutubeの動画は録画されていませんが、スライドはこちらで見ることができます。...

Lisk 週次レビュー 26

新着ニュースの特徴: ・LiskHQが100BTCを精算し活動資金を確保 ・FeatChain:人々の実績を検証するPoC ・第5回LiskコミュニティオンラインミートアップがEndroを招待 ・デリゲートの概要   LiskHQが100BTCを精算し活動資金を確保 LiskHQは、2018年に企業方針として1年間の活動資金を法定通貨(CHF、EUR)で確保することを決定し、必要経費を賄うために暗号通貨の一部を売却しました。今回は、価格が約9,000ユーロ/BTCのときに100BTCがBitcoin Suisse AGに送金(tx)されました。   FeatChain:人々の実績を検証するPoC Lisk Buildersプログラムに参加したJesusTheHunは、LiskHQのブログセクションに記事を投稿しました。 JesusTheHunは、PoCに3種類のトランザクションを実装しました:CreateIssuer、CreateFeatType、AwardFeat。1つ目は、発行者情報を使用してアカウントのアセットを初期化できます。2つ目は、以前に作成されたfeatTypesオブジェクトにエントリを追加します。(例えばその賞の背後にある組織) 3つ目は、レシーバーアカウントのアセット内に情報をプッシュします。 フロントエンドは、ReactJS + Redux + RxJで構築されています。概念実証は、彼の彼のWebサイトでも詳しく説明されています。 JesusTheHunは、LiskHQからLisk Community Heroにも選ばれています。 We have just published @JesusTheHun’s blog post about the FeatChain project...

GimlyとLisk.Bikeがスマート自転車シェアリングプラットフォームで協力

11月の初日に、Caspar RoelofsはMediumのGimly Blockchainのブログで、GimlyとLisk.Bikeのパートナーシップの開始を発表しました。記事では、彼は共同作業の背景にある理論的根拠を説明しました。「Gimlyは、競合よりもコラボレーションに重点を置き、互いの強みを築き、互いのプロジェクトから学ぶことにより、ブロックチェーン分野を前進させることを固く信じています。」 ご存知のように、Joostは2か月前にプロジェクトを紹介しました。Lisk Blockchainのproof-of-concept(概念実証)アプリケーションとしてスマート自転車シェアリングプラットフォームを開発する計画を発表したときです。このプロジェクトは、blockchain030.nlのMarc Bumaと、Susanne Pieterse、Bart Roorda、Eric van Riet Paap、およびAlbert van Egmondが主導しています。これは、Lisk CommunityのメンバーJesusTheHunによって作成および提出された改善案により、Commonbikeプラットフォームのオープンソースコードから多くを引き出すコンセプトです。 Gimlyの関与は、Lisk.Bikeの主要な目標をサポートします。それは、ブロックチェーンアプリケーションの開発にLisk SDKがどのように役立つかを示し、Liskまたはブロックチェーンテクノロジーを初めて使用する開発者がツールを使い始めるのを支援します。そのため、「Gimlyは、githubでのプロジェクト全体の手順の文書化、今後のLisk開発者カンファレンスのLisk.Bikeワークショップの準備、および進捗状況とチームが学んだ教訓に関するこの一連のブログ投稿を通じて貢献できます。」 このシリーズに掲載される記事では、プロジェクトのパートナーによる進捗状況に関する定期的な更新を提供します。チームが学んだすべての教訓がブロックチェーン業界全体に役立つことを確実にするためにさらに進んでいきます。イノベーションのコンテキスト–目標とステイクホルダーの推進力は、コミュニティが消化するためにレイアウトされています。Lisk.Bikeの記事で取り上げられている重要な質問は次のとおりです。「なぜブロックチェーン自転車シェアリングプラットフォームなのか」、「なぜLiskなのか」、「どのように機能するのか」。 では、なぜブロックチェーンの自転車シェアリングプラットフォームなのでしょうか?Casparは次のように説明します:「ブロックチェーン技術により、誰でもサービスプロバイダーまたはユーザーとして機能する機能的な自転車シェアリングプラットフォームを作成でき、個人情報を開示したり、資金を中央サービスプロバイダーに引き渡したりする必要がなくなります。」それは間違いなく、「あなたの携帯電話の電動スクーターと自転車のアプリにおいて、それぞれあなたの社会保障番号とクレジットカードデータを含む情報を提供すること」を改善します。 その質問に対処した後、彼はLiskが使用されているプラットフォームである理由を説明し続けました。最初に、彼はプロジェクトのアイデアがLiskコミュニティのメンバーと開発者によって考案されたことに注目しました。Alpha SDKのリリースにより、コミュニティのメンバーはカスタマイズ可能なツールに精通しています。特に、カスタムトランザクションを使用すると、様々なユースケースの特定のビジネスロジックを実装できます。したがって、Lisk.Bikeは、SDKの適応性、利点、および欠点を示す優れたPoCプロジェクトです。 それがどのように機能し、どのようにプロジェクトに参加できるかについての詳細は、https://www.gimly.ioをご覧ください。 _________________________________ Lisk MagazineはLisk Italian GroupとEliteXによってサポートされているプロジェクトです。 私達の仕事をサポートし、Lisk Magazineに投票してください。 この記事はLisk Japanによって翻訳されました。