Tagged: Korben3

Lisk 週次レビュー 42

新着ニュース: ・Liskの半減期まで20日! ・BTCECHOがKordek氏へインタビュー:初期の失敗から有望な将来へ ・デリゲートの概要   Liskの半減期まで20日! 現在、Liskプロトコルは最終的な報酬減(2LSK→1LSK)へと近づいています。それは、13451520ブロックで行われ、こちらのカウントダウンによると9月27日になると予想されています。このプロトコルは1ブロック当たり5LSKで始まり、毎年1LSKずつ減少していたので(4、3、2、そして現在は1)、これが最後の減少となります。 Liskのウェブサイトでドキュメントを確認してください: https://lisk.io/documentation/lisk-protocol/blocks.html#rewards_and_fees このイベントを宣伝するために、デリゲートのKorben3は、@LiskHQと@korben32をフォローしリツイート、コメントすることで100LSK、50LSK、25LSKを獲得できるキャンペーンを行っています。 On September 27th the lisk block reward will be reduced from 2 LSK to 1. Retweet, comment, follow @LiskHQ and @korben32 for the chance...

Lisk 週次レビュー 39

新着ニュース: ・BinanceがLSKの分離マージン取引を開始 ・Lisk PixelとLisk Observerに取り組むデリゲート ・ゲーマー向けサイドチェーン「Beez」 ・Lisk Buildersとコミュニティヒーロー ・デリゲートの概要   BinanceがLSKの分離マージン取引を開始 Binanceは、LSKと取引ペアLSK/BTCとLSK/USDTの分離マージン取引を利用可能にしました。同取引所は、2020/08/11 6:00 AM (UTC)から2020/08/18 05:59 AM (UTC)までの間、LSKを借り入れする際のゼロ金利キャンペーンが実施されています。 Binance Academyによると、「分離マージンモードでは、トレーダーはそれぞれのポジションに割り当てられた証拠金を指定することで、ポジションのリスクを管理することができます。トレーダーのポジションが分離マージンモードで清算された場合、証拠金残高全体ではなく、分離証拠金残高のみが清算されます。」   Lisk PixelとLisk Observerに取り組むデリゲート 前回のコミュニティミートアップでは、デリゲートのKorkenが「Lisk Pixels」というコンセプトを紹介しました。この面白いプロジェクトでは、アーティストは2つのカスタムトランザクションを使ってブロックチェーン上でピクセルアートを作成することができます:ダッシュボードを作成するcreate-board_transactionと、各ピクセルを修正するset-pixel_transactionです。 ライブストリームを見る: https://www.youtube.com/watch?v=6oGVGDqCp1M Github上のコードを参照してください: https://github.com/Korben3/Lisk-Pixels Check out my latest...

Lisk 週次レビュー 37

新着ニュース: ・Liskコミュニティミートアップが復活 ・LiskHQが新IDシステムに関するAMAを開催 ・Carbonaraが新しいブロックチェーンエクスプローラー「Lisk Observer」をリリース ・GNYがCryptopiaの清算人に通知を発行 ・デリゲートの概要   Liskコミュニティミートアップが復活 シーズン2の最初のオンラインイベントは、8月6日木曜日の17:00 CESTに開催されます。 ゲストスピーカー:Korben シーズン1では多くのコミュニティメンバーが参加し、Moostyの素晴らしい取り組みによって、Liskエコシステムに関連したPoCやツール、面白いプロジェクトのプレゼンテーションが可能になりました。 カンファレンスはLisk.chatまたはYoutubeのライブストリーミングで見ることができます。   LiskHQが新IDシステムに関するAMAを開催 LiskHQの研究員であるIker Alustiza氏は、Network Longevityフェーズの一部である新しいIDシステムに関連した主な改善点に関する記事を投稿しました。 彼はLIP 18, 19, 20 の技術的側面を取り上げていますが、これらは新アドレスシステム、トランザクションのための新IDフォーマット、ブロックのための新IDシステムに関連しています。 新アドレスシステムは、エラー検出を可能にし、衝突困難性(Collision Resistance)と原像計算困難性(Preimage Resistance)を向上させます。(現在のユーザーは、公開鍵をブロックチェーンに保存し、アカウントのセキュリティを高めるために、少なくとも1つのトランザクションを実行しなければなりません) 彼がAMAセッションの要約を発表することを期待しています。 新アドレスシステムの表示   Carbonaraが新しいブロックチェーンエクスプローラー「Lisk Observer」をリリース Lisk Observerは、Liskのリアルタイムブロックチェーンエクスプローラーとして定義されており、Liskブロックチェーンとそのサイドチェーン上のトランザクション、アカウント、ブロックを監視することができます。...

Lisk 週次レビュー 23

新着ニュースの特徴: ・2回目のLisk コミュニティオンラインミートアップの準備 ・デリゲートの概要 ・仮想通貨業界のニュース   2回目のLisk コミュニティオンラインミートアップの準備 Liskコミュニティによる最初の週1回のオンラインコミュニティスタンドアップは、とても素晴らしかった! この1時間のミートアップの中で、Jackson Robertsは彼が取り組んでいるプロジェクト「Moracle」を発表しました。このプロジェクトは、より優れた分散型アプリケーションを構築するためのツールキットです。4月23日木曜日、LCUはJonathan Gros-Duboisを招待しLDEX / Leaseholdへの取り組みを紹介します。イベントは午後5時(CEST時間)から始まります。 次回の講演者は、最近Sidechain Solutionsから奨学金を受け取ったDavi Alvesと、Liskのフォージングデリゲートで開発者のKorbenです。 オンラインミートアップに参加してください。   デリゲートの概要 LiskMonitorによると今週はデリゲートポジションに穏やかな変化がありました。Eliteは1,100万LSKを、GDTは770万票を獲得しました。 個人レベルでは、1〜101位のすべてのデリゲートが15万〜30万LSKを獲得しました。 今週は大きく投票数が減少したデリゲートはいませんでしたが、liberspirita[-41k]、zt1349[-54k]、carolina [-94k]とそれよりも低いポジションのスタンバイデリゲートで僅かな減少が見られました。 minionsによる1LSKの払い戻しキャンペーンは継続中です。(「Heroes」リストへ投票した場合は手続きは不要、自動払い戻しです)   今週はLiskに関連する他のニュースがないため、ここでは仮想通貨に関連するいくつかの発表と事実を取り上げます。 Multicoin Capitalが支援するDeFiプロトコルのdForceが約$25Mを失う Multicoin Capitalが支援する中国の分散型金融(DeFi)プロトコルが脆弱性を利用した攻撃を受けました。dForceエコシステムのレンディングプラットフォームであるLendf.Meは攻撃前にDeFi Pulseにロックされた市場価値で、7番目に大きいDeFi市場の1つに成長することができました。 香港初の認可を受けたビットコインファンドが誕生 このファンドはカストディ業者としてBitGo、監査パートナーとしてGrant...

Lisk 週次レビュー 8

新着ニュースの特徴: ・Lisk DEXアップデートとLeaseholdテストネットの公開 ・Lisk bikeからの開発アップデート ・Lisk Node Monitor BotがLisk SDKベースのブロックチェーンをサポート ・MidasProtocol walletがLSKに対応 ・デリゲートの概要と#heroesnotzeros   Lisk DEXアップデートとLeaseholdテストネットの公開 Jonathan Gros-Dubois、別名 jong (元LiskHQの社員で、現在は個人のデリゲート)はLisk DEXの12月のアップデートを発表しました。 最も重要な新しい機能は、クロスチェーントランザクションの処理に貢献した作業量(署名の数)に比例して、アクティブなDEXメンバーに報酬を与えるメカニズムを実装したことです。 並行して、jongはLeaseholdにも取り組んでいます。これは、tokenization(機密データを乱数により生成する別の文字列に置き換え、保存・利用する技術)を通して短期賃貸不動産の資産運用収益に参加するための分散型プラットフォームを提供するブロックチェーンです。ウェブサイトで報告されているように、「Leaseholdは、短期の不動産賃貸収入創出のマーケットリーダーとしての地位を目指しており、すべての人にとって公正なデフレシステムという形でトークン保有者に利益が支払われます。」テストネットが公開され(Leasehold explorer)、今後数週間以内に11人のメンバーによる最初の分散型テストネットDEXを開始する予定です。 最終的なメインネットDEXには16人のメンバーが参加します。   Lisk bikeからの開発アップデート Lisk.bikeは、自転車シェアリングプラットフォームのオープンソースの概念実証であり、Lisk Center UtrechtのBlockchain030によって構築されました。Liskカスタムトランザクションがどのように機能するのか理解を深めてもらうことを目的としています。 リリースされた記事では、開発者であるGimlyがLisk.bikeの仕組みを紹介し、プロジェクト開発中のいくつかのチャレンジと、それらにどのように対処したかを紹介しています。次に、この記事では、Ethereum上に構築された同様のユースケースを取り上げ(lockchain project)、JavaScriptコミュニティにLiskを導入するための将来の計画を発表しています。 また、3月21日にLCUで「JavaScript...

Lisk 週次レビュー 3

新着ニュースの特徴:LiskBuildersプログラム、Lisk Appページ、Bittrexユーザーへの警告、VCC Exchangeに上場したLSK、Lisk Desktop 1.23.0、BitVPSがLiskに対応、デリゲートの概要 LiskBuildersプログラムとウェブサイトの新しいページ 以前の要約で述べたように、LiskHQは、概念実証専用の月額5,000 CHFの助成金を開始します。 このフォームへ書き込み申し込むことができます。フルネーム、Discordユーザー名、GitHubリンク、概念実証ブロックチェーンアプリケーションのアイデアの説明を提出する必要があります。毎月、LiskHQは上位の提案を選択し資金を分配します。 今月あなたが選ばれなかったとしても、また次のラウンドの資格があります。 資金を受け取ったプロジェクトは、Lisk BikeとChroniclerです。 開発中またはすでに開発済みの概念実証ブロックチェーンアプリケーションの完全な概要を取得するために、LiskHQはLisk Appsページを発表しました。ここで何度か取り上げられている多くのプロジェクトを見つけることができます。 最後に、彼らはLSKトークンの機能を説明するために、新参向けの専用ページをリリースしました。LSKトークンのストーリー、配布と発行、LSKをリストする取引所です。ここで見つけることができます:https://lisk.io/lsk   Bittrexユーザー向けのLSKアドレス再生成 Tonyt908の報告によると、Bittrexは一部のDPosコインのインフラストラクチャを更新しました。古い入金アドレスの有効期限が切れたため、ユーザーは新しい入金アドレスを再生成する必要があります。古いトークンアドレスに送られた資金は、アカウントに入金されない場合があります! アナウンスを読む:Bittrexのアップグレード   LSKは現在、BTCペアでVCC Exchangeに上場しています 2019年5月にローンチされたVCC Exchangeは、シンガポールに拠点を置き、ベトナムで運営されている中央集権型の暗号通貨取引所です。 VCC Exchangeは、Signum CapitalとAxiom Associates Capitalによる支援を受けています。 24時間の取引高は400万ドルに相当し、最も取引されているペアはBTC / USDT(1日あたり500.000ドル以上)です。 We are...

Lisk 週次レビュー

これは今週の要約であり、最新の財務情報、グローバルデータチェーン、Nasdaqのインタビュー、LiskJS、Abra App、デリゲートの概要、Githubアクティビティを取り上げています。 Lisk Foundationは2019年10月の財務アップデートを発表しました。 昨日、Lisk Foundationは毎月の経費のまとめを発表しました。Lisk Foundationは、1,600万ユーロ、320万スイスフラン、3.200BTC、780万LSKを所有しています。 下の画像では、財団がLiskの成長の様々な側面(開発、マーケティング、報奨金、運営)にどれだけ費やしたかを確認することができます。 Global Data Chain Korbenは、Lisk SDKを使用した分散型サイドチェーンPoCビルドであるGlobal Data Chainを導入しました。地球の温度、放射能、降雨、ノイズなど、世界中のさまざまな科学的測定値を保存するために使用できます。収集されたこの広範なデータにより、過去の状況を分析し、将来の状況を予測することができます。GDCに保存されている様々なデータ間に相関関係があるかどうかを確認することもできます。 クライアントデモ: http://45.32.152.68/ Github – Global Data Chain: https://github.com/Korben3/Global-Data-Chain パブリックAPI- (呼び出し例): http://45.32.152.68:4000/api/transactions?sort=timestamp%3Adesc   LiskJS 開催 11月19日にベルリンでLiskHQが開催するLiskJSですべてを学びます。議題は既に定義されています。(https://www.eventbrite.com/e/liskjs-2019-tickets-72693495201)、Maciej Baj、Oliver Beddows、Iker Alustiza、および他の多くのHQメンバーからスピーチが行われます。 さらに、Jurre Machielsen(Lisk Center Utrecht)、Edward...

デリゲートの声明について混乱していますか? 状況をクリアにしましょう

ここ数週間で多くの声明と変更が行われ、一部のLisk保有者にとっては、最新の更新を追跡するのは複雑です。 ここで紹介:Carbonara, Hirish, TonyT908, Elite group, Stellardynamicおよび一部のスタンバイデリゲート 一連のニュースの最初の発表はTonyT908によって行われました。9月30日に、彼は共有率を30%から20%に減らすことを発表しました。 個人的なシェアは変わらないため、彼は個人的にこの変更の恩恵を受けません。この分配により、基金を(10%から20%に)増やして、コミュニティメンバーと有望なプロジェクトにさらに貢献することができます。 基金のアドレスは公開されており、彼の寄付を確認することができます。https://explorer.lisk.io/address/1005304990029125475L 10月6日に、デリゲートのcarbonaraはDiscordでエリートグループからの脱退を発表したため、彼は独立したデリゲートになりました。このデリゲートはもはや1人で管理されておらず、Youtube、Github、Reddit、Mediumのクリエイター向けのPatreonとBATのミックスであるContributors.spaceに取り組んでいるグループになります。このプロジェクトはLiskサイドチェーンであり、その目的はPoCを作成することではなく、そこから実際のビジネスを作成することです。グループは一時的に報酬の共有を停止し、プロジェクトとチームの成長のためにこの資金を使用します。 前の記事ですでに述べたように、Stellardynamicは報酬を共有しなくなりました。投票者に共有されていた30%は、Sidechain Solutions、Lisk USA、およびデリゲート自体の間で均等に分割されます(各+ 10%)。 投票者は、Moracleサイドチェーンがリリースされるときに、投票率に比例したMoracleトークンを受け取ります。 彼のLiskへの貢献はすでにこことここで紹介されています。 Lisk Eliteは、メンバーリストを更新しました。Carolina, Lwyrup, Crodam, Zy1349, BlackSwan(そしてもちろんCarbonara)は、報酬を受け取るために投票する必要がなくなりました。これは、彼らが独立したデリゲートになることを意味します。彼らが報酬を共有するかどうかは明らかではありません。ここでステータスを確認できます:http://liskelite.com/checker Hirishも今月から共有割合を35%から15%に減らすことを決めました。彼は、アクティブなコミュニティメンバーへの寄付を増やすことを好み、寄付金も支払うことでSapiensプロジェクトを開始します。 あなたが今、新しいデリゲートの投票に興味があるなら、ここに数名のふさわしいメンバーをリストします。 [免責事項:この記事は著者個人の意見によるものです。] トップ 5 スタンバイデリゲート 1)moosty Lisk Centerユトレヒトの主要グループの1つ 開発中:Lisk Roulette PoC / Lisk.Directory PoC...

Sidechain SolutionsがLisk Tic-Tac-Toeを発表

今週末、Sidechain SolutionsチームがLisk Tic-Tac-Toeのゲームを初公開しました。この情報はLisk Discordで、Stellardynamic、Korben3、そしてLemiiによるプロモーションで告知されました。ご想像の通り、これはLiskにインスピレーションを受けた古典的な〇・✕ゲームです。このゲームは、JQueryとQrcodeを利用し、Lisk Elements Libraryのクールな機能の多くを実証します。 シンプルなインターフェイスにより、プレーヤーはLiskネットワークに接続し、新しいパスフレーズとアドレスを生成し、ノードのパブリックAPIからトランザクションを取得、Liskメッセージとデータフィールドに基づいて実行し、Lisk MobileでスキャンできるQRコードを作成できます。ゲームをプレイするには、最初に「NEW GAME」ボタンをクリックしてゲームのアドレスを作成する必要があります。次に、このアドレスを友人と共有できます。友人は、[JOIN GAME]をクリックした後に表示される入力フィールドに入力することで、ゲームに参加できます。 プレイヤーは、Lisk HubまたはLisk Mobileを使用してトランザクションをGame Addressに送信することにより参加します。このトランザクションには、メッセージフィールドに入力された位置情報を含める必要があります。このメッセージは大文字と小文字は区別されません。A2やb3になります。その後、ゲームは2番目のプレイヤーが続けます。 新しいブラウザタブを開き、新しいゲームを開始してアドレスを共有するだけで、一度に複数のゲームをプレイできます。 「developers」チャンネルでStellardynamicは、コミュニティのメンバーにGithubに進み、コードを試して、「より高度な使用をする」ことを奨励しました。単一のアドレスを使用してすべてのスコアを保存し、ルールを改善するためのバウンティプログラムが既に用意されています。 Stellardynamic、Korben3、Lemiiは、Lisk Ecosystemのカスタムソリューションの提供、サイドチェーン開発者へのコンサルティングサービスの提供、ハッカソンとミートアップの管理、一般的な使用のための再利用可能なデモと学習資料の提供に取り組む6人の開発者とデザイナーチームの一員です。 さらに、メインネットとテストネットの両方のネットワーク用のAPIとスナップショットを提供するLiskAPI.ioを発表しました。彼らの公式アカウントにはsidechain_solutionsというラベルが付けられており、活動を継続するために寄付を募っています。 _________________________________ Lisk MagazineはLisk Italian GroupとEliteXによってサポートされているプロジェクトです。 私達の仕事をサポートし、Lisk Magazineに投票してください。 この記事はLisk Japanによって翻訳されました。