Tagged: Lisk.Bike

Lisk 週次レビュー 11

新着ニュースの特徴: ・LIP0025は、LSKウォレットの最低残高を提案しています ・LiskはMagnum Walletでサポートされるようになりました ・Lisk Bikeの技術分析 ・Coincheckは最初のステーキング報酬を配布しました ・ Liskの採用を促進するLSKプレゼントキャンペーン ・デリゲートの概要と#heroesnotzeros   LIP0025は、LSKウォレットの最低残高を提案しています LiskHQは、アカウントの最低残高要件を導入するLIP0025を提案しています。メインネットでダイナミックフィーが導入されると、トランザクションが安くなります。(最小料金は0.00125LSK) これは、1250 LSKを持つ悪意のあるユーザーが100万のトランザクションを送信して、100万の新しいアカウントを作成できることを意味し、スパム攻撃を開始するコストは手頃な価格になります。提案では最低残高を0.05LSKに設定することで、その種の攻撃を防止します。   LiskはMagnum Walletでサポートされるようになりました Magnum walletは、エアドロップを請求しパッシブインカムを得るために設計された多機能ウォレットです。同社は既にTezos投資家にワンクリックの委任プロセスを提供しています。ウォレットは多くのコインをサポートし、LedgerやTrezorと互換性があります。 Magnum Wallet is loaded with $LISK🔥 We are happy to add @LiskHQ to our...

年次レビュー:LCU活動報告2019

Jurre Machielsen、Raphael Cornelis、Sander Mandemaker(The Moosty Team)は、2019年のLisk Center Utrechtの活動と、2020年に関連する目標を分析するレポートを発表しました。コワーキングスペースは11のブロックチェーンプロジェクトを迎え入れ、50以上のイベントと200以上のミーティングを開催しました。 もともとJoo5tyによって設立されたこのセンターは、マーケティング資料、ウェブサイト、バックエンド開発、コミュニティマネジメントを担当するMoostyチームが管理しています。2019年前半、チームはコミュニティの構築に重点を置き、後半ではサスティナブルな短期および長期のビジネスモデルを探しました。 最初の課題は、センターの明確なバリュープロポジションの欠如でした。そのため、チームは目標を(コワークスペース、イベント、ビジネス)の3つに分けました。 Lisk Center Utrechtは、コワーキングスペースとして2019年2月にオープンしました。最初のステップは、Liskだけではなく多数のブロックチェーンプラットフォームに焦点を当てた洞察と視点を共有する活気のあるコミュニティを作ることでした。同時に、彼らはコワーキングスペースへの関心を高め、現在、以下を含む11のブロックチェーンベースのプロジェクトで働く40~60人を受け入れています。 ・ Hybrix:1つのツールで31以上のチェーンに柔軟なブロックチェーンソリューションを構築します。 ・Spendies:友人に支払い要請を送信するアプリ。 ・Swarm:イーサリアムベースの分散ストレージプラットフォームとコンテンツ配信サービス。 ・Wordproof:著作権保護に焦点を当てたプラットフォーム。 他のプロジェクトは、Gimly、Xurux、Lisk Bike、IOTA AION、Moosty Team、Blockchain030、Copyright Deltaです。 Lisk Center Utrechtでは、Moostyチームが50を超えるイベント(年後半に38)を開催し、ミートアップグループを0人から650人以上へ引き上げました。2019年末にブランド「Utrecht Blockchain Nights」が作成され、メディア、サプライチェーン、ヘルスケア、アイデンティティに関するイベントが開催されました。Moostyは、応用科学大学のために2つの異なる技術関連イベントも開催しました。Blockchain030は毎週月曜日にコワーキングを行っています。 LCUマネージャーは、ブロックチェーンスタートアップメディアパートナー(Bitcoin Magazine Nederland、Cryptocafe…)、エコシステムパートナー(Blockchain Netherlands、Dutch Blockchain Coalition…)、ミートアップパートナー(InvestUtrecht、Capgemini、VodafoneZiggo…)、ブロックチェーンプロジェクト(Monero、Ethereum、IOTA…)など、様々な企業と200以上のミーティングを行いました。...

Lisk 週次レビュー 8

新着ニュースの特徴: ・Lisk DEXアップデートとLeaseholdテストネットの公開 ・Lisk bikeからの開発アップデート ・Lisk Node Monitor BotがLisk SDKベースのブロックチェーンをサポート ・MidasProtocol walletがLSKに対応 ・デリゲートの概要と#heroesnotzeros   Lisk DEXアップデートとLeaseholdテストネットの公開 Jonathan Gros-Dubois、別名 jong (元LiskHQの社員で、現在は個人のデリゲート)はLisk DEXの12月のアップデートを発表しました。 最も重要な新しい機能は、クロスチェーントランザクションの処理に貢献した作業量(署名の数)に比例して、アクティブなDEXメンバーに報酬を与えるメカニズムを実装したことです。 並行して、jongはLeaseholdにも取り組んでいます。これは、tokenization(機密データを乱数により生成する別の文字列に置き換え、保存・利用する技術)を通して短期賃貸不動産の資産運用収益に参加するための分散型プラットフォームを提供するブロックチェーンです。ウェブサイトで報告されているように、「Leaseholdは、短期の不動産賃貸収入創出のマーケットリーダーとしての地位を目指しており、すべての人にとって公正なデフレシステムという形でトークン保有者に利益が支払われます。」テストネットが公開され(Leasehold explorer)、今後数週間以内に11人のメンバーによる最初の分散型テストネットDEXを開始する予定です。 最終的なメインネットDEXには16人のメンバーが参加します。   Lisk bikeからの開発アップデート Lisk.bikeは、自転車シェアリングプラットフォームのオープンソースの概念実証であり、Lisk Center UtrechtのBlockchain030によって構築されました。Liskカスタムトランザクションがどのように機能するのか理解を深めてもらうことを目的としています。 リリースされた記事では、開発者であるGimlyがLisk.bikeの仕組みを紹介し、プロジェクト開発中のいくつかのチャレンジと、それらにどのように対処したかを紹介しています。次に、この記事では、Ethereum上に構築された同様のユースケースを取り上げ(lockchain project)、JavaScriptコミュニティにLiskを導入するための将来の計画を発表しています。 また、3月21日にLCUで「JavaScript...

GimlyとLisk.Bikeがスマート自転車シェアリングプラットフォームで協力

11月の初日に、Caspar RoelofsはMediumのGimly Blockchainのブログで、GimlyとLisk.Bikeのパートナーシップの開始を発表しました。記事では、彼は共同作業の背景にある理論的根拠を説明しました。「Gimlyは、競合よりもコラボレーションに重点を置き、互いの強みを築き、互いのプロジェクトから学ぶことにより、ブロックチェーン分野を前進させることを固く信じています。」 ご存知のように、Joostは2か月前にプロジェクトを紹介しました。Lisk Blockchainのproof-of-concept(概念実証)アプリケーションとしてスマート自転車シェアリングプラットフォームを開発する計画を発表したときです。このプロジェクトは、blockchain030.nlのMarc Bumaと、Susanne Pieterse、Bart Roorda、Eric van Riet Paap、およびAlbert van Egmondが主導しています。これは、Lisk CommunityのメンバーJesusTheHunによって作成および提出された改善案により、Commonbikeプラットフォームのオープンソースコードから多くを引き出すコンセプトです。 Gimlyの関与は、Lisk.Bikeの主要な目標をサポートします。それは、ブロックチェーンアプリケーションの開発にLisk SDKがどのように役立つかを示し、Liskまたはブロックチェーンテクノロジーを初めて使用する開発者がツールを使い始めるのを支援します。そのため、「Gimlyは、githubでのプロジェクト全体の手順の文書化、今後のLisk開発者カンファレンスのLisk.Bikeワークショップの準備、および進捗状況とチームが学んだ教訓に関するこの一連のブログ投稿を通じて貢献できます。」 このシリーズに掲載される記事では、プロジェクトのパートナーによる進捗状況に関する定期的な更新を提供します。チームが学んだすべての教訓がブロックチェーン業界全体に役立つことを確実にするためにさらに進んでいきます。イノベーションのコンテキスト–目標とステイクホルダーの推進力は、コミュニティが消化するためにレイアウトされています。Lisk.Bikeの記事で取り上げられている重要な質問は次のとおりです。「なぜブロックチェーン自転車シェアリングプラットフォームなのか」、「なぜLiskなのか」、「どのように機能するのか」。 では、なぜブロックチェーンの自転車シェアリングプラットフォームなのでしょうか?Casparは次のように説明します:「ブロックチェーン技術により、誰でもサービスプロバイダーまたはユーザーとして機能する機能的な自転車シェアリングプラットフォームを作成でき、個人情報を開示したり、資金を中央サービスプロバイダーに引き渡したりする必要がなくなります。」それは間違いなく、「あなたの携帯電話の電動スクーターと自転車のアプリにおいて、それぞれあなたの社会保障番号とクレジットカードデータを含む情報を提供すること」を改善します。 その質問に対処した後、彼はLiskが使用されているプラットフォームである理由を説明し続けました。最初に、彼はプロジェクトのアイデアがLiskコミュニティのメンバーと開発者によって考案されたことに注目しました。Alpha SDKのリリースにより、コミュニティのメンバーはカスタマイズ可能なツールに精通しています。特に、カスタムトランザクションを使用すると、様々なユースケースの特定のビジネスロジックを実装できます。したがって、Lisk.Bikeは、SDKの適応性、利点、および欠点を示す優れたPoCプロジェクトです。 それがどのように機能し、どのようにプロジェクトに参加できるかについての詳細は、https://www.gimly.ioをご覧ください。 _________________________________ Lisk MagazineはLisk Italian GroupとEliteXによってサポートされているプロジェクトです。 私達の仕事をサポートし、Lisk Magazineに投票してください。 この記事はLisk Japanによって翻訳されました。

「Lisk.Bike」Lisk SDKで出来ることを示すためのPoC

Joostは、アルファSDKを使用してLiskアプリケーションを構築する方法を示すために、オランダで作成されたProof of Concept(概念実証)であるLisk.Bikeを発表しました。このPoCは、その地域の巨大なマーケットである自転車レンタル用のブロックチェーンベースのGPS追跡ロックの開発に焦点を当てています。 イニシアチブは、blockchain030.nlの創設者であるMarc Bumaがリードしています。MarcBumaはLisk Center Utrechtのパートナーです。Marcはユーザーエクスペリエンス(UX)、WEBアプリケーション、ブロックチェーン開発、暗号通貨、およびモバイルアプリケーションに精通しており、IoT開発の経験者です。Marcは、Liskのノードのセットアップの方法を教え、開発者がSDKで色々な取り組みができるよう支援する技術ワークショップも開催しています。 このJoostのプロジェクトは、コンセプトの宣伝、アドバイス、テストに限定されています。 オランダでは、インタビューを受けた36%の人が一般的な日に最も利用する移動手段に自転車を挙げており、最も交通量の多い自転車道は1日平均32.000人のサイクリストが利用しています。これほど巨大なマーケットの1つにもかかわらず、電動自転車とレンタルサービスの増加によりここ数年で自転車の売り上げは減少しました。 この傾向を利用して、Marcは自転車にGPS追跡ロックを取り付け、Javascriptアプリケーションを構築、データ登録にLiskブロックチェーンを使用することにより、このコンセプトを生み出すことを目指しています。誰が自転車を使用しているか、いつ、どこで、その場所が不変であるかなどの情報がLiskブロックチェーンの独自サイドチェーンに登録されます。 このプロジェクトの目標は、ドキュメントと開発を改善する方法についてLiskHQへフィードバックを提供することです。Lisk alpha SDKで何ができるかを示し、LCUの訪問者/開発者へalpha SDKを使用した開発を進めるよう促します。 このPoCは会社を創設するためや利益を得るために開発されている訳ではありません。そのためチームはクラウドファンディングキャンペーンを開始し5000LSKを集めています。(Lisk寄付ウォレットアドレス 11629240136553438599L) すべての資金は自転車、ロック、ウェブサイト、ドメイン、サーバー、コーディングの費用など、PoCの開発に充てられます。 Lisk.Bike PoCは、オランダで自転車のシェアリングを促進するために設置されたオープンソースプロジェクトであるCommonbikeプラットフォームに基づいています。開発されたすべてのコードはパブリックドメイン(Github)に追加され、関係者がプロジェクトの結果にアクセスして使用できるようになります。 _________________________________ Lisk MagazineはLisk Italian GroupとEliteXによってサポートされているプロジェクトです。 私達の仕事をサポートし、Lisk Magazineに投票してください。 この記事はLisk Japanによって翻訳されました。