Tagged: Lisk Builders Program

Lisk 週次レビュー 39

新着ニュース: ・BinanceがLSKの分離マージン取引を開始 ・Lisk PixelとLisk Observerに取り組むデリゲート ・ゲーマー向けサイドチェーン「Beez」 ・Lisk Buildersとコミュニティヒーロー ・デリゲートの概要   BinanceがLSKの分離マージン取引を開始 Binanceは、LSKと取引ペアLSK/BTCとLSK/USDTの分離マージン取引を利用可能にしました。同取引所は、2020/08/11 6:00 AM (UTC)から2020/08/18 05:59 AM (UTC)までの間、LSKを借り入れする際のゼロ金利キャンペーンが実施されています。 Binance Academyによると、「分離マージンモードでは、トレーダーはそれぞれのポジションに割り当てられた証拠金を指定することで、ポジションのリスクを管理することができます。トレーダーのポジションが分離マージンモードで清算された場合、証拠金残高全体ではなく、分離証拠金残高のみが清算されます。」   Lisk PixelとLisk Observerに取り組むデリゲート 前回のコミュニティミートアップでは、デリゲートのKorkenが「Lisk Pixels」というコンセプトを紹介しました。この面白いプロジェクトでは、アーティストは2つのカスタムトランザクションを使ってブロックチェーン上でピクセルアートを作成することができます:ダッシュボードを作成するcreate-board_transactionと、各ピクセルを修正するset-pixel_transactionです。 ライブストリームを見る: https://www.youtube.com/watch?v=6oGVGDqCp1M Github上のコードを参照してください: https://github.com/Korben3/Lisk-Pixels Check out my latest...

Lisk 週次レビュー 27

新着ニュースの特徴: ・LiskHQ情報:AMA、毎月の財務報告、技術ドキュメント ・Stellardynamicが、第6回Liskコミュニティオンラインミートアップのステージに登場 ・Lisk PoCに関する開発最新情報 ・デリゲートの概要   LiskHQ情報:AMA、毎月の財務報告、技術ドキュメント 前週はLiskHQからのニュースと情報でいっぱいでした。 レポートによると、財団は360万ユーロ(前回のレポートと比べて– 50万ユーロ)と200万スイスフランを保有しています。更に2,776BTC、62,000GBYTE、890万LSKを保有しています。(暗号資産に変化はありません)これは、総資産が約4,000万ドルに相当します。 下の画像は4月の各部門の経費をまとめたものです。 5月15日金曜日、LiskHQの研究部門のチームメンバーであるIker AlustizaとJan Hackfeldが、最近の研究についてDiscordでAMA(Ask Me Anything)を主催しました。ここで私たちのレポートを読み、ここでLiskHQによってリリースされた要約を読んでください。 さらに、LiskHQはブログを公開し、ネットワーク経済フェーズで導入される動的料金システムに関連する主な改善点を紹介しました。新しい料金システムによりユーザーは希望する公正な料金を支払うことができます。 (投資の利益はさておき)デリゲートに投票するように人々を動機付けるように設計されていますが、同時にスパム攻撃、ダスト攻撃、ネームスペース攻撃に対する脆弱性は可能な限り低くなっています。   Stellardynamicが、第6回Liskコミュニティオンラインミートアップのステージに登場 新しいLisk Discovery(現 Hallar)を発表したEndroのプレゼンテーションの次は、StellardynamicがSidechain SolutionsとLiskベースのプロジェクトにおける取り組みを紹介します。 Endroのスピーチをご覧ください。 オンラインミートアップに参加してください。 Did you know that “Lisk Discovery” transformed...

Liskベースのプロジェクトが資金調達をする方法

LiskHQとGDTデリゲートグループは、Lisk SDKを使用して概念実証(PoC)ブロックチェーンアプリケーションを構築するための資金を提供することで開発者をサポートしています。 LiskHQはLisk Buildersプログラムを立ち上げ、1ヶ月につき2つの概念実証(PoC)ブロックチェーンアプリケーションに対し2,500CHF(1回限り)の資金提供をしています。 今すぐ申し込む:https://liskhq.typeform.com/to/GxuOBT GDTはLisk PoCバウンティを立ち上げ、1ヶ月につき1つのプロジェクトに対し最大2,000LSKの資金提供をしています。 今すぐ申し込む:https://gdtdiscord.typeform.com/to/ec4wFj どちらのイニシアチブも特定のテーマに焦点は当てておらず、選ばれたプロジェクトは発表後6週間で完了する必要があります。 既にLiskHQ buildersプログラムに選ばれているプロジェクトはGDTバウンティの対象外ですが、その反対は申請可能です。(GDTが資金提供するプロジェクトはLiskHQ buildersプログラムに申請できます) 今のところ、LiskHQはSidechain Solutionsによって開発されたWebサイトの保存と検証のための分散型アーカイブであるChroniclerと、Lisk Center Utrechtによって開発された分散型自転車シェアリングプラットフォームであるLisk.Bikeを選んでいます。 最近、コミュニティメンバーのCasparがこの助成金の対象者に選ばれたことを発表し、「chip-to-chain(チップからチェーンへ)」テクノロジーを提案しました。このプロトタイプの目的は、データを保存するための安全なマイクロチップを構築することであり、外部キーの管理なしでブロックチェーントランザクションに署名することもできます。現在の最新技術では、オブジェクトのデジタルIDはQRコードまたは暗号化されたNFCタグによって表されます。このイニシアチブのおかげでオブジェクト自体がブロックチェーントランザクションへ署名し、事前にプログラムされた支払いを承認したり、署名や暗号化されたデータを保存・共有したりできるようになります。 Lisk Buildersプログラムでは、各参加者は資金を受け取るためにKnow Your Customer(KYC)登録を行う必要があり、Lisk Foundationと参加者の間の贈与契約(grant agreement)に署名する必要があります。 LCUは、アイデアを成功するプロジェクトにするための自然なステップとして、これらのスタンドアローンイニシアチブを次のインキュベーター/アクセラレーターとリンクするよう取り組んでいます。LCUは、インキュベーターのプログラムを通じて技術コンサルタント、スタートアップマネジメントの助言、ブロックチェーンベンチャーキャピタルとのコネクションを提供する予定です。 Lisk Centerのアクセラレータープログラムは、最近ユトレヒト自治体から助成金を取得しました。新コロナウイルス(covid-19)の発生によりプログラムは現在、バーチャルギャザリングを備えたオンラインコースになるように修正されています。企業の最初のバッチは7月より前に開始される予定です。 _________________________________ Lisk MagazineはLisk Italian GroupとLisk Supportによってサポートされているプロジェクトです。 私達の仕事をサポートし、Lisk Magazineに投票してください。...

Lisk 週次レビュー 21

新着ニュースの特徴: ・LiskHQ ウェブサイトの主な更新・Liskビルダーズプログラムに「Chip to chain」が選ばれました・LCUはデジタルID研究活動を更に追求します・デリゲートの概要 LiskHQ Webサイトの主な更新先週、ウェブサイトの改善に関してHQから多くの発表がありました。チームはネットワークページを追加し、Lisk Networkに関する統計情報を訪問者に提供します。 更に、彼らは概念実証(PoC)の開発において中小企業と協力する方法として公式ウェブサイトで企業向けのビジネス窓口であるLisk Enterprise Portal(Lisk企業ポータル)を発表しました。このランディングページは、ブロックチェーンアプリケーションを探している企業やビジネスとLiskHQが繋がる場所になることを目的としています。チームは、ビジネス要件と課題について更に学ぶ必要があります。ブロックチェーンSDK間の比較やユースケース分析など、より多くの情報が近いうちに追加される予定です。ポータルは企業がLiskを使用してサプライチェーンで食品流通や物流において由来や管理を保証し利益を得る方法や、公共部門・政府がブロックチェーン技術を利用してプロセスを最適化し説明責任を向上させる方法、金融サービスでは法定通貨システムの代替として従来の金融の分散化(DeFi)を可能にすることなどを示しています。 Liskビルダーズプログラムに「Chip to chain」が選ばれましたGimlyのCasparは、接続されたNFCチップを介してIoT温度センサーデータをブロックチェーンに直接保存・保管するという提案がLiskHQのプログラムによって選ばれたと発表しました。彼は、オデッセイのチームメンバーの1人であるPolkadotプロジェクトとDuskネットワークにも貢献している開発者であるThomas Modeneisと一緒にプロジェクトに取り組みます。彼らは、より多くのIoTに関する経験を持つ開発者を必要としているため、チームの拡大を目指しています。LCUチャットの#co-working-mondaysチャネル(招待リンク)で、技術面と技術提案の詳細を確認することができます。 LCUはデジタルID研究活動を更に追求しますLCUは、デジタルIDの概念に関する最初の学習日を終了しました。この日はオープンイベントで標準ベースの分散型IDエコシステムとインスピレーションを与えるビデオ(例:Christopher Allen on Decentralised Identity)の基本コンポーネントである自己主権型アイデンティティに関するリソースの紹介から始まりました。Marnix van den Bent(Marnix van den Bent)は、その日2つのセッションを開催し、ULA(Universal Ledger Agent)の技術コンポーネントを紹介しました。彼らは共有ホワイトボードを使用してメモや考えを書き留めました。次のタスクはGithubフォルダーにリストされ、次回の1時間のセッションは今日(4月6日月曜日)午後1時(CET)に開催されます。 デリゲートの概要LiskMonitorによると、今週はデリゲートのポジションに大きな変化はありませんでした。EliteとGDTの両方がそれぞれ200万LSKを獲得しました。個人レベルで投票数の多かったデリゲートは、moosty[+290k]、lemi [+275k]、liskmagazine[+328k]、liskpoland.pl[+300k]、korben3[+324k]、gym[+311k]、jong[+338k]でした。投票数が減少したデリゲートは、blackswan[-405k]、iii.element.iii[-353k]、joo5ty[-328k]、adrianhunter [-250k]と、それよりも低いポジションのスタンバイデリゲートに見られました。minionsによる1LSKの払い戻しキャンペーンは継続中です。(「Heroes」リストへ投票した場合は手続きは不要、自動払い戻しです) _________________________________ Lisk MagazineはLisk...

Lisk 週次レビュー 3

新着ニュースの特徴:LiskBuildersプログラム、Lisk Appページ、Bittrexユーザーへの警告、VCC Exchangeに上場したLSK、Lisk Desktop 1.23.0、BitVPSがLiskに対応、デリゲートの概要 LiskBuildersプログラムとウェブサイトの新しいページ 以前の要約で述べたように、LiskHQは、概念実証専用の月額5,000 CHFの助成金を開始します。 このフォームへ書き込み申し込むことができます。フルネーム、Discordユーザー名、GitHubリンク、概念実証ブロックチェーンアプリケーションのアイデアの説明を提出する必要があります。毎月、LiskHQは上位の提案を選択し資金を分配します。 今月あなたが選ばれなかったとしても、また次のラウンドの資格があります。 資金を受け取ったプロジェクトは、Lisk BikeとChroniclerです。 開発中またはすでに開発済みの概念実証ブロックチェーンアプリケーションの完全な概要を取得するために、LiskHQはLisk Appsページを発表しました。ここで何度か取り上げられている多くのプロジェクトを見つけることができます。 最後に、彼らはLSKトークンの機能を説明するために、新参向けの専用ページをリリースしました。LSKトークンのストーリー、配布と発行、LSKをリストする取引所です。ここで見つけることができます:https://lisk.io/lsk   Bittrexユーザー向けのLSKアドレス再生成 Tonyt908の報告によると、Bittrexは一部のDPosコインのインフラストラクチャを更新しました。古い入金アドレスの有効期限が切れたため、ユーザーは新しい入金アドレスを再生成する必要があります。古いトークンアドレスに送られた資金は、アカウントに入金されない場合があります! アナウンスを読む:Bittrexのアップグレード   LSKは現在、BTCペアでVCC Exchangeに上場しています 2019年5月にローンチされたVCC Exchangeは、シンガポールに拠点を置き、ベトナムで運営されている中央集権型の暗号通貨取引所です。 VCC Exchangeは、Signum CapitalとAxiom Associates Capitalによる支援を受けています。 24時間の取引高は400万ドルに相当し、最も取引されているペアはBTC / USDT(1日あたり500.000ドル以上)です。 We are...

Lisk 週次レビュー 2

今週多くのニュースが出ましたが最も重要なものは、数ヶ月前から計画されていたLiskJSイベントでした。 その他の特集:Lisk Builders プログラム、Krakenに上場したLSK、既存のPoCアプリのリストとデリゲートの概要。 LiskJSまとめ 11月19日に開催されたこのイベントは、2つのパートに分かれていました。午後の早い時間に、参加者はLisk.bike Workshopに参加し、実社会でのブロックチェーンのユースケースにLisk SDKを適用するチャンスがありました。ワークショップへ参加した全員が無料のラズベリーパイといくつかのセンサーを受け取りました。次に、コーディングチャレンジが上位3つのプロジェクトに与えられました。Francesco、Sanderそして1位のJonathanは、それぞれスマートバックパックとLSKトークンの合計2,500ユーロを受け取りました。 The guys behind the #LiskBike proof-of-concept are running their own workshops – teaching our attendees how to create a #blockchain-based bike rental system. Check them out...