Tagged: Lisk Center Utrecht

Lisk 週次レビュー 47

新着ニュース: ・LiskHQがLiskメインネット移行についての計画を発表 ・Lisk Center ユトレヒトの18回連続ミートアップ ・デリゲートの概要   LiskHQがLiskメインネット移行についての計画を発表 この記事では、LiskHQが、Core3.0を稼働させる将来のハードフォークの複雑さを分析しています。Lisk SDk 5.0.0で実装された新しいジェネシスブロックフォーマットのおかげで、来るべきジェネシスブロックは2016年のLisk Mainnetのジェネシスブロックよりも効率的になります。以前のものはICO参加者に送信されたトランザクション(8,000以上)を含んでおり、結果として非常に大規模なものとなっていました。次は、多くのトランザクションを作成する代わりに、トークンホルダーを含む初期状態になります。ノードは、アカウント、その残高、およびその他のアカウントのプロパティだけでなく、トップ103位のデリゲートを識別するために信頼性の高いスナップショットを計算することになります。 新しいチェーンが開始されると、旧デリゲートは7日間フォージングを行い、その期間後は新しいコンセンサスで票を集めたデリゲートのみがブロックをフォージングすることができます。 23日(金)、LiskHQの研究責任者であるJan Hackfeld氏が、Lisk Mainnet Regenesisに関するコミュニティの質問に答えました。 彼は、まずベータネットとテストネットのフェーズを設けなければならないため、リリース日はまだ決まっていないと回答しました。新しいRegenesisのアプローチでテストネットへ移行することは、フォークの適切な機能を確認するための良いテストになるかもしれません。 Janにとって最も困難なLIPはLisk-BFTLIPであったことは興味深いことです。これは、エッジケースが多い可能性があり、悪意のある行動時のネットワークの進化をシミュレーションするのは複雑だからです。 詳細はこちら:Lisk Mainnet Regenesis We just published a blog post to explain the new genesis block...

Lisk 週次レビュー 43

新着ニュース: ・「Liskcrowd」と「Recurring Payments」 Moostyが開発した2つのPoC ・SDK 5.0のissuesは残り19です。 ・初期化されていないアカウントへの懸念に対するKordek氏の見解 ・デリゲートの概要   「Liskcrowd」と「Recurring Payments」 Moostyが開発した2つのPoC Liskコミュニティミートアップ#15では、Jurre Machielsen氏がホスト兼スピーカーとして自己紹介し、Lisk SDKにより作成されたProof of Conceptを発表しました。開発者は2人の当事者間の定期的な支払い契約を結ぶ際、カスタムトランザクションを使用して、期間、受信者、料金を設定することができます。 Liskコミュニティミートアップの数日後、MoostyはLisk Buildersプログラムへの参加の一環として、こちらの記事で「Liskcrowd」を紹介しました。 同氏は支援者(投資家)が寄付金の使用用途をコントロールできないクラウドファンディングエコシステムの現状を分析しています。その解決策は、期待に応えられなかった場合に支援者が投資を取り下げることができるプラットフォームです。投票が定期的に開催され、そこで支援者はプロジェクトを支援するか、資金の一部を取り戻すかを決めることができます。 このProof of Conceptでは、6つの異なるカスタムトランザクションを使用しています。Making contract(契約の締結)、Contract funding(資金調達の契約)、Start project(プロジェクトの開始)、Vote on contract(契約の投票)、Unlock contract by startup(スタートアップによる契約のロック解除)、Unlock contract by investor(支援者による契約のロック解除)です。...

Lisk 週次レビュー 33

新着ニュースの特徴: ・HQがクローズした3つのエピック、Lisk SDK 5.0.0のリリースが日に日に近づいています ・毎週開催されているLiskコミュニティミートアップが10回目の節目のイベントを迎えました ・LiskHQプレゼンツ「BINARYSTAR」 ・デリゲートの概要   HQがクローズした3つのエピック、Lisk SDK 5.0.0のリリースが日に日に近づいています 一連の発表の中で、Lisk Foundationの社長Max Kordek氏は、開発者がクローズした最新のエピックについていくつかのアップデートを公開しました。彼らは合計54のissueを実装しました。 非生産的なデリゲートによるフォージングを防ぐための禁止メカニズム 通信や保存のためにデータをエンコードまたはデコードするための一般的なシリアライゼーションライブラリ ブロックチェーンのロールバックの場合に必要とされていたトランザクションに関連するundoロジックの削除 8つのエピックはまだ実装されていません。 CryptoMisoによると、LiskはGithubの3ヶ月間で最もアクティブなブロックチェーンプロジェクト3位にランクされており、12ヶ月間では1位に位置しています。   毎週開催されているLiskコミュニティミートアップが10回目の節目のイベントを迎えました 4月中旬にMoostyが立ち上げ、LiskCenterが主催しているLiskコミュニティミートアップが毎週開催されていますが、数日前に10 回目のイベントが開催されました。 今回のスピーカーは Anonimowy891氏です。彼は過去にも面白いプロジェクトを開発して Liskへの情熱を見せてくれました。(ここで彼の最新の取り組みを紹介します) Anonimowy891氏のスピーチをご覧ください。 LiskCenterでは次のスピーカーを募集しています。Liskベースのプロジェクトに取り組んでいる方や、ミートアップの参加者と交流したいコミュニティメンバーの方は、Discordの@Raphael | Moosty#4689までお気軽に連絡ください。   LiskHQプレゼンツ「BINARYSTAR」 1ヶ月前にLiskHQはBINARYSTARとの新たなパートナーシップを発表しましたが、今回はブログ記事を公開し、どのようなコラボレーションが行われるのか、またそこから期待できることなど詳細を発表しました。 コアコミュニティのメンバーであるMoostyグループが、地元の開発者のエコシステムをターゲットにし、Liskをベースにした新しいプロジェクトをリリースするために設立したLisk...

Lisk 週次レビュー 19

新着ニュースの特徴: ・LiskHQが幾つかのLIPを統合 ・LemiiがLisk Manager ツールを発表 ・Lisk Center UtrechtはデジタルID PoCに取り組んでいます ・Liskコミュニティがコロナウイルスによる非常事態と戦うために405LSKを寄付 ・デリゲートの概要   LiskHQが幾つかのLIPを統合 LIP 27、28、29、30(スキーマを定義し、アカウント/トランザクション/ブロックにジェネリクスシリアライゼーションを使用)とLIP 31、32(マークルツリーについて)がGitHubに統合されました。 Liskプロトコルロードマップも最新の成果が更新されています:https://lisk.io/roadmap   LemiiがLisk Manager ツールを発表 Liskデリゲートのlemiiは、デリゲートが単一のインターフェースで多くのノードを簡単に監視・管理できる新しいツールを発表しました。優れたUIを通して、ノードのステータスを知り、ワンクリックでフォージングモードを切り替えることができます。 アプリは現在1.0.0-beta.1の段階にあります。アイデアへの称賛は、オリジナルのアイデアを考えたデリゲートcc001へする必要があります。 試してみる(http://manager.lisktools.eu/)か、ツールをローカルで実行してください(https://github.com/lemii/lisk-manager)     Lisk Center UtrechtはデジタルID PoCに取り組んでいます LCUは、4月2日(午前10時~午後4時)、デジタルIDのコンセプトに関するオンライン学習会を開催します。イベント(リンク)は、プロジェクトに協力するすべての人が利用でき、主催者はイベントの講演者を募集しています。(こちらからお申し込みください) LCUは毎週月曜日に定期的に「Decentralized Co-working Mondays」を開催しています。これはブロックチェーンコミュニティを活気づけ、成長させるためのオンラインミーティングです。...

Lisk 週次レビュー 17

新着ニュースの特徴: ・2020年第2四半期のLiskイベント ・3月のコミュニティヒーローとしてLiskHQによってLisk Highlightsが選ばれました。 ・LemiiはTestnet‌プロビジョニングプログラムを開始しました ・Moostyは学生がLiskの技術を採用してPoCに取り組むのを支援します ・デリゲートの概要と#HeroesNotZeros   2020年第2四半期のLiskイベント LiskHQは、来月いくつかのイベントを開催または参加します。 4月20~26日:東京ブロックチェーンウィーク 東京ブロックチェーンウィークは東京で最大のブロックチェーンカンファレンスで、日本でのLiskに対する認識を深めるためLiskHQが参加します。Max Kordekはパネリストとして参加します。 5月9~15日:ニューヨークブロックチェーンウィーク ニューヨークブロックチェーンウィークはCoinDeskが主催しコンセンサスカンファレンスがメインイベントです。LiskからはCEOで共同創立者のMax Kordekが代表として出席します。このカンファレンスの目標は、ブロックチェーン業界のトップリーダーとの繋がりを築くことです。 5月28~29日:WeAreDevelopers WeAreDevelopers ワールドコングレス in ベルリンは、世界をリードする開発者会議です。 Liskはこのイベントの主要パートナーであり、Lisk SDKを紹介する開発者ワークショップを開催します。   3月のコミュニティヒーローとしてLiskHQによってLisk Highlightsが選ばれました LISK HighlightsであるJohn_Muckは、有名なコミュニティメンバーであり2017年からLiskエコシステムで活動しています。彼は多くのソーシャルメディアチャネル(Reddit、Telegram、Discord)のモデレーターであり寄稿者です。 これまでのヒーローをご覧ください:https://lisk.io/community   LemiiはTestnet‌プロビジョニングプログラムを開始しました デリゲートのLemiiは、無料のVPSサーバーとサーバーを参加者に提供することにより、新しいLisk Testnetノードのセットアップを促進するキャンペーンを開始しました。このイニシアチブの目的はTestnetネットワークの健全性を向上させるエコシステムに新しい人を引き付け、人々がLisk CoreとLisk...

Lisk 週次レビュー 8

新着ニュースの特徴: ・Lisk DEXアップデートとLeaseholdテストネットの公開 ・Lisk bikeからの開発アップデート ・Lisk Node Monitor BotがLisk SDKベースのブロックチェーンをサポート ・MidasProtocol walletがLSKに対応 ・デリゲートの概要と#heroesnotzeros   Lisk DEXアップデートとLeaseholdテストネットの公開 Jonathan Gros-Dubois、別名 jong (元LiskHQの社員で、現在は個人のデリゲート)はLisk DEXの12月のアップデートを発表しました。 最も重要な新しい機能は、クロスチェーントランザクションの処理に貢献した作業量(署名の数)に比例して、アクティブなDEXメンバーに報酬を与えるメカニズムを実装したことです。 並行して、jongはLeaseholdにも取り組んでいます。これは、tokenization(機密データを乱数により生成する別の文字列に置き換え、保存・利用する技術)を通して短期賃貸不動産の資産運用収益に参加するための分散型プラットフォームを提供するブロックチェーンです。ウェブサイトで報告されているように、「Leaseholdは、短期の不動産賃貸収入創出のマーケットリーダーとしての地位を目指しており、すべての人にとって公正なデフレシステムという形でトークン保有者に利益が支払われます。」テストネットが公開され(Leasehold explorer)、今後数週間以内に11人のメンバーによる最初の分散型テストネットDEXを開始する予定です。 最終的なメインネットDEXには16人のメンバーが参加します。   Lisk bikeからの開発アップデート Lisk.bikeは、自転車シェアリングプラットフォームのオープンソースの概念実証であり、Lisk Center UtrechtのBlockchain030によって構築されました。Liskカスタムトランザクションがどのように機能するのか理解を深めてもらうことを目的としています。 リリースされた記事では、開発者であるGimlyがLisk.bikeの仕組みを紹介し、プロジェクト開発中のいくつかのチャレンジと、それらにどのように対処したかを紹介しています。次に、この記事では、Ethereum上に構築された同様のユースケースを取り上げ(lockchain project)、JavaScriptコミュニティにLiskを導入するための将来の計画を発表しています。 また、3月21日にLCUで「JavaScript...

Lisk 週次レビュー 4

新着ニュースの特徴: ・日本の暗号通貨情報サイトCoinpostに関するLisk News ・SDK開発アップデート ・DEXプロジェクトの更新 ・Lisk Center Utrechtでの2つのブロックチェーンイベント ・デリゲートの概要   日本の暗号通貨情報サイトCoinpostに関するLisk News Lisk Japanは、Coinpost(日本の主要な暗号通貨情報サイト)と協力して、Liskに特集記事を約1年間掲載します。記事は「ダイナミックフィー」、「新しいDPoS」、「サイドチェーン」に焦点を当て、既存のDappsの一部を開発者のインタビューを交える形で解説します。SimilarWebによると、Coinpostには1ヶ月当たり約100万人の訪問者がおり、そのTwitterアカウントは74,000人のフォロワーがいます。   SDK開発アップデート LiskHQは、「Security and Reliability(セキュリティと信頼性)」フェーズを完了し、いくつかの問題(BFTとDPoSに関連する)を特定し解決しました。QA(品質保証)の全てのフェーズが完了しネットワークが安定した状態になるとチームはパブリックベータネットワークを発表します。こちらのLisk SDKのドキュメントをお読みください。 What's new at #Lisk? SDK 3.0.0 has completed the second round of alphanet testing,...

LCUはウェブサイトのリニューアルと共に2020年の寄付キャンペーンを開始しました

Lisk Center ユトレヒトは、LiskHQ、GNY、Madana、EliteXおよび他のLiskファンとの会談中に新しいウェブサイトを公開し、来年に予定されている活動に資金を提供するための寄付キャンペーンを開始しました。 発表はRedditにも掲載されました。GDTの代表でLCUの共同創設者であるJoo5tyは次のように述べています。 寄付は、私達がこれまでに成し遂げた功績を支援することになり、私達にとってかけがえのないものになるでしょう。それは更に、私達が2018年に始めたコミュニティ主導のイニシアチブがまだ生きていて強力であるというシグナルを世界に示します。あなたのLisk(Delegate)の名前が、自動的にページに表示されますので、皆さんに参加して頂けるのを楽しみにしています。 この資金調達の目標は5000LSK(約7000ドル)で、既に目標額の77%の寄付が集まっています。 More donations are coming in ?Thank you thepool, endro, korben3, https://t.co/yDXEE7UAyR and anonymous donator '5544863131864332694L'. We will make good promotional use of the funds and will keep you...