Tagged: lisk magazine

Lisk 週次レビュー 19

新着ニュースの特徴: ・LiskHQが幾つかのLIPを統合 ・LemiiがLisk Manager ツールを発表 ・Lisk Center UtrechtはデジタルID PoCに取り組んでいます ・Liskコミュニティがコロナウイルスによる非常事態と戦うために405LSKを寄付 ・デリゲートの概要   LiskHQが幾つかのLIPを統合 LIP 27、28、29、30(スキーマを定義し、アカウント/トランザクション/ブロックにジェネリクスシリアライゼーションを使用)とLIP 31、32(マークルツリーについて)がGitHubに統合されました。 Liskプロトコルロードマップも最新の成果が更新されています:https://lisk.io/roadmap   LemiiがLisk Manager ツールを発表 Liskデリゲートのlemiiは、デリゲートが単一のインターフェースで多くのノードを簡単に監視・管理できる新しいツールを発表しました。優れたUIを通して、ノードのステータスを知り、ワンクリックでフォージングモードを切り替えることができます。 アプリは現在1.0.0-beta.1の段階にあります。アイデアへの称賛は、オリジナルのアイデアを考えたデリゲートcc001へする必要があります。 試してみる(http://manager.lisktools.eu/)か、ツールをローカルで実行してください(https://github.com/lemii/lisk-manager)     Lisk Center UtrechtはデジタルID PoCに取り組んでいます LCUは、4月2日(午前10時~午後4時)、デジタルIDのコンセプトに関するオンライン学習会を開催します。イベント(リンク)は、プロジェクトに協力するすべての人が利用でき、主催者はイベントの講演者を募集しています。(こちらからお申し込みください) LCUは毎週月曜日に定期的に「Decentralized Co-working Mondays」を開催しています。これはブロックチェーンコミュニティを活気づけ、成長させるためのオンラインミーティングです。...

Lisk 週次レビュー 18

新着ニュースの特徴: ・Lisk Foundation 2月の財務報告 ・サードパーティのマルチ通貨ウォレット ・GDTがLisk PoCに対し毎月のバウンティを開始 ・Max Kordekが日本のタレントであり暗号通貨通訳案内士の栄木明日香さんによるインタビューを受けました ・Lisk Magazineが新コロナウイルスのLSKチャリティ募金を開始 ・デリゲートの概要   Lisk Foundation 2月の財務報告 レポートによると、財団は510万ユーロと200万スイスフランを保有しており、さらに2,776BTC、6.2万GBYTE、890万LSKを所有しています。(前回のレポート以降、暗号資産に変化はありません)これは、総資産が約3,000万ドル相当であることを意味します。 2月にLisk FoundationはLightcurve GmbHから未収入金95.8万ユーロを受け取りました。 下の画像は各部門の月額経費をまとめたものです。     サードパーティのマルチ通貨ウォレット LiskHQは、LSKやその他の暗号通貨の管理に使用できる優れたユーザーエクスペリエンスを備えた最も信頼できるウォレットを取り上げたブログを公開しました。 非カストディ型のウォレットとして彼らはExodusを選択しました。このウォレットは、LSKとその他100種類以上の暗号通貨をサポートするデスクトップ/モバイルウォレットです。 Atomic Walletは、アトミックスワップが搭載されたウォレットで500種類を超える暗号通貨をサポートするウォレットです。 Guarda Walletは、80種類を超える暗号通貨をサポートするオープンソースのWeb、デスクトップ、モバイルウォレットです。 推奨された2つのカストディ型のサードパーティウォレットは、AbraとBitpandaです。   GDTがLisk PoCに対し毎月のバウンティを開始...

Lisk 週次レビュー 7

新着ニュースの特徴: ・Global Data Chainアップデート ・Chroniclerのテストネットが公開されました ・Lisk Magazineからの景品 ・Awesome-liskはLiskのイニシアチブを分類します ・デリゲートの概要と#heroesnotzeros ニュースの前に、素晴らしい休日と良いお年をお迎え下さい! #Lisk would like to wish everyone Merry Christmas and a Happy New Year. See you all in 2020! pic.twitter.com/ucZSnZOBFS — Lisk (@LiskHQ) December 25,...

Lisk Research – LIP-10の簡単な概要

Lisk Magazineは引き続きLisk ResearchおよびLIPsの普及に取り組みます。この記事では、Liskブロックチェーンのセキュリティを強化するために、ブロックの新しいタイプのブロックIDを提案するLIP-10の概要を簡単に紹介します。 LIP-10はAndreas Kendziorraによって作成され(Oliver Beddowsのサポートのもと)、セキュリティを向上させるために、ブロックヘッダーのSHA3-256ハッシュをブロックIDとして使用することを推奨しています。 開発者は、現在、Liskプロトコルでは、ブロックIDはブロックヘッダーのSHA-256ダイジェストの8バイトで構成されていると説明しました。この長さはサイズが小さくいくつかの利点(保存データが少なく、小さなディスプレイでの視覚化に優れている)がありますが、攻撃に対する耐性が低いなどの欠点もあります。たとえば、攻撃者はブロックチェーン内の特定のブロックに対して同じブロックIDを持つ別のブロックを発見する可能性があります。この場合、攻撃されたチェーンは他のコミュニテメンバーには変更がされていないように見える場合があります。ただし、開発者は、このタイプの攻撃はDeelegateに限定されており、現時点では経済的な理由からメリットはないとされています。とにかく、彼らはこのタイプのアタッチを将来防ぐためにブロックIDの長さを増やすことを提案しています。 2つのプロトコルをさらに詳しく比較してみましょう。現在のプロトコルでは、データブロックはSHA-256の入力テキストとして使用され、出力の最初の8バイトが反転されてブロックIDとして使用されます。提案されたプロトコルでは、署名ブロックのヘッダーデータブロックが仕様に従って生成されます(現在のプロトコルと同じ)。次に、データブロックはSHA3​​-256の入力として使用され、その出力は256ビットのブロックIDになります。 ブロックIDの長さに関しては、256ビットを推奨します。これは推奨を超えても高いセキュリティレベルを保証するためです。実際に彼らは、NISTが2030年以降も稼働する予定のアプリケーションの最低限のセキュリティレベルとして128ビットを提案していることを説明しました(この出版物を参照)。推奨される長さにより、ブロックチェーンのサイズが最大50 Mb(ブロックIDが文字配列に16進表記で書き込まれている場合は最大100 Mb)増加します。これは、チェーンの合計サイズと比較して無視できる値です。さらに、ブロックIDはユーザーによって管理されることはまれなので、追加の長さはユーザーに大きな不利益をもたらしません。 開発者は、SHA-3ハッシュ関数、特にKECCAK関数を選択したことも説明しました。セキュリティ、パフォーマンス、柔軟性の面で、NIST hash function competitionの勝者に選ばれたからです。代替機能の中で、現在のSHA-256とBLAKE2を示しています。ただし、SHA-256はその構造(前述)のために弱点があり、後者はSHA-3レビュープロセス全体を行っていないため、彼らはKECCAKを好みます。 トピックについて詳しく知りたい場合は、GitHubの特定のページで各LIPの完全な説明を読むことができます。 _________________________________ Lisk MagazineはLisk Italian GroupとEliteXによってサポートされているプロジェクトです。 私達の仕事をサポートし、Lisk Magazineに投票してください。 この記事はLisk Japanによって翻訳されました。

Migration to Mainnet completed!

We are very excited to report that Lisk’ migration on Mainnet was a success! The platform has released its client Core 1.0 and informed via twitter that the migration happened on the 29th August...

Development Update: Lisk Releases Commander 1.0

Just a couple of days ago the Lisk Foundation published a development update announcing the release of Lisk Commander 1.0.0, a command line interface tool, allowing the possibility to interact with the Lisk Core client with the use...

1

After Realunch #5: Lisk Academy

The Lisk Academy aims to be a free and open educational platform on blockchain technology and to help everyone develop an understanding about this innovation. It aims to make learning about blockchain interactive and enjoyable...