Tagged: Lisk SDK

LiskHQがBetanet 3.0をローンチ、更に開発スピードを上げるためLisk Coreのロードマップを変更

Lisk SDK 3.0.2のリリースにより、Security and Reliabilityフェーズ(Lisk BFTコンセンサスアルゴリズム)にリストされているタスクが正常に実装され、Betanet 3.0.0がローンチされました。 LiskHQはすでにLisk SDK 4.0.0の開発を進めており、ここではNetwork Economics(新しい動的料金システム)とNetwork Consensus(新しいDPoSシステム)フェーズの実装が含まれています。この2つのフェーズの実装にはある程度の時間が必要ですが、コーディングの観点からみると簡単であるため、LiskHQはそれらを同時に実装し、それに伴う1つのQA(quality assurance)サイクルと1つのベータネットをスキップすることを決定しました。 Network Longevity(SDK 5.0.0、新しいIDシステム)フェーズが終了し、提案されたすべてのプロトコルの変更が実装されると、Lisk Core(3.0.0-beta.x)はRCステージ(3.0.0-rc.x)に移行し、その後Liskメインネットブロックチェーンでのソフトウェアのローンチに対応するProductionステージに移行します。 用語を明確にするために、AlphanetはLiskのalpha候補版の一時的な内部専用のテストネットワークです。 Betanetは一時的に公開されており、beta候補版を実行しています。TestnetはLiskの公式テストネットワークでrelease候補版を実行し、Mainnetはproduction候補版を実行します。 SDK 3.0.0に実装されたプロトコル機能には、堅牢なピア選択と禁止メカニズム(include a robust peer selection and banning mechanism:LIP0004)、トランザクションの冗長プロパティの削除(Remove redundant properties from transaction objects:LIP0012)、異なるチェーンでのトランザクションリプレイの軽減(Mitigate transaction...

動画で見るLiskJS

11月19日、LiskHQはベルリンで毎年恒例のブロックチェーンイベントを開催しました。 イベントの発表とプレゼンテーションを含む次のプレイリストをご覧ください。 https://www.youtube.com/playlist?list=PLixm1arf_lEy1IK3AQiKK_J0hdO9rGc30 開発者は、実践的なワークショップでLisk SDKを使用してコーディングする方法を学び、業界関係者からの基調に耳を傾け、地元のブロックチェーン愛好家とのネットワークを作りました。   リードバックエンド開発者であるMaciej Bajの登場と共にイベントは開催されました。Maciej Bajは、観客にLisk SDKと開発者にとってのメリットを紹介しました。その後、バックエンド開発者のMichiel Muldersは、その後に続くSDKワークショップに向けて開発者が準備するために、カスタムトランザクションの概要を説明しました。   Lisk.js 2019でMax KordekとOliver Beddowが行ったスピーチの動画。   バックエンド開発者のIshan Tiwariが、特にパーシャルメッシュネットワークトポロジに焦点を当てたLisk P2Pライブラリとその機能を紹介します。Ishanは、パーシャルメッシュトポロジがP2Pネットワークの効率とスケーラビリティを向上させる方法を説明しています。   バックエンド開発者のMehmet Yatkiは、「すべてをテストするための1つのガイドライン」を使用して、ソフトウェアテストへの異なるアプローチを提示します。   このプレゼンテーションでは、Michal Tulejaがブロックチェーンマイクロサービスと、LiskHQがサービス指向アーキテクチャを備えたブロックチェーンベースの製品をサポートする方法を紹介します。   Mitsuaki Uchimotoは、さまざまなタイプのネットワーク攻撃と、それらをエビクション、スコア、ペナルティなどのメカニズムを使用して軽減する方法について説明します。   パネルディスカッションでは、研究開発チームへの質問に焦点が当てられました。Liskプラットフォーム、Lisk SDK、およびResearchに関する質問に回答しました。 モデレーター:Michael Borowiec(コミュニケーションリード)...

ThePoolがLDice PoC Dappを導入

Liskエコシステムが成長する強さをさらに示すため、フォージングデリゲートのThePoolは、LDiceと呼ばれるギャンブルDappの導入を発表しました。10月8日の発表で、LDiceはLisk Blockchain用に設計された最初のproof-of-concept(概念実証)ギャンブルDappになります。チームのメンバーであるKarekは、ThePoolのDiscordチャンネルとLiskの記事へリンクを共有しました。Mediumに関する記事では、PoCアプリケーションの概要と、今後予想される課題について説明しています。 彼らはプロジェクトに取り組む中で、高速ブロックチェーンアプリケーションを非常に迅速に作成する上でのSDKの有用性が印象付けられたことを記事で明らかにしています。彼らが強調した特定の比較は、トランザクションの送信後、roll resultsがLiskでわずか5秒で返されることです。彼らは、適切な料金でトランザクションが有効であると仮定すると、イーサリアムで同じプロセスを行った場合、少なくとも30〜60秒かかることを発見しました。 Githubで概説したように、アプリケーションのブロック間隔が5秒に設定され、rollingロジックがカスタムトランザクションを使用して構築されたため、彼らはこの速度を達成できました。今のところ、この機能にはまだ多少の作業が必要ですが、PoCではユーザーが希望する量のトークンをベットし、roll underする数字を2〜99の範囲で選択できます。次に、ユーザーは「 asset {“bet_number”:38}でトランザクションタイプ12を送信します。トランザクションが実行されると、結果がデータベース内の送信者アカウントアセットに書き込まれ、残高が適切に更新されます。」 時間とともに、彼らは次の機能を実装できるようになると期待しています。 ネイティブトークンのトレジャリー 複数のトークンでギャンブルを行うための手段「LSKを含むがこれに限定されない、フェデレーションペグdexを介したデポジット機能、および後でLiskHQが提案するさまざまなソリューション」 最大利益は特定のトークンの現在の財務保有の割合で制限 財務収益からの利益に対するネイティブトークンの権利 undoAssetの検証とデバッグ 適切なクライアント側アプリケーション validateAssetでの追加の検証 すべてのフォージングノードで真のランダム性を確保する LDiceについてもっと知りたい場合は、http://159.65.53.193からアクセスできるBasicクライアントHtmlアプリケーションと、ポート6040からアクセスできるエクスプローラーhttp://159.65.53.193:6040を確認して下さい。 フォローアップ記事では、特にブロックチェーンの実装に関して、乱数ジェネレーターの問題の複雑さについて説明しました。ブロックハッシュまたは大気ノイズの落とし穴を使用する決定論的なアプローチを避ける方法はないようです。彼らは、「lisk-sdk 2.3.6では、applyAssetの実行時にはブロックストレージにアクセスできず、特にブロック生成前に発生するため、現在のブロックシグネチャを知ることができないため、カスタムトランザクションのみを使用してこの問題を解決する選択肢は非常に限られています。 」 現在の困難を考慮して、「draw」ロジックを備えた新しい profit calculation classが開発されました。これは、イベントchain:blocks:changeをリッスンし、ブロック生成の直後にそれに応じてdrawingを処理する新しいdrawing.jsモジュールで必要になります。その結果、乱数は最新のブロックシグネチャに基づいて、数ブロックを待たずに作成できます。また、攻撃者がdrawing結果を操作する時間はごくわずかです。フォージングデリゲートの唯一の方法は、ブロックに異なるトランザクションを含めてブロックシグネチャを変更することであり、実際にはrollされた番号です。 この部分はCorbifexによって開発され、ThePoolへプールリクエストを行い、その後、財務をサポートするように変更しました。 ただし、複数のブロックからのハッシュに基づいてrollされた数字を基にするオプションが常にありますが、これには賭けの結果が遅れるという欠点があります。npmライブラリPrandoの助けを借りて、トランザクションシグネチャと現在のブロックシグネチャに応じて、決定された数が決定的になりました。ThePoolは、8月に新しいWebサイトが公開されて以来、確実に仕事を続けてきました。LDiceは、2016年に独立したフォージングデリゲートになって以来、Liskへの一連の貢献の最新のものです。以前は、ウォレットマネージャーと人気のliskstats.netを開発しました。 _________________________________ Lisk MagazineはLisk Italian GroupとEliteXによってサポートされているプロジェクトです。 私達の仕事をサポートし、Lisk Magazineに投票してください。 この記事はLisk...

9up Delegateとは誰ですか?グループにインタビューしました。

9upは、101位のポジションに近づいているデリゲート候補者です。彼らのストーリーと今後の取り組みをさらに理解するために、私たちは彼らにいくつか質問をしました。 9up Delegateは何人いますか?そして彼らの役割は何ですか? 9up.ioは、香港ベースのローカルブロックチェーン暗号愛好家コミュニティです。現在、コード開発者、IT技術サポート、コミュニティマネージャー、コンテンツクリエーターなど、8人のコアメンバーがいます。各メンバーは共通の目標を掲げ努力しています。それは、地元の香港コミュニティでより良い採用を目指しブロックチェーン技術と暗号通貨を推進することです。 グループはいつ誕生しましたか? 2017年に生まれました。グループが誕生する前、私たちはそれぞれブロックチェーン/暗号通貨への関心を持っており、お互いにTelegramで出会いました。徐々にアイデアが形になり、私たちは物理的な会議とオンライン会議を行うTelegramベースのグループになることを決めました。2018年に、最初の主要なイベントを開催し、ブロックチェーンの採用を推進するソフトウェアとツールを開発しました。これが、正式に9up.ioデリゲートになった瞬間です。 今までにLiskエコシステムにどのように貢献しましたか?注目を集めたイニシアチブは何ですか? LiskとFiatの通貨ペアを備えた暗号ATMを立ち上げることでLiskの採用を推進し、香港でLiskサポーターのためのパーティーを開催しました。Liskスターターカードパック1.0も開発し、500パック以上が配布されました。香港大学(HKU)でのLisk Educationセミナーは、Token 2049およびAsia Crypto weekの公式サイドイベントでした。このLiskに関する入門セミナーは、HKUでMax Kordek(Lisk Foundationの社長)によって開催され、彼はこのブロックチェーンを地域コミュニティに説明しました。私たちは、教育を受けた若い人たちを引き込み、暗号の初心者にアクセスしやすいツールを提供することで、Liskがより幅広いアプリケーションになり役立つと信じています。 フォージング デリゲートとしてのあなたの目標は何ですか? Liskを大衆に導入し、Liskエコシステムを一緒に構築したいと考えています。フォージングにより、リソースを適切に管理し、香港やアジアに限らずより多くの場所で教育とプロモーションのイニシアチブを拡大します。 また、開発者に投資してLisk SDKを使用してdAppを開発する柔軟性も提供します。 Eliteグループとの関係は? 私たちはEliteサポートデリゲートです。過去のLiskイベントのいくつかで、Eliteグループは私たちの普及活動を支援しました。たとえば、Lisk-Fiat採用パーティーでは、Eliteグループが共同主催者の1人であり、イベントを後援しました。私たちのグループはボランティアで構成されているため、新しい経済力は日常業務に役立ち、地域コミュニティにさらに集中し、Liskのより良いエコシステムに取り組むことができます。 SDK /サイドチェーン開発をどのようにサポートしますか? 現在、testnetノードを実行して、リリースされる各SDKバージョンの更新をテストしています。また、大学と緊密に連携しているため、コラボレーションを提案したり、開発者に実践的な体験を提供したりできます。Liskエコシステムを改善するために、さまざまなバックグラウンドからより多くのユーザーを取り込むことを目指しています。 人々はあなたのアップデートをどこでフォローできますか? 私たちのウェブサイトをチェックし、TelegramチャンネルまたはTelegramグループをフォローしてください。ツイッターやディスコードもあります。もちろん、最善の方法は香港に来て地元のイベントに参加することです。近々お会いできるのを楽しみにしています。 9up ありがとうございました! _________________________________ Lisk MagazineはLisk Italian GroupとEliteXによってサポートされているプロジェクトです。 私達の仕事をサポートし、Lisk...

Lisk Bills:最初のPoCについてHQのウォークスルー

Liskのカスタムトランザクションをエコシステムの成長を後押しする「creative spark」として紹介する素晴らしい試みの中で、Michiel Muldersは公式のLiskブログで、コミュニティにLisk Billsを紹介しました。このproof-of-conceptブロックチェーンアプリケーションは、クライアントとフリーランサーの間の取引関係を「Keep It Simple and Stupid(KISSの原則)」の定義に則りAlpha SDKを利用します。最終製品は最小限のReactフロントエンドであり、フリーランサーは請求書をクライアントに送信し、クライアントはその請求書で支払うことができます。 2つのトランザクション-Baseトランザクションを拡張するInvoice(請求書)トランザクション、そして転送トランザクションを拡張する支払いトランザクションは、ブロックチェーン上に作成されます。したがって、クライアントのボブは、ウェブサイトのロゴデザインを依頼するために、フリーランスのグラフィックデザイナーを探しているとき、アリスの作品集に感銘を受けました。彼はすぐに彼女を雇い、数日後、彼女は面白いデザインを提案してきました。残すは、ボブが送信した請求書を支払うことだけです。しかし、ボブはLisk Billsを使用して請求書を支払うことを主張しています。 これは、ブロックチェーン技術がプロセスを簡単にするだろうと彼が信じているためです。契約問題に関する彼の過去の経験により、請求書の証拠としてLisk Billsを使用することにより、ヒューマンエラーを排除したいと考えています。このようにして、彼の仕事をするフリーランサーは安全なパスフレーズでアプリケーションにログインし、クライアント、金額、説明フィールドに記入することで彼に請求書を送ることができます。より詳しく見ると、カスタム請求書トランザクションをきっかけに、classの拡張後、取引手数料が定義されました。 プロセスは、prepare関数のparent methodを呼び出すことから始まり、StateStoreオブジェクトから送信者のデータを読み込みます。この関数は、データをキャッシュして、トランザクシ段階を経てトランザクション料金(1LSK)を差し引くことができます。すべてが正常な場合、Invoice(請求書)トランザクションは最終的にapplyAsset関数に到達し、ロードされたアカウントは次のデータをasset(資産)フィールドに追加します。 1) 請求書数  2) invoicesSent配列に格納された請求書ID。 ウォレットで請求書を受け取ったクライアントは、請求書を履行するために、請求書ID、受取人アドレス、および金額をフィールドに入力する必要があります。詳しく見ると、Payment Transactionと呼ばれる別のカスタムトランザクションが作成され、デフォルトのTransfer Transactionから受け継がれます。Muldersが説明するように、このカスタムトランザクションは「転送された金額が少なくともRequestedAmount(請求額)と等しいことを確認するロジックが機能します」。また、クライアントが請求書IDを指定する必要があります。「振替額が低すぎる場合、または請求書IDが存在しない場合、取引は不成立となります」。 公式のLiskブログで、両方のカスタムトランザクションに関する技術的な説明を見ることができます。Rachel Black、Michiel Mulders、Vit Stanislav、およびLucas Silvestreをフィーチャーしたウェビナーがリリースされ、誰もが実践的な学習ができるようになりました。 _________________________________ Lisk MagazineはLisk Italian GroupとEliteXによってサポートされているプロジェクトです。 私達の仕事をサポートし、Lisk Magazineに投票してください。...

Lisk Directory BlockchainはPoC Lisk Sidechainへ

Moostyグループは最新の作成物であるLisk Directory Blockchainのホワイトペーパーを公開しました。この記事では、プロジェクトの概要と、その目的と構造について説明します。 Lisk Directory Blockchainは、Lisk SDKを使用して構築されたProof of Concept Sidechainであり、Delegateのスキルと動機を簡単に確認できるようにすることを目的としており、新しいチェーンのDelegateを選択することや、特定のネットワークのDelegateに投票するシステムを提供します。これは、透明性の促進とスキルを証明するために、Proof of Motivationプロトコルに基づいています。 Lisk Directory Blockchainは、Lisk SDKのリリース後に発生した新しい課題の1つ(この記事で説明されています)と結果として生じるサイドチェーン、つまり新しいネットワークの信頼性とセキュリティを満たすよう設計されています。この新しいツールを使用すると、Delegate候補者はブロックチェーン上に共有したい情報を登録できます。一方のコミュニティメンバーは、利用可能なDelegateをナビゲートしたり、選択することができます。 Moostyグループは、Delegateが将来のビジョンに沿っているかどうかを判断する分散型および信頼できるシステムを持っていないなど、コミュニティメンバーやサイドチェーン開発者に影響を与えるいくつかの問題を強調しました。問題点を簡単に要約すると次の通りです。1) Delegateの選択基準の欠如。 2) スタートアップや目標を支援するためのDelegateの意欲に関する情報の欠如。 3) 新しいブロックチェーン/コミュニティで適切なスキルを持つ人々を引き付けるシステムの欠如。 4) サイドチェーン上のDelegateが別のチェーン上のDelegateに関係しているかどうかを確認するための、透明かつ信頼できる方法の欠如。 Lisk Directoryは上記のすべての問題に対するソリューションであり、Delegateに関する情報を取得するための「マーケットプレイス」を提供します。これは次の4つのカテゴリの情報に基づいています。1) 情報のアクセシビリティの委任。 2) 知識とスキルのレベル。 3) 動機。 4) 一般的なコミュニティの知識。 暗号化されたメッセージを使用して検証できるこのタイプの情報は、Delegateの宣伝。スキルと知識の開示。およびプロジェクトの立ち上げを支援するための意欲に関する情報を提供するのに役立ちます。透明性は誰もが特定の情報の有効性を検証できるという事実によって保証されます。 より技術的な側面として、Lisk...

Discover Lightcurve team part 4

Here we are for the fourth article about the Lightcurve team. This time we deal with the area of Marketing, which among others includes: Lindsay Buescher, Mat Piaggi, Michael Borowiec and Thomas Schouten.  ...

New Insights About SDK from Iker, Cryptographer at Lisk

Recently, Iker Alustiza, cryptographer at Lisk, provided some interesting details regarding the Lisk SDK and the issue of inter-blockchain communication. He answered some questions posted by Lichuan user and thepool user. The first user expressed...