Tagged: liskHQ

Lisk Weekのレビュー 2

今週多くのニュースが出ましたが最も重要なものは、数ヶ月前から計画されていたLiskJSイベントでした。 その他の特集:Lisk Builders プログラム、Krakenに上場したLSK、既存のPoCアプリのリストとデリゲートの概要。 LiskJSまとめ 11月19日に開催されたこのイベントは、2つのパートに分かれていました。午後の早い時間に、参加者はLisk.bike Workshopに参加し、実社会でのブロックチェーンのユースケースにLisk SDKを適用するチャンスがありました。ワークショップへ参加した全員が無料のラズベリーパイといくつかのセンサーを受け取りました。次に、コーディングチャレンジが上位3つのプロジェクトに与えられました。Francesco、Sanderそして1位のJonathanは、それぞれスマートバックパックとLSKトークンの合計2,500ユーロを受け取りました。 The guys behind the #LiskBike proof-of-concept are running their own workshops – teaching our attendees how to create a #blockchain-based bike rental system. Check them out...

Lisk.js 2019、開発者向けカンファレンス

Lisk.jsカンファレンスは、11月19日にベルリンでLiskHQ主催で開催されます。このイベントは、開発者、コミュニティメンバー、ブロックチェーン愛好家向けのイベントになっています。 カンファレンスはLisk.bike Workshopから始まり、オランダのLisk開発者コミュニティによって構築されたブロックチェーンのユースケースを紹介します。 SDK Use-Case Labでは、引き続きSDKと実社会へのユースケースの応用に焦点を当てます。 講演者のプレゼンテーションでは、新しいDPoSコンセンサスアルゴリズムの詳細を考慮し、Rachel Black (Tech Evangelist)、Max Kordek(Co-Founder)、そしてJan Hackfeld(Head of Research)により多くのトピックについて議論します。議題リストにはLiskエコシステムのゲスト講演者からの提案も含まれています。Zachary Barnett(Director of Social Impact at GNY)、 Jurre Machielsen(Co-Founder at Moosty, that is developing the Lisk Directory project)。追加の講演者と活動は後日発表されます。こちらからゲスト講演者を推薦できます。 無料イベントの席を予約する: https://www.eventbrite.com/e/liskjs-2019-tickets-72693495201 アルファSDKのリリース以降、LiskHQは主に開発者をターゲットにしています。8月には、Blockchain Weekに重点を置き、Rachelは技術部門と共同で、コードベースのイベントへの移行を主導しています。...

Lisk Bills:最初のPoCについてHQのウォークスルー

Liskのカスタムトランザクションをエコシステムの成長を後押しする「creative spark」として紹介する素晴らしい試みの中で、Michiel Muldersは公式のLiskブログで、コミュニティにLisk Billsを紹介しました。このproof-of-conceptブロックチェーンアプリケーションは、クライアントとフリーランサーの間の取引関係を「Keep It Simple and Stupid(KISSの原則)」の定義に則りAlpha SDKを利用します。最終製品は最小限のReactフロントエンドであり、フリーランサーは請求書をクライアントに送信し、クライアントはその請求書で支払うことができます。 2つのトランザクション-Baseトランザクションを拡張するInvoice(請求書)トランザクション、そして転送トランザクションを拡張する支払いトランザクションは、ブロックチェーン上に作成されます。したがって、クライアントのボブは、ウェブサイトのロゴデザインを依頼するために、フリーランスのグラフィックデザイナーを探しているとき、アリスの作品集に感銘を受けました。彼はすぐに彼女を雇い、数日後、彼女は面白いデザインを提案してきました。残すは、ボブが送信した請求書を支払うことだけです。しかし、ボブはLisk Billsを使用して請求書を支払うことを主張しています。 これは、ブロックチェーン技術がプロセスを簡単にするだろうと彼が信じているためです。契約問題に関する彼の過去の経験により、請求書の証拠としてLisk Billsを使用することにより、ヒューマンエラーを排除したいと考えています。このようにして、彼の仕事をするフリーランサーは安全なパスフレーズでアプリケーションにログインし、クライアント、金額、説明フィールドに記入することで彼に請求書を送ることができます。より詳しく見ると、カスタム請求書トランザクションをきっかけに、classの拡張後、取引手数料が定義されました。 プロセスは、prepare関数のparent methodを呼び出すことから始まり、StateStoreオブジェクトから送信者のデータを読み込みます。この関数は、データをキャッシュして、トランザクシ段階を経てトランザクション料金(1LSK)を差し引くことができます。すべてが正常な場合、Invoice(請求書)トランザクションは最終的にapplyAsset関数に到達し、ロードされたアカウントは次のデータをasset(資産)フィールドに追加します。 1) 請求書数  2) invoicesSent配列に格納された請求書ID。 ウォレットで請求書を受け取ったクライアントは、請求書を履行するために、請求書ID、受取人アドレス、および金額をフィールドに入力する必要があります。詳しく見ると、Payment Transactionと呼ばれる別のカスタムトランザクションが作成され、デフォルトのTransfer Transactionから受け継がれます。Muldersが説明するように、このカスタムトランザクションは「転送された金額が少なくともRequestedAmount(請求額)と等しいことを確認するロジックが機能します」。また、クライアントが請求書IDを指定する必要があります。「振替額が低すぎる場合、または請求書IDが存在しない場合、取引は不成立となります」。 公式のLiskブログで、両方のカスタムトランザクションに関する技術的な説明を見ることができます。Rachel Black、Michiel Mulders、Vit Stanislav、およびLucas Silvestreをフィーチャーしたウェビナーがリリースされ、誰もが実践的な学習ができるようになりました。 _________________________________ Lisk MagazineはLisk Italian GroupとEliteXによってサポートされているプロジェクトです。 私達の仕事をサポートし、Lisk Magazineに投票してください。...

Lisk Research – LIP-10の簡単な概要

Lisk Magazineは引き続きLisk ResearchおよびLIPsの普及に取り組みます。この記事では、Liskブロックチェーンのセキュリティを強化するために、ブロックの新しいタイプのブロックIDを提案するLIP-10の概要を簡単に紹介します。 LIP-10はAndreas Kendziorraによって作成され(Oliver Beddowsのサポートのもと)、セキュリティを向上させるために、ブロックヘッダーのSHA3-256ハッシュをブロックIDとして使用することを推奨しています。 開発者は、現在、Liskプロトコルでは、ブロックIDはブロックヘッダーのSHA-256ダイジェストの8バイトで構成されていると説明しました。この長さはサイズが小さくいくつかの利点(保存データが少なく、小さなディスプレイでの視覚化に優れている)がありますが、攻撃に対する耐性が低いなどの欠点もあります。たとえば、攻撃者はブロックチェーン内の特定のブロックに対して同じブロックIDを持つ別のブロックを発見する可能性があります。この場合、攻撃されたチェーンは他のコミュニテメンバーには変更がされていないように見える場合があります。ただし、開発者は、このタイプの攻撃はDeelegateに限定されており、現時点では経済的な理由からメリットはないとされています。とにかく、彼らはこのタイプのアタッチを将来防ぐためにブロックIDの長さを増やすことを提案しています。 2つのプロトコルをさらに詳しく比較してみましょう。現在のプロトコルでは、データブロックはSHA-256の入力テキストとして使用され、出力の最初の8バイトが反転されてブロックIDとして使用されます。提案されたプロトコルでは、署名ブロックのヘッダーデータブロックが仕様に従って生成されます(現在のプロトコルと同じ)。次に、データブロックはSHA3​​-256の入力として使用され、その出力は256ビットのブロックIDになります。 ブロックIDの長さに関しては、256ビットを推奨します。これは推奨を超えても高いセキュリティレベルを保証するためです。実際に彼らは、NISTが2030年以降も稼働する予定のアプリケーションの最低限のセキュリティレベルとして128ビットを提案していることを説明しました(この出版物を参照)。推奨される長さにより、ブロックチェーンのサイズが最大50 Mb(ブロックIDが文字配列に16進表記で書き込まれている場合は最大100 Mb)増加します。これは、チェーンの合計サイズと比較して無視できる値です。さらに、ブロックIDはユーザーによって管理されることはまれなので、追加の長さはユーザーに大きな不利益をもたらしません。 開発者は、SHA-3ハッシュ関数、特にKECCAK関数を選択したことも説明しました。セキュリティ、パフォーマンス、柔軟性の面で、NIST hash function competitionの勝者に選ばれたからです。代替機能の中で、現在のSHA-256とBLAKE2を示しています。ただし、SHA-256はその構造(前述)のために弱点があり、後者はSHA-3レビュープロセス全体を行っていないため、彼らはKECCAKを好みます。 トピックについて詳しく知りたい場合は、GitHubの特定のページで各LIPの完全な説明を読むことができます。 _________________________________ Lisk MagazineはLisk Italian GroupとEliteXによってサポートされているプロジェクトです。 私達の仕事をサポートし、Lisk Magazineに投票してください。 この記事はLisk Japanによって翻訳されました。

LCUはウェブサイトのリニューアルと共に2020年の寄付キャンペーンを開始しました

Lisk Center ユトレヒトは、LiskHQ、GNY、Madana、EliteXおよび他のLiskファンとの会談中に新しいウェブサイトを公開し、来年に予定されている活動に資金を提供するための寄付キャンペーンを開始しました。 発表はRedditにも掲載されました。GDTの代表でLCUの共同創設者であるJoo5tyは次のように述べています。 寄付は、私達がこれまでに成し遂げた功績を支援することになり、私達にとってかけがえのないものになるでしょう。それは更に、私達が2018年に始めたコミュニティ主導のイニシアチブがまだ生きていて強力であるというシグナルを世界に示します。あなたのLisk(Delegate)の名前が、自動的にページに表示されますので、皆さんに参加して頂けるのを楽しみにしています。 この資金調達の目標は5000LSK(約7000ドル)で、既に目標額の77%の寄付が集まっています。 More donations are coming in 😎Thank you thepool, endro, korben3, https://t.co/yDXEE7UAyR and anonymous donator '5544863131864332694L'. We will make good promotional use of the funds and will keep you...

Migration to Mainnet completed!

We are very excited to report that Lisk’ migration on Mainnet was a success! The platform has released its client Core 1.0 and informed via twitter that the migration happened on the 29th August...

1

LiskHQ Goes Social and Tapes the First Vlog

LiskHQ released the first episode of the new Lisk Vlog, produced in a very professional style. Filming and editing are directed by Julian Alterini, Motion Designer at Lightcurve (the company behind Lisk). The first video of...