Tagged: liskHQ

Lisk 週次レビュー 33

新着ニュースの特徴: ・HQがクローズした3つのエピック、Lisk SDK 5.0.0のリリースが日に日に近づいています ・毎週開催されているLiskコミュニティミートアップが10回目の節目のイベントを迎えました ・LiskHQプレゼンツ「BINARYSTAR」 ・デリゲートの概要   HQがクローズした3つのエピック、Lisk SDK 5.0.0のリリースが日に日に近づいています 一連の発表の中で、Lisk Foundationの社長Max Kordek氏は、開発者がクローズした最新のエピックについていくつかのアップデートを公開しました。彼らは合計54のissueを実装しました。 非生産的なデリゲートによるフォージングを防ぐための禁止メカニズム 通信や保存のためにデータをエンコードまたはデコードするための一般的なシリアライゼーションライブラリ ブロックチェーンのロールバックの場合に必要とされていたトランザクションに関連するundoロジックの削除 8つのエピックはまだ実装されていません。 CryptoMisoによると、LiskはGithubの3ヶ月間で最もアクティブなブロックチェーンプロジェクト3位にランクされており、12ヶ月間では1位に位置しています。   毎週開催されているLiskコミュニティミートアップが10回目の節目のイベントを迎えました 4月中旬にMoostyが立ち上げ、LiskCenterが主催しているLiskコミュニティミートアップが毎週開催されていますが、数日前に10 回目のイベントが開催されました。 今回のスピーカーは Anonimowy891氏です。彼は過去にも面白いプロジェクトを開発して Liskへの情熱を見せてくれました。(ここで彼の最新の取り組みを紹介します) Anonimowy891氏のスピーチをご覧ください。 LiskCenterでは次のスピーカーを募集しています。Liskベースのプロジェクトに取り組んでいる方や、ミートアップの参加者と交流したいコミュニティメンバーの方は、Discordの@Raphael | Moosty#4689までお気軽に連絡ください。   LiskHQプレゼンツ「BINARYSTAR」 1ヶ月前にLiskHQはBINARYSTARとの新たなパートナーシップを発表しましたが、今回はブログ記事を公開し、どのようなコラボレーションが行われるのか、またそこから期待できることなど詳細を発表しました。 コアコミュニティのメンバーであるMoostyグループが、地元の開発者のエコシステムをターゲットにし、Liskをベースにした新しいプロジェクトをリリースするために設立したLisk...

Lisk 週次レビュー 30

新着ニュースの特徴: ・Lisk Buildersの受賞者と今月のコミュニティヒーローが発表されました ・LiskHQは開発をスピードアップし、2つのエピックが終了 ・Anonimowy891が新たな面白いプロジェクトをリリース ・デリゲートの概要   Lisk Buildersの受賞者と今月のコミュニティヒーローが発表されました デリゲートのlemiiとPeter Nobelsは、2020年5月のLisk Buildersプログラムの受賞者に選ばれました。lemiiは、価値のある資産(美術品や宝飾品)の履歴を追跡する「Smart inventory」に取り組みます。Peterは、投票メカニズムで管理される分散型自律組織(DAO)のための「投票システム」を提案しました。 資金提供を受けた各提案には、2,500スイスフラン相当のLSKトークンが与えられます。LiskHQは申請プロセスも変更し、現在は専用フォームを用意しています。 今月のLiskコミュニティヒーローには、2週間前にオンラインコミュニティミートアップでLisk Payを発表したCrypto Embassyが選ばれています。 We are glad to announce that @lemiidelegate is the first participant of the #Lisk Builders program for...

Lisk 週次レビュー 26

新着ニュースの特徴: ・LiskHQが100BTCを精算し活動資金を確保 ・FeatChain:人々の実績を検証するPoC ・第5回LiskコミュニティオンラインミートアップがEndroを招待 ・デリゲートの概要   LiskHQが100BTCを精算し活動資金を確保 LiskHQは、2018年に企業方針として1年間の活動資金を法定通貨(CHF、EUR)で確保することを決定し、必要経費を賄うために暗号通貨の一部を売却しました。今回は、価格が約9,000ユーロ/BTCのときに100BTCがBitcoin Suisse AGに送金(tx)されました。   FeatChain:人々の実績を検証するPoC Lisk Buildersプログラムに参加したJesusTheHunは、LiskHQのブログセクションに記事を投稿しました。 JesusTheHunは、PoCに3種類のトランザクションを実装しました:CreateIssuer、CreateFeatType、AwardFeat。1つ目は、発行者情報を使用してアカウントのアセットを初期化できます。2つ目は、以前に作成されたfeatTypesオブジェクトにエントリを追加します。(例えばその賞の背後にある組織) 3つ目は、レシーバーアカウントのアセット内に情報をプッシュします。 フロントエンドは、ReactJS + Redux + RxJで構築されています。概念実証は、彼の彼のWebサイトでも詳しく説明されています。 JesusTheHunは、LiskHQからLisk Community Heroにも選ばれています。 We have just published @JesusTheHun’s blog post about the FeatChain project...

Lisk 週次レビュー 24

新着ニュースの特徴: ・LiskHQが新しいオープンポジションを雇用 ・3回目のLiskコミュニティオンラインミートアップ ・Lisk SDK 4.0.0アルファテストが終了 ・LemiiがLisk Daemonをリリース ・デリゲートの概要   LiskHQが新しいオープンポジションを雇用 最近、LightcurveのCEOであるMax Kordekは、ベルリンのオフィスに加入するテックエバンジェリストを募集しているとツイートしました。この新規採用者は、Node.js環境でLisk SDKを使用し概念実証の開発、プレゼンテーションやワークショップの開催、開発者のコミュニティのサポートをする必要があります。この仕事の詳細については、こちらをご覧ください。 Lightcurveのキャリアページによると、同社はバックエンド開発者(マイクロサービス)、バックエンド開発者(ブロックチェーン)、UI開発者も募集しています。   3回目のLiskコミュニティオンラインミートアップ Jackson RobertsとJonathan Gros-Duboisを招待した2つのイベントの後、3回目のバーチャルミートアップでは、Dani L Alvesがメインスピーカーになります。 彼はレストランに焦点を当てたLiskサイドチェーンの概念実証を提示します。レストランが提供する料理はウェブサイトに記載されており、レストランのサイドチェーンのFoodTransactionを介して、取引額(トランザクション)がレストランのLiskアドレスに配置され送信者のウォレットから引き落とされます。 会議はDiscordで開催され、参加者はスピーカーに質問したり、YouTubeでライブストリーミングで視聴できます。多くのLiskコミュニティのメンバーがスピーカー枠に申し込んでおり、5月のイベントも既に計画されています。 オンラインミートアップに参加してください。   Lisk SDK 4.0.0アルファテストが終了 次のステップは、Lisk ベータネットの新しいイテレーションでベータテストを準備することです。 LiskHQは、 Network Longevityフェーズを実装するLisk...

Liskベースのプロジェクトが資金調達をする方法

LiskHQとGDTデリゲートグループは、Lisk SDKを使用して概念実証(PoC)ブロックチェーンアプリケーションを構築するための資金を提供することで開発者をサポートしています。 LiskHQはLisk Buildersプログラムを立ち上げ、1ヶ月につき2つの概念実証(PoC)ブロックチェーンアプリケーションに対し2,500CHF(1回限り)の資金提供をしています。 今すぐ申し込む:https://liskhq.typeform.com/to/GxuOBT GDTはLisk PoCバウンティを立ち上げ、1ヶ月につき1つのプロジェクトに対し最大2,000LSKの資金提供をしています。 今すぐ申し込む:https://gdtdiscord.typeform.com/to/ec4wFj どちらのイニシアチブも特定のテーマに焦点は当てておらず、選ばれたプロジェクトは発表後6週間で完了する必要があります。 既にLiskHQ buildersプログラムに選ばれているプロジェクトはGDTバウンティの対象外ですが、その反対は申請可能です。(GDTが資金提供するプロジェクトはLiskHQ buildersプログラムに申請できます) 今のところ、LiskHQはSidechain Solutionsによって開発されたWebサイトの保存と検証のための分散型アーカイブであるChroniclerと、Lisk Center Utrechtによって開発された分散型自転車シェアリングプラットフォームであるLisk.Bikeを選んでいます。 最近、コミュニティメンバーのCasparがこの助成金の対象者に選ばれたことを発表し、「chip-to-chain(チップからチェーンへ)」テクノロジーを提案しました。このプロトタイプの目的は、データを保存するための安全なマイクロチップを構築することであり、外部キーの管理なしでブロックチェーントランザクションに署名することもできます。現在の最新技術では、オブジェクトのデジタルIDはQRコードまたは暗号化されたNFCタグによって表されます。このイニシアチブのおかげでオブジェクト自体がブロックチェーントランザクションへ署名し、事前にプログラムされた支払いを承認したり、署名や暗号化されたデータを保存・共有したりできるようになります。 Lisk Buildersプログラムでは、各参加者は資金を受け取るためにKnow Your Customer(KYC)登録を行う必要があり、Lisk Foundationと参加者の間の贈与契約(grant agreement)に署名する必要があります。 LCUは、アイデアを成功するプロジェクトにするための自然なステップとして、これらのスタンドアローンイニシアチブを次のインキュベーター/アクセラレーターとリンクするよう取り組んでいます。LCUは、インキュベーターのプログラムを通じて技術コンサルタント、スタートアップマネジメントの助言、ブロックチェーンベンチャーキャピタルとのコネクションを提供する予定です。 Lisk Centerのアクセラレータープログラムは、最近ユトレヒト自治体から助成金を取得しました。新コロナウイルス(covid-19)の発生によりプログラムは現在、バーチャルギャザリングを備えたオンラインコースになるように修正されています。企業の最初のバッチは7月より前に開始される予定です。 _________________________________ Lisk MagazineはLisk Italian GroupとLisk Supportによってサポートされているプロジェクトです。 私達の仕事をサポートし、Lisk Magazineに投票してください。...

Lisk Week in Review – 22

新着ニュースの特徴: ・LCUが最初のLisk Builders コミュニティオンラインミートアップを開始・Lisk Foundation 3月の財務報告・LiskHQによって提案された2つの新しいLIP・LiskHQがバグバウンティプログラムを改良・Lisk DEX 最新のアップデート・デリゲートの概要 LCUが最初のLisk Builders コミュニティオンラインミートアップを開始新型コロナウイルス問題とソーシャルディスタンスの必要性に配慮し、Lisk Center UtrechtはLiskコミュニティ内のエンゲージメントを高め、経験とアイデアを共有することを目的とした1時間のオンラインイベントを開始します。コミュニティのメンバーは、自分が取り組んでいることを共有したり、アイデアを提案したり、お互いに質問したりすることができます。さらに、Jacksonは集権型オラクルを使用せずに開発者がLisk SDK分散型アプリにデータを提供できるようにするツールキットであるMoracleプロジェクトを発表します。最初のイベントは、4月16日木曜日の午後5時(CEST)に開催されます。オンラインミートアップに参加してください。 Lisk Foundation 3月の財務報告レポートによると、財団は410万ユーロ(2月のレポートと比較して-100万ユーロ)と200万スイスフランを保有しています。さらに2,776BTC、6.2万GBYTE、890万LSKを所有しています。(暗号資産に変化はありません) これは、総資産が約3500万ドルに相当することを意味します。下の画像は3月の各部門の経費をまとめたものです。 LiskHQによって提案された2つの新しいLIPLiskHQの研究者は、Liskリサーチフォーラムでプロトコルロードマップの目標「Introduce decentralized re-genesis(分散型再生成の導入)」に関する2つのLIPを提案しました。最初のLIPは、アカウントの初期状態と特定のブートストラップ期間に有効な初期デリゲートリストを指定できる新しいブロックアセットスキーマを定義しています。これにより、Lisk SDKを使用して、目的の初期状態で新しいブロックチェーンの最初のブロックであるジェネシスブロックを簡単に作成できます。このブロックスキーマは、「Introduce decentralized re-genesis(分散型再生成の導入)」ロードマップの主な目標である分散型スナップショットとハードフォークプロセスを定義するために使用されます。2番目のLIPは、すべてのLiskメインネットノードが同時に独立してスナップショットブロックを計算できるため、Liskメインネットでハードフォークを実行するために使用できるスナップショットメカニズムを定義します。 LiskHQがバグバウンティプログラムを改良2018年11月、LiskHQはLiskバグバウンティプログラムを発表しました。そして現在、彼らはバウンティを分類するための新しいカテゴリを導入しました。Liskバグバウンティプログラムは、MainnetとBetanetのLisk Coreリリースのみに焦点を当てています。レポートを提出するにはこちらの送信フォームを使用してください。 提出された脆弱性とバグは出来るだけ詳細に説明する必要があります。 Lisk DEX 最新のアップデートJongは、UIとコア部分の両方でDEXの改善に取り組んでいます。アップデートによると、彼は新しい分散型価格推移チャートを実装し、モバイルデバイスでアプリを動作させ、サインイン画面から新しいブロックチェーンウォレットを作成するメカニズムを追加しました。コア部分では、分散型更新メカニズムと、DEX配当/報酬分配機能をカスタマイズする新しい方法を実装しました。 デリゲートの概要LiskMonitorによると、今週もデリゲートポジションに大きな変化はありませんでした。Eliteは230万LSKを失い、GDTは150万票を失いました。個人レベルで投票数の多かったデリゲートは、lemii[+232k]、liskmagazine[+247k]、9up.io[+156k]、liskpoland.pl[+266k]、korben3[+207k]、gym[+198k]、jong[+181k]でした。投票数が減少したデリゲートは、blackswan[-314k]、iii.element.iii[-318k]、joo5ty[-276k]、adrianhunter[-310k]と、それよりも低いポジションのスタンバイデリゲートに見られました。minionsによる1LSKの払い戻しキャンペーンは継続中です。(「Heroes」リストへ投票した場合は手続きは不要、自動払い戻しです) _________________________________ Lisk MagazineはLisk...

Lisk 週次レビュー 21

新着ニュースの特徴: ・LiskHQ ウェブサイトの主な更新・Liskビルダーズプログラムに「Chip to chain」が選ばれました・LCUはデジタルID研究活動を更に追求します・デリゲートの概要 LiskHQ Webサイトの主な更新先週、ウェブサイトの改善に関してHQから多くの発表がありました。チームはネットワークページを追加し、Lisk Networkに関する統計情報を訪問者に提供します。 更に、彼らは概念実証(PoC)の開発において中小企業と協力する方法として公式ウェブサイトで企業向けのビジネス窓口であるLisk Enterprise Portal(Lisk企業ポータル)を発表しました。このランディングページは、ブロックチェーンアプリケーションを探している企業やビジネスとLiskHQが繋がる場所になることを目的としています。チームは、ビジネス要件と課題について更に学ぶ必要があります。ブロックチェーンSDK間の比較やユースケース分析など、より多くの情報が近いうちに追加される予定です。ポータルは企業がLiskを使用してサプライチェーンで食品流通や物流において由来や管理を保証し利益を得る方法や、公共部門・政府がブロックチェーン技術を利用してプロセスを最適化し説明責任を向上させる方法、金融サービスでは法定通貨システムの代替として従来の金融の分散化(DeFi)を可能にすることなどを示しています。 Liskビルダーズプログラムに「Chip to chain」が選ばれましたGimlyのCasparは、接続されたNFCチップを介してIoT温度センサーデータをブロックチェーンに直接保存・保管するという提案がLiskHQのプログラムによって選ばれたと発表しました。彼は、オデッセイのチームメンバーの1人であるPolkadotプロジェクトとDuskネットワークにも貢献している開発者であるThomas Modeneisと一緒にプロジェクトに取り組みます。彼らは、より多くのIoTに関する経験を持つ開発者を必要としているため、チームの拡大を目指しています。LCUチャットの#co-working-mondaysチャネル(招待リンク)で、技術面と技術提案の詳細を確認することができます。 LCUはデジタルID研究活動を更に追求しますLCUは、デジタルIDの概念に関する最初の学習日を終了しました。この日はオープンイベントで標準ベースの分散型IDエコシステムとインスピレーションを与えるビデオ(例:Christopher Allen on Decentralised Identity)の基本コンポーネントである自己主権型アイデンティティに関するリソースの紹介から始まりました。Marnix van den Bent(Marnix van den Bent)は、その日2つのセッションを開催し、ULA(Universal Ledger Agent)の技術コンポーネントを紹介しました。彼らは共有ホワイトボードを使用してメモや考えを書き留めました。次のタスクはGithubフォルダーにリストされ、次回の1時間のセッションは今日(4月6日月曜日)午後1時(CET)に開催されます。 デリゲートの概要LiskMonitorによると、今週はデリゲートのポジションに大きな変化はありませんでした。EliteとGDTの両方がそれぞれ200万LSKを獲得しました。個人レベルで投票数の多かったデリゲートは、moosty[+290k]、lemi [+275k]、liskmagazine[+328k]、liskpoland.pl[+300k]、korben3[+324k]、gym[+311k]、jong[+338k]でした。投票数が減少したデリゲートは、blackswan[-405k]、iii.element.iii[-353k]、joo5ty[-328k]、adrianhunter [-250k]と、それよりも低いポジションのスタンバイデリゲートに見られました。minionsによる1LSKの払い戻しキャンペーンは継続中です。(「Heroes」リストへ投票した場合は手続きは不要、自動払い戻しです) _________________________________ Lisk MagazineはLisk...

Lisk 週次レビュー 20

新着ニュースの特徴: ・トランザクションタイプのナンバリングスキームに関する新しいLIP ・Liskは、CryptoMiso 3ヶ月間のアクティビティレポートで1位になりました ・2020年のプログラミング言語のトレンドはJavascriptであると確認されました ・デリゲートの概要   トランザクションタイプのナンバリングスキームに関する新しいLIP LiskHQバックエンド開発者のNazar Hussainは、LiskリサーチフォーラムでLisk Coreのトランザクションタイプの一貫したバージョン管理システムについてのLIPを提案しました。これは、カスタムトランザクション開発のSDKでも使用できます。 このバージョン管理スキームは、トランザクションタイプと特定のトランザクションスキーマ、検証および実行ロジックを明確にリンクし、コードのメンテナンスとサードパーティサービスとの互換性を促進します。加えて、このバージョン管理スキームでは以前のプロトコルバージョンで確認されたトランザクションを現在・将来のバージョンで再生できないようにする必要があります。 トランザクションタイプのナンバリングスキームは次のように機能します:すべてのトランザクションタイプは100の整数値の範囲を予約し、特定のトランザクションタイプが変更されるたびにtypeの値が1つずつ増加します。LIPで報告されているように、「例えば、残高転送トランザクションは100から始まり、上記のルールに従って変更が発生した場合そのトランザクションタイプの typeプロパティを101、次に102などへ変更します。このように、typeプロパティのそれぞれの値は、プロトコル個々の独立したトランザクションタイプを表しますが、意味的には、他のトランザクションタイプのリビジョンであるトランザクションタイプを特定できます。」 次の表はプロトコルに使用されるトランザクションタイプの値を示しています。   Liskは、CryptoMiso 3ヶ月間のアクティビティレポートで1位になりました リモート作業へ移行したにも関わらず、LiskHQは多くのコード開発を行っており、コミットに関して他のどの暗号通貨よりも多くの作業を行っています。その為、Liskは6ヶ月間で3位になり、過去12ヶ月間を見ると2位にランクしています。(ソース)   2020年のプログラミング言語のトレンドはJavascriptであると確認されました RedMonkは、GitHubとStack Overflowのデータから最も人気のあるプログラミング言語を調査し、第一四半期の半年ごとのレポートを発表しました。当然のことながら、この四半期で第一位のプログラミング言語はJavaScriptです。このランキングによると、他の上位の言語はPython、Java、PHP、C#、C ++です。   デリゲートの概要 LiskMonitorによると、Elite・GDTの両グループが相応の投票数を獲得したため、今週のデリゲートポジションに大きな変化はありませんでした。Eliteは1500万LSKを獲得し、GDTは1000万LSK近くを獲得しました。 個人では、101人のフォージングデリゲート全員へ新しい投票が入り、投票数が多かったデリゲートは、elevate、moosty、lemii、liskmagazine、9up.io、liskpoland.plで約+400k LSKでした。 blackswan[-122k]、iii.element.iii[-119k]、joo5ty[-131k]、adrianhunter[-126k]、とそれよりも低いポジションのスタンバイデリゲートに投票数の減少が見られました。 minionsによる1LSKの払い戻しキャンペーンは継続中です。(「Heroes」リストへ投票した場合は手続きは不要、自動払い戻しです) _________________________________ Lisk MagazineはLisk...

Lisk 週次レビュー 19

新着ニュースの特徴: ・LiskHQが幾つかのLIPを統合 ・LemiiがLisk Manager ツールを発表 ・Lisk Center UtrechtはデジタルID PoCに取り組んでいます ・Liskコミュニティがコロナウイルスによる非常事態と戦うために405LSKを寄付 ・デリゲートの概要   LiskHQが幾つかのLIPを統合 LIP 27、28、29、30(スキーマを定義し、アカウント/トランザクション/ブロックにジェネリクスシリアライゼーションを使用)とLIP 31、32(マークルツリーについて)がGitHubに統合されました。 Liskプロトコルロードマップも最新の成果が更新されています:https://lisk.io/roadmap   LemiiがLisk Manager ツールを発表 Liskデリゲートのlemiiは、デリゲートが単一のインターフェースで多くのノードを簡単に監視・管理できる新しいツールを発表しました。優れたUIを通して、ノードのステータスを知り、ワンクリックでフォージングモードを切り替えることができます。 アプリは現在1.0.0-beta.1の段階にあります。アイデアへの称賛は、オリジナルのアイデアを考えたデリゲートcc001へする必要があります。 試してみる(http://manager.lisktools.eu/)か、ツールをローカルで実行してください(https://github.com/lemii/lisk-manager)     Lisk Center UtrechtはデジタルID PoCに取り組んでいます LCUは、4月2日(午前10時~午後4時)、デジタルIDのコンセプトに関するオンライン学習会を開催します。イベント(リンク)は、プロジェクトに協力するすべての人が利用でき、主催者はイベントの講演者を募集しています。(こちらからお申し込みください) LCUは毎週月曜日に定期的に「Decentralized Co-working Mondays」を開催しています。これはブロックチェーンコミュニティを活気づけ、成長させるためのオンラインミーティングです。...

LiskHQがBetanet 3.0をローンチ、更に開発スピードを上げるためLisk Coreのロードマップを変更

Lisk SDK 3.0.2のリリースにより、Security and Reliabilityフェーズ(Lisk BFTコンセンサスアルゴリズム)にリストされているタスクが正常に実装され、Betanet 3.0.0がローンチされました。 LiskHQはすでにLisk SDK 4.0.0の開発を進めており、ここではNetwork Economics(新しい動的料金システム)とNetwork Consensus(新しいDPoSシステム)フェーズの実装が含まれています。この2つのフェーズの実装にはある程度の時間が必要ですが、コーディングの観点からみると簡単であるため、LiskHQはそれらを同時に実装し、それに伴う1つのQA(quality assurance)サイクルと1つのベータネットをスキップすることを決定しました。 Network Longevity(SDK 5.0.0、新しいIDシステム)フェーズが終了し、提案されたすべてのプロトコルの変更が実装されると、Lisk Core(3.0.0-beta.x)はRCステージ(3.0.0-rc.x)に移行し、その後Liskメインネットブロックチェーンでのソフトウェアのローンチに対応するProductionステージに移行します。 用語を明確にするために、AlphanetはLiskのalpha候補版の一時的な内部専用のテストネットワークです。 Betanetは一時的に公開されており、beta候補版を実行しています。TestnetはLiskの公式テストネットワークでrelease候補版を実行し、Mainnetはproduction候補版を実行します。 SDK 3.0.0に実装されたプロトコル機能には、堅牢なピア選択と禁止メカニズム(include a robust peer selection and banning mechanism:LIP0004)、トランザクションの冗長プロパティの削除(Remove redundant properties from transaction objects:LIP0012)、異なるチェーンでのトランザクションリプレイの軽減(Mitigate transaction...