Tagged: Moosty

Lisk 週次レビュー 47

新着ニュース: ・LiskHQがLiskメインネット移行についての計画を発表 ・Lisk Center ユトレヒトの18回連続ミートアップ ・デリゲートの概要   LiskHQがLiskメインネット移行についての計画を発表 この記事では、LiskHQが、Core3.0を稼働させる将来のハードフォークの複雑さを分析しています。Lisk SDk 5.0.0で実装された新しいジェネシスブロックフォーマットのおかげで、来るべきジェネシスブロックは2016年のLisk Mainnetのジェネシスブロックよりも効率的になります。以前のものはICO参加者に送信されたトランザクション(8,000以上)を含んでおり、結果として非常に大規模なものとなっていました。次は、多くのトランザクションを作成する代わりに、トークンホルダーを含む初期状態になります。ノードは、アカウント、その残高、およびその他のアカウントのプロパティだけでなく、トップ103位のデリゲートを識別するために信頼性の高いスナップショットを計算することになります。 新しいチェーンが開始されると、旧デリゲートは7日間フォージングを行い、その期間後は新しいコンセンサスで票を集めたデリゲートのみがブロックをフォージングすることができます。 23日(金)、LiskHQの研究責任者であるJan Hackfeld氏が、Lisk Mainnet Regenesisに関するコミュニティの質問に答えました。 彼は、まずベータネットとテストネットのフェーズを設けなければならないため、リリース日はまだ決まっていないと回答しました。新しいRegenesisのアプローチでテストネットへ移行することは、フォークの適切な機能を確認するための良いテストになるかもしれません。 Janにとって最も困難なLIPはLisk-BFTLIPであったことは興味深いことです。これは、エッジケースが多い可能性があり、悪意のある行動時のネットワークの進化をシミュレーションするのは複雑だからです。 詳細はこちら:Lisk Mainnet Regenesis We just published a blog post to explain the new genesis block...

Lisk 週次レビュー 46

新着ニュース: ・Lisk Foundation 9月の財務報告 ・LiskのNFTトークン #WeAreDevelopersで発表されたユースケース ・LiskHQ関連ニュースまとめ ・デリゲートの概要   Lisk Foundation 9月の財務報告 報告書によると、財団は246万ユーロ(前回の報告書と比較して-44万ユーロ)、153万スイスフラン(前回の報告書と比較して-60万スイスフラン)を保有しています。さらに、2,400BTC(- 275BTC)、62,000GBYTE、880万LSKを保有しています。これは、総資産が約4300万ドルに相当することを意味します。 下の画像は9月の各部門の経費をまとめたものです。   LiskのNFTトークン #WeAreDevelopersで発表されたユースケース LiskHQのシニアバックエンド開発者であるNazar Hussain氏は、WeAreDevelopersカンファレンスで、Lisk SDKを紹介し、JavaScriptでブロックチェーンアプリケーションを構築する方法を紹介しました。 WeAreDevelopersは、12,000人以上の参加者と40人以上の講演者が参加した第1回の成功を受けて、第2回のウェビナーとオンラインイベントを開催しました。 Nazar氏のプレゼンテーションの様子はこちらからご覧ください。 Nazar氏は、Lisk SDK 3.0、4.0、5.0に統合された機能を紹介しました。その証明として、LiskHQが1年間で850以上のissues、790以上のPull Request、30以上のLIPを作成したことを発表しました。 説明は非常にテクニカルなもので、第一部ではオンチェーンアーキテクチャの柔軟性、オフチェーンアーキテクチャの統合性、通信アーキテクチャのオープン性という3つのコアアーキテクチャの特徴に焦点が当てられていました。 上のスライドの中でNazar氏は、SDKの初期バージョンではスマートコントラクトをサポートしていないため、SDKでサポートされるユースケースは上の範囲のものに限られると述べています。他の開発者はより多くのモジュールを構築してスマートコントラクトの動作を提供することが出来ますが、リリースされたSDKにはそのようなモジュールはありません。 また、暗号エコシステムで話題になっているNFT(Non-fungible Tokens)の構築方法についても紹介され、このデモを使って説明されました。   LiskHQ関連ニュースまとめ U.todayはMax...

Lisk 週次レビュー 43

新着ニュース: ・「Liskcrowd」と「Recurring Payments」 Moostyが開発した2つのPoC ・SDK 5.0のissuesは残り19です。 ・初期化されていないアカウントへの懸念に対するKordek氏の見解 ・デリゲートの概要   「Liskcrowd」と「Recurring Payments」 Moostyが開発した2つのPoC Liskコミュニティミートアップ#15では、Jurre Machielsen氏がホスト兼スピーカーとして自己紹介し、Lisk SDKにより作成されたProof of Conceptを発表しました。開発者は2人の当事者間の定期的な支払い契約を結ぶ際、カスタムトランザクションを使用して、期間、受信者、料金を設定することができます。 Liskコミュニティミートアップの数日後、MoostyはLisk Buildersプログラムへの参加の一環として、こちらの記事で「Liskcrowd」を紹介しました。 同氏は支援者(投資家)が寄付金の使用用途をコントロールできないクラウドファンディングエコシステムの現状を分析しています。その解決策は、期待に応えられなかった場合に支援者が投資を取り下げることができるプラットフォームです。投票が定期的に開催され、そこで支援者はプロジェクトを支援するか、資金の一部を取り戻すかを決めることができます。 このProof of Conceptでは、6つの異なるカスタムトランザクションを使用しています。Making contract(契約の締結)、Contract funding(資金調達の契約)、Start project(プロジェクトの開始)、Vote on contract(契約の投票)、Unlock contract by startup(スタートアップによる契約のロック解除)、Unlock contract by investor(支援者による契約のロック解除)です。...

Lisk 週次レビュー 41

新着ニュース: ・Liskコミュニティミートアップの進行役は「Lisk DAO」 ・3週間で構想から実装へ ・EndroはArcado Networkに全力を尽くしています ・デリゲートの概要   Liskコミュニティミートアップの進行役は「Lisk DAO」 Moostyグループは9月3日午後5時(CET)に次回のmeetupを開催し、Peter Nobles氏がLisk DAOを発表します。このプロジェクトは、財団から2,500スイスフランの助成金を受け、(ここから過去の受賞者を確認することができます) SDKとカスタムトランザクションを使用してDAOを作成することを目的としています。「週次レビュー38」でプロジェクトについて取り上げています。 Discordに参加して、ミートアップのイベント中に質問をしたり、ライブストリームを見たりすることができます。   3週間で構想から実装へ 一ヶ月弱前(8月6日)、LiskHQ は、Lisk SDK 5.0.0 にコードベースのモジュール化を導入し、開発者に柔軟性を提供することを発表しました。数日前、彼らは23のissuesで構成されているエピックをクローズしたと表明しました。夏の期間中であっても、会社は新しい開発キットをできるだけ早くコーディングすることに高いコミットメントを示しています。   EndroはArcado Networkに全力を尽くしています 1 年以上前に Endroは、Lisk を使ったプロジェクトの開発にフルタイムで取り組むことを発表し、数日前には Arcado Network を中心に活動することを表明しました。 Lisk Magazineは彼に連絡を取り、いくつかの質問をする機会を得ました。EndroはHallarと...

Lisk 週次レビュー 37

新着ニュース: ・Liskコミュニティミートアップが復活 ・LiskHQが新IDシステムに関するAMAを開催 ・Carbonaraが新しいブロックチェーンエクスプローラー「Lisk Observer」をリリース ・GNYがCryptopiaの清算人に通知を発行 ・デリゲートの概要   Liskコミュニティミートアップが復活 シーズン2の最初のオンラインイベントは、8月6日木曜日の17:00 CESTに開催されます。 ゲストスピーカー:Korben シーズン1では多くのコミュニティメンバーが参加し、Moostyの素晴らしい取り組みによって、Liskエコシステムに関連したPoCやツール、面白いプロジェクトのプレゼンテーションが可能になりました。 カンファレンスはLisk.chatまたはYoutubeのライブストリーミングで見ることができます。   LiskHQが新IDシステムに関するAMAを開催 LiskHQの研究員であるIker Alustiza氏は、Network Longevityフェーズの一部である新しいIDシステムに関連した主な改善点に関する記事を投稿しました。 彼はLIP 18, 19, 20 の技術的側面を取り上げていますが、これらは新アドレスシステム、トランザクションのための新IDフォーマット、ブロックのための新IDシステムに関連しています。 新アドレスシステムは、エラー検出を可能にし、衝突困難性(Collision Resistance)と原像計算困難性(Preimage Resistance)を向上させます。(現在のユーザーは、公開鍵をブロックチェーンに保存し、アカウントのセキュリティを高めるために、少なくとも1つのトランザクションを実行しなければなりません) 彼がAMAセッションの要約を発表することを期待しています。 新アドレスシステムの表示   Carbonaraが新しいブロックチェーンエクスプローラー「Lisk Observer」をリリース Lisk Observerは、Liskのリアルタイムブロックチェーンエクスプローラーとして定義されており、Liskブロックチェーンとそのサイドチェーン上のトランザクション、アカウント、ブロックを監視することができます。...

Lisk 週次レビュー 34

新着ニュースの特徴: ・重要ニュースのまとめ ・特集:Lisk Eliteグループの解散 ・デリゲートの概要   先週はLiskに関する重要なニュースがありました。 ・Max Kordek氏が2つのEpicsのクローズを発表。(リンク) ・LiskHQは、Michiel MuldersとEndro Labsが開発したマルチプレイヤーゲーム用の分散型報酬システムであるArcado Networkについてのブログ記事を公開(リンク)、さらにRaphael | Moostyに今月のLiskコミュニティヒーローを授与しました。(リンク) ・Jan Breker氏は、サプライチェーン管理におけるブロックチェーンについてのブログ記事を公開し、Lisk SDKを使ったサプライチェーンのチュートリアルを紹介しました。(リンク) これらの発表は興味深いものですが、今回は詳しく記事に取り上げません。デリゲートの状況について、今後大きな変化をもたらすEliteの解散に焦点を当てています。   特集:Lisk Eliteグループの解散 Eliteグループで何が起こっているかについての洞察、発言、コミュニティの行動に関する記事をここで読んでください。 このトピックはとても重要なものだったので、専用の記事にまとめられています。   デリゲートの概要 EliteグループはLiskMonitorから削除されており、そのメンバーは個人とはみなしていません。現在のメイングループであるGDTは、過去1週間で320万票を獲得しました。 個人レベルで最も投票されたデリゲートは、liskgate[+32.8万票]、endro[+36.8万票]、robinhood[+36.6万票]、moosty[+54.7万票]、liskmagazine[+53.4万票]、liskpoland.pl[+47.5万票]です。 個人での損失が最も大きかったのは、元Eliteデリゲート[各約-20万票]、tonyt908[-24.4万票]、4miners.net[-26.6万票] です。 minionsによる1LSKの払い戻しキャンペーンは継続中です。(「Heroes」リストへ投票した場合は手続きは不要、自動払い戻しです) _________________________________ Lisk MagazineはLisk...

Lisk 週次レビュー 33

新着ニュースの特徴: ・HQがクローズした3つのエピック、Lisk SDK 5.0.0のリリースが日に日に近づいています ・毎週開催されているLiskコミュニティミートアップが10回目の節目のイベントを迎えました ・LiskHQプレゼンツ「BINARYSTAR」 ・デリゲートの概要   HQがクローズした3つのエピック、Lisk SDK 5.0.0のリリースが日に日に近づいています 一連の発表の中で、Lisk Foundationの社長Max Kordek氏は、開発者がクローズした最新のエピックについていくつかのアップデートを公開しました。彼らは合計54のissueを実装しました。 非生産的なデリゲートによるフォージングを防ぐための禁止メカニズム 通信や保存のためにデータをエンコードまたはデコードするための一般的なシリアライゼーションライブラリ ブロックチェーンのロールバックの場合に必要とされていたトランザクションに関連するundoロジックの削除 8つのエピックはまだ実装されていません。 CryptoMisoによると、LiskはGithubの3ヶ月間で最もアクティブなブロックチェーンプロジェクト3位にランクされており、12ヶ月間では1位に位置しています。   毎週開催されているLiskコミュニティミートアップが10回目の節目のイベントを迎えました 4月中旬にMoostyが立ち上げ、LiskCenterが主催しているLiskコミュニティミートアップが毎週開催されていますが、数日前に10 回目のイベントが開催されました。 今回のスピーカーは Anonimowy891氏です。彼は過去にも面白いプロジェクトを開発して Liskへの情熱を見せてくれました。(ここで彼の最新の取り組みを紹介します) Anonimowy891氏のスピーチをご覧ください。 LiskCenterでは次のスピーカーを募集しています。Liskベースのプロジェクトに取り組んでいる方や、ミートアップの参加者と交流したいコミュニティメンバーの方は、Discordの@Raphael | Moosty#4689までお気軽に連絡ください。   LiskHQプレゼンツ「BINARYSTAR」 1ヶ月前にLiskHQはBINARYSTARとの新たなパートナーシップを発表しましたが、今回はブログ記事を公開し、どのようなコラボレーションが行われるのか、またそこから期待できることなど詳細を発表しました。 コアコミュニティのメンバーであるMoostyグループが、地元の開発者のエコシステムをターゲットにし、Liskをベースにした新しいプロジェクトをリリースするために設立したLisk...

Lisk 週次レビュー 32

新着ニュースの特徴: ・マルチシグネチャアカウントに言及したLIPのブログ記事とAMA ・Discordの新しいチャンネル ・デリゲートの概要   マルチシグネチャアカウントに言及したLIPのブログ記事とAMA LiskHQのリサーチサイエンティストであるMaxime Gagnebin氏が、マルチシグネチャアカウントに関するブログ記事を公開し、DiscordチャットでAMA(Ask me Anything)を開催しました。 ブログ記事の中でMaxime氏は、LIP0017に関する主な改善点、新機能や可能なユースケースについて説明し、この提案がアカウント管理を改善し、共同名義アカウントとコミュニティアカウントのカスタマイズを提供することを説明しています。 このLIPは、新しいコンセンサス、具体的にはLIP0023とリンクされた変更の一部です。デリゲートになるために十分な数の自己投票を確保することは個人よりもグループの方が簡単に達成出来るかもしれません。この提案のお陰で、参加者は資金を失うリスク無しにフォージングノードを管理することが出来るようになります。 暗号エコシステムでは、マルチシグネチャアカウントは通常、トランザクションに署名する権利を持つN個の公開鍵と、txを有効にするために必要なM個(Nよりも小さい数)の鍵を特徴としています。 Liskでは、このアプローチはセカンドシグネチャ登録(2-out-of-2アカウント)とマルチシグネチャアカウントで利用可能ですが、どちらの場合もトランザクションに署名するには元の公開鍵が必須です。記事で報告されているように、「LIP0017の主な目標は、これらの制限を取り除き、マルチシグネチャ登録をより柔軟にすることです」: この改善により、上記の2つのオプションに従ったアカウントの作成だけでなく、それらを組み合わせたアカウントの作成も可能になります。(これは、2つの公開鍵とその他の鍵をオプションとして持つ新しいマルチシグネチャアカウントに対応します) 現在、セカンドシグネチャまたはマルチシグネチャアカウントとして登録されているすべてのアカウントは、そのアクセスルールに変更を加えることなく、自動的に新しいマルチシグネチャアカウントに変換されます。 さらに、このLIPは、ネットワークが未署名トランザクションによってスパム送信されることも防ぎます。将来的には、全てのトランザクションは署名なしではノードに受け入れられません。 AMAの中で、Maxime氏は署名の最大数を64個の鍵とし、この64個の鍵は任意で、任意のものと必須のものに分割することができ、元の公開鍵は含まなくても良いことを指定しました。 次のステップとして、彼は相互運用性に取り組みます。   Discordの新しいチャンネル MoostyのメンバーであるJurre氏は、LCUがLisk公式サーバーに独自のチャンネルを持つことになったことと、LiskHQが2つの新しいカテゴリを作ったことを発表しました。 「projects」には、Liskコミュニティの取り組みとPeter Nobels氏によって開発されたDAOプロジェクトが含まれています。 音声チャネルは、Liskウィークリーコミュニティミートアップのために使用されます。   デリゲートの概要 LiskMonitorによると、この1週間でデリゲートの票が大量に流出しました。Eliteは2600万票を失い、GDTは1900万票を失いました。 これは恐らく、クジラがBinance Hot Walletに70万LSKを送金したことが関係していると思われます。結果として、フォージングデリゲートは約40万~60万の票を失い、票が増えたデリゲートは3人(vipertkd, joel, 4miners.net)のみでした。 minionsによる1LSKの払い戻しキャンペーンは継続中です。(「Heroes」リストへ投票した場合は手続きは不要、自動払い戻しです)...

Lisk 週次レビュー 27

新着ニュースの特徴: ・LiskHQ情報:AMA、毎月の財務報告、技術ドキュメント ・Stellardynamicが、第6回Liskコミュニティオンラインミートアップのステージに登場 ・Lisk PoCに関する開発最新情報 ・デリゲートの概要   LiskHQ情報:AMA、毎月の財務報告、技術ドキュメント 前週はLiskHQからのニュースと情報でいっぱいでした。 レポートによると、財団は360万ユーロ(前回のレポートと比べて– 50万ユーロ)と200万スイスフランを保有しています。更に2,776BTC、62,000GBYTE、890万LSKを保有しています。(暗号資産に変化はありません)これは、総資産が約4,000万ドルに相当します。 下の画像は4月の各部門の経費をまとめたものです。 5月15日金曜日、LiskHQの研究部門のチームメンバーであるIker AlustizaとJan Hackfeldが、最近の研究についてDiscordでAMA(Ask Me Anything)を主催しました。ここで私たちのレポートを読み、ここでLiskHQによってリリースされた要約を読んでください。 さらに、LiskHQはブログを公開し、ネットワーク経済フェーズで導入される動的料金システムに関連する主な改善点を紹介しました。新しい料金システムによりユーザーは希望する公正な料金を支払うことができます。 (投資の利益はさておき)デリゲートに投票するように人々を動機付けるように設計されていますが、同時にスパム攻撃、ダスト攻撃、ネームスペース攻撃に対する脆弱性は可能な限り低くなっています。   Stellardynamicが、第6回Liskコミュニティオンラインミートアップのステージに登場 新しいLisk Discovery(現 Hallar)を発表したEndroのプレゼンテーションの次は、StellardynamicがSidechain SolutionsとLiskベースのプロジェクトにおける取り組みを紹介します。 Endroのスピーチをご覧ください。 オンラインミートアップに参加してください。 Did you know that “Lisk Discovery” transformed...

Lisk 週次レビュー 19

新着ニュースの特徴: ・LiskHQが幾つかのLIPを統合 ・LemiiがLisk Manager ツールを発表 ・Lisk Center UtrechtはデジタルID PoCに取り組んでいます ・Liskコミュニティがコロナウイルスによる非常事態と戦うために405LSKを寄付 ・デリゲートの概要   LiskHQが幾つかのLIPを統合 LIP 27、28、29、30(スキーマを定義し、アカウント/トランザクション/ブロックにジェネリクスシリアライゼーションを使用)とLIP 31、32(マークルツリーについて)がGitHubに統合されました。 Liskプロトコルロードマップも最新の成果が更新されています:https://lisk.io/roadmap   LemiiがLisk Manager ツールを発表 Liskデリゲートのlemiiは、デリゲートが単一のインターフェースで多くのノードを簡単に監視・管理できる新しいツールを発表しました。優れたUIを通して、ノードのステータスを知り、ワンクリックでフォージングモードを切り替えることができます。 アプリは現在1.0.0-beta.1の段階にあります。アイデアへの称賛は、オリジナルのアイデアを考えたデリゲートcc001へする必要があります。 試してみる(http://manager.lisktools.eu/)か、ツールをローカルで実行してください(https://github.com/lemii/lisk-manager)     Lisk Center UtrechtはデジタルID PoCに取り組んでいます LCUは、4月2日(午前10時~午後4時)、デジタルIDのコンセプトに関するオンライン学習会を開催します。イベント(リンク)は、プロジェクトに協力するすべての人が利用でき、主催者はイベントの講演者を募集しています。(こちらからお申し込みください) LCUは毎週月曜日に定期的に「Decentralized Co-working Mondays」を開催しています。これはブロックチェーンコミュニティを活気づけ、成長させるためのオンラインミーティングです。...