Tagged: Moosty

Lisk 週次レビュー 14

新着ニュースの特徴: ・LiskHQがBetanet 3.0をローンチ ・Lisk Foundationの財務アップデート(1月) ・Moostyが新しいLiskベースのDEXを発表 ・Lquiz 正解するとご褒美がもらえるゲーム ・Liskは、CryptoMiso過去3ヶ月のアクティビティレポートで3位にランクされました ・デリゲートの概要と#HeroesNotZeros   LiskHQがBetanet 3.0をローンチ Lisk BFTコンセンサスはLisk SDK 3.0.2に実装され、LiskHQはすでに Network EconomicsとNetwork Consensusフェーズ(新しい動的料金システムと新しいDPoSコンセンサスアルゴリズム)を実装するLisk SDK 4.0.0の開発を開始しました。 特集記事を読んでください:LiskHQがBetanet 3.0をローンチ、更に開発スピードを上げるためLisk Coreのロードマップを変更   Lisk Foundationの財務アップデート(1月) レポートによると、Lisk Foundationは450万ユーロと210万スイスフランを保有しています。さらに、2,776BTC、62,000GBYTE、890万LSKを保有しています。これは総資産が約5,000万ドルに相当することを意味します。 1月にLisk FoundationはLightcurve GmbHから未収入金86万ユーロ以上を受け取り、同じ理由で2月に約95万ユーロが返却されます。さらにLisk Foundationが銀行口座を持っている銀行の1つが管理する基金に100万スイスフランを投資しました。 下の画像は各部門の月額経費をまとめたものです。...

年次レビュー:LCU活動報告2019

Jurre Machielsen、Raphael Cornelis、Sander Mandemaker(The Moosty Team)は、2019年のLisk Center Utrechtの活動と、2020年に関連する目標を分析するレポートを発表しました。コワーキングスペースは11のブロックチェーンプロジェクトを迎え入れ、50以上のイベントと200以上のミーティングを開催しました。 もともとJoo5tyによって設立されたこのセンターは、マーケティング資料、ウェブサイト、バックエンド開発、コミュニティマネジメントを担当するMoostyチームが管理しています。2019年前半、チームはコミュニティの構築に重点を置き、後半ではサスティナブルな短期および長期のビジネスモデルを探しました。 最初の課題は、センターの明確なバリュープロポジションの欠如でした。そのため、チームは目標を(コワークスペース、イベント、ビジネス)の3つに分けました。 Lisk Center Utrechtは、コワーキングスペースとして2019年2月にオープンしました。最初のステップは、Liskだけではなく多数のブロックチェーンプラットフォームに焦点を当てた洞察と視点を共有する活気のあるコミュニティを作ることでした。同時に、彼らはコワーキングスペースへの関心を高め、現在、以下を含む11のブロックチェーンベースのプロジェクトで働く40~60人を受け入れています。 ・ Hybrix:1つのツールで31以上のチェーンに柔軟なブロックチェーンソリューションを構築します。 ・Spendies:友人に支払い要請を送信するアプリ。 ・Swarm:イーサリアムベースの分散ストレージプラットフォームとコンテンツ配信サービス。 ・Wordproof:著作権保護に焦点を当てたプラットフォーム。 他のプロジェクトは、Gimly、Xurux、Lisk Bike、IOTA AION、Moosty Team、Blockchain030、Copyright Deltaです。 Lisk Center Utrechtでは、Moostyチームが50を超えるイベント(年後半に38)を開催し、ミートアップグループを0人から650人以上へ引き上げました。2019年末にブランド「Utrecht Blockchain Nights」が作成され、メディア、サプライチェーン、ヘルスケア、アイデンティティに関するイベントが開催されました。Moostyは、応用科学大学のために2つの異なる技術関連イベントも開催しました。Blockchain030は毎週月曜日にコワーキングを行っています。 LCUマネージャーは、ブロックチェーンスタートアップメディアパートナー(Bitcoin Magazine Nederland、Cryptocafe…)、エコシステムパートナー(Blockchain Netherlands、Dutch Blockchain Coalition…)、ミートアップパートナー(InvestUtrecht、Capgemini、VodafoneZiggo…)、ブロックチェーンプロジェクト(Monero、Ethereum、IOTA…)など、様々な企業と200以上のミーティングを行いました。...

Lisk 週次レビュー 9

新着ニュースの特徴: ・コインチェックがLSKのステーキングサービスを発表 ・Lisk Foundationが12月の財務アップデートを発表 ・Lisk Center Utretch –2019年アニュアルレポート(年次報告書) ・デリゲートの概要と#heroesnotzeros   コインチェックがLSKのステーキングサービスを発表 東京に本社を置く仮想通貨取引所コインチェックは、ブログでLSKのステーキングサービスの提供と、それが世界初の事例であることを発表しました。コインチェックは、アカウントでLSKを保有しているユーザーへ報酬を還元しますが、自社でデリゲートを構築するのか、現在のフォージングデリゲートへ投票するのかは明確になっていません。現在コインチェックはコールドウォレットに1,000万LSKを保有しており、フォージングポジションを獲得するには、さらに1,800万LSKが必要となります。コインチェックはベータ版のサービスを開始し、現在のデリゲートへの投票から始まり、将来的には独自のデリゲートの構築を目指す移行期間が設けられている可能性があります。これは高い報酬を共有している人だけに応え、フォージングした資金を使用してコミュニティ向けのツールを開発しているデリゲートにとってはハンディキャップとなる可能性があります。 この発表は、エコシステム全体にとってポジティブと考えられてきましたが、別の考えが浮上しました:新しいDPOSシステムでは、多くのフォージングポジション(恐らく+7席)を獲得する可能性があり、ネットワークのさらなる集中化を避けるために、このシナリオについて慎重に評価する必要があります。 We are happy to announce that @coincheckjp will begin the world’s first #Lisk staking service (beta version). It is also going...

Lisk 週次レビュー 3

新着ニュースの特徴:LiskBuildersプログラム、Lisk Appページ、Bittrexユーザーへの警告、VCC Exchangeに上場したLSK、Lisk Desktop 1.23.0、BitVPSがLiskに対応、デリゲートの概要 LiskBuildersプログラムとウェブサイトの新しいページ 以前の要約で述べたように、LiskHQは、概念実証専用の月額5,000 CHFの助成金を開始します。 このフォームへ書き込み申し込むことができます。フルネーム、Discordユーザー名、GitHubリンク、概念実証ブロックチェーンアプリケーションのアイデアの説明を提出する必要があります。毎月、LiskHQは上位の提案を選択し資金を分配します。 今月あなたが選ばれなかったとしても、また次のラウンドの資格があります。 資金を受け取ったプロジェクトは、Lisk BikeとChroniclerです。 開発中またはすでに開発済みの概念実証ブロックチェーンアプリケーションの完全な概要を取得するために、LiskHQはLisk Appsページを発表しました。ここで何度か取り上げられている多くのプロジェクトを見つけることができます。 最後に、彼らはLSKトークンの機能を説明するために、新参向けの専用ページをリリースしました。LSKトークンのストーリー、配布と発行、LSKをリストする取引所です。ここで見つけることができます:https://lisk.io/lsk   Bittrexユーザー向けのLSKアドレス再生成 Tonyt908の報告によると、Bittrexは一部のDPosコインのインフラストラクチャを更新しました。古い入金アドレスの有効期限が切れたため、ユーザーは新しい入金アドレスを再生成する必要があります。古いトークンアドレスに送られた資金は、アカウントに入金されない場合があります! アナウンスを読む:Bittrexのアップグレード   LSKは現在、BTCペアでVCC Exchangeに上場しています 2019年5月にローンチされたVCC Exchangeは、シンガポールに拠点を置き、ベトナムで運営されている中央集権型の暗号通貨取引所です。 VCC Exchangeは、Signum CapitalとAxiom Associates Capitalによる支援を受けています。 24時間の取引高は400万ドルに相当し、最も取引されているペアはBTC / USDT(1日あたり500.000ドル以上)です。 We are...

Lisk 週次レビュー

これは今週の要約であり、最新の財務情報、グローバルデータチェーン、Nasdaqのインタビュー、LiskJS、Abra App、デリゲートの概要、Githubアクティビティを取り上げています。 Lisk Foundationは2019年10月の財務アップデートを発表しました。 昨日、Lisk Foundationは毎月の経費のまとめを発表しました。Lisk Foundationは、1,600万ユーロ、320万スイスフラン、3.200BTC、780万LSKを所有しています。 下の画像では、財団がLiskの成長の様々な側面(開発、マーケティング、報奨金、運営)にどれだけ費やしたかを確認することができます。 Global Data Chain Korbenは、Lisk SDKを使用した分散型サイドチェーンPoCビルドであるGlobal Data Chainを導入しました。地球の温度、放射能、降雨、ノイズなど、世界中のさまざまな科学的測定値を保存するために使用できます。収集されたこの広範なデータにより、過去の状況を分析し、将来の状況を予測することができます。GDCに保存されている様々なデータ間に相関関係があるかどうかを確認することもできます。 クライアントデモ: http://45.32.152.68/ Github – Global Data Chain: https://github.com/Korben3/Global-Data-Chain パブリックAPI- (呼び出し例): http://45.32.152.68:4000/api/transactions?sort=timestamp%3Adesc   LiskJS 開催 11月19日にベルリンでLiskHQが開催するLiskJSですべてを学びます。議題は既に定義されています。(https://www.eventbrite.com/e/liskjs-2019-tickets-72693495201)、Maciej Baj、Oliver Beddows、Iker Alustiza、および他の多くのHQメンバーからスピーチが行われます。 さらに、Jurre Machielsen(Lisk Center Utrecht)、Edward...

デリゲートの声明について混乱していますか? 状況をクリアにしましょう

ここ数週間で多くの声明と変更が行われ、一部のLisk保有者にとっては、最新の更新を追跡するのは複雑です。 ここで紹介:Carbonara, Hirish, TonyT908, Elite group, Stellardynamicおよび一部のスタンバイデリゲート 一連のニュースの最初の発表はTonyT908によって行われました。9月30日に、彼は共有率を30%から20%に減らすことを発表しました。 個人的なシェアは変わらないため、彼は個人的にこの変更の恩恵を受けません。この分配により、基金を(10%から20%に)増やして、コミュニティメンバーと有望なプロジェクトにさらに貢献することができます。 基金のアドレスは公開されており、彼の寄付を確認することができます。https://explorer.lisk.io/address/1005304990029125475L 10月6日に、デリゲートのcarbonaraはDiscordでエリートグループからの脱退を発表したため、彼は独立したデリゲートになりました。このデリゲートはもはや1人で管理されておらず、Youtube、Github、Reddit、Mediumのクリエイター向けのPatreonとBATのミックスであるContributors.spaceに取り組んでいるグループになります。このプロジェクトはLiskサイドチェーンであり、その目的はPoCを作成することではなく、そこから実際のビジネスを作成することです。グループは一時的に報酬の共有を停止し、プロジェクトとチームの成長のためにこの資金を使用します。 前の記事ですでに述べたように、Stellardynamicは報酬を共有しなくなりました。投票者に共有されていた30%は、Sidechain Solutions、Lisk USA、およびデリゲート自体の間で均等に分割されます(各+ 10%)。 投票者は、Moracleサイドチェーンがリリースされるときに、投票率に比例したMoracleトークンを受け取ります。 彼のLiskへの貢献はすでにこことここで紹介されています。 Lisk Eliteは、メンバーリストを更新しました。Carolina, Lwyrup, Crodam, Zy1349, BlackSwan(そしてもちろんCarbonara)は、報酬を受け取るために投票する必要がなくなりました。これは、彼らが独立したデリゲートになることを意味します。彼らが報酬を共有するかどうかは明らかではありません。ここでステータスを確認できます:http://liskelite.com/checker Hirishも今月から共有割合を35%から15%に減らすことを決めました。彼は、アクティブなコミュニティメンバーへの寄付を増やすことを好み、寄付金も支払うことでSapiensプロジェクトを開始します。 あなたが今、新しいデリゲートの投票に興味があるなら、ここに数名のふさわしいメンバーをリストします。 [免責事項:この記事は著者個人の意見によるものです。] トップ 5 スタンバイデリゲート 1)moosty Lisk Centerユトレヒトの主要グループの1つ 開発中:Lisk Roulette PoC / Lisk.Directory PoC...

MoostyグループがLisk Directory Whitepaper 0.2をリリース

Moostyグループは、Liskの公式DiscordのgeneralチャンネルでJurre Moostyを通じて、proof-of-concept Lisk Directoryサイドチェーンのホワイトペーパーバージョン0.2のリリースを発表しました。2週間前にホワイトペーパーのバージョン0.1をリリース後、Lisk Directoryについての最初の報告になります。 この文章では Proof of MotivationプロトコルとDelegate Proposalプロトコルについて、技術・知識があり、アクセスしやすく、コミュニティにも詳しい意欲的なデリゲートを選択することで、将来のサイドチェーン開発を支援するためのツールとして紹介しました。 目標は、暗号化されたメッセージを利用してこの情報の公開検証を支援することであり、投票者はサポートを希望するデリゲートについての情報に基づいた決定を下すことができます。バージョン0.1では、このような透明性の高い分散型および信頼のあるシステムの利点を簡単に説明し、サイドチェーン上のトランザクションを鋳造することで配布されるDPPユーティリティトークンを導入し、プロジェクトパートナーのLisk Discoveryのブラウジングツールとともに使用するLisk.Directory Viewerの計画を明らかにしました。 ホワイトペーパーの新しい部分では、コンセプトにさらに多くの詳細が追加されています。Delegated Proof of Stakeのコンセンサスメカニズムに基づく計画の概要を説明します。21人のフォージングデリゲートから始まり、将来見込みのあるデリゲートが十分な数になると、その数は増える可能性があります。他のLisk Directoryトークン所有者から多くの投票を得た場合、上位21人のデリゲートに昇進する「スタンバイデリゲート」という仕組みが存在します。各ユーザーには1票の権利があります。この投票の重みは、ユーザーがLisk.Directory Walletに保有しているDPPトークンの数に比例します。昇格と降格は21ブロックごとに発生します。 また、サイドチェーンがサポートするトランザクションタイプに関する内容もあります。これは、Link Account transaction(リンクアカウントトランザクション)、Register Information transaction(登録情報トランザクション) 、Register Contribution transaction(貢献登録トランザクション)、そして Register Sidechain transaction(サイドチェーン登録トランザクション)が含まれます。新しい文章ではサードパーティの統合やロードマップなど、Lisk Directoryの開発段階を示す他の興味深い側面について説明しています。 グループは、Raphael Moostyを介して、Joost(Joo5ty)がLCUの背後にある財団の取締役を辞任していることもgeneralチャンネルで発表しました。 彼はLiskの新しいコンセプトの開発とユーティリティの作成に焦点を当てることを決定し、「開発者を奮い立たせ、採用を促進することを目標にしています」。ただし、彼は「運営上の仕事に関してLCUとの日々の連携を継続する」としており、Jurre...

LCUはウェブサイトのリニューアルと共に2020年の寄付キャンペーンを開始しました

Lisk Center ユトレヒトは、LiskHQ、GNY、Madana、EliteXおよび他のLiskファンとの会談中に新しいウェブサイトを公開し、来年に予定されている活動に資金を提供するための寄付キャンペーンを開始しました。 発表はRedditにも掲載されました。GDTの代表でLCUの共同創設者であるJoo5tyは次のように述べています。 寄付は、私達がこれまでに成し遂げた功績を支援することになり、私達にとってかけがえのないものになるでしょう。それは更に、私達が2018年に始めたコミュニティ主導のイニシアチブがまだ生きていて強力であるというシグナルを世界に示します。あなたのLisk(Delegate)の名前が、自動的にページに表示されますので、皆さんに参加して頂けるのを楽しみにしています。 この資金調達の目標は5000LSK(約7000ドル)で、既に目標額の77%の寄付が集まっています。 More donations are coming in 😎Thank you thepool, endro, korben3, https://t.co/yDXEE7UAyR and anonymous donator '5544863131864332694L'. We will make good promotional use of the funds and will keep you...