Tagged: Rachel Black

今週のニュース:Stellardynamicが共有ステークを更新、RachelはLiskを脱退

数日の間に2つのニュースが出ましたが、それらの間に関係はありません。Rachelは今月末でLisk / Lightcurveを脱退すると発表し、Stellardynamicは共有ステークを更新しました。 9月25日、LightcurveのTech EvangelistであるRachelは、Liskを離れて新たな挑戦に向かう意向についてのメッセージをDiscordに投稿しました。多くのLiskサポーターは、彼女がコミュニティのニーズとLiskの認識を広める努力してきたことに感謝しました。 またMax Kordekは、同じ理由で別のバックエンド開発者が今月退社しますが、同時に2人の新人が入社し、更に来月には2人入社する予定であること付け加えました。50人以上の従業員を抱える企業では、チームメンバーの頻繁な入れ替わりは当たり前のことです。 2番目のニュースはStellardynamicに関連しており、LiskUSAおよびSidechain Solutionsでの貢献は、すでにMagazineに掲載されています。これらのプロジェクトの急速な成長により、彼はフルタイムの協力者が増加するニーズをカバーするためにより多くの財源を必要としています。このため、StellarDynamicデリゲートは共有プールではなくなり、 残りのすべての残高が支払われました。 Lisk Discoveryプロフィール:https://www.liskdiscovery.com/@stellardynamic 30%のシェア報酬は、Sidechain Solutions(デリゲート報酬の合計20%)、Lisk USA(合計の20%)、およびデリゲート自身(残りの60%)に(各10%ずつ)均等に分割されます。創設者のStellarDynamicによると、Liskでローンチされるサイドチェーンの1つであるMoracleも順調に進行しています。(この間に彼に投票した場合、リリース時に比例した量のMoracleトークンを受け取ることができます) 上記の方針による資金の増加から恩恵を受けるプロジェクトが行う活動内容です。 Sidechain Solutions 11月のLisk.JSでデモンストレーションされる2つのProof of Concepts(概念実証)の開発。 コミュニティ向けのツールの開発とセキュリティ分析の実行。 開発とセキュリティのためのホスティングバウンティ(1.000LSKがセキュリティ問題を発見したGYMに送信されました)。 コミュニティ開発者が無料で使用できる多数のサービスを提供します。 Lisk Hackathon 2020の開催。 Lisk USA 12月にシアトルでMicrosoftとAmazonのキャンパスの近くでMini Lisk.JS cloneを主催します。 1月にLisk Miami...

Lisk.js 2019、開発者向けカンファレンス

Lisk.jsカンファレンスは、11月19日にベルリンでLiskHQ主催で開催されます。このイベントは、開発者、コミュニティメンバー、ブロックチェーン愛好家向けのイベントになっています。 カンファレンスはLisk.bike Workshopから始まり、オランダのLisk開発者コミュニティによって構築されたブロックチェーンのユースケースを紹介します。 SDK Use-Case Labでは、引き続きSDKと実社会へのユースケースの応用に焦点を当てます。 講演者のプレゼンテーションでは、新しいDPoSコンセンサスアルゴリズムの詳細を考慮し、Rachel Black (Tech Evangelist)、Max Kordek(Co-Founder)、そしてJan Hackfeld(Head of Research)により多くのトピックについて議論します。議題リストにはLiskエコシステムのゲスト講演者からの提案も含まれています。Zachary Barnett(Director of Social Impact at GNY)、 Jurre Machielsen(Co-Founder at Moosty, that is developing the Lisk Directory project)。追加の講演者と活動は後日発表されます。こちらからゲスト講演者を推薦できます。 無料イベントの席を予約する: https://www.eventbrite.com/e/liskjs-2019-tickets-72693495201 アルファSDKのリリース以降、LiskHQは主に開発者をターゲットにしています。8月には、Blockchain Weekに重点を置き、Rachelは技術部門と共同で、コードベースのイベントへの移行を主導しています。...

要約:Blockchain Week BerlinでのLisk

Blockchain Week Berlinの第3版は、2019年8月18日から2019年8月29日までベルリンで開催されました。このイベントは昨年の4倍の規模で、4つの主要なカンファレンスと60以上のサテライトイベントがありました。そのため、ブロックチェーン技術に関する教育を促進するという唯一の目的がより大きな焦点となりました。起業家、科学者、開発者、ブロックチェーン愛好家が参加したこのイベントが開催された数日から数週間の間に、Liskはその成長する経歴を披露しました。イベントが終わるまでに、Liskの代表者は10のイベントに参加したり主催したりしました。 Liskがホストした最初のLisk SDKウェビナーは、8月9日に開催されました。そのイベントで、Tech EvangelistのRachelは、ブロックチェーン構築ツールキットのアルファ版であるLisk SDKを発表しました。彼女は、PC上でブロックチェーンをローカルでブートストラップする方法を示し、キャッシュバックトランザクションを分析してカスタムトランザクションを作成する方法を示しました。このイベントは、Nazarがキャッシュバックトランザクションとカスタムトランザクションに関する質問に答える短いQ&Aセッションを開催し参加者を楽しませて終了しました。 翌週は、いくつかの概念実証ブロックチェーンアプリケーションが、Discordチャンネルの開発者コミュニティのデリゲートおよびメンバーによって披露されました。次に8月21日、LiskHQはSDKを使用して独自の内部PoCアプリケーションを導入しました。Michiel Muldersは数日前に公式のLisk Billsウォークスルーをブログに書きました。ウェビナーでは、Muilders、Rachel、But Stanislav、およびLucas Silvestreが請求アプリケーションを紹介しました。ベーストランザクションと転送トランザクションを拡張して、プロセス内に2つの新しいカスタムトランザクションを作成する方法を示しました。 短いQ&Aがイベントを締めくくり、カスタムトランザクションとスマートコントラクトの違いに触れました。Rachelは、現在パイプラインにあるいくつかの内部アプリケーションを披露しました。同日、隔週で行われているユーザビリティセッションの一環として、同社はベルリンに拠点を置くUsability Testessenのイベントを開催しました。イベントはLiskのAtrium Tower Officesで行われました。Lisk Hubの3つのステーションとLisk Mobileの3つのステーションが6人の参加者によってテストされました。このテストはいくつかの問題を明らかにし現在、修正のためにログに記録されています。いくつかの改善は既に行われました。 ブロックチェーンウィークの最後に、Liskはワークショップを開催し、Lisk SDKを深く掘り下げました。ワークショップは2つのセクションに分かれていました。まず、概要セクションでは、新しい開発者のオンボーディングに焦点を当てたSDKの紹介を含むプレゼンテーションを行ったRachel Blackを取り上げました。その後、SDKの機能に焦点が移りました。キャッシュバックトランザクションは、カスタムトランザクションを説明する最初の例であり、その後、開発者はLiskが開発した最初のPoCブロックチェーンアプリケーションであるLisk Billsをさらに詳しく見ました。その後、参加者はキャッシュバック取引に取り組みました。 チュートリアルを正常に完了しただけでなく、SDKの経験に基づいてフィードバックを行った参加者は、Codemotion Conferenceのチケットを受け取りました。ワークショップの成功を考えると、LiskHQは今後数ヶ月でさらに多くのワークショップを開催することを約束しました。今後のイベントは、Lisk Eventsページに掲載されます。イベントの開催とは別に、リスクアンバサダーはスピーキングイベントに参加しています。そのうちの1つは、UI/UX designers meet upでLisk Design Thinkingについて設計責任者のAliとユーザーインターフェイス責任者のJulianが参加し8月20日に開催されました。 5つの特定の設計上の課題について議論した後、彼らは、Q&Aセッションで現在進行中のユーザビリティとテスト計画を示唆しました。Rachel Blackは、8月27日にCoding Berlin Meetupで講演する機会もありました。彼女は、Lisk...

Discover Lightcurve Team part 5

Here is the fifth article to discover the Lightcurve team. This time we deal with the area of business development, which, in addition to the well-known President and CEO Max Kordek, includes: Jacob Kowalewski,...

New Insights About SDK from Iker, Cryptographer at Lisk

Recently, Iker Alustiza, cryptographer at Lisk, provided some interesting details regarding the Lisk SDK and the issue of inter-blockchain communication. He answered some questions posted by Lichuan user and thepool user. The first user expressed...

LiskHQ Today at Consensus 2019

This year Lisk attends again the Consensus Event, organized by Coindesk in New York City. The event, held at the New York Hilton Midtown Hotel and at the Sheraton New York Times Square Hotel,...

Upcoming Lisk Events: Covering Asia and Europe

In March Lisk representatives will attend 3 community events and 2 institutional conferences, making it as the most active month for public relations since November 2018 (8 events). The first event where Max Kordek, Co-founder...