Tagged: SDK

Lisk 週次レビュー 44

新着ニュース: ・Liskセンター ベルリンでLiskを存分に体験してみませんか? ・LiskHQがLisk 5.0.0の開発を完了 ・Liskビルダーズプログラムの新しい2人の受賞者 ・Liskの半減期まで6日! ・デリゲートの概要   Liskセンター ベルリンでLiskを存分に体験してみませんか? Liskセンターユトレヒト、Liskセンター東京の開設に続き、LiskHQは2020年11月にベルリンの中心部に新センターを開設することを発表しました。 このセンターは300㎡の広さで、イベントやネットワーキングのためのオープンスペース、ワーキングスペース、ミーティングルームとして使用されます。開発者やコミュニティのメンバーを歓迎し、ブロックチェーンアプリケーションの構築をサポートします。 オープニングオンラインイベントは、11月20日(金)に開催されます。オープンドアイベント(無料開放イベント)は11月21日(土)に開催されます。   LiskHQがLisk 5.0.0の開発を完了 Max Kordek氏は、ロードマップの最後の機能をSDK 5へ実装したことを発表しました。これは、チームが現在、バグを修正するためのQ&Aとアルファテストに集中していることを意味します:このissueは3つのスプリントで分割され、49のアクティビティで構成されています。 With the last feature epic closed, all #Lisk SDK 5.0.0 release goals were successfully...

Lisk 週次レビュー 43

新着ニュース: ・「Liskcrowd」と「Recurring Payments」 Moostyが開発した2つのPoC ・SDK 5.0のissuesは残り19です。 ・初期化されていないアカウントへの懸念に対するKordek氏の見解 ・デリゲートの概要   「Liskcrowd」と「Recurring Payments」 Moostyが開発した2つのPoC Liskコミュニティミートアップ#15では、Jurre Machielsen氏がホスト兼スピーカーとして自己紹介し、Lisk SDKにより作成されたProof of Conceptを発表しました。開発者は2人の当事者間の定期的な支払い契約を結ぶ際、カスタムトランザクションを使用して、期間、受信者、料金を設定することができます。 Liskコミュニティミートアップの数日後、MoostyはLisk Buildersプログラムへの参加の一環として、こちらの記事で「Liskcrowd」を紹介しました。 同氏は支援者(投資家)が寄付金の使用用途をコントロールできないクラウドファンディングエコシステムの現状を分析しています。その解決策は、期待に応えられなかった場合に支援者が投資を取り下げることができるプラットフォームです。投票が定期的に開催され、そこで支援者はプロジェクトを支援するか、資金の一部を取り戻すかを決めることができます。 このProof of Conceptでは、6つの異なるカスタムトランザクションを使用しています。Making contract(契約の締結)、Contract funding(資金調達の契約)、Start project(プロジェクトの開始)、Vote on contract(契約の投票)、Unlock contract by startup(スタートアップによる契約のロック解除)、Unlock contract by investor(支援者による契約のロック解除)です。...

LiskHQがBetanet 3.0をローンチ、更に開発スピードを上げるためLisk Coreのロードマップを変更

Lisk SDK 3.0.2のリリースにより、Security and Reliabilityフェーズ(Lisk BFTコンセンサスアルゴリズム)にリストされているタスクが正常に実装され、Betanet 3.0.0がローンチされました。 LiskHQはすでにLisk SDK 4.0.0の開発を進めており、ここではNetwork Economics(新しい動的料金システム)とNetwork Consensus(新しいDPoSシステム)フェーズの実装が含まれています。この2つのフェーズの実装にはある程度の時間が必要ですが、コーディングの観点からみると簡単であるため、LiskHQはそれらを同時に実装し、それに伴う1つのQA(quality assurance)サイクルと1つのベータネットをスキップすることを決定しました。 Network Longevity(SDK 5.0.0、新しいIDシステム)フェーズが終了し、提案されたすべてのプロトコルの変更が実装されると、Lisk Core(3.0.0-beta.x)はRCステージ(3.0.0-rc.x)に移行し、その後Liskメインネットブロックチェーンでのソフトウェアのローンチに対応するProductionステージに移行します。 用語を明確にするために、AlphanetはLiskのalpha候補版の一時的な内部専用のテストネットワークです。 Betanetは一時的に公開されており、beta候補版を実行しています。TestnetはLiskの公式テストネットワークでrelease候補版を実行し、Mainnetはproduction候補版を実行します。 SDK 3.0.0に実装されたプロトコル機能には、堅牢なピア選択と禁止メカニズム(include a robust peer selection and banning mechanism:LIP0004)、トランザクションの冗長プロパティの削除(Remove redundant properties from transaction objects:LIP0012)、異なるチェーンでのトランザクションリプレイの軽減(Mitigate transaction...

Lisk 週次レビュー 4

新着ニュースの特徴: ・日本の暗号通貨情報サイトCoinpostに関するLisk News ・SDK開発アップデート ・DEXプロジェクトの更新 ・Lisk Center Utrechtでの2つのブロックチェーンイベント ・デリゲートの概要   日本の暗号通貨情報サイトCoinpostに関するLisk News Lisk Japanは、Coinpost(日本の主要な暗号通貨情報サイト)と協力して、Liskに特集記事を約1年間掲載します。記事は「ダイナミックフィー」、「新しいDPoS」、「サイドチェーン」に焦点を当て、既存のDappsの一部を開発者のインタビューを交える形で解説します。SimilarWebによると、Coinpostには1ヶ月当たり約100万人の訪問者がおり、そのTwitterアカウントは74,000人のフォロワーがいます。   SDK開発アップデート LiskHQは、「Security and Reliability(セキュリティと信頼性)」フェーズを完了し、いくつかの問題(BFTとDPoSに関連する)を特定し解決しました。QA(品質保証)の全てのフェーズが完了しネットワークが安定した状態になるとチームはパブリックベータネットワークを発表します。こちらのLisk SDKのドキュメントをお読みください。 What's new at #Lisk? SDK 3.0.0 has completed the second round of alphanet testing,...

「Lisk.Bike」Lisk SDKで出来ることを示すためのPoC

Joostは、アルファSDKを使用してLiskアプリケーションを構築する方法を示すために、オランダで作成されたProof of Concept(概念実証)であるLisk.Bikeを発表しました。このPoCは、その地域の巨大なマーケットである自転車レンタル用のブロックチェーンベースのGPS追跡ロックの開発に焦点を当てています。 イニシアチブは、blockchain030.nlの創設者であるMarc Bumaがリードしています。MarcBumaはLisk Center Utrechtのパートナーです。Marcはユーザーエクスペリエンス(UX)、WEBアプリケーション、ブロックチェーン開発、暗号通貨、およびモバイルアプリケーションに精通しており、IoT開発の経験者です。Marcは、Liskのノードのセットアップの方法を教え、開発者がSDKで色々な取り組みができるよう支援する技術ワークショップも開催しています。 このJoostのプロジェクトは、コンセプトの宣伝、アドバイス、テストに限定されています。 オランダでは、インタビューを受けた36%の人が一般的な日に最も利用する移動手段に自転車を挙げており、最も交通量の多い自転車道は1日平均32.000人のサイクリストが利用しています。これほど巨大なマーケットの1つにもかかわらず、電動自転車とレンタルサービスの増加によりここ数年で自転車の売り上げは減少しました。 この傾向を利用して、Marcは自転車にGPS追跡ロックを取り付け、Javascriptアプリケーションを構築、データ登録にLiskブロックチェーンを使用することにより、このコンセプトを生み出すことを目指しています。誰が自転車を使用しているか、いつ、どこで、その場所が不変であるかなどの情報がLiskブロックチェーンの独自サイドチェーンに登録されます。 このプロジェクトの目標は、ドキュメントと開発を改善する方法についてLiskHQへフィードバックを提供することです。Lisk alpha SDKで何ができるかを示し、LCUの訪問者/開発者へalpha SDKを使用した開発を進めるよう促します。 このPoCは会社を創設するためや利益を得るために開発されている訳ではありません。そのためチームはクラウドファンディングキャンペーンを開始し5000LSKを集めています。(Lisk寄付ウォレットアドレス 11629240136553438599L) すべての資金は自転車、ロック、ウェブサイト、ドメイン、サーバー、コーディングの費用など、PoCの開発に充てられます。 Lisk.Bike PoCは、オランダで自転車のシェアリングを促進するために設置されたオープンソースプロジェクトであるCommonbikeプラットフォームに基づいています。開発されたすべてのコードはパブリックドメイン(Github)に追加され、関係者がプロジェクトの結果にアクセスして使用できるようになります。 _________________________________ Lisk MagazineはLisk Italian GroupとEliteXによってサポートされているプロジェクトです。 私達の仕事をサポートし、Lisk Magazineに投票してください。 この記事はLisk Japanによって翻訳されました。

Lisk Development Update June 2019

The Lisk Team has recently published a blog post with the June Development Updates. As usual, here it is our quick recap of the latest news, which in particular concern: SDK, UI and Lisk...

Lisk Development Update May 2019

The Lisk Team has recently published a new blog post with the last Development Updates. This article is a quick recap of the last news, that concern: SDK, Lisk Builders and the Lisk UI. Lisk SDK...

0

After Relaunch #4: Sidechains focus

The brand new identity revealed a strong focus on sidechains, with easy-to-use tools, a lot of documentation and a collection of modules for programming a blockchain application, so everything you need to build and...

0

After Relaunch #1: the Recap

More than 500 people in the same place, with their eyes focused only on the dais and the big screen. The day has finally arrived and the enthusiasm of Lisk supporters is clearly tangible....