Tagged: security

Lisk Research – LIP-10の簡単な概要

Lisk Magazineは引き続きLisk ResearchおよびLIPsの普及に取り組みます。この記事では、Liskブロックチェーンのセキュリティを強化するために、ブロックの新しいタイプのブロックIDを提案するLIP-10の概要を簡単に紹介します。 LIP-10はAndreas Kendziorraによって作成され(Oliver Beddowsのサポートのもと)、セキュリティを向上させるために、ブロックヘッダーのSHA3-256ハッシュをブロックIDとして使用することを推奨しています。 開発者は、現在、Liskプロトコルでは、ブロックIDはブロックヘッダーのSHA-256ダイジェストの8バイトで構成されていると説明しました。この長さはサイズが小さくいくつかの利点(保存データが少なく、小さなディスプレイでの視覚化に優れている)がありますが、攻撃に対する耐性が低いなどの欠点もあります。たとえば、攻撃者はブロックチェーン内の特定のブロックに対して同じブロックIDを持つ別のブロックを発見する可能性があります。この場合、攻撃されたチェーンは他のコミュニテメンバーには変更がされていないように見える場合があります。ただし、開発者は、このタイプの攻撃はDeelegateに限定されており、現時点では経済的な理由からメリットはないとされています。とにかく、彼らはこのタイプのアタッチを将来防ぐためにブロックIDの長さを増やすことを提案しています。 2つのプロトコルをさらに詳しく比較してみましょう。現在のプロトコルでは、データブロックはSHA-256の入力テキストとして使用され、出力の最初の8バイトが反転されてブロックIDとして使用されます。提案されたプロトコルでは、署名ブロックのヘッダーデータブロックが仕様に従って生成されます(現在のプロトコルと同じ)。次に、データブロックはSHA3​​-256の入力として使用され、その出力は256ビットのブロックIDになります。 ブロックIDの長さに関しては、256ビットを推奨します。これは推奨を超えても高いセキュリティレベルを保証するためです。実際に彼らは、NISTが2030年以降も稼働する予定のアプリケーションの最低限のセキュリティレベルとして128ビットを提案していることを説明しました(この出版物を参照)。推奨される長さにより、ブロックチェーンのサイズが最大50 Mb(ブロックIDが文字配列に16進表記で書き込まれている場合は最大100 Mb)増加します。これは、チェーンの合計サイズと比較して無視できる値です。さらに、ブロックIDはユーザーによって管理されることはまれなので、追加の長さはユーザーに大きな不利益をもたらしません。 開発者は、SHA-3ハッシュ関数、特にKECCAK関数を選択したことも説明しました。セキュリティ、パフォーマンス、柔軟性の面で、NIST hash function competitionの勝者に選ばれたからです。代替機能の中で、現在のSHA-256とBLAKE2を示しています。ただし、SHA-256はその構造(前述)のために弱点があり、後者はSHA-3レビュープロセス全体を行っていないため、彼らはKECCAKを好みます。 トピックについて詳しく知りたい場合は、GitHubの特定のページで各LIPの完全な説明を読むことができます。 _________________________________ Lisk MagazineはLisk Italian GroupとEliteXによってサポートされているプロジェクトです。 私達の仕事をサポートし、Lisk Magazineに投票してください。 この記事はLisk Japanによって翻訳されました。

The State Of Cryptocurrency Regulation in Europe

The cryptocurrency regulation is not always clear; in this article we sum up how the European Union and some of its countries are regulating the crypto assets and what are the entities responsible for...

Hardware Wallets Image 0

More Security with the Hardware Wallets Support!

Andrea Baccega (Vekexasia) and Aleksey Popov (Alepop), delegates and members of the decentralized group GDT that support the Lisk Ecosystem, recently announced they are working on supporting Lisk on two of the best hardware...