Tagged: sidechains

Sidechain SolutionsがLisk Inviter PoCを発表

Sidechain Solutionsは、Lisk Blockchainの概念実証アプリケーションの開発を発表しました。LiskのDiscordチャネルを介して行われた発表は、Lisk Inviterを「組織、企業、またはその他の関係者がイベントの入場条件を正確に制御し、チェックインしたい各訪問者を検証する分散型アプリケーションである」と説明しました。この発表は、彼らのウェブサイトの記事にリンクされています。 記事では、フェスティバル、コンサート、結婚式、社交イベントなど、Lisk Inviterが役立つ可能性のあるいくつかの一般的なシナリオをリストしました。プライベートビジネスミーティングも別のシナリオの1つです。PoCでは、トークンを持つアカウントは、前述の集まりのいずれにおいてもIDまたは会員であることを示すことができます。このようなアカウントを使用すると、「ユーザーは残高をチャージし、追加サービスでトークンを消費できます」。資格があると仮定しています。 このようなコンセプトを機能させるには、ホストがregisterEventトランザクションを作成する必要があります。これは、イベントの名前、説明、入場料(オプション)、開始日/終了日、ゲストのリストに関する情報を含むカスタムトランザクションです。そのため、ゲストがイベントを作成した直後に、ゲストの「eventsInvited」アセットにイベントが追加されます。カスタムトランザクションのIDは特定のイベントを識別し、公開キーは個人のIDに使用されます。checkInEventトランザクションはゲストを検証し、ゲストがイベントに参加できるようにします。これにより、eventsVisitedアセットが変更されます。 この記事では、すべてがどのように結びついているかを説明しています。「時間になったら、ユーザーはイベントに行ってチェックインを試みることができます。イベントで設定されたすべての条件が満たされている場合、その人はゲストリストに載っており、まだチェックインしていないため、入場が許可されます。正しい日付でない場合、その人は招待されていないか、すでにチェックインしているか、他の要件を満たしていないため、入場は拒否され、その理由を示すプロンプトが表示されます。 今のところ、ライブデモに関してパスフレーズはチェックインに使用されます。しかし、より現実的なシナリオはおそらくスキャンすることができるチップを搭載したデバイスを伴うでしょう。スキャンは、手動ではなく自動的にパスフレーズを入力します。デモに加えて、Sidechain Solutionsは、より好奇心の強い人向けのテストアカウントのリストを提供しています。ここでそれらを見つけます:https://github.com/sidechain-solutions/lisk-inviter/blob/master/test-accounts.json Sidechain Solutionsのstellardynamicは、「利用可能なSidechainノードオペレーターの委任を組織する」ための最初のステップを発表しました。彼によると、これらは「これらのコンセプトが成長するにつれて必要になる。」彼は、Sidechain Solutionsが「時間が経つにつれて、私たちのプロジェクトのいくつかに小さなネットワークが立ち上がることを望んでいる」と付け加えました。やがて、これらのチェーンでトークンを獲得する機会が得られます。また、信頼できるサイドチェーンデリゲートになりたい人は有利なスタートを切れる思います。」 グループは、ベルリンでのLiskJSプレゼンテーションに備えて、概念実証ブロックチェーンアプリケーションの調整を続けます。彼はまた、取り組んでいる多くのサービスとアイデアの展開を勿体付けることで、私たちの好奇心を刺激しました。Stellardynamicは、「独自のプロジェクトを完全な生産規模に移行するだけでなく、ホワイトラベルブロックチェーンの生産も提供する予定です」と述べました。当社の他のサービスのほとんどは、いつものように無料のままです。」 Lisk Inviterのソースコード:https://github.com/sidechain-solutions/lisk-inviter 同社はまた、開発活動(sidechain_solutions)をサポートするために寄付を募っています。 _________________________________ Lisk MagazineはLisk Italian GroupとEliteXによってサポートされているプロジェクトです。 私達の仕事をサポートし、Lisk Magazineに投票してください。 この記事はLisk Japanによって翻訳されました。

Lisk Sidechains

Sidechains: Same Same, but Different

For today’s article, we decided to provide an overview of different platforms that, as Lisk, have at least a part of their project focused on sidechains. The concept of sidechain first appeared in 2014....

1

BrikBit, the first Lisk-based platform for Real Estate industry

BrikBit, the first Lisk-based platform for Real Estate industry, announces today the launch of the project and the upcoming ICO. BrikBit aims to automate, disintermediate and make more transparent all the processes that characterize a...

1

The Pioneer’s Vault, a new $50M venture founded by Lisk’s CEO

Max Kordek, the co-founder and president at LiskHQ, announced the launch of a new $50 million fund, reserved for investments in promising Lisk sidechain projects that will raise money through ICOs. The fund is...