Tagged: StellarDynamic

Lisk 週次レビュー 3

新着ニュースの特徴:LiskBuildersプログラム、Lisk Appページ、Bittrexユーザーへの警告、VCC Exchangeに上場したLSK、Lisk Desktop 1.23.0、BitVPSがLiskに対応、デリゲートの概要 LiskBuildersプログラムとウェブサイトの新しいページ 以前の要約で述べたように、LiskHQは、概念実証専用の月額5,000 CHFの助成金を開始します。 このフォームへ書き込み申し込むことができます。フルネーム、Discordユーザー名、GitHubリンク、概念実証ブロックチェーンアプリケーションのアイデアの説明を提出する必要があります。毎月、LiskHQは上位の提案を選択し資金を分配します。 今月あなたが選ばれなかったとしても、また次のラウンドの資格があります。 資金を受け取ったプロジェクトは、Lisk BikeとChroniclerです。 開発中またはすでに開発済みの概念実証ブロックチェーンアプリケーションの完全な概要を取得するために、LiskHQはLisk Appsページを発表しました。ここで何度か取り上げられている多くのプロジェクトを見つけることができます。 最後に、彼らはLSKトークンの機能を説明するために、新参向けの専用ページをリリースしました。LSKトークンのストーリー、配布と発行、LSKをリストする取引所です。ここで見つけることができます:https://lisk.io/lsk   Bittrexユーザー向けのLSKアドレス再生成 Tonyt908の報告によると、Bittrexは一部のDPosコインのインフラストラクチャを更新しました。古い入金アドレスの有効期限が切れたため、ユーザーは新しい入金アドレスを再生成する必要があります。古いトークンアドレスに送られた資金は、アカウントに入金されない場合があります! アナウンスを読む:Bittrexのアップグレード   LSKは現在、BTCペアでVCC Exchangeに上場しています 2019年5月にローンチされたVCC Exchangeは、シンガポールに拠点を置き、ベトナムで運営されている中央集権型の暗号通貨取引所です。 VCC Exchangeは、Signum CapitalとAxiom Associates Capitalによる支援を受けています。 24時間の取引高は400万ドルに相当し、最も取引されているペアはBTC / USDT(1日あたり500.000ドル以上)です。 We are...

Lisk 週次レビュー 2

今週多くのニュースが出ましたが最も重要なものは、数ヶ月前から計画されていたLiskJSイベントでした。 その他の特集:Lisk Builders プログラム、Krakenに上場したLSK、既存のPoCアプリのリストとデリゲートの概要。 LiskJSまとめ 11月19日に開催されたこのイベントは、2つのパートに分かれていました。午後の早い時間に、参加者はLisk.bike Workshopに参加し、実社会でのブロックチェーンのユースケースにLisk SDKを適用するチャンスがありました。ワークショップへ参加した全員が無料のラズベリーパイといくつかのセンサーを受け取りました。次に、コーディングチャレンジが上位3つのプロジェクトに与えられました。Francesco、Sanderそして1位のJonathanは、それぞれスマートバックパックとLSKトークンの合計2,500ユーロを受け取りました。 The guys behind the #LiskBike proof-of-concept are running their own workshops – teaching our attendees how to create a #blockchain-based bike rental system. Check them out...

Sidechain SolutionsがLisk Inviter PoCを発表

Sidechain Solutionsは、Lisk Blockchainの概念実証アプリケーションの開発を発表しました。LiskのDiscordチャネルを介して行われた発表は、Lisk Inviterを「組織、企業、またはその他の関係者がイベントの入場条件を正確に制御し、チェックインしたい各訪問者を検証する分散型アプリケーションである」と説明しました。この発表は、彼らのウェブサイトの記事にリンクされています。 記事では、フェスティバル、コンサート、結婚式、社交イベントなど、Lisk Inviterが役立つ可能性のあるいくつかの一般的なシナリオをリストしました。プライベートビジネスミーティングも別のシナリオの1つです。PoCでは、トークンを持つアカウントは、前述の集まりのいずれにおいてもIDまたは会員であることを示すことができます。このようなアカウントを使用すると、「ユーザーは残高をチャージし、追加サービスでトークンを消費できます」。資格があると仮定しています。 このようなコンセプトを機能させるには、ホストがregisterEventトランザクションを作成する必要があります。これは、イベントの名前、説明、入場料(オプション)、開始日/終了日、ゲストのリストに関する情報を含むカスタムトランザクションです。そのため、ゲストがイベントを作成した直後に、ゲストの「eventsInvited」アセットにイベントが追加されます。カスタムトランザクションのIDは特定のイベントを識別し、公開キーは個人のIDに使用されます。checkInEventトランザクションはゲストを検証し、ゲストがイベントに参加できるようにします。これにより、eventsVisitedアセットが変更されます。 この記事では、すべてがどのように結びついているかを説明しています。「時間になったら、ユーザーはイベントに行ってチェックインを試みることができます。イベントで設定されたすべての条件が満たされている場合、その人はゲストリストに載っており、まだチェックインしていないため、入場が許可されます。正しい日付でない場合、その人は招待されていないか、すでにチェックインしているか、他の要件を満たしていないため、入場は拒否され、その理由を示すプロンプトが表示されます。 今のところ、ライブデモに関してパスフレーズはチェックインに使用されます。しかし、より現実的なシナリオはおそらくスキャンすることができるチップを搭載したデバイスを伴うでしょう。スキャンは、手動ではなく自動的にパスフレーズを入力します。デモに加えて、Sidechain Solutionsは、より好奇心の強い人向けのテストアカウントのリストを提供しています。ここでそれらを見つけます:https://github.com/sidechain-solutions/lisk-inviter/blob/master/test-accounts.json Sidechain Solutionsのstellardynamicは、「利用可能なSidechainノードオペレーターの委任を組織する」ための最初のステップを発表しました。彼によると、これらは「これらのコンセプトが成長するにつれて必要になる。」彼は、Sidechain Solutionsが「時間が経つにつれて、私たちのプロジェクトのいくつかに小さなネットワークが立ち上がることを望んでいる」と付け加えました。やがて、これらのチェーンでトークンを獲得する機会が得られます。また、信頼できるサイドチェーンデリゲートになりたい人は有利なスタートを切れる思います。」 グループは、ベルリンでのLiskJSプレゼンテーションに備えて、概念実証ブロックチェーンアプリケーションの調整を続けます。彼はまた、取り組んでいる多くのサービスとアイデアの展開を勿体付けることで、私たちの好奇心を刺激しました。Stellardynamicは、「独自のプロジェクトを完全な生産規模に移行するだけでなく、ホワイトラベルブロックチェーンの生産も提供する予定です」と述べました。当社の他のサービスのほとんどは、いつものように無料のままです。」 Lisk Inviterのソースコード:https://github.com/sidechain-solutions/lisk-inviter 同社はまた、開発活動(sidechain_solutions)をサポートするために寄付を募っています。 _________________________________ Lisk MagazineはLisk Italian GroupとEliteXによってサポートされているプロジェクトです。 私達の仕事をサポートし、Lisk Magazineに投票してください。 この記事はLisk Japanによって翻訳されました。

今週のニュース:Stellardynamicが共有ステークを更新、RachelはLiskを脱退

数日の間に2つのニュースが出ましたが、それらの間に関係はありません。Rachelは今月末でLisk / Lightcurveを脱退すると発表し、Stellardynamicは共有ステークを更新しました。 9月25日、LightcurveのTech EvangelistであるRachelは、Liskを離れて新たな挑戦に向かう意向についてのメッセージをDiscordに投稿しました。多くのLiskサポーターは、彼女がコミュニティのニーズとLiskの認識を広める努力してきたことに感謝しました。 またMax Kordekは、同じ理由で別のバックエンド開発者が今月退社しますが、同時に2人の新人が入社し、更に来月には2人入社する予定であること付け加えました。50人以上の従業員を抱える企業では、チームメンバーの頻繁な入れ替わりは当たり前のことです。 2番目のニュースはStellardynamicに関連しており、LiskUSAおよびSidechain Solutionsでの貢献は、すでにMagazineに掲載されています。これらのプロジェクトの急速な成長により、彼はフルタイムの協力者が増加するニーズをカバーするためにより多くの財源を必要としています。このため、StellarDynamicデリゲートは共有プールではなくなり、 残りのすべての残高が支払われました。 Lisk Discoveryプロフィール:https://www.liskdiscovery.com/@stellardynamic 30%のシェア報酬は、Sidechain Solutions(デリゲート報酬の合計20%)、Lisk USA(合計の20%)、およびデリゲート自身(残りの60%)に(各10%ずつ)均等に分割されます。創設者のStellarDynamicによると、Liskでローンチされるサイドチェーンの1つであるMoracleも順調に進行しています。(この間に彼に投票した場合、リリース時に比例した量のMoracleトークンを受け取ることができます) 上記の方針による資金の増加から恩恵を受けるプロジェクトが行う活動内容です。 Sidechain Solutions 11月のLisk.JSでデモンストレーションされる2つのProof of Concepts(概念実証)の開発。 コミュニティ向けのツールの開発とセキュリティ分析の実行。 開発とセキュリティのためのホスティングバウンティ(1.000LSKがセキュリティ問題を発見したGYMに送信されました)。 コミュニティ開発者が無料で使用できる多数のサービスを提供します。 Lisk Hackathon 2020の開催。 Lisk USA 12月にシアトルでMicrosoftとAmazonのキャンパスの近くでMini Lisk.JS cloneを主催します。 1月にLisk Miami...

2つのコミュニティセキュリティバウンティ後、LemiiによってLisk Dynamic Forging Controllerが公開されました。

8月末にLemiiはコミュニティセキュリティバウンティを開始し、その後2回目のラウンドが続きました。彼らは、最近Lisk Dynamic Forging Controllerという名前で公開されたセキュリティツールのテストに焦点を合わせていました。このプロジェクトは、Stellardynamicからインスピレーションとアドバイスを得て作成されました。 ツールリンク:https://github.com/sidechain-solutions/lisk-dfc 最初のコンテストの目的は、Lemiiデリゲートにテストネット上にブロックをフォージングさせないようにすることでした。成功した場合の報酬は200LSKでした。テストの目的は、実行されたすべての対策が意図したとおりに機能しているかどうかを確認することでした。 ルールは次の通りです。攻撃は彼のデリゲートが連続して2ブロック(またはそれ以上)をフォージングさせないようにできた場合に成功と見なされます。攻撃は彼のデリゲートを標的にしなければなりません。ネットワーク全体への攻撃は考慮されません。最初に2ブロックを失敗させた者を1人だけ勝者とします。攻撃の前にチャットでアナウンスして、自分の攻撃であることを証明する必要があります。 9月初旬に開始された2回目のコミュニティセキュリティバウンティの目的も同じであり、優勝者には150LSKが与えられました。今回は、攻撃者はLemiiデリゲートに連続して5ブロック(またはそれ以上)、または賞金期間内の全ブロックの10%をフォージングさせないようにする必要がありました。 彼のデリゲートが失敗したブロックはここで追跡できます:http://mbt.sidechainsolutions.io/(このツールはTonyが開発しました) Lisk Dynamic Forging Controller(Lisk DFC)は、次の機能を備えたコントローラー/モニタリングサービスを提供するために開発されました。 デリゲートによってブロックが作成されるノードをランダム化します フォージングが有効になっていることを確認します 複数のフォージングサービスが同時にアクティブになる可能性を軽減します 潜在的な問題を自動修正 Eメールでアラートを送信します 手動での切り替えと検証のための追加のツールセットが搭載されます Lisk DFCは、ノードのarray(アレイ)を管理するように設計されています。現在のノードがフォージングされているかどうかを検証し応答がない場合、それらを修復します。また、他のノードもフォージングされていないことを検証し、必要に応じて問題を修正します。 Stellardynamicが報告したように、コンテストの第1ラウンドでは、Lisk Dynamic Forging Controllerによって管理される12台のフォージングサーバーを自動で切り替えるarray(アレイ)がありました。ツールのパフォーマンスは良好でしたが、P2Pネットワークの性質上、まだ問題がありました。実際、デリゲートサーバーを匿名化することは可能であり、GYMはこのセキュリティ問題を悪用して、公開ブロックであった12個のIPをすべて追跡しました。レポートは次の言葉で続きます。「IPを使用して、彼はLisk Coreで攻撃を行うことができました。これにより、Lemiiは必要な2ブロックを生成できませんでした。これによりポート7001(Websocketsポート)を介して配信されたトラフィックの増加を確認できます。このため、このポートへのアクセスを拒否することでブロックの作成が可能かどうかを確認できるようになりました。ポートをブロックした後、ノードはまだブロックを作成しており、同期されている可能性があることが判明しました。必要なのは、ブロックを作成するときにLiskネットワークと同期することだけです。ノードが少し遅い場合でも、ブロックを生成できます。この方法で問題なく2週間のフォージングを確認できます。この手法は、WebsocketとCoreの両方の一般的な攻撃に対する普遍的な防御として効果的に使用できます。UFW経由のアクセスを拒否することが、GYMを現時点では開示できない、より創造的であいまいな攻撃に適応させた原因です。ただし、そのための防御策を開発中であり、できるだけ早く一般公開します。」 _________________________________ Lisk MagazineはLisk Italian GroupとEliteXによってサポートされているプロジェクトです。 私達の仕事をサポートし、Lisk Magazineに投票してください。...

Sidechain SolutionsがLisk Tic-Tac-Toeを発表

今週末、Sidechain SolutionsチームがLisk Tic-Tac-Toeのゲームを初公開しました。この情報はLisk Discordで、Stellardynamic、Korben3、そしてLemiiによるプロモーションで告知されました。ご想像の通り、これはLiskにインスピレーションを受けた古典的な〇・✕ゲームです。このゲームは、JQueryとQrcodeを利用し、Lisk Elements Libraryのクールな機能の多くを実証します。 シンプルなインターフェイスにより、プレーヤーはLiskネットワークに接続し、新しいパスフレーズとアドレスを生成し、ノードのパブリックAPIからトランザクションを取得、Liskメッセージとデータフィールドに基づいて実行し、Lisk MobileでスキャンできるQRコードを作成できます。ゲームをプレイするには、最初に「NEW GAME」ボタンをクリックしてゲームのアドレスを作成する必要があります。次に、このアドレスを友人と共有できます。友人は、[JOIN GAME]をクリックした後に表示される入力フィールドに入力することで、ゲームに参加できます。 プレイヤーは、Lisk HubまたはLisk Mobileを使用してトランザクションをGame Addressに送信することにより参加します。このトランザクションには、メッセージフィールドに入力された位置情報を含める必要があります。このメッセージは大文字と小文字は区別されません。A2やb3になります。その後、ゲームは2番目のプレイヤーが続けます。 新しいブラウザタブを開き、新しいゲームを開始してアドレスを共有するだけで、一度に複数のゲームをプレイできます。 「developers」チャンネルでStellardynamicは、コミュニティのメンバーにGithubに進み、コードを試して、「より高度な使用をする」ことを奨励しました。単一のアドレスを使用してすべてのスコアを保存し、ルールを改善するためのバウンティプログラムが既に用意されています。 Stellardynamic、Korben3、Lemiiは、Lisk Ecosystemのカスタムソリューションの提供、サイドチェーン開発者へのコンサルティングサービスの提供、ハッカソンとミートアップの管理、一般的な使用のための再利用可能なデモと学習資料の提供に取り組む6人の開発者とデザイナーチームの一員です。 さらに、メインネットとテストネットの両方のネットワーク用のAPIとスナップショットを提供するLiskAPI.ioを発表しました。彼らの公式アカウントにはsidechain_solutionsというラベルが付けられており、活動を継続するために寄付を募っています。 _________________________________ Lisk MagazineはLisk Italian GroupとEliteXによってサポートされているプロジェクトです。 私達の仕事をサポートし、Lisk Magazineに投票してください。 この記事はLisk Japanによって翻訳されました。

Meet the 13 Newest Lisk Ambassadors

Lisk recently announced 5 new Lisk Ambassadors, bringing the total number to 13. 🎖We’re thrilled to announce the final batch of #Lisk Ambassadors for 2018. It was amazing to see so many enthusiastic applications...

1

LiskHQ Goes Social and Tapes the First Vlog

LiskHQ released the first episode of the new Lisk Vlog, produced in a very professional style. Filming and editing are directed by Julian Alterini, Motion Designer at Lightcurve (the company behind Lisk). The first video of...

1

List of Trusted Moderators Over Lisk’s Channels

Due to the recent increase of fake accounts, LiskHQ released the list of trusted moderators over their official channels. Telegram Moderators: Gargamyle and the HappyMod Team — HMod_Seb , HMod_Flo, HMod_Norman, HMod_Marc, HMod_Marco , HMod_Sam Lisk.Chat Moderators: punkrock,...